AWS Service Catalog では、アカウントが Service Catalog に対して行った API 呼び出しの数に基づいた料金をお支払いいただきます。無料利用枠内で行われた API 呼び出しは含まれません。初期費用は不要で、API 呼び出しはいつでも停止できます。呼び出しは前月の使用量に対して毎月課金されます。

AWS 無料利用枠

AWS Service Catalog の無料利用枠には、毎月無料で利用できる 1,000 件の API 呼び出しが含まれています。月に 1,000 件を超える API 呼び出しが発生した場合は、実行した API 呼び出しの数に基づいて請求されます。下表で AWS リージョンを選択すると、API 呼び出し 1 回あたりの料金をご確認いただけます。

料金

使用した API 呼び出しの分だけ料金が発生します。各 API 呼び出しは、それが属する階層に基づいて課金されます。AWS 料金計算ツールを使って、月間の請求額をお見積りいただけます。

AWS Service Catalog 料金の例

料金の例 1 – 2 つの製品を含むポートフォリオを 1 つ作成する場合

2 つの製品を含む 1 つのポートフォリオで AWS Service Catalog をセットアップしてポートフォリオへのアクセスを提供するとします。

AWS API または CLI 呼び出しを発行するか、AWS Service Catalog コンソールを使用してカタログをセットアップできます。この例では、6 件の API 呼び出しを実行した後、ポートフォリオへのアクセスをセットアップし許可します。最初の API 呼び出しで、ポートフォリオを確立します。2 件の呼び出しで、製品とプロビジョニングアーティファクトを設定します。2 件の呼び出しで、製品をポートフォリオに関連付けます。最後の呼び出しで、ユーザー、グループ、またはロールをポートフォリオに関連付けます。

合計請求額 (無料利用枠を超えた場合) = 6 件の API 呼び出し * 1 件の呼び出しあたり 0.0007 USD = 0.0042 USD

料金の例 2 – それぞれ 25 個の製品を含む 2 つのポートフォリオを作成し、100 個のアカウントで両方のポートフォリオを共有する場合

それぞれが 25 個の製品を含む 2 つのポートフォリオを設定するとします。各製品に 1 つのバージョンがあります。両方のポートフォリオを 100 個のアカウントで共有するとします。

ハブアカウントの両方のポートフォリオに、起動制約とテンプレート制約を作成します。AWS Organizations が管理する組織単位での 100 個のスポークアカウントで、両方のポートフォリオを共有できます。ハブアンドスポークアカウントモデルの詳細については、AWS Service Catalog 製品のマルチアカウントカタログの設定に関するこちらのブログ投稿をご参照ください。

AWS API または CLI 呼び出しを発行するか、AWS Service Catalog コンソールを使用してこれらのアクションを実行します。この例では、ハブアカウントでは 205 件の API 呼び出しを実行し、すべてのスポークアカウントでは 200 件の API 呼び出しを実行します。分類すると、次のようになります。

  1. ハブアカウントでは、最初の 2 件の呼び出しでポートフォリオを確立します。 
  2. 1 つの製品バージョンの製品を作成するには、50 件の呼び出しが必要です。 
  3. 50 件の呼び出しで、各製品が正しいポートフォリオに関連付けられます。 
  4. 100 件の呼び出しで、各製品の起動とテンプレートの制約をセットアップします。 
  5. 3 件の呼び出しで、Service Catalog 組織の共有がオンとなり、ポートフォリオが 100 個のスポークアカウントと共有されます。 
  6. 最後に、各スポークアカウントで 2 件の呼び出しを行い、両方のポートフォリオにアクセスできるようになります。

ハブアカウントでのアカウントが毎月の無料利用枠の 1,000 件の API 呼び出しを超えていない場合、これらの API 呼び出しには課金さません。ハブアカウントが毎月の無料利用枠の 1,000 件の API 呼び出しを超えた場合には、課金されます。

ハブアカウントの合計請求額 (無料利用枠を超えた場合) = 205 件の API 呼び出し * 1 件の呼び出しあたり 0.0007 USD = 0.1435 USD

各スポークアカウントでのアカウントが毎月の無料利用枠の 1,000 件の API 呼び出しを超えていない場合、これらの API 呼び出しには課金さません。スポークアカウントが毎月の無料利用枠の 1,000 件の API 呼び出しを超えた場合には、課金されます。

スポークアカウントの合計請求額 (無料利用枠を超えた場合) = 2 件の API 呼び出し * 1 件の呼び出しあたり 0.0007 USD * 100 アカウント = 0.14 USD

合計金額: ハブアカウントの合計請求額 + スポークアカウントの合計請求額 = 0.1435 USD + 0.14 USD = 0.2835 USD

料金の例 3 – 製品をプロビジョニングしてサービスアクションを実行する場合

AWS Service Catalog をセットアップできたので、次に製品をプロビジョニングし、実行中のリソースでサービスアクション (例: リクエスト許可) を実行して、結果を一覧表示します。

AWS API または CLI 呼び出しを発行するか、AWS Service Catalog コンソールを使用してこれらのアクションを実行します。この例では、これらのアクションを完了するには、8 件の API 呼び出しを実行します。最初の 4 件の API 呼び出しで、製品を検索してプロビジョニングに必要な属性を記述します。その後、1 件の呼び出しで製品をプロビジョニングし、1 件の呼び出しでサービスアクションを実行し、最後の 2 件の呼び出しでプロビジョニングとサービスアクションのステータスを記述します。

アカウントが毎月の無料利用枠の 1,000 件の API 呼び出しを超えていない場合、これらの API 呼び出しには課金さません。アカウントが毎月の無料利用枠の 1,000 件の API 呼び出しを超えている場合、課金されます。

合計請求額 (無料利用枠を超えた場合) = 8 件の API 呼び出し * 1 件の呼び出しあたり 0.0007 USD = 0.0056 USD

料金の例 4 – 10 個の属性グループと 50 個のリソースを持つ 10 個のアプリケーションを管理する

AWS Service Catalog AppRegistry を利用して 10 個の属性グループと 50 個のリソースを持つ 10 個のアプリケーションを定義して管理したいとします。

AWS API や CLI を呼び出してこれらのアクションを実行できます。この例では、各アプリケーションを設定するための API 呼び出し 1 件を実行し、合計 10 件のAPI 呼び出しを実行します。各属性グループを作成してアプリケーションに関連付けるには、API 呼び出し 2件を実行することになります。アプリケーションあたりの属性グループ数は 10 個なので、合計 200 件の API 呼び出し (属性グループあたり 2 件の API 呼び出し × 10 個の属性グループ × 10 個のアプリケーション)となります。各アプリケーションに関連付けたリソースごとに 1 件の API 呼び出しを実行します。アプリケーションごとに 50 のリソースがあるので、合計 500 件の API 呼び出し (関連リソース × 50 個の関連リソース × 10 個のアプリケーションごとに 1 件の呼び出し) になります。

合計請求額 (無料利用枠を超えた場合) = 710 件の API 呼び出し * 1 件の呼び出しあたり 0.0007 USD = 0.497 USD

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

AWS Service Catalog の利用を開始する方法を見る

開始方法のページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS Service Catalog を使い始めましょう
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ