AWS Fargate

サーバーやクラスターを管理することなくコンテナを実行

AWS Fargate は Amazon ECS や EKS * のテクノロジーで、サーバーやクラスターを管理することなくコンテナを実行できます。AWS Fargate を使用すると、コンテナを実行するために仮想マシンのクラスターをプロビジョニング、設定、スケールする必要がありません。これにより、サーバータイプの選択、クラスターをスケールするタイミングの決定、クラスターのパッキングの最適化を行う必要がなくなります。AWS Fargate により、サーバーやクラスターの操作や検討が不要になります。Fargate を使用すると、アプリケーションを実行するインフラストラクチャの管理ではなく、アプリケーションの設計や構築に注力できます。

Amazon ECS や EKS には、Fargate 起動タイプと EC2 起動タイプという 2 種類のモードがあります。Fargate 起動タイプでは、お客様に必要なのは、コンテナ内のアプリケーションのパッケージ化、CPU 要件やメモリ要件の指定、ネットワーキングポリシーや IAM ポリシーの定義、アプリケーションの起動のみです。EC2 起動タイプでは、コンテナアプリケーションを実行するインフラストラクチャに対して、サーバーレベルの詳細なコントロールを実行できます。EC2 起動タイプでは、Amazon ECS や EKS を使用して、サーバーのクラスターを管理し、サーバーでのコンテナの配置をスケジュールできます。Amazon ECS や EKS では、クラスター内の CPU、メモリ、その他のリソースがすべて追跡され、指定したリソース要件に基づいて、コンテナを実行するのに最適なサーバーも検出されます。お客様がサーバーのクラスターのプロビジョニング、パッチ適用、スケーリングを行います。使用するサーバータイプ、使用を最適化するためにクラスター内で実行するアプリケーションおよびコンテナ数、クラスターからサーバーを追加または削除するタイミングを決定できます。EC2 起動タイプでは、サーバークラスターで詳細なコントロールを実行でき、カスタマイズの幅広いオプションが利用できます。これにより、特定のアプリケーションのサポートや、可能性のあるコンプライアンスや政府要件への対応が可能になります。

* AWS Fargate での Amazon EKS のサポートは 2018 年に開始される予定です。

利点

クラスター管理が不要

AWS Fargate を使用すると、コンテナについてのみ検討すればよいため、アプリケーションの構築と運用に注力できます。AWS Fargate では、Amazon EC2 インスタンスのクラスターを管理する必要がなくなります。インスタンスタイプの選択、クラスタースケジューリングの管理、クラスター使用の最適化は不要です。Fargate を使用すれば、このような作業すべてが必要なくなります。

シームレスなスケーリング

AWS Fargate により、アプリケーションを簡単にスケールできるようになります。コンテナアプリケーション用のコンピューティングリソースのプロビジョニングが十分かどうか心配する必要がなくなります。アプリケーション要件 (CPU、メモリなど) を定義すると、可用性の高い方法でコンテナを実行するのに必要なスケーリングやインフラストラクチャは、すべて AWS Fargate で管理されます。最適化された使用のためにクラスターのスケーリングやパッケージ化を行うタイミングについて決定する必要がなくなります。Fargate を使用すると、数秒で数万個のコンテナを起動して、最もミッションクリティカルなアプリケーションを実行するために簡単にスケールできます。

Amazon ECS や EKS との統合

AWS Fargate は Amazon ECS とシームレスに統合されています。Amazon ECS で行う場合と同じように、アプリケーションを定義できます。アプリケーションをタスク定義にパッケージ化し、必要な CPU やメモリを指定し、各コンテナで必要なネットワーキングポリシーや IAM ポリシーを定義して、Amazon ECS にすべてをアップロードします。設定がすべて完了すると、AWS Fargate でコンテナが自動的に起動され、管理されます。

AWS Fargate での Amazon EKS のサポートは 2018 年に開始される予定です。

仕組み

Fargate_diagram_Final

最新情報

2018 年 4 月 26 日

AWS Fargate はオハイオ州、オレゴン州、アイルランドリージョンでもご利用いただけるようになりました


AWS Fargate を用いたコンテナを次の 3 つの新しい AWS リージョンで起動できるようになりました: オハイオ州 (米国東部-2)、オレゴン州 (米国西部-2)、アイルランド (欧州西部-1)。

詳細 »

2018 年 3 月 26 日

AWS Fargate プラットフォームバージョン 1.1 には、タスクメタデータ、コンテナヘルスチェック、サービスディスカバリーへのサポートを加わりました


AWS Fargate プラットフォームバージョン 1.1.0 が使用可能になりました。これで Amazon ECS タスクメタデータエンドポイント、コンテナヘルスチェック、ECS サービスディスカバリーへのサポートが加わりました。

詳細 »

2018 年 3 月 1 日

AWS Fargate が ISO、PCI、SOC、および HIPAAAWS により管理されるコンテナワークロードをサポート


AWS Fargate 起動タイプで実行中のコンテナは、HIPAA 資格の記述とともに、ISO、PCI、SOC 1、SOC 2、および SOC 3 コンプライアンスの基準を満たしています。つまり、AWS Fargate のコンテナワークロードが規制された財務データや保護された健康情報 (PHI) を処理できることを意味します。

詳細 »

年のすべての発表を見る »

ブログ投稿記事

ECS_Landing_kwV1-54
AWS Fargate の紹介

AWS Fargate を利用すると、AWS 上で簡単にコンテナをデプロイできるので、お客様はインフラストラクチャの管理に妨げられることなく、アプリケーションの構築に集中できます。
続きを読む »

200x200_feature_migration-acceleration-framework
AWS Fargate へのコンテナの移行

Amazon EC2 で実行中のコンテナをいかに容易に AWS Fargate に移行できるかをご覧ください。

続きを読む »

100x100_advanced-networking
AWS Fargate でのタスクネットワーキング

Fargate は基盤にあるコンピューティングインスタンスの管理を提供しながら、ネットワーク配置とポリシーの設定に関してユーザーが深くコントロールできるようにしています。
続きを読む »

AWS Fargate 料金の詳細

料金ページを見る
構築を始めましょう。
AWS Fargate の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ