Amazon EventBridge

AWS、既存のシステム、または SaaS アプリ全体でイベント駆動型アプリケーションを大規模に構築する

Amazon EventBridge はサーバーレスイベントバスであり、アプリケーション、統合された Software-as-a-Service (SaaS) アプリケーション、および AWS のサービスから生成されたイベントを使用して、イベント駆動型アプリケーションを大規模に構築することを容易にします。EventBridge は、Zendesk や Shopify などのイベントソースから AWS Lambda やその他の SaaS アプリケーションなどのターゲットにリアルタイムデータのストリームを配信します。ルーティングルールを設定して、データの送信先を決定し、イベントパブリッシャーとコンシューマーが完全に疎結合化された状態でデータソースにリアルタイムで反応するアプリケーションアーキテクチャを構築できます。

Amazon EventBridge のご紹介 (9:13)

利点

イベント駆動型アーキテクチャを構築する

EventBridge は イベント駆動型アーキテクチャの構築プロセスを簡素化します。EventBridge では、フィルタリングと EventBridge への直接の発行が可能であるため、イベントターゲットがイベントソースを認識する必要はありません。設定は不要です。疎結合のイベント駆動型アーキテクチャを使用して、デベロッパーの俊敏性とアプリケーションの回復力を向上させます。

SaaS アプリを接続する

EventBridge は、サポートされている SaaS アプリケーションからデータを取り込み、カスタム統合コードを記述することを必要とせずに、そのデータを (イベントの HTTP 呼び出しエンドポイントターゲットである API Destinations を介して) AWS のサービスと SaaS ターゲットにルーティングします。EventBridge を使用して SaaS アプリを接続したり、SaaS アプリのイベントを使用してカスタマーサポートや事業運営などのワークフローをトリガーしたりできます。詳細については、「統合 SaaS パートナー」をご参照ください。

記述するカスタムコードを減らす

EventBridge を使用すると、アプリケーションを簡単に接続できます。カスタムコードを記述することなく、イベントの取り込み、フィルタリング、変換、および配信を行うことができます。EventBridge スキーマレジストリは、見つけやすいイベントスキーマのコレクションを格納し、それらのスキーマのコードバインディングを IDE にダウンロードするため、厳密に型を指定したコード内オブジェクトとしてイベントを表すことができます。スキーマ検出機能を使用して、イベントバスから検出されたスキーマをレジストリに自動的に追加します。

オペレーションのオーバーヘッドを削減する

EventBridge を使用する際に、プロビジョニング、パッチ適用、および管理するサーバーはありません。インストール、保守、または運用する追加のソフトウェアはありません。EventBridge は、取り込んだイベントの数に応じて自動的にスケーリングします。料金は AWS アプリケーションや SaaS アプリケーションによって発行されたイベントについてのみ発生します。EventBridge には、可用性と耐障害性が組み込まれています。EventBridge には、障害からの回復や古いイベントからの新しいアプリケーション状態の構築を容易にするネイティブイベントアーカイブおよび再生機能もあります。

仕組み

EventBridge はイベントを使ってアプリケーションを接続します。イベントとは、カスタマーサポートチケットのステータスの変更など、システムの状態が変わったことを示すシグナルです。お客様は、イベントをイベントバスに発行するイベントソースとして、独自の AWS アプリケーションをマイクロサービス、SaaS アプリケーション、およびカスタムアプリケーションと統合できます。フィルタリングルールを定義して、イベントをフィルタリングし、(HTTP エンドポイント経由で) AWS のサービスターゲットと API Destinations にイベントをルーティングできます。EventBridge のスキーマレジストリは、組織のアプリケーション、AWS のサービス、SaaS アプリケーションで作成したスキーマを格納します。スキーマには、イベントデータのタイトル、フォーマット、検証ルールなどの情報が含まれています。IDE のレジストリ内の任意のスキーマ用のコードバインディングをダウンロードして、コード内のイベントを表す厳密に型指定されたオブジェクトを直接使用できます。

Amazon EventBridge がイベントを使ってアプリケーションを接続する方法

ユースケース

スピードを上げるために再設計する

EventBridge で、疎結合化されたサービスとアプリケーションを使用してアーキテクチャの最新化と再編成を加速します。EventBridge を使用すると、イベントプロデューサーとコンシューマーアプリケーションまたはサービスの間で緊密な調整を行う必要がありません。チームがシステム間の明示的な依存関係なしに機能のイテレーションを可能にすることで、組織の開発プロセスをスピードアップできます。

モニタリングと監査

AWS の環境をモニタリングおよび監査し、アプリケーションの運用上の変更にリアルタイムで対応して、インフラストラクチャの脆弱性を防ぐことができます。例えば、リソースがクロスアカウントまたはパブリックアカウントによってアクセスされる場合、EventBridge を使用して生成され、AWS Lambda 関数に送信されるように Amazon Access Analyzer イベントを設定して、意図しないアクセス権限を排します。

SaaS 統合を介して機能を拡張する

EventBridge を介してアプリケーションを他の SaaS アプリケーションに簡単に接続することにより、アプリケーションの機能を拡張できます。例えば、無料利用枠で新しいユーザーが作成されたときにカスタムイベントを EventBridge に送信し、そのイベントを API Destinations を介して Zendesk CRM に送信できます。

AI/ML で SaaS をカスタマイズする

AWS Artificial Intelligence/Machine Learning サービスを使用して、SaaS アプリケーションからのイベントを充実させ、有意義な洞察を得ることができます。例えば、Shopify から EventBridge にデータをロードしてワークフローをトリガーし、Amazon Comprehend などの AI サービスを使用して新しい小売商品の画像タグを付けることができます。

お客様

Les Mills

Les Mills は複数のイベントソースからリアルタイムデータストリームを実行しています。

導入事例を読む »

Hudson

Hudson は EventBridge を使ってJobAccelerator 製品のスケールアップを図っています。

カスタマーリファレンスを読む »

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
製品の特徴を見る

Amazon EventBridge の特徴について確認してください。

詳細 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon EventBridge を使った構築を始めましょう。

サインイン 
Sign up for a free account
ドキュメントを参照する

デベロッパーガイドで EventBridge の理解をさらに深めましょう。

詳細