本コースは、AWSからの提供は2016年1月末をもって提供を修了し、「AWS Techinical Essentials 2 」コースになります。2017年3月末までトレーニングパートナーで受講できます。

このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • 自動的にスケールするシステムの設定など応用操作を理解する
  • 耐障害性や性能向上を考慮したサービスの利用方法を理解する(Amazon EBS)
  • AWSの各種サービスの活用を理解する
  • AWSの各種サービスを利用するハンズオンを通して、AWSクラウドならではの実践的なシステム構築を理解する
  • AWSでのベストプラクティスに基づいたアーキテクチャーパターンを理解する
今すぐ申し込む
AWS提供スケジュール

このコースは次のような方を対象としています。

  • Amazon Web Services 実践入門 1を修了済みもしくは同等の知識がある方
  • AWS主要サービスのより実践的な利用方法を学習したい方
  • Amazon Web Services 実践入門1を修了、または同等の知識を有する方(必須)
  • Linux OSまたは、UNIX OSの導入,管理経験(必須)
  • リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の知識(推奨)
  • Webシステム構築・運用経験または知識(推奨)
  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオン演習


  • 1 日(9:30~18:00)

  • 基本的な多層構成Webアプリケーションシステムを構築します。
  • Auto Scalingの設定と動作確認
  • Amazon CloudFrontの配信設定
  • Amazon Simple Storage Serviceによるオブジェクトの高度な管理 (Amazon Glacier)
  • AAmazon Elastic Block Store(Amazon EBS)耐障害性の向上
  • Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS) の I/O性能チューニング
  • 本番環境構築に向けて
  • AWSサービス利用と課金について
  • Q&A

$600

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら