クラウドサポートエンジニアは、AWS をご利用頂いているお客様の課題を技術的に解決し、より効果的に使っていただくための提案をすることで、お客様のビジネスの成功に貢献する一歩踏み込んだサポートを提供しています。AWS では次々に新しい技術を使ったサービスが発表されていますが、それぞれの技術領域で専門知識を持つ、様々なバックグラウンドのエンジニアが集まっており、お互いに切磋琢磨しながら、実践を通じて技術の幅を広め、また興味のある技術をより深めていくことができます。AWS のサービスを自由に使用することができ、充実したトレーニング制度、月の勤務日の一日を自己研鑽に使える制度も用意され、エンジニアとして成長できるポジションです。

職種名 勤務地 詳細・応募
クラウドサポートエンジニア 東京、ダブリン、シアトル 詳細・応募 »
クラウドサポートアソシエイト(第二新卒) 東京 詳細・応募 »
クラウドサポートエンジニア(Big Data) 東京 詳細・応募 »
開催日時 タイムテーブル 開催場所 詳細・申込

2018 年 09 月 22 日(土)10:00-11:30

2018 年 09 月 26 日(水)19:30-21:00

2018 年 10 月 13 日(土)10:00-11:30

2018 年 10 月 23 日(火)19:30-21:00(データベースエンジニア向け)

受付開始:30分前

マネージャーによる募集職種の説明:60分

Q&A:30分

東京オフィス
※最寄駅:目黒
詳細・申込はこちら »

CSE はお客様が AWS 上でシステムを構築・運用していく中で発生した技術的な問題を解決していきます。お客様の多くは先進的なサービスを開発・運用されているプロフェッショナルなエンジニアとなり、高い技術力・コミュニケーション力が要求されます。現在、100 を超えるサービスを提供しており、幅広い分野の経験が活かすことができ、また、幅広く深い知識を学べる仕事です。

AWS 有償サポートにご加入のお客様からの技術的なお問合わせに対応します。

お客様はベンチャー企業から大規模システムを運用している企業までと幅広く、各々の状況や技術レベルに合わせてコミュニケーションする必要があります。

お客様からの問い合わせに対して、実際の AWS の環境を用いて技術的な調査・検証を行ったり、テクニカルアカウントマネージャーや AWS のサービスを開発しているチームを含む関係各所(国内外)と連携して、お客様の課題を解決に導くのが主な業務となります。常に新しい技術をキャッチアップする必要がありますので、トレーニングを受講したり、逆にトレーニングを開催して他のメンバーの底上げをするといった業務もあります。

お客様とは電話・チャット・E メールでコミュニケーションを行います。

直接対面したり、お客様先に常駐することはありません。

担当する業務時間が終了した時点で、引き継ぎを行って帰ることが可能です。

業務時間は実働 8 時間勤務 +1 時間休憩、という形になっています。原則 2ヶ月毎に業務の開始時間が変更になります。業務開始時間は、平日 7 時、9 時(7〜11 時に各自調整可)、12 時(10〜14 時に各自調整可)、休日等は 7 時、14 時の中から予め決定し、お願いする形にしています。可能な限り各エンジニアの希望に沿う形で調整し、一部時間帯は固定化することも可能です。リモートワークを含め、柔軟な勤務形態が望めます。また、深夜時間帯はアメリカのシアトルやアイルランドのダブリンにいる日本語サポートチームが対応していますので、深夜勤務はありません。

クラウドサポートエンジニアとしてよりシニアなポジションを目指せるのはもちろん、海外を拠点とするサポートチームへの社内異動、AWS 内での他部門(テクニカルアカウントマネージャーやソリューションアーキテクト等)、AWS の製品・サービス開発部門の開発ポジション、その他の世界中の Amazon のポジションへの異動といった多彩なキャリアを描けます。

お問い合わせ毎に一人が担当者としてつきますが、必要に応じて、より詳しい同僚に相談したり、テクニカルアカウントマネージャーやサービスチームといった関連部署とも連携しながら情報を集め、チーム一丸となってお客様の課題解決を行っています。

基本的に一人で仕事が出来るようになればリモートワークを利用することが可能です。

トレーニング期間中などは出社していただいています。

会社都合での転勤はありません。ご自身のキャリア選択の一つとして、海外勤務等を希望することは可能です。 

AWS の経験やサポートの経験は必ずしも必要ではありません。

経験の無い方も多く入社されていますが、十分にキャッチアップできるトレーニングが用意されていますのでご安心ください。 

約 6ヶ月間のトレーニングを通し、AWS の核となるサービスの知識やサポート業務の流れを一から学ぶことができます。講師による座学だけでなく、メンターとの OJT 通じて実践的な技術も学ぶことができます。
専門知識を持ったエンジニアによる情報・ノウハウの共有会「ブラウンバッグセッション」への参加や自社 e ラーニングツール・社内動画共有サイトを利用した自己研さんにも励めます。

海外部署とのやり取りが日々発生するため英語での基本的な読解・筆記能力が必要となります。

メールやチャットでのやり取りが多いため、最初の段階ではヒアリング・スピーキングは必須ではありません。社内での英語トレーニング等も用意されており、業務・トレーニングを通して英語力を身に着けやすい環境です。

幅広い技術領域に携わるため、ソフトウェア開発者やインフラエンジニア、プリセールスエンジニア等、多種多様な経歴を持つエンジニアが在籍しています。

共通しているのは技術への好奇心とお客様の問題を解決したいという強い思いです。 

一次選考のオンラインテストと書類選考を受けていただいてから、大体 1ヵ月半~2ヵ月ほどで内定をお出ししています。お急ぎの場合はご相談いただければ短縮することも可能です。

弊社目黒オフィスにて、現場のマネージャーよりクラウドサポートエンジニアについて具体的な説明と質疑応答をする場となります。

職場の環境・雰囲気や仕事のやりがいを感じ取って頂ける機会にもなります。

フォームからお申込みをしていただきますようお願いいたします。

登録ができましたら 2~3 日中に、折り返し参加可否についてご連絡をさせていただきます。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)概要

Amazon の最新の採用情報を Facebook ページでも随時掲載中。詳しくはこちら »