Amazon AppStream 2.0

安全性、信頼性、拡張性に優れたアプリケーションストリーミングと低価格の仮想デスクトップサービス

どこからでもアプリケーションやデスクトップにアクセスできることで、リモートワークフォースを強化し、変化する状況に迅速に対応できます。

Software-as-a-Service (SaaS) アプリケーションのストリーミング、またはリファクタリングなしでデスクトップアプリケーションを SaaS にすばやく変換することができます。

コンピューティング、メモリ、ストレージのさまざまなオプションから選択できます。また、自動スケーリングはオーバープロビジョニングを回避するのに役立ちます。

返金制度付きの 99.9% アップタイムサービス SLA を含む、フルマネージド型のアプリケーションストリーミングと仮想デスクトップサービスにより、ダウンタイムを削減します。

新着! 2023 年の AWS End User Computing Innovation Day の動画をオンデマンドで視聴できます。

この機能の説明

AppStream 2.0 は AWS エンドユーザーコンピューティング (EUC) サービスで、SaaS アプリケーションのストリーミングや、選択的な永続性を持つ仮想デスクトップの配信を確認できます。AppStream 2.0を仮想デスクトップに使用した場合、保存されたファイルやアプリケーションの設定はユーザーセッション間で持続され、ユーザーがログオンするたびに新しい仮想デスクトップが割り当てられます。AppStream 2.0 は Amazon WorkSpaces シンクライアントと連携して、コスト効率が高く、管理しやすく、仮想デスクトップへのアント安全なアクセスを実現し、エンドユーザーと IT スタッフの生産性を向上させます。

AppStream 2.0 にはマルチセッション機能があり、1 つの AppStream 2.0 インスタンスで複数のユーザーセッションをプロビジョニングできます。これにより、リソース使用率を最適化してコストを削減できるため、プロビジョニングし過ぎることなく幅広いユーザータイプをサポートできます。

ユースケース

アプリケーションの SaaS 化

書き換えたり、特別なハードウェアやデバイスをインストールしたりすることなく、デスクトップアプリを SaaS に変換できるため、トレーニングやソフトウェアの試用に最適です。

詳細 »

ストリーミングアプリ

アプリケーション配信の簡素化、オンデマンドでの拡張、セキュリティポリシーとユーザーアクセスの一元管理。

詳細 »

学習環境

アプリケーションやリソースへの簡単で信頼性の高いアクセスにより、低速のネットワーク環境でのオンライン学習を可能にします。

詳細 »

3D とエンジニアリング

レスポンシブでハイパフォーマンスなストリーミングセッションにより、ユーザーはどのコンピュータからでも CAD、CAM、CAE アプリケーションにアクセスすることができます。

詳細 »

Amazon WorkSpaces Thin Client

仮想デスクトップへの費用対効果の高い安全でシンプルなアクセス

詳細 »

開始方法

Amazon AppStream 2.0 の仕組みを知る

アプリケーション管理、複数の VM タイプなどの詳細はこちら。

AppStream 2.0 の機能を詳しく見る »

Amazon AppStream 2.0 の使用開始

10 のステップでアプリケーションをインストールおよび管理するためのリソースをご覧ください。

入門ガイドをダウンロードする »

エキスパートとつながる


適切なサポートに適切なタイミングでアクセスします。

サポートオプションについて調べる »

AWS の詳細を見る