Amazon EventBridge では、イベントバスに公開されたイベント、スキーマ検出のために取り込まれたイベント、およびイベントリプレイについて課金されます。このルールまたはイベント配信に追加料金はかかりません。最低料金や前払いの義務はありません。AWS のサービスによって発行されたすべての状態変更イベントは無料です。

イベントバス

無料利用枠: AWS のサービスによってデフォルトで発行されたすべての状態変更イベントは無料です。

AWS のサービスイベント 無料
カスタムイベント パブリッシュされたカスタムイベント 100 万件あたり 1.00 USD
  オプトインした AWS のサービス (Simple Storage Service (Amazon S3) イベント通知など) からの、EventBridge のルールに一致するカスタムイベント 100 万件あたり 1.00 USD
サードパーティー (SaaS) のイベント パブリッシュされたイベント 100 万件あたり 1.00 USD
イベントからもう一つのバスへ 送信されたイベント 100 万件あたり 1.00 USD

ペイロードのサイズ: ペイロードは 64 KB ごとにまとめて 1 件のイベントとして請求されます (例えば、256 KB ペイロードのイベントは 4 件のリクエストとして請求されます)。

お客様には、クロスリージョンの呼び出しについて、リージョン間で追加のデータ転送料金が発生する場合があります。標準の AWS データ転送料金に基づいて請求されます。

グローバルエンドポイントには追加料金はかかりません。グローバルエンドポイントに公開されているカスタムイベントは、上記のカスタムイベント料金に従って課金されます。

料金の例

SaaS アプリケーションが 1 か月間に、500 万件のイベントを発行した場合、料金は以下のように計算されます。
月間のイベント = 500 万件のイベント (すべて 64 KB 以下)
月間のイベント料金 = 500 万 × 1 USD/100 万 = 1 か月あたり 5.00 USD

API Destinations

API Destinations を使用すると、EventBridge イベントバスから任意のウェブベースのアプリケーションにイベントを送信できます。

ペイロードのサイズ: ペイロードは 64 KB ごとにまとめて 1 件のイベントとして請求されます (例えば、256 KB ペイロードのイベントは 4 件のリクエストとして請求されます)。インターネットへのデータ送信には、追加のデータ転送料金が発生する場合があります。標準の AWS データ転送料金に基づいて請求されます。

料金の例

EventBus エンドポイントから HTTP エンドポイントまで 1 か月で 200 万のイベントを呼び出す場合、料金は次のようになります。
月間のイベント = 200 万件のイベント
毎月の API Destination の料金 = 200 万 * 0.20 USD/100 万 = 0.40 USD/月

イベントリプレイ

イベントパターンを指定して、リプレイ用にアーカイブするイベントを決定できます。以下の料金が発生します:

リプレイについては、上記のカスタムイベントの料金に従って請求されます。

料金例

アプリケーションが 1 か月に 200 万のイベントを発行した場合、それぞれの平均は 6KB です。開発イベントバスでリプレイのためにアーカイブを有効にして、それらすべてをリプレイすると、料金は次のように計算されます。
月間のイベント = 200 万件のイベント × 1.00 USD / 100 万 = 1 か月あたり 2.00 USD。
アーカイブ処理 = 2M イベント*6KB/(1024*1024)*0.10 USD/GB = 1.14 USD
ストレージコスト = 2M イベント*6KB/(1024*1024)*0.023 USD/GB = 0.26 USD/月
リプレイされたイベント = 2M*1.00 USD/M = 2.00 USD/月

毎月の EventBridge 料金の合計 = 2 USD (イベントの発行) + 1.14 USD (アーカイブ処理) + 0.26 USD (ストレージ) + 2.00 USD (リプレイ) = 5.40 USD/月。

スキーマレジストリ

AWS およびカスタムスキーマのスキーマレジストリのご利用は無料です。

スキーマレジストリのスキーマの検出機能には、無料利用枠が含まれています。1 か月あたり 500 万件の取り込まれたイベントが無料です。ほとんどの開発ユースケースにおいて、開発環境での検出は無料利用枠内に収まります。

スキーマの検出を使用して、本番用のイベントバスを通過するすべてのイベントを監査する場合など、無料利用枠以外の利用に対して、以下の料金が発生します。

ペイロードのサイズ: スキーマの検出のペイロードは 8 KB ごとにまとめて 1 件の取り込みイベントとして請求されます (たとえば、16 KB ペイロードのイベントは 2 件の取り込まれたイベントとして請求されます)。

EventBridge スキーマレジストリは、米国東部 (オハイオおよびバージニア北部)、米国西部 (オレゴンおよび北カリフォルニア)、カナダ (中部)、欧州 (ストックホルム、パリ、アイルランド、フランクフルト、ロンドン)、アジアパシフィック (ムンバイ、東京、ソウル、シンガポール、香港、シドニー)、および南米 (サンパウロ) の各リージョンでご利用いただけます。

料金の例

開発イベントバスでスキーマの検出を有効にして、1 か月の間に 200 万件のイベント (各イベントは平均 2 KB) を開発環境で発行した場合、料金は以下のように計算されます。
月間のイベント = 200 万件のイベント × 1.00 USD / 100 万 = 1 か月あたり 2.00 USD。
スキーマレジストリ = 無料。
スキーマの検出 = 200 万件のイベント。検出には追加料金なし (無料利用枠に 500 万件のイベントが含まれるため)。
EventBridge の合計月額料金 = 2.00 USD (イベント発行) + 0 USD (スキーマレジストリ) + 0 USD (スキーマの検出) = 1 か月あたり 2.00 USD。

Amazon EventBridge よくある質問
ご質問がありますか?

Amazon EventBridge のよくある質問のページを参照してください。

詳細 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon EventBridge を使った構築を始めましょう。

サインイン 
ドキュメントを読む
ドキュメントを見る

デベロッパーガイドで EventBridge の理解をさらに深めましょう。

詳細