AWS クラウド
AWS クラウド
AWS Snowball Edge の使用開始
snowball-edge.319.319

Snowball Edge

AWS Snowball Edge は、オンボードのストレージとコンピューティング機能を備えた 100 TB のデータ転送デバイスです。Snowball Edge は、ローカルにある大規模なデータセット向けの一時的なストレージ層として使い、AWS との間で大量のデータを移動するために使用することも、遠隔地やオフラインのロケーションにあるローカルワークロードを実行するために使用することもできます。

Snowball Edge では、標準のストレージインターフェイスを使用して既存のアプリケーションとインフラストラクチャに接続し、データ転送プロセスを効率化して設定と統合を最小限に抑えます。Snowball Edge をクラスター化してローカルのストレージ層を形成し、オンプレミスでデータを処理できるため、クラウドにアクセスできない時でもアプリケーションを継続して実行できます。

SnowballEdge
AWS Snowball Edge のご紹介
Thumbnail 1_Explosion Test
AWS Snowball Edge を使って物理的な限界を克服する
生産性

簡単なデータ移動

多くの企業では、データをすべてクラウドに移動させてしまうと、データ取得が必要な場合に時間やコストがかかるのではないかと懸念しています。Snowball Edge では、すべてのお客様が、迅速かつ安価な方法で大量のデータを AWS との間で転送できます。

生産性

使用しやすい

ジョブは AWS マネジメントコンソールで作成します。ジョブが作成されると、AWS から Snowball Edge デバイスが自動的に発送されます。デバイスを受け取ったら、ローカルネットワークとアプリケーションを接続するだけです。デバイスを返送する準備が整ったら、E Ink 発送ラベルが自動的に更新され、宛先として適切な AWS 施設が設定されます。ジョブのステータスは、Amazon SNS で生成されたテキストメッセージや E メールを確認するか、直接コンソールを使用することにより、追跡できます。

生産性

ローカルでデータを処理

Snowball Edge に AWS Lambda コードをデプロイして、データストリームの分析やローカルでのデータの処理といったタスクを実行できます。データは他のストレージやコンピューティングリソースから独立した Snowball Edge を使用して収集、保存、処理されます。

生産性

スタンドアロンストレージ

Snowball Edge をスタンドアロンストレージとして使用できます。既存のアプリケーションで、アプリケーションロジックを変更することなく、ファイルやオブジェクトの保存先として Snowball Edge デバイスを指定できます。また、Snowball Edge デバイスを 1 つの大きなストレージ層としてクラスター化して、耐久性を向上させることもできます。容量がいっぱいになった Snowball Edge はクラスターから削除して AWS に返送し、新しい Snowball Edge に置き換えることができます。

 

生産性

安全

Snowball Edge デバイスでは、不正開封防止筐体、256 ビットの暗号化、およびデータのセキュリティと完全な保管継続性を確保するための業界標準である Trusted Platform Module (TPM) を使用しています。暗号化キーは AWS Key Management Service (KMS) を使って管理されており、デバイスに保存されることはありません。

生産性

スケーラブル

Snowball Edge デバイスでは、数テラバイトのデータを転送できます。また、複数のデバイスを並列に使用すると、AWS との間で数ペタバイトのデータを転送できます。現在、Snowball Edge を利用できるのは一部のリージョンのみです。AWS マネジメントコンソールでジョブを作成すると、お客様の地域でご利用いただけるかどうかが確認されます。

AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、Snowball Edge を注文できます。Snowball Edge デバイスには、お客様の S3 バケット、Lambda コード、クラスタリング構成が事前にインストールされています。アプライアンスが届いたら、ローカルネットワークに接続し、手動または DHCP で IP アドレスを設定します。最後に、Snowball Edge デバイスの整合性を確認し、ロックを解除して使用します。アプライアンスを返送する準備が整ったら、E Ink 発送ラベルが自動的に更新されます。ジョブのステータスは、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) で生成されたテキストメッセージや E メールを確認するか、直接コンソールを使用することにより、追跡できます。

特定のユースケースの詳細については以下を参照してください。

医用画像処理装置や光学式走査 MRI 装置に Snowball Edge を使用できます。キャプチャした画像ファイルを保存できるためユーザーや管理システムからすぐにアクセスできるため、WAN 接続に関連するセキュリティの問題も解決できます。Snowball Edge デバイスのクラスターを使用すると、現場のシステムを中断することなく、画像データを Amazon S3 に転送できます。

600x400_Philips_logo_2

医療技術のグローバルリーダーとして、時間的な制約がある中で非常に詳細な医療画像を生成する技術を提供して、幾千もの病院を支援しています。Snowball Edge は、安全で継続的な接続性を常に備えており、重要なサービスを医療施設に提供する方法をさらに強化できる有望な新技術です。当社では、AWS の技術を使って、クラウドに対応したオンラインのデバイス、アプリケーション、およびデジタルツールによる HealthSuite という医療エコシステムを構築しています。Snowball Edge を使えば、HealthSuite の革新的な機能を拡張して、ネットワークに接続されていない場合も利用できるようになります。

–– Dale Wiggins 氏、Philips、HealthSuite デジタルプラットフォーム、ビジネスリーダー


データの収集と分析のために、遠隔地の現場に Snowball Edge を設置できます。

オレゴン州立大学は、海洋学データの収集のため調査船を派遣しています。これまでは船に搭載されたディスクドライブでこのようなデータを収集し、調査船が帰港してから大学のラボのデータセンターで各ディスクドライブからサーバーにデータを手動でロードしていました。この方法は管理が容易ではなく、遠隔地と大学の両方で長時間の手作業が必要でした。Snowball Edge は船に搭載できるポータブルかつ大容量のデバイスで、収集したデータをキャプチャして前処理できます。Snowball Edge のコンピューティング機能とストレージは船に搭載できるため、毎回の沿岸調査で分析の迅速化に役立っています。

航空機エンジンの製造業者は Snowball Edge を航空機に搭載し、飛行中のデータを収集し、そのデータを処理しています。これにより、パフォーマンスと今後のメンテナンスの必要性がすぐにわかります。Snowball Edge は航空機の着陸後に機体から降ろされ、実行可能な結果がすぐに実装されます。その後、Snowball Edge デバイスは AWS に返送され、拡張されたデータ分析により設計とパフォーマンスモデルがさらに強化されます。

Print

「Hatfield Marine Science Center (HMSC) は、海洋沿岸科学の調査、教育、および発信を目的としたオレゴン州立大学の研究所兼キャンパスです。環境の持続可能性を改善し、沿岸保護のプロセスと計画に戦略的なインサイトを提供するために、海洋や沿岸のリアルタイム画像を毎年数百テラバイトも収集および分析しています。当初の方法では、海洋の画像データをキャプチャするために、たくさんの小型ハードドライブを使用して、それをコンピューティングセンターに持ち込み、1 つずつロードする必要がありました。この方法では、収集した画像を分析するまでに数週間~数か月もかかり、調査期間が大幅に延びました。また、1 年あたり数万ドルの費用もかかります。

AWS Snowball Edge を使うようになったため、中間ステップなしで 100 TB のデータを収集し、船に搭載されたコンピューティング機能を使用してすぐに画像を分析できるようになりました。これにより、より詳細に分析できるようになりました。また、AWS Snowball Edge デバイスを出荷するだけで、AWS クラウドにすべての未加工データをアップロードできます。AWS Snowball Edge により、インターネットが利用できない沿岸調査で AWS のストレージとコンピューティング機能を利用し、AWS クラウドにペタバイト規模のデータを短時間で簡単に移動できるため、AWS のプラットフォームを引き続き最大限に活用できます」

–– Bob Cowen 氏、オレゴン州立大学、Hatfield Marine Research Center ディレクター

 


Snowball Edge では、IoT センサーのデータを取り込み、未加工のデータの分析を実行して、短時間で出力される結果をクラウド上のビッグデータ分析プールに追加できます。

100x100_benefit_broad-functionality2

風力発電所はインターネット接続のまったくない遠隔地に建設される傾向がありますが、高度に専門化された風力発電施設では、常に変化する状況下で最大の効率を得るためにリアルタイムのデータ分析が必要です。Snowball Edge デバイスでは、大量のストリーミングデータをローカルでキャプチャできるため、Lambda コードを使用して現場で分析とアクションを実行できます。最後に Snowball Edge が AWS データセンターに返送され、データがすべてのデバイスから中央リポジトリに追加され、より詳細なインサイトが得られます。 


Snowball Edge を工場の現場に設置してデータの収集と分析を行うことで、製造プロセスを調整し、安全性、効率、および生産性を向上させることができます。

100x100_benefit_gears

製造業者は、製粉、在庫供給、または包装などのために自動化され、センサーを搭載した機械を所有しています。製造業者が Snowball Edge を使用するために必要なことは、Snowball Edge を注文して、ネットワークに接続された機械に Snowball Edge を接続して電源を入れることのみです。プロセスの実行中は、Snowball Edge から機械のセンサーを使用し、Lambda ベースのファクトリーオートメーションを実行して分析とアクションを行うことや、センサー入力に応答して、新規注文、安全アラーム、ロギングアラート、火災抑制システムなどのアクションをトリガーすることができます。これにより、仕事場では、原材料を追加で依頼すること、機械の回転数やその他のプロセスを変更して工場設備を調整すること、工場のビジネスインテリジェンスシステムのメンテナンスレポートを作成することができます。インターネット経由でデータを送信するか、接続を切断した Snowball Edge を AWS に返送することで、収集されたデータをより深い分析やプロセス改善の評価に使用して、全体的な効率を改善し、全体的なコストを削減することができます。


Snowball Edge は簡単に使用を開始できます。開発者ガイドの開始方法にそって数回クリックするだけで、最初の Snowball Edge をデプロイできます。

AWS Snowball Edge の使用開始