IoT Smart Factory のための

クラウド構成と料金試算例

他のユースケースを選択する
  • 他のユースケースを選択する
  • クラウド構成と料金試算例 TOP
  • ファイルサーバー・Windows システム
  • ビジネスアプリケーション
  • 仮想デスクトップ
  • Web サイト・Web アプリケーション
  • コンテンツ配信
  • バックアップ
  • IoT
  • 機械学習
  • ゲーミング

AWS ソリューション構成例 - IoT Smart Factory

目的・用途:
機械や機器の稼働状況を把握し、障害発生時の周知や電力などのエネルギー消費を最適化したい

この構成での料金試算例:
189 ドル(月額)  

Smart Factory を実現することで、工場の効率や稼働時間の向上、生産の柔軟性の改善、新しいビジネス機会の特定を推進することに役立ちます。高速かつ堅牢なデータ取り込み、装置データの信頼性と耐久性に優れたストレージ、工場の設定管理に役立つイベント駆動型サーバーレスアプリケーションが実現します。

この構成では、OPC データアクセス (OPC DA) プロトコルと CC-Link パートナーアソシエーション (CLPA)、シームレスメッセージングプロトコル (SLMP) を使用する設備とAWS IoT Greengrassが接続しデータを収集します。収集したデータは、AWS IoT Core や AWS IoT Analytics へ送信し、Amazon QuickSight での分析や Amazon Simple Notification Service(SNS)での通知に利用することができます。

この構成での選択サービス

エッジでのデータ収集と集約 AWS IoT Greengrass
通知のためのルーティング AWS IoT Core
外部サーバへの通知 Amazon Simple Notification Service
分析のためのデータ保存 AWS IoT Analytics
エッジデータを活用した分析 Amazon QuickSight

この構成での料金試算例

サービス
項目 数量 単価 料金 (USD)
AWS IoT Greengrass ゲートウェイデバイス 3 デバイス 0.18USD / デバイス 0.540
AWS IoT Core デバイス接続時間(分) 43,200 分 (*1) 0.096USD / 100 万分 0.008
トリガーされたルール対象のメッセージ 720 メッセージ (*2) 0.18USD / 100 万件 0.001
実行されたアクション 720 アクション (*2) 0.18USD / 100 万件 0.001
Amazon Simple Notification Service 配信リクエスト 720 リクエスト 最初 100 万件 / 月は無料 0.000
HTTP/S API リクエスト 720 リクエスト 2.00USD / 10 万件 0.015
通知配信メッセージサイズ 135MB (*3) 0.00USD / GB(1GB まで/月) 0.000
AWS IoT Analytics データ前処理 152GB (*4) 0.26UDS / GB 39.520
データ保存 152GB (*4) 0.04USD / GB 6.080
分析クエリ実行 0.2TB (*4) 8.45USD / TB 1.690
Amazon Quicksight 作成者 2 ユーザー 24USD / ユーザー 48.000
追加 SPICE 容量 180GB 0.38USD / GB 68.400
閲覧者 5 ユーザー 5USD / ユーザー 25.000

月額合計料金:189.255(USD)

※ 2020 年 5 月 22 日時点での試算です

  • 東京リージョンのご利用を想定しています。
  • デバイス 3 台(1 拠点 1 台)が AWS IoT Core に 1 日 8 時間(30 日間)常時接続し、AWS IoT Greengrass にて集約されたメッセージ(128KB)を 1 時間間隔で AWS IoT Core の Basic Ingest トピックへ送信します。
  • トリガールールはデバイスから AWS IoT Core へ送信されるメッセージに対して設定し、アクションは Amazon Simple Notification Service への送信を設定します。
  • Amazon Simple Notification Service から外部のHTTP/Sエンドポイントに対して、サイズが 64KB/リクエストのリクエストを送信します。
  • AWS IoT Analytics のパイプラインではメッセージを無変換でデータストアへ保存し、前日分データをスキャン対象に 1 日 1 回分析クエリを実行します。
  • Amazon QuickSight は、ダッシュボード作成者が 2 ユーザーで SPICE は 90GB/ユーザー追加(計 180GB)し、閲覧者は 1 日 2 回以上の頻度で使用するユーザーが 5 名とします。

     
  1. 3 デバイス * 14,400 分 (60 分 * 8 時間/日 * 30 日) = 43,200 分として計算
  2. 3 デバイス * 1 メッセージ /時間 * 240 時間(30 日) = 720 メッセージとして計算
  3. 2,160 メッセージ * 64KB = 138,240KB ≒ 135MB として計算
  4. 3 デバイス * 1.2M/デバイス・分 * 43,200 分 = 155,520MB ≒ 152GB ≒ 0.2TB として計算

関連リソース

Lightsail_Pricing-Icon

AWS 料金と見積り方法について
詳細はこちら ≫

Next-Steps-Icon_Toolkit

AWS クラウドのご利用開始方法
詳細はこちら ≫

migration_icon_cdp

国内の AWS クラウド導入事例
詳細はこちら ≫

AWS の導入支援・お見積方法・資料請求の
ご相談に日本担当チームがお答えします。

クラウドを無料ではじめましょう!
60 以上のサービスを 1 年間無料でお試しいただけます。