AWS Service Catalog

AWS 製品カタログを作成、整理、管理する

AWS Service Catalog では、AWS での使用が承認された IT サービスのカタログを作成および管理できます。この IT サービスには、仮想マシンイメージ、サーバー、ソフトウェア、データベース、さらに包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまで、あらゆるものが含まれます。AWS Service Catalog により、デプロイ済みの IT サービスやアプリケーション、リソース、さらにメタデータを、一元的に管理できるようになります。一貫したガバナンスを実現して、コンプライアンス要件を満たすために役立ちます。また、ユーザーが必要とする中で、承認済みの IT サービスのみをすばやくデプロイできるようにします。各組織は、AWS Service Catalog の AppRegistry により、各 AWS リソースでのアプリケーションの配置状況を把握できます。 アプリケーションと、そのメタデータを定義および管理することで、コスト、パフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンス、運用状態などを、アプリケーションレベルで追跡することが可能です。

1,000件のAPI コールが無料

(1 か月あたり) がAWS 無料利用枠で無料に

利点

企業標準へのコンプライアンスを確保

AWS Service Catalog を使用する組織は、一元的な場所から、IT サービスのカタログを集中管理できます。AWS Service Catalog では、利用できる IT サービスとそのバージョンや、提供されたサービスでの設定内容を制御できます。さらに個人、グループ、部門、コストセンター別に、アクセス許可を付与する対象の管理も行えます。

従業員は承認済みの IT サービスをすばやく見つけてデプロイ可能

AWS Service Catalog では、AWS のサービスと AWS Marketplace のソフトウェアの独自のカタログを定義して、組織で利用できるようにすることができます。その後、エンドユーザーは、セルフサービスポータルを使用して IT サービスをすばやく見つけてデプロイできます。

IT サービスのライフサイクルを集中管理

AWS Service Catalog では、新しいバージョンの IT サービスを追加しながら、エンドユーザーに通知を送り、最新の更新に追従できるようにします。AWS Service Catalog では、IT サービスの使用を制御するために、製品に関する制約、例えば、起動可能な AWS リージョンなどを指定することができます。

ITSM/ITOM ソフトウェアに接続

AWS Service Management Connector は、IT サービスマネジメント (ITSM) の管理者が、プロビジョニングされた AWS やサードパーティー製品に対するガバナンスを改善するのに役立ちます。ServiceNowJira Service Desk といった ITSM のツールを、AWS Service Catalog、AWS Config、AWS Systems Manager などの AWS の管理およびガバナンス用のサービスと接続できます。ITSM のユーザーは、AWS Service Catalog を通じて、AWS およびサードパーティ製のサービスやリソースのリクエスト、プロビジョニング、管理が行えます。

AWS 上のすべてのアプリケーションの情報を管理

AWS Service Catalog の AppRegistry では、AWS 上のアプリケーションリソースを収集、管理するための、単一的なレポジトリが利用できます。アプリケーションにメタデータを定義し、内部システムや他の AWS のサービス、そしてソフトウェアベンダーからの情報を、そこに含めることができます。ビルダーであれば、ご自身のアプリケーションへの参照を、インフラストラクチャコードの中に記述できます。また、ビジネスの利害関係者には、組織の所有者やデータの機密性、そしてコストセンターなど、アプリケーションのコンテンツやメタデータに関する最新の情報を提供できます。

導入事例

Wiley 導入事例

Wiley は AWS を使って、開発者がセルフサービスの機能作成、新規アプリケーションを何週間もかけずに数分間で発表、新規デジタル発行プラットフォームの作成ができるようにしています。

導入事例を読む >>

Verge の導入事例

「AWS Service Catalog からの信頼性の高い HIPAA 準拠のサービスをデプロイすることで、セキュリティに気を配りながらも市場投入時間を短縮できます。」

導入事例を読む >>

Cloudticity の導入事例

Cloudticity はその Oxygen マネージドサービスプラットフォームを AWS で実行し、AWS Service Catalog を使って IT サービスのカタログを作成、管理しています。

導入事例を読む >>

TechnipFMC の導入事例

TechnipFMC は AWS Service Catalog を用いてセキュリティを強化し、IT サービスを素早く提供し、アプリケーションの将来の移行に対する再現性のある基盤を作成しています。

導入事例を読む >>

ブログ投稿と記事

日付
  • 日付
その他…
AWS Partner Network (APN) Blog で、AWS Service Catalog に関する他の記事がご覧いただけます。
データ移行のドキュメント
入門ガイドを読む

IT サービスのカタログを作成および管理するには、入門ガイドを参照してください。

ドキュメントを読む 
AWS アカウントにサインアップする
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールで Service Catalog の構築を開始する
コンソールで構築を開始する

コンソールで AWS Service Catalog の構築を開始する

サインイン 

AWS Service Catalog についてもっと学ぶ

特徴のページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS Service Catalog を使い始めましょう
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ