高い配信性能

E メールの配信性能 (送信した E メールが受信者の受信トレイに届く可能性) は、送信元 IP アドレスの評価によって決まります。評価は主に過去の傾向によって決まります。そのアドレスに低品質のコンテンツを送信した履歴があると、評価が下がります。Amazon SES では、迷惑メールと悪意のあるコンテンツを事前にフィルタリングすることで、メールボックスプロバイダーの間で高い評価を獲得しています。

コンテンツのパーソナライズ

一般的なワンサイズフィッツオールの E メールでは、パーソナライズされた E メールよりもエンゲージメント率が低くなります。Amazon SES を使用すると、コンテンツパーソナライズ用の置換タグを含む E メールテンプレートを作成できます。

E メールを送信するときに、テンプレートと、各受信者用の置換タグの値を指定します。Amazon SES が自動的にメッセージから置換タグを消去し、指定された固有の値に置き換えます。お客様は、さらに関わりを持ちたくなるような高度にパーソナライズされたメッセージを受け取ります。

認証

インターネットサービスプロバイダー (ISP) では、E メールを受信すると、受信者に配信する前に認証をチェックします。ISP では、認証により、送信元が実際にその E メールアドレスの所有者であることを確認できます。Amazon SES は、DomainKeys Identified Mail (DKIM)、Sender Policy Framework (SPF)、Domain-based Message Authentication、Reporting and Conformance (DMARC) など、業界標準の認証メカニズムをすべてサポートしています。

認証の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES での E メールの認証をご覧ください。

専用 IP アドレス

Amazon SES では、デフォルトで、Amazon SES の他のお客様と共有している IP アドレスから E メールを送信します。共有アドレスは、多くのユーザーにとって最適な方法です。料金が Amazon SES の基本料金に含まれているうえ、評価が慎重にモニタリングされており、高い配信性能を誇ります。

Amazon SES で大量の E メールを送信する場合は、そのお客様用に確保した専用 IP アドレスをリースできます。専用 IP アドレスを使用して E メールを送信する場合、このアドレスでの送信者の評価は、そのお客様の E メール送信状況によって決まります。

Amazon SES アカウントで使用するために専用 IP アドレスをいくつかリースすると、専用 IP プール機能を使用して、その IP アドレスでグループ (プール) を作成できます。その後、各プールを構成セットと関連付けることができます。このようにすると、その構成セットを使用して E メールを送信した場合、その E メールは関連付けられたプール内の IP アドレスからのみ送信されるようになります。

専用 IP のリクエスト専用 IP プールの作成の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドを参照してください。

モニタリング

Amazon SES では、E メール送信アクティビティをモニタリングするためのいくつかの方法を利用でき、E メール送信戦略を微調整するのに役立ちます。Amazon SES では、送信数、配信数、開封数、クリック数、バウンス数、苦情数、拒否数など、E メールレスポンスファネル全体の情報をキャプチャできます。データを Amazon S3 バケットや Amazon Redshift データベースに保存でき、リアルタイム通知のために Amazon SNS に送信したり、Amazon Kinesis Analytics を使用して分析したりできます。

Amazon SES のモニタリング方法の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES 送信アクティビティのモニタリングをご覧ください。

送信者評価の管理

Amazon SES には評価ダッシュボードがあり、E メールの配信に影響する可能性のある問題を追跡するために使用できます。このダッシュボードでは、お客様のアカウントでのバウンスや苦情の全体的な発生率を追跡できます。また、スパムトラップのヒット、お客様の E メールについてのブロックリストに登録されたドメインの参照、信頼できるアンチスパム組織からの報告など、配信性能に影響する他のイベントが発生した場合に、通知を受信することもできます。

Amazon SES は、このダッシュボードで収集されるバウンスや苦情のメトリクスを Amazon CloudWatch に自動的にパブリッシュします。CloudWatch を使用して、バウンスや苦情の発生率が特定のしきい値に到達した場合に通知するアラームを作成できます。この情報を使うと、お客様の送信者評価に影響する可能性のある問題が発生した場合に、迅速にアクションを実行できます。

Amazon SES の評価ダッシュボードの詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES 送信者評価のモニタリングを参照してください。

E メールの柔軟な受信

Amazon SES を使用してメールを受信すると、受信を許可する E メールと受信後の処理方法を完全に制御できます。送信者の E メールアドレス、IP アドレス、ドメインに基づいて、メールの許可または拒否を行うことができます。Amazon SES で E メールの受信が許可されると、Amazon S3 バケットに保存すること、AWS Lambda 関数を使用してカスタムコードを実行すること、Amazon SNS に通知をパブリッシュすることができます。

Amazon SES による E メール受信の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドE メールの受信をご覧ください。

E メール送信用の複数のインターフェイス

Amazon SES では、Amazon SES コンソール、Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) インターフェイス、Amazon SES API など、E メールを送信するためのいくつかの方法を利用できます。API を実行するには、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) か AWS Software Development Kit (SDK) を使用します。

E メールの送信を開始するには、Amazon SES 開発者ガイドE メールの送信を参照してください。

メールボックスシミュレーター

Amazon SES メールボックスシミュレーターを使用すると、バウンスや苦情などのシナリオがアプリケーションでどのように処理されるかを、送信者の評価に影響を与えることなく、簡単にテストできます。メールボックスシミュレーターを使用するのは簡単で、テスト用の E メールを特定のアドレスに送信するのと変わりません。メールボックスシミュレーターを使用すると、正常な配信、ハードバウンス、不在時の応答、苦情をシミュレートできます。

メールボックスシミュレーターの詳細については、Amazon SES 開発者ガイドの E メール送信のテストをご覧ください。

AWS への統合

Amazon SES は、Amazon EC2、AWS Elastic Beanstalk、Amazon SNS、Amazon Route 53、AWS IAM、Amazon S3、AWS Lambda、Amazon CloudWatch、Amazon WorkMail といった、AWS の他のサービスとシームレスに統合されています。

他の AWS サービスと Amazon SES との連携の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES とその他の AWS サービスをご覧ください。

料金は実際に使用した分のみ

Amazon SES に前払い料金はなく、最低料金もありません。料金は実際に使用した分のみです。Amazon EC2 でホストされているアプリケーションから E メールを送信すると、毎月最初の 62,000 通の E メールについては無料で送信できます。以降の E メールの送信には 1,000 件ごとに 0.10 USD の料金が発生します。詳細については、料金表ページを参照してください。

Amazon SES 料金の詳細

料金ページを見る
E メールの送信を開始する用意ができましたか?
Amazon SES の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ