Amazon Simple Email Service (Amazon SES) は、コスト効率に優れた E メールサービスであり、Amazon.com が自社の顧客ベースのサービス向けに開発した信頼性が高くスケーラブルなインフラストラクチャで構築されています。Amazon SES では、トランザクションメールやマーケティングメッセージ、その他あらゆる種類の高品質なコンテンツを顧客に送信できます。また、メッセージの受信や Amazon S3 バケットへの送信、AWS Lambda 関数を使用したカスタムコードの呼び出し、または Amazon SNS への通知の発行なども行うことができます。Amazon SES には最低料金は必要ありません。従量料金制で、使用した分のみお支払いいただきます。


チュートリアルまたはプロジェクトの実行を通して Amazon SES をセットアップします。

技術文書を読んで Amazon SES について学びます。

ドキュメントにアクセス »

高品質の E メールプログラムの実行に関する詳細をご覧ください。

Amazon SES メール送信のベストプラクティスに関するホワイトペーパー »

Amazon SES のお知らせ、ベストプラクティス、チュートリアルをご覧ください。

Amazon SES ブログにアクセス »

Amazon SES に関する質問を閲覧および投稿してください。

Amazon SES フォーラムにアクセス »

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »


Amazon SES では初期費用や固定費はなく、Amazon の規模の効率性というメリットを得ることができます。お客様がお支払いになるのは、送信した E メール数、受信した E メール数、データ転送、添付ファイルに対するわずかな料金のみです。

Amazon SES は、Amazon クラウドネットワークのインフラストラクチャとデータセンター内で実行されます。複数のサーバーとデータセンターにより、高可用性とデータの耐久性が実現します。

Amazon SES は、年間数十億というメッセージを送信する世界中のアマゾン ウェブサイトが使用しているスケーラブルなクラウドベースのメール技術に基づいています。

Amazon SES では、受信者の受信トレイに届くメールの割合が最大になるよう積極的に取り組んでいます。

Amazon SES を使用して E メールを受信する場合、受信メッセージをどのように処理するかをきめ細かく制御できます。ドメイン全体、または特定の E メールアドレスに適用されるルールを設定できます。

Amazon SES は、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)Amazon Route 53Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)Amazon WorkMailAWS LambdaAWS Key Management Service (AWS KMS)、および Amazon CloudWatch と統合されています。さらに、Amazon EC2 および AWS Elastic Beanstalk から送信される E メールについては、無料利用枠をご利用いただけます。


Amazon SES を使えば製品やサービスを多数のお客様に宣伝することができます。既存のお客様に、広告や特典などお得で高品質のコンテンツを送信できます。また、メーリングリストの配信停止リクエストを管理することもできます。

Amazon SES は、注文確認、出荷通知、注文状況の更新、ポリシーの変更、パスワードのリセットなど、顧客向けの通知メッセージを E メールで自動送信する低コストのソリューションです。

Amazon SES を使えば、ニュースレター、スケジュール、発表など、クオリティの高いコンテンツをすべての登録読者に送信することができます。

Amazon SES を使用して、システム状態レポート、アプリケーションエラーアラート、ワークフローステータスの更新、その他の報告が必要なイベントを送信できます。ソーシャルネットワーキングでは、招待、投稿、ステータス変更、ユーザーが受け取るよう選択したその他の更新情報をユーザーに通知できます。

Amazon SES は、顧客から受信した E メールからサポートチケットを生成し、カスタマーサポート担当者の対応に基づきチケット情報を更新するなど、カスタマーサポートインフラストラクチャの一部として使用できます。

Amazon SES は、単独で使用することも、既存のメールサーバーと統合して使用することもできます。Amazon SES により、自動応答システムの設定といったロジスティクスタスクなど、業務に関する E メールの送受信をすべて処理できます。