Q: Amazon Simple Email Service とは何ですか?

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) は、可用性が高く、費用対効果に優れた E メール送受信プラットフォームです。Amazon SES により、社内で E メールソリューションを構築したり、サードパーティ製 E メールソリューションのライセンス取得、インストール、運用を行ったりする煩雑さや費用が必要なくなります。

Q: Amazon SES はどのようなユーザーに適していますか?

Amazon SES は、信頼性が高く、スケーラブルかつ安価な方法で E メールを送受信する必要があるユーザーに最適です。現在、オンライン小売業者、大小さまざまな規模のアプリケーション開発者、デジタルマーケティング企業など、幅広い企業で Amazon SES が使用されています。

Q: E メールの送信先に関して制限はありますか?

一般的に、E メールを送信できるのは、受信を希望している受信者に対してのみです。AWS には、スパムやその他の望まれない低品質な E メールを送信していると識別されたアカウントを停止する権利や、適切であると思われるその他の措置を講じる権利があります。

Amazon SES のお客様には、E メールメッセージの転送を管理するさまざまな法律や規制を遵守する責任があります。このような法律や規制は国によって異なり、州、地域、郡、その他の行政区分によっても異なる場合があります。Amazon SES を使用するには、AWS カスタマーアグリーメントおよび Amazon Web Services 適正利用規約で指定されている条件に同意する必要があります。

Q: Amazon SES を使用して送信できるのは、どのような種類の E メールですか?

Amazon SES により、マーチャンダイジング、サブスクリプション、トランザクション、通知といった E メールメッセージを確実に配信できます。

Q: Amazon SES の使用を開始するにはどうしたらよいですか?

以下の手順を実行すると、Amazon SES を使用して E メールを送信できます。

  1. サインアップ: AWS にサインアップすると、開発者によるサービスのテストと評価のために特別に設計された環境である Amazon SES サンドボックスを利用できます。
  2. ドメインまたは E メールアドレスを確認: Amazon SES を使用して E メールを送信する前に、E メールの発信元であるドメインまたは E メールアドレスの所有者がお客様ご自身であることを確認する必要があります。検証プロセスは、Amazon SES コンソールから実行できます。
  3. テスト E メールを送信: Amazon SES コンソール、SMTP インターフェイス、API のいずれかを使用して、確認した E メールアドレスまたはドメインにテスト E メールを送信できます。
  4. 送信制限の引き上げの申し込み: Amazon SES を使用して本番の E メールを送信する準備ができたら、送信制限の引き上げを申し込み、アカウントをサンドボックス環境から本番環境に移行できます。申し込みにかかる時間はほんの数分で、通常 24 時間以内に回答が返信されます。
  5. 本番の E メールを送信: SMTP または Amazon SES API のいずれかを使用して、配信する E メールメッセージをキューに追加できます。
  6. フィードバックを取得: Amazon SES では、送信アクティビティに関する役立つ統計情報を受け取ることができます。シンプルな API クエリを使うか、Amazon SES コンソールにアクセスして、送信容量、バウンス、苦情といった重要な統計情報を簡単に取得できます。

Amazon SES を使った E メールの設定の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドクイックスタートセクションをご覧ください。

Q: Amazon SES のテストと評価を終了した後、何をする必要がありますか?

Amazon SES を使用して E メールを送信する準備ができたら、Amazon SES の送信制限の引き上げをリクエストできます。許可された場合、この引き上げによってアカウントはサンドボックス環境から外れるので、お客様への E メールの送信を開始できます。この後は受取人の E メールアドレスまたは受取人のドメインを確認する必要もなく、より多くの E メールを送信することができます。

送信制限の引き上げをリクエストするには、サポートセンターでリクエストフォームに必要事項を記入してください。リクエストに対する回答は、通常 24 時間以内に行われます。


Q: Amazon SES を使用するのに必要な費用はいくらになりますか?

Amazon SES では、実際に使用した分のみ料金が発生します。最低料金や前払い料金はありません。Amazon SES の使用料金は非常に安価です。お支払いいただく金額は、送受信するメッセージの件数、送信する添付ファイルの容量、EC2 といった AWS の他の製品 (該当する場合) からのデータの転送料金によって決まります。

料金、データ転送コスト、無料利用枠の詳細については、Amazon SES 料金をご覧ください。

Q: Amazon SES の無料利用枠はありますか?

Amazon EC2 インスタンスまたは Elastic Beanstalk で実行されるアプリケーションから Amazon SES を呼び出すと、Amazon SES 無料利用枠の対象になります。無料利用枠では、E メール送信の最初の 6 万 2,000 件と E メール受信の最初の 1,000 件が無料です。

Q: Amazon SES サンドボックスにいる場合も、Amazon SES の無料利用枠を利用することができますか?

はい。ただし、Amazon SES の無料利用枠を最大限活用するために、Amazon SES の送信制限の引き上げをリクエストすることをお勧めします。

Q: Amazon SES を使用した場合、課金と請求はどのようになりますか?

毎月の終わりに、当月の使用料金が課金されます。Amazon SES の請求サイクルは各月の初日に始まり、末日に終わります。月間料金の合計は、各月末に計算されます。

Q: Amazon SES の使用状況を追跡するにはどうしたらよいですか?

現在の請求期間の料金は、AWS コンソールの請求管理ページでいつでも表示できます。

Q: 受信したスパムメッセージの料金は請求されますか?

そのメッセージが SMTP 通信で拒否されない限り、すべての受信メッセージに対して料金が請求されます。SMTP 通信は、送信側が受信側のサーバーにメッセージを送信する際に発生します。

SMTP 通信でメールを許可するかどうかを決定するには、2 つの方法があります。最初の方法は、許可する IP アドレスのリスト (ホワイトリスト) と、ブロックするアドレスのリスト (ブラックリスト) を作成することです。既知のスパム発信者からのメッセージを明示的にブロックすると、SMTP 通信でその送信者から送信されたメッセージが拒否されるため、そのメッセージに対する料金は請求されません。

2 つ目の方法は、受信ルールを設定することです。Amazon SES では、少なくとも 1 つの受信ルールがメッセージの受信者と一致する受信メッセージのみが許可されます。ユーザーが設定した IP アドレスのブロックリストは保持され、そのリストに記載されたアドレスからのメッセージは、ユーザーが操作しなくても自動的にブロックされます。自動的にブロックされたアドレスからの配信を有効にする場合は、許可された送信者のリストに追加できます。


Q: Amazon SES サンドボックスとは何ですか?

Amazon SES サンドボックスは、新しいユーザーが Amazon SES の機能をテストできる領域です。新しい Amazon SES ユーザーは自動的にサンドボックスに配置されます。サンドボックス内では、検証済みの E メールアドレス、または Amazon SES メールボックスシミュレーターに関連付けられた E メールアドレスにのみメールを送信できます。さらに、サンドボックス内では、24 時間に 200 件以上のメッセージ、1 秒間に 1 件以上のメッセージを送信することはできません。

サンドボックスから移行する準備ができたら、SES 送信制限の引き上げのリクエストを送信できます。

Q: E メールの送信元のメールアドレスに条件はありますか?

お客様が所有する任意のアドレスまたはドメインから E メールを送信できます。Amazon SES 経由で E メールを配信するには、送信元の E メールアドレスまたはドメインを所有していることを証明する必要があります。Amazon SES コンソールまたは Amazon SES API を使用して所有権を確認できます。

合計で最大 10,000 の E メールアドレスとドメイン (組み合わせは任意) を確認できます。

Q: Amazon SES では、E メールのサイズに制限はありますか?

Amazon SES では、最大10MB のEメールメッセージを送ることができます。これには、メッセージの一部である画像や添付ファイルも含まれます。

Q: 1 つの E メールメッセージで指定できる受信者の数には制限がありますか?

Amazon SES を使用して送信するそれぞれのメッセージに対して、最大 50 人の受信者を指定できます。To:、CC:、BCC: の各フィールドで受信者として指定する E メールアドレスの合計が 50 件を超えることはできません。50 人を超える受信者に E メールメッセージを送信する必要がある場合は、50 人以下の受信者を指定して、複数のメッセージを送信する必要があります。

Q: 送信できる E メールの数に制限はありますか?

Amazon SES からのすべての送信者には、継続的に Amazon SES が計算するそれぞれの送信制限があります。

  • 送信クォータ – 24 時間で送信できる E メールの最大件数。
  • 最大送信レート – Amazon SES が 1 秒間にお客様のアカウントから受け付ける E メールの最大件数。

注意: Amazon SES でメッセージを受け付ける件数は、最大送信レートよりも少ない場合があります。

送信制限は、メッセージの件数ではなく受信者数によって決まります。送信制限は、Amazon SES コンソールを使用して、いつでも確認できます。

E メールの品質が低いまたは疑わしいと判断された場合 (バウンス率や苦情率が高い場合や、スパムや不正なコンテンツと判断された場合など) は、許可される送信容量が一時的または恒久的に減らされることや、必要に応じてその他の措置が講じられることがあります。

Q: このような送信制限はなぜ必要ですか?

このような制限を使用して送信アクティビティを着実に増加させると、送信者の評価の向上に役立ち、送信する E メールが受信者の受信トレイに届く可能性が高くなります。


Q: Amazon のスタッフはユーザーが送受信した E メールを閲覧できますか?

当社は、プライバシーやデータ保護のポリシーに非常に真剣に取り組んでいます。Amazon SES では、社内のアンチスパムテクノロジーを使用して、品質が低いコンテンツを含む E メールメッセージをフィルタリングし、そのような E メールの送信を防いでいます。また、すべての送受信メッセージでは、添付ファイルを含めてウイルスがスキャンされます。これは人が介入しない自動化されたプロセスです。

システムのトラブルシューティング、詐欺/不正行為の調査といった非常に限定された状況下を除いて、Amazon SES のスタッフが E メールの内容を閲覧することはありません。さらに、Amazon SES の他のユーザーがお客様の E メールの内容を閲覧することはできません。

Q: 受信した E メールメッセージを暗号化できますか?

Amazon SES は AWS Key Management Service (KMS) と統合されており、任意で Amazon S3 バケットに書き込むメールを暗号化できます。お客様のアカウントでデフォルトの Amazon SES KMS マスターキーを使用して暗号化することができ、この場合、追加の設定は必要ありません。または、データキーを生成するための Amazon SES サービスプリンシパル権限を付与する新しいマスター KMS キーを設定することもできます。Amazon SES ではクライアント側の暗号化を使用しており、メールは Amazon S3 に書き込まれる前に暗号化されます。つまり、Amazon S3 からメールを取得した後に、お客様側でコンテンツを復号する必要があります。AWS Java SDK と AWS Ruby SDK では、復号を処理できるクライアントを利用できます。


Q: Amazon SES を使用するためには、逆引き DNS レコードを設定する必要がありますか?

Amazon SES ユーザーが逆引き DNS レコードを設定する必要はありません。アマゾン ウェブ サービスでは、Amazon SES で使用される IP アドレスを管理し、このアドレスに対して逆引き DNS レコードを登録します。

Q: Amazon SES は Sender Policy Framework (SPF) をサポートしていますか?

Amazon SES は SPF をサポートしています。Amazon SES を使用して E メールを送信する方法に応じて、SPF レコードを公開する必要がある場合とそうではない場合があります。

SPF を使用した Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance (DMARC) に準拠する必要がない場合、SPF 認証に合格するために SPF レコードを公開する必要はありません。Amazon SES では、デフォルトで、Amazon が所有する MAIL FROM ドメインから E メールを送信するためです。

SPF を使用した DMARC に準拠する必要がある場合は、ユーザーの MAIL FROM ドメインを使用して、SPF レコードを公開するよう、Amazon SES を設定する必要があります。

Q: Amazon SES はドメインキーアイデンティファイドメール (DKIM) をサポートしていますか?

Amazon SES は DKIM をサポートしています。Easy DKIM を有効にして、設定した場合、Amazon SES では、DKIM を使用して、送信メッセージに自動的に署名が行われます。必要であれば、お客様自身で E メールに DKIM 署名を付加することもできます。中には、配信性能をできるだけ上げるために、署名しない方がよい DKIM ヘッダーもあります。詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES における手動での DKIM 署名をご覧ください。

Q: Amazon SES からの受信メールを DMARC に準拠させることはできますか?

Amazon SES では、SPF、DKIM、またはその両方を使って、E メールを DMARC に準拠させることができます。

Q: Amazon SES で E メールを送信する場合は、Transport Layer Security (TLS) によって暗号化された接続が使用されますか?

受信メールサーバーが STARTTLS 拡張機能をアドバタイズしている場合、Amazon SES では、TLS 接続へのアップグレードが試行されます。アップグレードできない場合は、その E メールがプレーンテキストとして送信されます。

Q: Amazon SES での E メール送信に使用される TLS バージョンは何ですか?

Amazon SES は TLS v1 をサポートしています。


Q: Amazon SES を使用して、既に使用しているアプリケーションから E メールを送信することはできますか?

Amazon SES では、自分で開発したソフトウェアや SMTP をサポートするサードパーティ製ソフトウェアなど、既に使用している SMTP クライアントソフトウェアで使用するためのプライベート SMTP リレーを作成できます。

詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信するをご覧ください。

Q: Amazon SES を使用して、一括メールを送信できますか?

一括メールを送信するため、E メールを送信するたびに SendEmail API オペレーションまたは SendRawEmail API オペレーションを繰り返し呼び出すことができます。Amazon EC2Amazon Elastic MapReduce (EMR)、自社サーバーで実行しているソフトウェアを使って、お客様のニーズに最適な方法で一括メールを作成し、Amazon SES を使用して送信できます。

一括メール用の社内ソフトウェアを既に使用している場合は、Amazon SES を使って配信するよう、簡単に変更できます。Amazon SES を直接呼び出すようにソフトウェアを変更するか、Amazon SES の SMTP リレーを使って E メールを配信するよう再構成できます。Amazon SES SMTP インターフェイスの詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES SMTP のインターフェイスを使用するをご覧ください。

Q: Amazon SES では、添付ファイル付きの E メールを送信できますか?

Amazon SES は、ドキュメント、画像、音声、動画など、よく利用されるコンテンツ形式の多くをサポートしています。

注意: お客様自身の安全と顧客の安全のために、Amazon SES は、お客様が送信したすべての添付ファイルをスキャンし、ウイルスやマルウェアを確認しています。

添付ファイル付きの E メールを送信するには、SMTP をサポートする E メールクライアントを使用できます。Amazon SES を使って E メールを送信するようにクライアントを設定すると、メッセージが送信される前に、適切な MIME 部分と E メールヘッダーが自動的に作成されます。

また、添付ファイル付きEメールをプログラム的に送信することもできます。Eメールに添付ファイルを含めるには、新しいマルチパートのEメールメッセージを作成します。このメッセージに、MIME エンコードコンテンツと一緒に、適切な​​ Content-Type ヘッダーを含む MIME 部分を含めます。次に、Content-Disposition ヘッダーを使用して、コンテンツをインラインで表示するか、添付ファイルとして扱うかどうかを指定します。

メッセージを作成したら、SendRawEmail API を使用して送信できます。AWS Software Development Kits (SDK)、または Python 用の boto3 などのサードパーティ製ライブラリを使用することもできます。

Q: Amazon SES E メールの送信に専用の IP アドレスを予約できますか?

はい。専用 IP は追加料金でご利用いただけます。専用 IP アドレスをリクエストするには、サポートセンターでSES 送信制限引き上げケースを送信してください。チケットの [申請理由の説明] フィールドに、専用 IP を購入したい旨を明記してください。料金の情報については、Amazon SES 料金をご覧ください。

Q: 特定の種類の E メールを送信する場合に、専用 IP アドレスを指定できますか?

Amazon SES アカウントで使用するために専用 IP アドレスをいくつかリースすると、専用 IP プール機能を使用して、その IP アドレスでグループ (プール) を作成できます。その後、各プールを構成セットと関連付けることができます。このようにすると、その構成セットを使用して E メールを送信した場合、その E メールは関連付けられたプール内の IP アドレスからのみ送信されるようになります。

詳細については、Amazon SES 開発者ガイドCreating Dedicated IP Pools を参照してください。

Q: 実際の受信者に E メールを送信しなくても、Amazon SES のレスポンスをテストできますか?

Amazon SES Mailbox Simulator を利用すると、送信レートや一般的なメールレスポンス(バウンスやクレームなど)を簡単に、実際の受信者に送信しなくてもテストできます。Mailbox Simulator にメールを送信しても、バウンスやクレームメトリクスに影響がおよぶことはなく、送信量上限にもカウントされません。

Amazon SES メールボックスシミュレーターの詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES E メール送信のテストをご覧ください。

Q: E メールからの SMS テキストメッセージ配信に Amazon SES を使用できますか?

多くの携帯電話事業者は、SMTP から SMS へのゲートウェイを提供しています。Amazon SES ユーザーは、このようなゲートウェイに関連付けられた E メールアドレスにテキストのみの E メールを送信できます。そのような E メールは、受信者の携帯電話に SMS メッセージとして配信されます。

ただし、SMS ゲートウェイを正常に使用するには、以下のような情報が必要です。

  • 受信者の携帯電話番号
  • 受信者の携帯電話事業者
  • 通信事業者の SMS ゲートウェイのドメイン名 (sms.carriername.com など)

SMS メッセージがマーケティングプランや通信プランの一部である場合は、Amazon Simple Notification Service (SNS) を使用することをお勧めします。Amazon SNS を使って SMS メッセージを送信する場合に必要なものは、受信者の携帯電話番号のみです。

Q: Amazon SES で E メールの文字エンコーディングを制御するにはどうしたらよいですか?

SMTP プロトコルでは、すべてのデータが 7 ビット ASCII フォーマットで送信される必要があります。Amazon SES SMTP インターフェイスで別の文字エンコーディングを使用する必要がある場合は、SMTP エンドポイントに送信する前に、件名と本文に希望するエンコーディングを適用し、有効な 7 ビット ASCII メッセージに変換する必要があります。

SendEmail API では、UTF-8 で件名と本文を入力できます。入力された件名と本文は、オプションのエンコーディングパラメータを使って指定した任意のフォーマットに変換されます。その後、変換されたコンテンツは、適切な encoded-word 構文と content-transfer-encoding ヘッダーを使用した 7 ビット ASCII メッセージに自動的に変換されて、送信されます。SendRawEmail API では、それぞれのリクエストを送信する前に、件名と本文に希望するエンコーディングを適用してから、有効な 7 ビット ASCII メッセージに変換する必要があります。


Q: Amazon SES で E メールを受信するよう設定するにはどうしたらよいですか?

まず、ドキュメントで説明されている手順にそって、ドメインを所有していることを Amazon SES で確認する必要があります。このプロセスは、Amazon SES でメール送信向けに使用されるドメイン検証プロセスと同じです。既に Amazon SES で該当するドメインを使用してメールを送信している場合、再度確認する必要はありません。

ドメインを正常に確認したら、次のステップとして、そのドメインに対する DNS メール交換 (MX) レコードを公開します。MX レコードでは、該当するリージョンで E メールの受信に使用する Amazon SES エンドポイントが指定されます。MX レコードの公開は、Amazon SES を使ってメールを受信すること自体のためには必要ありませんが、受信メールを (お客様にではなく) Amazon SES に自動的に転送するために必要です。

最後のステップでは、Amazon SES コンソールか Amazon SES API を使用して、受信ルールを作成します。受信ルールでは、E メールを受信した際に実行する必要がある処理を Amazon SES に通知します。例えば、受信 E メールがすべて Amazon S3 バケットに配信されるように Amazon SES を設定できます。

Q: Amazon SES が私のメールを受信するとどうなりますか?

Amazon SES にメッセージが送信されると、アクティブな受信ルールセットが参照され、受信メッセージの受信者のいずれかと一致するルールがあるかどうかが判断されます。一致するルールがない場合、または IP アドレスのブロックリストに記載された IP アドレスから送信されたメールの場合は、SMTP 通信でメールの受信が拒否されます。その他の場合は、メールの受信が許可されます。

Amazon SES でメールの受信が許可されると、アクティブ受信ルールが評価されます。その後、このルールが定義された順序で適用されます。

次のステップは、受信ルールで定義したアクションによって決まります。受信ルールで、メッセージを Amazon SES から Amazon S3 バケットに配信する、AWS Lambda 関数を使用してカスタムコードを呼び出す、Amazon SNS に通知をパブリッシュするといった設定を行えます。また、Amazon SES を設定することで、受信したくないメッセージを削除またはバウンスすることもできます。

Q: Amazon S3 のメールにはどのようにアクセスしますか?

受信ルールで、メッセージを Amazon S3 バケットに書き込むよう指定すると、Amazon SNS の通知を設定することもできるようになります。通知には、メッセージに関する一般的な情報と実行されるアクションのほか、メッセージの一意の ID が記載されます。この ID を使用して、対応するメッセージを Amazon S3 から取得できます。

Q: 受信した E メールを処理する方法にはどのようにものがありますか?

受信したメールを処理するには、以下の 2 つの方法があります。Amazon SES から Amazon SNS 通知をリッスンするアプリケーションを作成するか、Amazon S3 からメールを取得して処理することができます。または、AWS Lambda のカスタム関数を作成することもできます。

AWS Lambda イベントには受信したメッセージに関するすべてのメタデータが含まれていますが、実際のメッセージのコンテンツは含まれていません。AWS Lambda 内からメッセージのコンテンツにアクセスしなければならない場合は、AWS Lambda アクションが評価される前に、まず Amazon S3 アクションを使用して Amazon S3 にメッセージを書く必要があります。AWS Lambda のアクションは、他のアクションの実行方法に影響する結果を AWS Lambda 関数が返す必要があるかどうかに応じて、同期的または非同期的に実行できます。

特定のアプリケーションで同期実行を使用する必要がない限り、非同期実行を使用することをお勧めします。

Q: 同じドメインの複数の AWS アカウントでメールを受信できますか?

同じドメイン宛てのメールを複数の AWS アカウントで受信できます。共有ドメインで受信した各 E メールについては、メッセージのコピーが各アカウントで個別に設定された受信ルールによって処理されます。

Q: Amazon SES を使って受信できるメッセージにはサイズ制限がありますか?

メッセージを Amazon S3 バケットに保存するよう選択した場合、メッセージの最大サイズ (ヘッダーを含む) は 30 メガバイト (MB) です。

Amazon SNS 通知を使ってメッセージを受信するよう選択した場合、メッセージの最大サイズ (ヘッダーを含む) は 150 キロバイト (KB) です。

Q: Amazon SES を使ってメッセージを受信できるスループットの制限はありますか?

Amazon SES を使って受信する E メールには、スループットの制限がありません。

Q: 暗号化されていない接続により送信された E メールを受信する場合にできることは何ですか?

Transport Layer Security (TLS) を使用していない接続から受信したメッセージが自動的に拒否されるように、Amazon SES 受信ルールを設定できます。


Q: Amazon SES は、E メールが確実に配信されるようにするうえでどのように役立ちますか?

Amazon SES では、コンテンツフィルタリング技術を使用して、送信メールがスキャンされます。このコンテンツフィルターにより、Amazon SES を使って送信されるコンテンツが確実に ISP の基準を満たすようになります。Amazon SES では、E メールの配信性能をさらに向上させるため、バウンス、苦情、配信通知といったフィードバックループを利用できます。

Q: Amazon SES では E メールの受信が保証されますか?

Amazon SES では、ISP のガイドラインを厳格にモニタリングしており、合法的で高品質の E メールが受信者の受信トレイに確実に配信されるようになります。ただし、Amazon SES に限らず、E メール送信サービスですべての E メールの受信を保証することは不可能です。ISP 側で E メールメッセージが削除されたり喪失したりすることや、受信者が入力した E メールアドレスが間違っていることもあります。また、受信者が特定の送信者からの E メールの受信を拒否している場合は、E メールが ISP 側で拒否されるか、特に通知せずに削除されることがあります。

Q: Amazon SES を使用して送信された E メールが受信者の受信トレイに到着するのにかかる時間はどれくらいですか?

Amazon SES では、各リクエストが行われてから数秒以内に E メールがインターネットに配信されます。ただし、いくつかの要因のため、またインターネットの不確実な性質上、E メールの配信時期や、メッセージが宛先に到達するまでのルートを正確に予測することはできません。

例えば、一時的に "メールボックスの容量が不足している" という状況になり、ISP から受取人に E メールを配信できない場合があります。このような場合、Amazon ではメッセージの再配信が試行されます。「メールボックスが存在しない」などの恒久的なエラーの場合、Amazon SES では、配信が試行されず、お客様にハードバウンス通知が送信されます。E メールが Amazon SES から受取人のメールサーバーに正常に配信されるとアラートが送信されるよう、配信通知を設定できます。


Q: バウンスやクレームを受けた場合、どうするべきですか?

受信したそれぞれのバウンスやクレームのメールまたは Amazon SNS JSON オブジェクトを分析して、原因を特定する必要があります。バウンスは、通常、存在しない受信者に送信しようとしたために発生します。苦情は、受信者がメッセージの受信を希望しないことを通知すると発生します。

いずれの場合も、その E メールアドレスには今後 E メールを送信しないことをお勧めします。

Q: Amazon SES では、バウンス、苦情、および配信の通知はどのように送られてきますか?

Amazon SES では、設定により、バウンスや苦情の通知がメールで転送されるか、Amazon SNS トピックに送信されます。配信の通知は、Amazon SES でメールが受信者のメールサーバーに正常に配信されるとトリガーされ、必ず Amazon SNS を通して送信されます。

Q: Amazon SES では、バウンス、苦情、および配信の通知はどこから送信されますか?

配信の通知は、Amazon SNS を使って送信できます。バウンスや苦情は、メール、Amazon SNS、または両方を通して送信されるよう、設定できます。バウンスや苦情の通知をメールで受け取るよう設定されている場合に、Amazon SES からバウンスや苦情の通知を送信するときのロジックは次のとおりです。

  • SMTP インターフェイスを使用してメッセージを送信した場合、SMTP に必須の MAIL FROM コマンドで指定されたアドレスに通知が送信されます。このコマンドは、SMTP DATA で指定されている Return-Path ヘッダーよりも優先されます。
  • SendEmail API オペレーションを使用してメッセージを送信した場合、以下のように処理されます。
    • SendEmail のオプションの ReturnPath パラメータを指定した場合は、指定したアドレスに通知が送信されます。
    • パラメータを指定していない場合は、SendEmail に必須の Source パラメータで指定されたアドレスに通知が送信されます。このパラメータによって、メッセージの From: ヘッダーが自動入力されます。
  • SendRawEmail API オペレーションを使用してメッセージを送信した場合、以下のように処理されます。
    • SendRawEmail のオプションの Source パラメータを指定した場合は、そのアドレスに通知が送信されます。このパラメータは、raw メッセージで指定されている Return-Path ヘッダーよりも優先されます。
    • パラメータを指定していないものの、raw メッセージに Return-Path ヘッダーが指定されている場合は、そのアドレスに通知が送信されます。
  • その他の場合は、raw メッセージの From: ヘッダーで指定されたアドレスに通知が送信されます。

Q: Amazon SNS を使用してバウンス、苦情、配信の通知を受信する場合、追加費用は発生しますか?

Amazon SNS をバウンス、苦情、配信の通知に使用する場合は、Amazon SNS の通常の料金が発生します。Amazon SNS の使用に関係する費用の詳細については、Amazon SNS 料金をご覧ください。

Q: バウンス、苦情、配信はいつ通知されますか?

バウンスまたは苦情が ISP から Amazon SES に送信されると、通常、その通知が数秒以内に Amazon SNS か E メールでお客様に転送されます。ただし、バウンスや苦情の通知が受信者の ISP から送信されるまでに、ある程度の時間がかかることもあります。この時間の長さは、ISP から通知が送信されるタイミングによって、数秒から数週間以上までさまざまです。

配信の通知は、Amazon SES から受信者のメールサーバーに E メールが配信されるとすぐにパブリッシュされます。ほとんどの場合、Amazon SES を使って送信した E メールは数秒以内に配信されますが、それより長くかかる場合もあります。

Q: Amazon SES を使用して送信した E メールのバウンス率と苦情率をモニタリングするにはどうしたらよいですか?

Amazon SES では、バウンス、苦情、配信、送信済みメール、拒否された E メールを主に 3 つの方法でモニタリングできます。

1 番目は、Amazon SES コンソール、Amazon SES API、Amazon CloudWatch を使用して、AWS アカウント全体の E メール送信に関する基本メトリクスを取得するという方法です。

2 番目は、E メールか Amazon SNS によって詳細なフィードバック通知を送信するように、Amazon SES を設定するという方法です。

3 番目は、Amazon SES のイベント公開を使用するという方法です。 イベントを公開すると、メールを分類し、Amazon CloudWatch または Amazon Kinesis Firehose を使用して各メールカテゴリのイベントデータを個別に収集できます。Amazon Kinesis Firehose は、Amazon RedshiftAmazon S3、または Amazon Elasticsearch Service にイベントレコードを送信するように設定できます。Amazon Elasticsearch Service を使用している場合は、Kibana を使ってイベントデータを可視化できます。

モニタリング方法の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES 送信アクティビティのモニタリングをご覧ください。

Q: Amazon SES のあるユーザーに起因するバウンスや苦情によって、別のユーザーは影響を受けますか?

通常、Amazon SES のあるユーザーが送信したメッセージによりバウンスや苦情が発生しても、別のユーザーが E メールを送信する機能には影響しません。

ただし、受信者の E メールアドレスによってハードバウンスが生成された場合は例外です。受信者の E メールアドレスによってハードバウンスが生成されると、そのアドレスがグローバルサプレッションリストに追加されます。グローバルサプレッションリストに記載されているアドレスに E メールを送信しようとした場合、Amazon SES の呼び出しは正常に行われますが、Amazon SES からこの E メールが送信されることはなく、この E メールはハードバウンスとして処理されます。

グローバルサプレッションリストのアドレスに送信された E メールは、送信クォータとバウンス率にカウントされます。E メールアドレスがサプレッションリストに記載される期間は、最大 14 日間です。

グローバルサプレッションリストの詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES と配信可能性をご覧ください。

Q: ある受信者のアドレスがグローバルサプレッションリストに追加されましたが、それは有効なアドレスであることがわかっています。そのアドレスをサプレッションリストから削除できますか?

Amazon SES コンソールを使用して、サプレッションリストからの削除リクエストを送信できます。詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES サプレッションリストからの E メールアドレスの削除をご覧ください。

Q: 誤った形式の E メールメッセージを送信しようとした場合や、その他の理由で許可されていない E メールを送信しようとした場合はどうなりますか?

Amazon SES でメッセージを配信できない場合、配信できなかった原因についての情報が記載されたエラーメッセージが返信されます。稀なケースですが、お客様のリクエストを受け入れた後で Amazon SES がEメールの問題を検出することもあります。このような場合には、そのEメールは対応するエラーコードと理由付きで、バウンスとしてお客様に返されます。


Q: Amazon SES では、受信メールがスパムではないことや、受信メールにウイルスが含まれていないことがどのように確認されますか?

Amazon SES では、いくつかのスパム対策とウイルス対策を使用しています。まず、ブロックリストを使用して、既知のスパム発信者からのメールがシステムに配信されないようにします。また、すべての受信メールと添付ファイルに対してウイルススキャンが実行されます。

Amazon SES では、スパム検出の判定を利用でき、各メッセージを信頼できるかどうかを判断できます。スパムとウイルスの判定に加えて、DKIM および SPF のチェックの結果も確認できます。

Q: Amazon SES のユーザーがスパムを送信できないのはなぜですか?

Amazon SES では、社内のコンテンツフィルタリングテクノロジーを使用して E メールコンテンツをスキャンし、スパムやマルウェアを確認します。

例外的なケースとして、スパムやその他の低品質な E メールを送信していると判断されたアカウントが停止される場合があります。また、適当と思われるその他の措置が講じられる可能性もあります。Amazon SES では、マルウェアが検出された E メールは送信されません。


Q: Amazon SES は Amazon WorkMail とどのように統合されていますか?

Amazon WorkMail では、Amazon SES を使用して、メールが送受信されます。Amazon WorkMail を設定すると、Amazon SES の構成設定に 2 つの項目が作成されます。Amazon WorkMail からお客様のドメインを使ってメールが送信されることを許可する送信承認ポリシーと、お客様のドメインの受信メールを Amazon WorkMail に配信する WorkMail のアクションが設定された受信ルールです。この項目のいずれかを削除すると、Amazon WorkMail は正しく機能しなくなります。

Q: Amazon SES には、AWS Lambda で設定されている制限以外に、AWS Lambda 関数についての制限がありますか?

RequestResponse の呼び出しには 30 秒のタイムアウトがあります。

Q: Amazon EC2 でホストされている自分自身のメールサーバーを使用して E メールを送信しています。代わりに Amazon SES の使用を開始する必要がありますか?

Amazon SES は、現在お客様が使用している Amazon EC2 ベースのソリューションには影響しません。既存のソリューションを引き続き使用することも、Amazon SES を使用することも、または両方を同時に使用することもできます。

Q: Amazon SES を使用するには、Amazon EC2 や他の AWS サービスに登録する必要がありますか?

Amazon SES のユーザーは、他の AWS サービスに登録する必要はありません。インターネットにアクセスできるアプリケーションであれば、Amazon SES を使用して E メールを送信できます。そのアプリケーションが自社のデータセンターで実行されているか Amazon EC2 内で実行されているか、またはクライアントのソフトウェアソリューションとして実行されているかは問いません。

Q: Amazon SNS と Amazon SES の違いは何ですか?

Amazon SES は、E メールで通信を送信する必要があるアプリケーション向けのサービスです。Amazon SES は、E メールのカスタムヘッダーフィールドやさまざまな MIME タイプをサポートしています。

これとは対照的に、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) はメッセージング指向のアプリケーションであり、HTTP、Amazon SQS、E メールといった任意の転送プロトコルを使って、複数の受信者が緊急を要するメッセージの "プッシュ" 通知をリクエストおよび受信するものです。Amazon SNS の通知の本文は、UTF-8 文字列の 8,192 文字に制限されており、マルチメディアのコンテンツをサポートするためのものではありません。


Q: Amazon SES では、SMTP エンドポイントを利用できますか?

Amazon SES では、SMTP を使用して E メールを送信できるアプリケーションとのシームレスな統合のために SMTP インターフェイスを利用できます。アプリケーションからこの SMTP インターフェイスに直接接続することも、SMTP リレーとしてこのインターフェイスを使用するように既存の E メールサーバーを設定することもできます。

Amazon SES SMTP インターフェイスに接続するには、SMTP 認証情報を作成する必要があります。SMTP 認証情報の作成の詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES SMTP 認証情報を取得するをご覧ください。

Q: Amazon SES SMTP インターフェイスはどのように使用すればよいのですか?

Amazon SES SMTP インターフェイスを使用するのに必要なのは、お客様の SMTP ユーザー名とパスワード、SMTP エンドポイント名、およびポート番号だけです。この情報を使用して、他の SMTP リレーと同じ方法で、Amazon SES SMTP インターフェイスに接続することができます。

例えば、既存のパッケージソフトウェアに統合して、Amazon SES 経由でEメールを送信できるようにすることができます。SMTP をサポートするプログラミング言語を使用して、アプリケーションにEメール送信機能を追加することができます。Sendmail、Postfix、Exim のような一般的なメール転送エージェント(MTA)で Amazon SES 送信を統合することができます。コマンドラインから SMTP インターフェイスに接続し、SMTP コマンドを直接送信することもできます。

SMTP インターフェイスの詳細については、Amazon SES 開発者ガイドAmazon SES SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信するをご覧ください。


Q: Amazon SES へのリクエストはどのように行えばよいのですか?

Amazon SES は、HTTPS を介したクエリリクエストを受け付けています。これらのリクエストには、GET や POST などの動詞およびアクションが実行されたことを示すアクションという名前のパラメータが使用されます。セキュリティ上の理由から、Amazon SES は、HTTP リクエストをサポートしていません。HTTPS を使用する必要があります。

Q: E メール送信の API オペレーションとして利用できるものには何がありますか?

Amazon SES では、SMTP 送信のサポートに加えて、SendEmail API と SendRawEmail API を利用できます。これら 2 つの API は、実際の E メールメッセージを作成する際に、さまざまなレベルのコントロールを提供します。両 API は、Eメール送信においては同程度の信頼性と性能を提供します。

SendEmail API を使う場合、ユーザーが入力する必要があるのは、送信元アドレス、宛先アドレス、メッセージの件名、メッセージの本文のみです。この API を呼び出す際は、Eメールを受信するクライアントのソフトウェア用に最適化できるよう、Amazon SES が適切にフォーマットされたマルチパート MIME のEメールメッセージを自動的に構築し、送信します。

SendRawEmail API は高度なユーザー用で、ヘッダーや MIME パーツ、およびコンテンツの種類を指定し、独自の生のEメールメッセージをフォーマットし送信できる柔軟性があります。

Q: AWS Software Development Kits には Amazon SES のサポートが含まれていますか?

はい。Android 用、iOS 用、Java 用、.NET 用、Node.js 用、Python 用、PHP 用、Ruby 用の AWS Software Development Kit (SDK) を使用して、Amazon SES API を実行できます。この SDK を使用すると、シンプルな API コールで E メールを送信できるようになり、簡単にアプリケーションから E メールを利用できるようになります。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »