AWS Service Catalog では、AWS での使用が承認された IT サービスのカタログを作成および管理できます。この IT サービスには、仮想マシンイメージ、サーバー、ソフトウェア、データベースから包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまで、あらゆるものが含まれます。AWS Service Catalog では、一般的にデプロイされた IT サービスを集中管理でき、一貫性のあるガバナンスを実現し、コンプライアンス要件を満たすと同時に、ユーザーは必要な承認済みの IT サービスのみをすばやくデプロイできます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

benefit_standardization

AWS Service Catalog を使用すると、組織は単一の場所で IT サービスのカタログを集中管理できます。AWS Service Catalog では、利用できる IT サービスとバージョン、利用できるサービスの構成、アクセス許可を個人、グループ、部門、コストセンター別に管理できます。

benefit_servicecatalog_control

AWS Service Catalog では、AWS のサービスと AWS Marketplace のソフトウェアの独自のカタログを定義して、組織で利用できるようにすることができます。その後、エンドユーザーは、セルフサービスポータルを使用して IT サービスをすばやく見つけてデプロイできます。

benefit_self-service

AWS Service Catalog では、必要に応じて新しいバージョンの IT サービスを追加し、最新の更新を簡単に把握できるようにエンドユーザーに通知できます。AWS Service Catalog では、製品を起動できる AWS リージョン、許可される IP 範囲などの制約を指定することで、IT サービスの使用を制御できます。