AWS Lambda の説明動画 (3:01)

なぜ AWS Lambda を使うのですか?

AWS Lambda は、イベント発生時にお客様のコードを実行し、コンピューティングリソースを自動的に管理するコンピューティングサービスで、アイデアを最新の本番環境のサーバーレスアプリケーションに変換する最速の方法となります。

Lambda の利点

インフラストラクチャのプロビジョニングや管理をすることなくコードを実行コードを書いて、.zip ファイルやコンテナイメージとしてアップロードするだけです。
1 日に数十イベントから 1 秒に数十万イベントまで、あらゆる規模のコード実行リクエストに自動的に対応します。
ピーク時の容量に備えてインフラストラクチャを事前にプロビジョニングするのではなく、使用するコンピューティング時間に対してのみミリ秒単位で支払うことで、コストを削減できます。
適切な関数のメモリサイズにより、コードの実行時間とパフォーマンスを最適化します。Provisioned Concurrency により、2 桁のミリ秒で高い需要に対応します。

仕組み

AWS Lambda は、サーバーレスでイベント駆動型のコンピューティングサービスであり、サーバーのプロビジョニングや管理をすることなく、事実上あらゆるタイプのアプリケーションやバックエンドサービスのコードを実行することができます。200 以上の AWS のサービスやサービス型ソフトウェア (SaaS) アプリケーションから Lambda をトリガーすることができ、使用した分だけお支払いいただきます。
  • ファイル処理
  • AWS Lambda の仕組みを示した図です。写真を撮影し、S3 バケットにアップロードします。Lambda がトリガーとなってリサイズコードが実行され、写真のサイズが変更されます。
  • ストリーム処理
  • Amazon Kinesis の仕組みを示した図です。ソーシャルメディアストリームが Kinesis にロードされ、Lambda がトリガーされます。Lambda がハッシュタグデータを生成するコードを実行し、そのデータは DynomoDB に保存されます。
  • ウェブアプリケーション
  • Amazon S3、API Gateway、DynamoDB が連携して気象データを取得する仕組みを示した図です。
  • IoT バックエンド
  • Amazon Kinesis と AWS Lambda がどのように交換部品の注文に役立つかを示した図です。
  • モバイルバックエンド
  • Amazon API Gateway、AWS Lambda、Amazon SNS が連携し、ユーザーがステータスアップデートの通知を受け取れるようにする仕組みを示した図です。

あらゆるアプリケーション向けの AWS

サーバーレスコンピューティングサービスである AWS Lambda は、イベントに応じてコードを実行し、お客様に代わってコンピューティングリソースを処理します。AWS の包括的なインフラストラクチャ機能とサービスにより、迅速かつ費用対効果の高い最新のアプリケーション開発がどのように可能になるかをご覧ください。 

詳細を確認する

ユースケース

AWS Lambda を使用して 18,000 個を超える vCPU に即座にスケールアウトすることで、リソースを大量に消費する予測不可能な需要に対応できます。その他のサーバーレスサービスとイベントトリガーを使用して、処理ワークフローを迅速かつ簡単に構築できます。
AWS Lambda を他の AWS のサービスと組み合わせることで、安全で安定した、スケーラブルなオンラインエクスペリエンスを実現します。
機械学習 (ML) モデルにデータをフィードする前に、データを前処理します。Amazon Elastic File System (EFS) へのアクセスにより、AWS Lambda はインフラストラクチャの管理とプロビジョニングを処理し、スケーリングを簡素化します。
イベント駆動型の関数を構築し、デカップリングされたサービス間のコミュニケーションを容易にします。クラッシュしたり、リソースを過剰にプロビジョニングすることなく、需要のピーク時にアプリケーションを実行することで、コストを削減します。