Elasticsearch とは

Elasticsearch は、Apache Lucene を基盤として構築された分散検索/分析エンジンです。2010 年のリリース以来、Elasticsearch はすぐに最も人気のある検索エンジンとなり、ログ分析、フルテキスト検索、セキュリティインテリジェンス、ビジネス分析、およびオペレーショナルインテリジェンスのユースケースに広く使用されています。

2021 年 1 月 21 日、Elastic NV はソフトウェアライセンシング戦略の変更、そして Elasticsearch と Kibana の新バージョンは一般的利用を認めている Apache License のバージョン 2.0 (ALv2) ライセンスのもとではリリースしないことを発表しました。その代わりに、同ソフトウェアの新規バージョンは Elastic ライセンスのもとに入ります。ソースコードは Elastic License もしくは SSPL で使用可能となります。これらのライセンスはオープンソースではなく、これまでと同様の自由は認められません。オープンソースコミュニティとお客様が、安全で質の高い完全なオープンソース検索とアナリティクススイートを引き続きお使いいただけるように、OpenSearch プロジェクトを導入しました。これはコミュニティ主導のプロジェクトで、ALv2 ライセンスを有する Elasticsearch や Kibana のようなオープンソースです。

Elasticsearch の仕組み

API、あるいは LogstashAmazon Kinesis Firehose などの取り込みツールを使用して、JSON ドキュメントの形式でデータを Elasticsearch に送信できます。 Elasticsearch は自動的に元のドキュメントを保存し、そのドキュメントへの検索可能な参照をクラスターのインデックスに追加します。その後、Elasticsearch API を使用してドキュメントの検索と取得ができます。可視化ツールである Kibana と Elasticsearch を併用してデータを可視化し、インタラクティブなダッシュボードを構築することもできます。

Apache 2.0 のライセンスを受けている Elasticsearch バージョン (バージョン 7.10.2 もしくは Kibana 7.10.2 まで) をオンプレミス、Amazon EC2 または Amazon OpenSearch Service で実行できます。オンプレミスまたは Amazon EC2 のデプロイでは、Elasticsearch やその他の必要なソフトウェアのインストール、インフラストラクチャのプロビジョニング、およびクラスターの管理はお客様の責任となります。一方、Amazon OpenSearch Service はフルマネージドサービスであるため、ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのパッチ適用、障害復旧、バックアップ、モニタリングなどの時間のかかるクラスター管理タスクについて心配する必要はありません。

Elasticsearch の利点

価値を生み出すまでの時間の短縮

Elasticsearch は単純な REST ベースの API、単純な HTTP インターフェイスを提供し、スキーマフリー JSON ドキュメントを使用するため、さまざまなユースケースに対応したアプリケーションの作成を簡単に開始できます。

高性能

Elasticsearch は分散型であるため、大量のデータを並行して処理し、クエリに最適なものをすばやく見つけることができます。

無料のツールとプラグイン

Elasticsearch は、一般的な可視化およびレポート作成ツールである Kibana と統合されています。また、ソースデータを簡単に変換して Elasticsearch クラスターにロードすることを可能にしつつ、Beats と Logstash との統合も提供します。言語アナライザーや言語サジェスターなど、オープンソースの Elasticsearch プラグインをいくつか使用して、アプリケーションに豊富な機能を追加することもできます。

ほぼリアルタイムのオペレーション

データの読み書きなどの Elasticsearch オペレーションは、通常、完了までに 1 秒もかかりません。これにより、アプリケーションのモニタリングや異常検出など、ほぼリアルタイムのユースケースに Elasticsearch を使用することができます。

簡単なアプリケーション開発

Elasticsearch は、Java、Python、PHP、JavaScript、Node.js、Ruby など、さまざまな言語をサポートしています。

AWS での Elasticsearch の開始方法

Elasticsearch の管理とスケーリングは困難な場合があり、Elasticsearch の設定や構成に関する専門知識が必要です。お客様がオープンソースの Elasticsearch を簡単に実行できるようにするために、AWS は、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などを行うための Amazon OpenSearch Service を提供しています。

OpenSearch とその運用を可能にする方法についての詳細は、こちらをクリックしてください。

OpenSearch には、Elasticsearch B.V. の Apache ライセンスによる Elasticsearch コードの一部と、その他のソースコードが含まれています。Elasticsearch B.V. はその他のソースコードのソースではありません。ELASTICSEARCH は、Elasticsearch B.V. の登録商標です。

Amazon OpenSearch Service の料金の詳細

料金のページを見る

構築の準備はできましたか?

Amazon OpenSearch Service の開始方法

ご不明な点がありますか?

お問い合わせ

AWS Elasticsearch の次のステップ

追加の製品関連リソースを確認する
クラウド内の分析サービスの無料オファーを見る 
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで構築を始めましょう。

サインイン