AWS Database Migration Service によって、データベースを簡単かつ安全に AWS に移行できます。移行中でもソースデータベースは完全に利用可能な状態に保たれ、データベースを利用するアプリケーションのダウンタイムは最小限に抑えられます。AWS Database Migration Service は、広く普及しているほとんどの商用データベースとオープンソースデータベース間のデータ移行にご利用いただけます。

このサービスでは、Oracle から Oracle のような同種間の移行も、Oracle から Amazon Aurora または Microsoft SQL Server から MySQL のような異なるデータベースプラットフォーム間の移行もサポートされます。また、Amazon Aurora、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle、SAP ASE、SQL Server、および MongoDB を含む、サポートされたすべてのソースから Amazon Redshift、Amazon DynamoDB、および Amazon S3 へのデータのストリーミングが可能で、ペタバイト規模のデータウェアハウスにあるデータの統合と簡単な分析が可能になります。 AWS Database Migration Service は、高可用性を持つ継続的なデータレプリケーションにも活用できます。

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

video-thumbnail
1:49
使用が簡単

使用が簡単

AWS Database Migration Service は簡単にご利用いただけます。ほとんどのケースにおいてドライバーやアプリケーションをインストールする必要はなく、ソースデータベースに変更を求められることはありません。AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、データベースの移行を始められます。移行開始後は、移行プロセス中にソースデータベースに発生した変更の自動的なレプリケーションを含む、移行プロセスの複雑な手順すべてが DMS によって管理されます。同様のシンプルな方法によって、このサービスを継続的なデータレプリケーションにも活用できます。

ダウンタイムが発生しない

最小限のダウンタイム

AWS Database Migration Service によって、お客様のデータベースの AWS への移行を事実上ダウンタイムなしで行えます。データ移行中にソースデータベースで行われるすべての変更はターゲットに継続的にレプリケートされるため、移行プロセスの間もソースデータベースは完全に利用可能な状態に保たれます。データベース移行の完了後は、任意の期間にわたってターゲットデータベースとソースデータベースを同期させておくことが可能なため、お客様にとって都合のよい時に切り替えを実行できます。 

広く普及しているあらゆるデータベースをサポート

広く普及しているあらゆるデータベースをサポート

AWS Database Migration Service は、広く普及しているあらゆる商用およびオープンソースデータベース間のデータの移行にご利用いただけます。Oracle から Oracle といった同種間の移行のみならず、Oracle から Amazon Aurora のような、異なるデータベースプラットフォーム間の移行もサポートします。オンプレミスのデータベースから Amazon RDS または Amazon EC2 への移行、EC2 で実行されているデータベースから RDS への移行、またはその逆の移行もサポートしています。さらに、RDS データベースから他の RDS データベースへの移行をサポートしています。また、SQL、NoSQL、テキストベースのターゲットの間でデータを移動することもできます。

低コスト

低コスト

AWS Database Migration Service は低コストのサービスです。移行プロセス中に使用したコンピューティングリソースと、追加ログのストレージに対してのみ料金が発生します。テラバイトサイズのデータベースの移行に必要なコストはわずか 3 USD です。料金は、サポートされている同種、異種データベース間の移行の両方に適用されます。これは非常に高額となりうる従来のデータベース移行方式と著しい対照をなしています。

すばやく簡単なセットアップ

すばやく簡単なセットアップ

AWS マネジメントコンソールで数分のうちに移行タスクをセットアップできます。移行タスクは、AWS Database Migration Service で移行を実行するために使用されるパラメータで定義した場所に作成されます。これには、ソースおよびターゲットデータベースへの接続の設定や、移行プロセスの実行に使用されるレプリケーションのインスタンスタイプの選択が含まれます。セットアップの終了後、実際に移行を実行する前に同じタスクを使用してテストを実行できます。

信頼性

信頼性

AWS Database Migration Service は高い障害耐性および自己修復性を備えています。継続的にソースおよびターゲットデータベース、ネットワークの接続性、レプリケーションインスタンスをモニタリングします。移行が中断された場合には、プロセスが自動的に再起動され、停止した場所から移行が続行されます。マルチ AZ オプションを使用することにより、冗長レプリケーションインスタンスを有効化して、データベース移行の高可用性と継続的なデータレプリケーションを実現できます。

AWS Schema Conversion Tool

AWS Schema Conversion Tool は、ソースデータベーススキーマ、およびビュー、ストアドプロシージャ、関数といったカスタムコードの大部分を自動的にターゲットデータベース互換フォーマットへと変換することにより、異種データベース間の移行を容易にします。自動的に変換できないすべてのコードには、はっきりとマークが付され、これらを手動で変換できます。SCT では、埋め込み SQL ステートメントのアプリケーションソースコードをスキャンし、データベーススキーマ変換プロジェクトの一環としてこれらを変換することも可能です。このプロセスにおいて、SCT ではレガシーの Oracle および SQL Server 機能を AWS の同等のサービスに置き換えることでクラウドネイティブのコード最適化が実行され、データベースの移行と同時に、アプリケーションを更新できます。スキーマの変換が完了すると、SCT は、組み込みのデータ移行エージェントを使用して、さまざまなデータウェアハウスから Amazon Redshift にデータを移行するのをサポートします。

ソースデータベースにはオンプレミス、または Amazon RDS か Amazon EC2、ターゲットデータベースには Amazon RDS または Amazon EC2 のいずれかを使用できます。AWS Schema Conversion Tool では、以下の変換がサポートされています。 

ソースデータベース Amazon RDS のターゲットデータベース
Oracle Database
Amazon Aurora、MySQL、PostgreSQL、MariaDB
Oracle Data Warehouse Amazon Redshift
Microsoft SQL Server Amazon Aurora、Amazon Redshift、MySQL、PostgreSQL、MariaDB
Teradata Amazon Redshift
IBM Netezza Amazon Redshift
Greenplum Amazon Redshift
HPE Vertica Amazon Redshift
MySQL、MariaDB PostgreSQL
PostgreSQL Amazon Aurora、MySQL、MariaDB
Amazon Aurora PostgreSQL

以下のリンクから適切なプラットフォームの AWS Schema Conversion Tool をダウンロードできます


15

同種のデータベース間での移行では、ソースとターゲットのデータベースエンジンが同じ、または Oracle から Amazon RDS for Oracle、MySQL から Amazon Aurora、MySQL から Amazon RDS for MySQL、Microsoft SQL Server から Amazon RDS for SQL Server のように互換性があります。スキーマ構造、データ型、およびデータベースコードが、ソースとターゲットのデータベース間で互換性があるため、この種の移行は 1 回の処理で行えます。ソースデータベースからターゲットデータベースを接続して移行するタスクを作成し、ボタンをクリックして移行を開始します。あとは AWS Database Migration Service によって処理されます。ソースデータベースは、AWS 外部にあるお客様の設備内、実行中の Amazon EC2 インスタンス内、または Amazon RDS データベース内のデータベースに配置できます。 ターゲットデータベースは、Amazon EC2 または Amazon RDS 内のデータベースに配置できます。

DMS-Homogeneous-Diagram-2
expedia_logo_break

Expedia, Inc. は旅行の計画と予約を簡単に行える、毎月数百万の旅行者が利用する、世界的な大手旅行会社の 1 つです。Expedia, Inc. のプリンシパルエンジニア、Kuldeep Chowhan 氏は、「Amazon Aurora にデータベースの一部を移行中です。AWS Database Migration Service を使用することで移行が簡単になり、移行の取り組みを加速させることができました。プロセスを十分に監視する能力、詳細なログを記録する機能、そして AWS からのサポートによって、移行が成功するという大きな自信を持つことができました」と語っています。


異種データベース間の移行では、Oracle から Amazon Aurora、Oracle から PostgreSQL、Microsoft SQL Server から MySQL へ移行する場合のように、ソースデータベースおよびデータベースエンジンが異なっています。この場合、スキーマ構造、データ型、およびソースデータベースとターゲットデータベースのコードが大きく異なっており、データ移行を開始する前にスキーマとコードの変換が必要となります。そのため、異種データベース間で移行するには、2 つのステップが必要です。まず、AWS Schema Conversion Tool を使用してソースのスキーマとコードをターゲットデータベースのスキーマとコードに適合するように変換し、その後、AWS Database Migration Service を使用してソースデータベースからターゲットデータベースにデータを移行させます。必要なデータ型の変換はすべて、AWS Database Migration Service によって移行中に自動的に変換されます。ソースデータベースは、AWS 外部にあるお客様の設備内、実行中の Amazon EC2 インスタンス内、または Amazon RDS データベース内のデータベースに配置できます。ターゲットデータベースは、Amazon EC2 または Amazon RDS 内のデータベースに配置できます。

DMS-Hetrogeneous-Diagram

Thomas Publishing は創業以来 100 年の歴史を誇る企業で、Thomas Register of American Manufacturers の発行を 1898 年に始めました。Thomas Publishing は、AWS Database Migration Service と Schema Conversion Tool を使用して、同社のプロダクションデータベースを Oracle から Amazon Aurora に移行しました。移行プロセス全体は、4 週間未満で完了しました。


AWS Database Migration Service を使用すると、開発を目的としたクラウド内外へのデータ移行を実施できます。これには、2 つの一般的なシナリオがあります。1 つ目は、開発、テスト、ステージング用のシステムを AWS にデプロイし、クラウドの拡張性と迅速なプロビジョニングを活用することです。この方法で、開発者とテスターは、実際の本番データのコピーを使用でき、更新した内容をオンプレミスの本番システムにコピーして戻すことができます。2 つ目のシナリオは、開発システムがオンプレミス (または個人のノート PC) にあり、このようなオンプレミスシステムに AWS クラウドのプロダクションデータベースの現在のコピーを 1 回または継続的に移行する場合です。これにより、本番システムの最新状態を確実に反映できると同時に、既存の DevOps プロセスの中断を避けることができます。


AWS Database Migration Service を使用して、複数のソースデータベースを単一のターゲットデータベースに統合できます。データベースの統合は、同種間および異種間の移行で利用可能で、またこの機能はサポートされているすべてのデータベースエンジンでご利用いただけます。ソースデータベースとして、AWS 外部のお客様の設備内に位置するデータベース、実行中の Amazon EC2 インスタンス内のデータベース、または Amazon RDS のデータベースを利用できます。ソースデータベースを異なる場所に分散することもできます。例えば、ソースデータベースの 1 つを AWS 外部にあるお客様の設備内に、2 つ目を Amazon EC2 内に、3 つ目を Amazon RDS database に配置できます。ターゲットデータベースは、Amazon EC2 または Amazon RDS 内のデータベースに配置できます。

DMS-MultiSource-Diagram

AWS Database Migration Service を使用して、継続的なデータレプリケーションを実行できます。継続的なデータレプリケーションのユースケースとして、災害対策のためのインスタンス同期、データベースの地理的分散、および開発/テスト環境の同期などさまざまな用途が考えられます。DMS は、サポートされているすべてのデータベースエンジンについて、同種間と異種間両方のデータレプリケーションに使用できます。ソースデータベースや複製先データベースは、AWS 外部にあるお客様の設備内、実行中の Amazon EC2 インスタンス内、または Amazon RDS データベース内のデータベースに配置できます。単一のデータベースから 1 つ以上のターゲットデータベースへのレプリケーションが可能です。また、複数のソースデータベースからのデータをまとめて 1 つ以上のターゲットデータベースにレプリケートできます。

DMS-Replication-MySQL-Diagram

簡単に使用を開始できます。入門ガイドの手順を実行し、AWS Database Migration Service を使用してお客様のデータベースを数回のクリックで移行しましょう。

 

より詳しくは

AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。

より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
より詳しくは
AWS エキスパートにメールでお問い合わせください。
お問い合わせ

まずは無料で始める »

サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

導入に関するご質問、お見積りなどご不明な点は、お気軽に日本担当チームまでご相談ください。