AWS Service Catalog

作成、整理、そして管理

AWS Service Catalog では、AWS での使用が承認された IT サービスのカタログを作成および管理できます。この IT サービスには、仮想マシンイメージ、サーバー、ソフトウェア、データベースから包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまで、あらゆるものが含まれます。AWS Service Catalog では、一般的にデプロイされた IT サービスを集中管理でき、一貫性のあるガバナンスを実現し、コンプライアンス要件を満たすと同時に、ユーザーは必要な承認済みの IT サービスのみをすばやくデプロイできます。

AWS Service Catalog – ご利用開始にあたって (7:16)

メリット

企業標準へのコンプライアンスを確保

AWS Service Catalog を使用すると、組織は単一の場所で IT サービスのカタログを集中管理できます。AWS Service Catalog では、利用できる IT サービスとバージョン、利用できるサービスの構成、アクセス許可を個人、グループ、部門、コストセンター別に管理できます。

従業員は承認済みの IT サービスをすばやく見つけてデプロイ可能

AWS Service Catalog では、AWS のサービスと AWS Marketplace のソフトウェアの独自のカタログを定義して、組織で利用できるようにすることができます。その後、エンドユーザーは、セルフサービスポータルを使用して IT サービスをすばやく見つけてデプロイできます。

IT サービスライフサイクルを集中管理

AWS Service Catalog では、必要に応じて新しいバージョンの IT サービスを追加し、最新の更新を簡単に把握できるようにエンドユーザーに通知できます。AWS Service Catalog では、製品を起動できる AWS リージョン、許可される IP 範囲などの制約を指定することで、IT サービスの使用を制御できます。

ITSM/ITOM ソフトウェアに接続

ServiceNow などの IT サービスマネジメント (ITSM) ツールは、AWS サービスカタログと接続して、ITSM プラットフォームのユーザーが AWS サービスとリソースを容易にリクエストできるようにします。ServiceNow のための AWS Service Catalog コネクターは ServiceNow ユーザーへの AWS 製品のプロビジョニングはシンプルになり、ServiceNow 管理者は AWS 製品に対するガバナンスと概観を得ることができます。

AWS Service Catalog についてもっと学ぶ

特徴のページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS Service Catalog の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ