Kendra は機械学習を原動力とするエンタープライズ検索サービスで、アプリケーションに高精度の自然言語検索機能を追加することを可能にします。Kendra は、本番ワークロード用の「Enterprise」と、開発ワークロード用の「Developer」の 2 つのシンプルなエディションを提供します。初期費用は必要なく、1 時間単位の従量制料金が課金されます。

Developer Edition 近日提供開始

このエディションは、3 GB のストレージ、または 10,000 部のドキュメント (先に上限に達した方)、1 日あたり最大 4,000 件のクエリが提供され、単一のアベイラビリティーゾーンで実行されます。このエディションは、開発環境で Kendra の機能をテストし、概念実証を構築するために使用できます。本番環境での使用には推奨されません。

Enterprise Edition

このエディションは、150 GB のストレージ、または 500,000 部のドキュメント (先に上限に達した方)、1 日あたり最大 40,000 件のクエリが提供され、高可用性のために 3 つのアベイラビリティーゾーンで実行されます。このエディションは本番環境でのデプロイメントのために使用できます。

追加のキャパシティ

キャパシティブロックを Kendra に追加する方法は 2 つあり、アプリケーションのニーズに応じて単独で、または一緒に追加することができます。

  • 追加のクエリバンドル: 追加の検索トラフィックに対応する必要がある場合に、1 日あたり最大 40,000 件のクエリを追加。これは 1 時間単位の料金設定となります。
  • 追加のストレージバンドル: より多くのドキュメントを検索する必要がある場合に、150 GB のストレージ、または最大 500,000 部のドキュメント (先に上限に達した方) を追加。これは 1 時間単位の料金設定となります。これは 1 時間単位の料金設定となります。

コネクタの使用

コネクタを使用して、インデックスにデータを投入することができます。Kendra は、ファイルシステム、ウェブサイト、Box、DropBox、Salesforce、SharePoint、リレーショナルデータベース、および Amazon S3 向けのコネクタを提供します (プレビューでご利用いただけるコネクタは、SharePoint Online、JDBC、および S3 のみとなります)。これを行うため、コネクタはリポジトリにある各ドキュメントをスキャンし、次の 2 つの要因に基づく料金が課金されます。

  • スキャンされたドキュメント数
  • コネクタの実行に費やされた時間 (1 時間単位の料金設定)

無料利用枠

Amazon Kendra は無料で使用を開始いただけます。このサービスは、最初のインデックスを作成した時点から最大 30 日間の Developer Edition (近日提供開始) の無料利用枠を提供します。無料利用枠の制限を超過した場合、使用した追加のリソースに対して Amazon Kendra の料金が発生します。

料金表

これらのエディションのそれぞれにプロビジョニングされたリソースは、以下の機能を提供します。 

  Developer Edition (近日提供開始) Enterprise Edition
ストレージ 3 GB のストレージ (最大 10,000 ドキュメント) 150 GB のストレージ (最大 500,000 ドキュメント)
1 日当たりの最大クエリ件数* 4,000* 40,000*
利用可能なコネクタ 5 10 以上
アベイラビリティーゾーン 1 3
無料利用枠 30 日間 該当なし (プレビュー中は 30 日のみ)
料金 (1 時間単位の請求)

2.50 USD/時間

1,800 USD/月

7.00 USD/時間

5,040 USD/月

追加のキャパシティ** なし

追加のクエリバンドル: 1 日あたり 40,000* 件の追加クエリごとに 3.50 USD/時間

追加のストレージバンドル: 150 GB の追加ストレージ (最大 500,000 ドキュメント) ごとに 3.50 USD/時間

コネクタの使用

                                     スキャンされたドキュメントごとに 0.000001 USD

                               同期時にはコネクタごとに 0.35 USD/時間

*1 日あたりの実際のクエリ数はクエリの複雑性に応じて異なり、複雑性についてはお客様によって大幅な相違があります。複雑性が低いクエリ (「休暇方針」など) は実行に消費するリソースが少なく、複雑性が高いクエリ (「シアトルの 1 日あたりの駐車料金は?」など) は実行に消費するリソースが多くなります。割り当てられたリソースで実行できるクエリの総数は、クエリの配合に依存します。上記に示した 1 日あたりの最大クエリ数は推定数で、複雑性が低いクエリが 80%、および複雑性が高いクエリが 20% であることを前提としています。
**キャパシティは、ニーズに基づいてクエリ数、ストレージ、またはそれら両方を増加することで追加できます。

プレビュー: プレビュー中の Kendra Enterprise Edition には、30 GB のストレージ、または最大 100,000 部のドキュメント (先に上限に達した方)、アカウントごとに 1 インデックス、および即時に使用できるコネクタ 3 つの制限があります。制限の引き上げをご希望の場合は、AWS までお問い合わせください。Kendra のプレビューには 30 日間の無料トライアルも含まれています。

料金の例

例 1 (追加キャパシティなし):

コンテンツ管理システムから 400,000 部の医薬品研究ドキュメントのインデックスを作成しています。1 日あたりの検索数には 25,000 件を見込んでいます。ドキュメントの同期化には Kendra の ingestion API のみを使用しており、コネクタのコストは発生しないことになります。毎月のコストは次のように計算されます。

コストタイプ 料金 使用量 
Kendra Enterprise Edition 7 USD/時間

最大 40,000 クエリ/日。

150 GB のストレージ (最大 500,000 ドキュメント)

7 USD/時間 x 720 時間/月 = 5,040 USD

    月額合計 = 5,040 USD

例 2 (ストレージ容量を追加):

マーケティングおよび HR リポジトリにある 100 万部を超える ドキュメントを検索する際、ユーザーベースが 1 日あたり推定 35,000 件の検索を行うと仮定してみましょう。Kendra インデックスの作成時には、100 万部のドキュメントをインデックス化する必要があり、これにはコネクタを約 48 時間*** 実行しなくてはなりません。リポジトリから新規または更新されたドキュメントを取得するためにコネクタによる同期化を毎日実行して、インデックスを最新に保つ必要もあります。毎日の同期化で 1,000 部の新規または更新されたドキュメントが取得され、各日 30 分間実行されるとすると、コネクタは 1 か月あたり合計 62 時間実行されることになります。毎月のコストは次のように計算されます。

コストタイプ 料金 使用量 
Kendra Enterprise Edition 7 USD/時間

最大 40,000 クエリ/日。

150 GB のストレージ (最大 500,000 ドキュメント)

7 USD/時間 x 720 時間/月 = 5,040 USD

ストレージ容量 3.5 USD/時間

+150 GB、最大 500,000 ドキュメント

3.50 USD/時間 x 720 時間/月 = 2,520 USD

コネクタ

0.000001 USD/スキャンされたドキュメント

コネクタ実行中は 0.35 USD/時間

最初の同期化: スキャンされたドキュメント 100 万部 x 0.000001 USD = 1 USD

増分同期: スキャンされたドキュメント 1,000 部 x 28 日 x 0.000001 USD = 0.028 USD

同期時間: 62 時間 x 0.35 USD/時間 = 21.70 USD

コネクタのコスト総額 = 22.728 USD

    月額合計 = 7,582.728 USD

*** 同期時間は、データソースのパフォーマンスとドキュメントの平均サイズに応じて異なります。 

例 3 (クエリキャパシティを追加):

お客様向けのヘルプページ (50,000 ドキュメント) のインデックスを作成しており、お客様は 1 日あたり推定 60,000 件の検索を行うと仮定します。Kendra インデックスの作成時には、50,000 部のドキュメントをインデックス化する必要があり、これにはコネクタを約 1 時間*** 実行しなくてはなりません。新規または更新されたヘルプページを取得するためにコネクタによる同期化を毎日実行して、インデックスを最新に保つ必要もあります。毎日の同期化が 100 部の新規または更新されたドキュメントを取得し、各日 30 分間実行されるとすると、コネクタは 1 か月あたり合計で最大 16 時間実行されることになります。毎月のコストは次のように計算されます。 

コストタイプ 料金 使用量 
Kendra Enterprise Edition 7 USD/時間

最大 40,000 クエリ/日。

150 GB のストレージ (最大 500,000 ドキュメント)

7 USD/時間 x 720 時間/月 = 5,040 USD

クエリキャパシティ 3.5 USD/時間

1 日あたり最大 40,000 クエリを追加

3.50 USD/時間 x 720 時間/月 = 2,520 USD

コネクタ

0.000001 USD/スキャンされたドキュメント

コネクタ実行中は 0.35 USD/時間

最初の同期化: スキャンされたドキュメント 50,000 部 x 0.000001 USD = 0.05 USD

増分同期: スキャンされたドキュメント 100 部 x 29 日 x 0.000001 USD = 0.0029 USD

同期時間: 16 時間 x 0.35 USD/時間 = 5.6 USD

コネクタのコスト総額 = 5.653 USD
    月額合計 = 7,565.65 USD

*** 同期時間は、データソースのパフォーマンスとドキュメントの平均サイズに応じて異なります。 

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
追加の製品関連リソースを確認する

Amazon Kendra のリソースページをご覧ください。

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon Kendra を使った構築を始めましょう。

サインイン