AWS Lambda を使ってサーバーレスアプリケーションの構築を開始する方法に関するチュートリアルとドキュメントをご覧ください。AWS サーバーレスアプリケーションモデル (SAM)AWS Cloud9 などのサーバーレスアプリケーション開発者用ツールについても説明しています。

簡単に開始できるもう 1 つの方法は、事前構築済みのアプリケーションをすばやくデプロイできるようにする AWS Serverless Application Repository を使用する方法です。

特定のユースケースについて詳しく調べるには、ウェブアプリケーション開発データ処理モバイルバックエンド開発エッジコンピューティングに関するリソースをご覧ください。

10 分のお時間はありますか?

hello-world チュートリアルで使用を開始する

最初のステップを AWS Lambda コンソールで実行してください。非常に基礎的な要素について学習し、簡単な Lambda 関数をデプロイします。

最初の Lambda 関数を構築する >>

さらに詳しい情報が必要ですか?

開発者ガイドを使ってサーバーレスアプリケーションを開発する

AWS Lambda 関数を開発してデプロイする方法をすばやく学ぶには、AWS の技術文書の一部となっている開発者ガイドをご覧ください。

ウェブアプリケーションの開発、モバイルアプリケーション、ファイル処理、ストリームデータの処理など、特定のユースケースのために AWS Lambda を使用する方法が解説されています。

また、C#PythonNode.jsJavaGo などから選択した言語で Lambda 関数を開発する方法についてのガイダンスもご覧ください。

開発者ガイドを使用して今すぐ始める >>

その他のリソース

AWS Serverless Application Repository を使用すると、コードサンプル、コンポーネント、アプリケーション一式を、数回クリックするだけですばやくデプロイできます。また、自分のアプリケーションを公開し、チーム内やコミュニティ全体で共有することもできます。

サーバーレスアプリケーションの開発に役立つ AWS サーバーレスアプリケーションモデル (SAM) や Cloud9 などの AWS 開発者用ツールの詳細に関するリソースもご覧ください。

SAR_pic

AWS Serverless Application Repository

ご自分のユースケース向けのサーバーレスアプリケーション、コンポーネント、ソースコードを探してください。数回クリックするだけで、サーバーレスアプリケーションをデプロイします。 また、Serverless Application Repository を使用して、自分のアプリケーションを公開し、チーム内、組織内、またはコミュニティ全体で共有することもできます。

Serverless Application Repository の詳細 >>

SAM_flag_2

開発者用ツール

サーバーレスアプリケーションの開発者用ツールは、開発サイクル全体でのサーバーレスアプリケーションの迅速な構築、テスト、デプロイ、モニタリングに役立ちます。ここでは、サーバーレスアプリケーションを定義するための AWS サーバーレスアプリケーションモデル (SAM) や、クラウドベースの IDE を提供する Cloud9 などの詳細について学習します。

サーバーレスアプリケーション用の開発者用ツールの詳細 >>

ユースケースを探す

ウェブアプリケーション開発、データ処理、モバイルバックエンド開発、エッジコンピューティングについては、以下のリソースをご覧ください。 

ウェブアプリケーション

webapp_serverless

サーバーレスウェブアプリケーションのチュートリアル

この入門チュートリアルでは、ユーザー独自の動的でサーバーレスなウェブアプリケーションを構築、デプロイする方法について学習します。静的なウェブリソースをホストする方法、ユーザーと認証の管理方法、バックエンド処理用の RESTful API を構築する方法について学習します。

開始方法 >>

RA_webapp

このウェブアプリケーションでは、AWS Lambda と AWS の他のサービスを併用してサーバーレスウェブアプリケーションを構築する方法を示します。このリポジトリには、アプリケーションのバックエンドを構成する Lambda 関数のすべてのサンプルコードが含まれています。


開始方法 >>

SB1

この 30 分の仮想ワークショップでは、AWS のサーバーレスのエキスパートが、シンプルなウェブアプリケーション用の AWS Lambda 関数の開発、デバッグ、デプロイについて説明します。また、具体的な手順のステップバイステップガイドも示します。



開始方法 >>

データ処理

batch_processing

このチュートリアルでは、シンプルな画像処理アプリケーションを構築し、自動的に画像をサムネイルに変換する Lambda 関数を開発する方法について学習します。 AWS Lambda と、Amazon Simple Storage Service (S3)、AWS サーバーレスアプリケーションモデル、AWS CloudFormation を併用する方法について学習します。

開始方法 >>

dataprocessing_image_4

このチュートリアルでは、AWS Lambda と Amazon Kinesis を使用して包括的なデータ処理アプリケーションを構築する方法について学習します。Amazon Kinesis を使用して、データストリームを作成し、ストリーミングデータの分析と保存を行う Lambda 関数の作成などの AWS Lambda の操作を実行します。


開始方法 >>

RA_fileprocessing_1
このサンプルアプリケーションでは、Lambda を使用して Markdown ファイルを HTML およびプレーンテキストに変換する、Markdown 変換アプリケーションのデモを示します。また、オブジェクトの複数のデータ派生物が必要なワークロードには理想的な、イベント駆動型の並列データ処理アーキテクチャを使用します。


開始方法 >>

モバイルバックエンド

mobilebackend_3

この開始方法のチュートリアルでは、シンプルなモバイルアプリケーションを構築し、AWS Lambda を使用してそのバックエンドのロジックをホストします。さまざまなコンポーネントを組み立てて、Android モバイルアプリケーションで Lambda 関数を呼び出して応答を処理できるようにする方法について学習します。


開始方法 >>

RA_mobilebackend_3

リファレンスアーキテクチャでは、AWS Lambda と Amazon API Gateway および Amazon S3 を一緒に使用して、モバイルアプリケーションから写真やメモをアップロードする方法を示しています。これらのサービスを活用すれば、サーバー管理のオーバーヘッドが不要な、コスト効率の良いモバイルバックエンドを構築できます。

開始方法 >>

mobile_hub_4.jpg
AWS Mobile Hub では、AWS を使用したモバイルアプリケーション開発についてのリソースを提供しています。iOS、Android、JS、Unity、React Native、Xamarin 向けの SDK、チュートリアル、サンプルをご覧ください。



開始方法 >>

エッジコンピューティング

Cloudfront_1

Lambda@Edge を使用すると、世界中の AWS エッジロケーションでコードを簡単に実行できます。これにより、エンドユーザーへの応答で生じるレイテンシーを最低限に抑えることができます。




開始方法 >>

cloudfron_talk3

この講演では、Lambda 関数を記述した後、対象の閲覧者が AWS Lambda@Edge を使ってどこからでも表示できるようにする方法について説明します。




開始方法 >>

cloudfron_talk2
この講演では、AWS Lambda@Edge を Amazon CloudFront と併用して、世界中のエンドユーザーに低レイテンシーで高速のデータ転送速度で、何ら義務を負わずにコンテンツを配信する方法について説明します。  

AWS Lambda のリソースについてさらに詳しくご覧ください

リソースページをご覧ください
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ