概要

Q: Amazon EventBridge とは何ですか?

Amazon EventBridge は、コードを作成せずに、AWS のサービス、独自のアプリケーション、SaaS (Software-as-a-Service) アプリケーションのデータの変更にリアルタイムにアクセスできるサービスです。使用を開始するには、Amazon EventBridge コンソールでイベントソースを選択し、AWS Lambda、Amazon SNS、Amazon Kinesis Data Firehose といった数々の AWS のサービスの中からターゲットを選択します。Amazon EventBridge により、イベントがほぼリアルタイムで自動的に送信されます。

Q: Amazon EventBridge の使用をどのように開始できますか?

まず AWS アカウントにログインし、Amazon EventBridge コンソールに移動します。次に、パートナー SaaS アプリケーションと AWS のサービスの一覧からイベントソースを選択します。パートナーアプリケーションを使用する場合は、イベントを出力するよう SaaS アカウントを設定したことを確認し、Amazon EventBridge コンソールのイベントソースセクションでパートナーアプリケーションを選択します。Amazon EventBridge により、イベントがルーティングされるイベントバスが自動的に作成されます。別の方法として、AWS SDK を使用して、イベントバスへのイベントの出力を開始するようアプリケーションを設定することもできます。オプションでフィルタリングルールを設定し、イベントのターゲット (Lambda 関数など) をアタッチすることもできます。Amazon EventBridge により、設定したターゲットへのイベントの取り込み、フィルタリング、送信が、安全かつ可用性の高い方法で自動的に実行されます。

Q: Amazon EventBridge に独自のイベントを送信できますか?

はい。アプリケーションレベルのカスタムイベントを生成し、そのサービスの API を使用して Amazon EventBridge にイベントを送信できます。また、定期的に生成されるスケジュールされたイベントを設定し、Amazon EventBridge でサポートされているいずれかのターゲットでそのイベントを処理することもできます。

Q: イベントの形式はどのようなものですか?

イベントでは、特定の JSON 構造が使用されます。すべてのイベントには、イベントソース、タイムスタンプ、リージョンといった最上位のエンベロープフィールドがあります。その下にはイベントの本体である詳細フィールドが続きます。例えば、Amazon EC2 Auto Scaling グループで新しい Amazon EC2 インスタンスが作成された場合、"aws.autoscaling" というソースと "EC2 instance created successfully" という詳細を持つイベントが出力されます。

Q: どのイベントがターゲットに送信されるかをフィルタリングするにはどうすればよいですか?

ルールを使用してイベントをフィルタリングできます。ルールにより、受信イベントを任意のイベントバスと一致させ、処理のためターゲットにルーティングできます。単一のルールを使用して複数のターゲットにルーティングし、それらすべてを同時に処理できます。ルールにより、異なるアプリケーションコンポーネントで目的のイベントを探して処理することができます。ルールでは、イベントを特定の部分のみ渡すことにより、または常に上書きすることにより、ターゲットに送信する前にカスタマイズできます。前の質問で取り上げた例で説明すると、"aws.autoscaling" というソースと "EC2 instance created successfully" という詳細を持つイベントと一致させるイベントルールを作成し、Auto Scaling グループで Amazon EC2 インスタンスが正常に作成された時に常に通知を受け取れるようにすることができます。

Q: Amazon EventBridge へのアクセスを保護するにはどうすればよいですか?

Amazon EventBridge は AWS Identity and Access Management (IAM) と統合されているため、どのアクションを AWS アカウント内のユーザーが実行できるかを管理者が指定できます。例えば、組織内の特定のユーザーのみにイベントバスの作成やイベントターゲットのアタッチを許可する IAM ポリシーを作成できます。

Q: Amazon EventBridge は CloudWatch Events とどのように関連していますか?

Amazon EventBridge は、CloudWatch Events をベースに構築された、CloudWatch Events を拡張するサービスです。Amazon EventBridge では、CloudWatch Events と同じサービス API とエンドポイント、同じ基盤となるサービスインフラストラクチャを使用します。これまで CloudWatch Events を使用しているお客様にとっては、何も変わることはありません。これまでと同じ API、CloudFormation テンプレート、コンソールを引き続き使用できます。お客様からの報告によれば、CloudWatch Events はイベント駆動型アーキテクチャを構築するための理想的なサービスです。そのため、AWS ではお客様が独自のアプリケーションとサードパーティーの SaaS アプリケーションからデータを接続できるようにする新しい機能を構築しました。AWS は、この機能を CloudWatch サービス内にとどめておくのではなく、Amazon EventBridge という新しい名前でリリースしました。この機能が、CloudWatch Events が開発された目的であるモニタリングユースケースを超えた拡張であることを示すためです。

Q: 現在 Amazon CloudWatch Events を使用しており、Amazon EventBridge の機能をぜひ試してみたいと考えています。Amazon CloudWatch Events のルールとアクセス許可を Amazon EventBridge に移動させる必要がありますか?

いいえ。Amazon CloudWatch Events ユーザーは新しい Amazon EventBridge コンソールと API または Amazon CloudWatch Events コンソールと API で、既存のデフォルトのバス、ルール、イベントにアクセスできます。

Q: 現在 Amazon CloudWatch Events を使用しており、Amazon EventBridge の機能は必要ありません。Amazon EventBridge で何か変わることはありますか?

何も変わることはありません。Amazon EventBridge では同じ Amazon CloudWatch Events API を使用するため、既存のすべての CloudWatch Events API の使用に変化はありません。

Q: Amazon CloudWatch Events は将来廃止される予定ですか?

いいえ。API またはサービス自体を廃止する予定はありません。Amazon EventBridge では Amazon CloudWatch Events と同じ API を使用していますが、それに他の機能が追加されています。将来的に、Amazon CloudWatch Events の名称は Amazon EventBridge に置き換えられる予定です。

Q: Amazon EventBridge ではどの AWS のサービスがイベントソースとして統合されていますか?

EventBridge では、AWS Lambda、Amazon Kinesis、AWS Fargate を含む 90 種類を超える AWS のサービスをイベントソースとして利用できます。統合された AWS のサービスの一覧については、EventBridge のドキュメントを参照してください。

Q: Amazon EventBridge ではどの AWS のサービスがイベントターゲットとして統合されていますか?

EventBridge では、AWS Lambda、Amazon SQS、Amazon SNS、Amazon Kinesis Streams、Amazon Kinesis Firehose を含む 15 種類を超える AWS のサービスをイベントターゲットとして利用できます。統合された AWS のサービスの一覧については、EventBridge のドキュメントを参照してください。

制限とパフォーマンス

Q: サービスの制限はどのようになっていますか?

こちらの「サービスの制限」ページを参照してください。

Q: イベントの送受信の間に発生するレイテンシーはどの程度になりますか?

レイテンシーは通常約 0.5 秒です。これは場合によって異なることにご注意ください。

Q: Amazon EventBridge ではリソースのタグ付け機能をサポートしていますか?

はい。ルールにタグを付けることができます。イベントバスやイベントソースにタグを付けることはできません。

Q: Amazon EventBridge ではどの程度のスループットを見込めますか?

イベントバスのスループットの制限については、こちらの「サービスの制限」ページを参照してください。 より高いスループットが必要な場合は、AWS サポートセンターで [Create Case (ケースの作成)] を選択してから、[Service Limit Increase (サービス制限の緩和)] を選択し、サービス制限の緩和を申請してください。

Q: EventBridge にサービスレベルアグリーメント (SLA) はありますか?
はい。AWS では、毎月の請求期間において、それぞれの AWS リージョンで少なくとも 99.99% の月間稼働率で EventBridge を利用可能とするよう、商業上合理的な努力を払います。詳細については、EventBridge サービスレベルアグリーメントをご確認ください。

* 現在プレビュー中 * スキーマレジストリ

Q: スキーマとは何ですか?

スキーマとはイベントの構造を表し、通常、イベントに含まれているデータの、各要素の形式やタイトルなどの情報を含んでいます。例えば、スキーマには名前、電話番号などのフィールドを含む場合があります。名前がテキスト文字列であることや電話番号が整数であることなどの情報を含みます。スキーマには、電話番号の長さが 10 桁であるという必要条件などの、パターンについての情報を含めることもできます。イベントに含まれる情報を表しており、そのデータに基づいてコードを書くこともできるので、イベントのスキーマは重要です。

Q: スキーマレジストリとは何ですか?

スキーマレジストリでは、検索可能なスキーマのコレクションを格納します。それにより、ドキュメントを調べたり、情報についてスキーマの作成者を探したりすることなく、組織の開発者なら誰でも簡単にアプリケーションによって生成されたスキーマにアクセスできます。スキーマはレジストリに手動で追加できます。または、EventBridge のスキーマの検出機能をオンにすることでこのプロセスを自動化することもできます。

Q: スキーマの検出機能とは何ですか?

スキーマの検出では、スキーマを見つけることやそれをレジストリに追加する処理を自動化します。EventBridge のイベントバスでスキーマの検出が有効になっている場合、イベントバスに送信される各イベントのスキーマはレジストリに自動的に追加されます。スキーマのイベントが変更されると、スキーマの検出ではレジストリに新しいバージョンのスキーマを自動的に作成します。レジストリにスキーマが追加されると、Eventbridge コンソールや直接 IDE からスキーマのコードバインディングを生成することができます。それにより、コードで厳密に型指定されたオブジェクトとしてイベントを表現し、検証やオートコンプリートなどの IDE 機能を活用することができます。

Q: 他のアカウントから配信されたイベントからスキーマを検出することはできますか?

プレビュー中、スキーマの検出はデフォルト、カスタム、パートナーイベントバスの検出機能として、同じアカウント内で発生したイベントに対してのみ有効です。

Q: スキーマレジストリのコストはどれくらいですか?

スキーマレジストリの使用に料金はかかりませんが、スキーマの検出をオンにした場合、取り込まれたイベントごとに料金が発生します。スキーマの検出は、1 か月あたり 500 万件の取り込まれたイベントまで無料利用枠で利用でき、ほとんどの開発での使用はこれを超えることはありません。無料利用枠を超えて使用する場合、100 万件の取り込まれたイベントごとに 0.10 USD の追加料金が発生します。料金についての詳細は、EventBridge の料金ページを参照してください。

Q: スキーマレジストリを使用すると記述する必要のあるコードの量をどのように減らすことができますか?

まず最初の点として、スキーマの検出を使用し、EventBridge のイベントバスに発行された、あらゆるイベントのスキーマを自動的に特定することができます。それをレジストリに格納し、イベントスキーマを手動で管理する手間を省きます。2 番目の点として、バスのイベントを扱うアプリケーションを記述するときに、スキーマのコードバインディングのダウンロードや生成ができます。それにより、コードで厳密に型指定されたオブジェクトとして使用できます。これは、イベントハンドラーの推測、検証、逆シリアル化のオーバーヘッドの削減につながります。

Q: スキーマレジストリを使用するメリットは何ですか?

スキーマレジストリを使用すると、EventBridge でイベント駆動型アプリケーションをきわめて高速に開発でき、アプリケーションコードに集中できるようになります。以前は、利用可能なイベントや構造を探し、コードとして実行できる形式にするためにイベントを解釈して、変換することが必要でした。今では、スキーマレジストリによって、AWS のサービス、サードパーティー、カスタムアプリケーションを含む、すべてのサポートされているイベントソースから利用可能なイベントを自動的に見つけて、スキーマを検出することができます。

Q: どの IDE でスキーマレジストリはサポートされていますか?

スキーマレジストリは、AWS Toolkit for Jetbrains (Intellij、PyCharm、Webstorm、Rider)、VS Code、EventBridge コンソールや API でご利用いただけます。詳細については、IDE 内で EventBridge のスキーマレジストリの使用を参照してください。

Q: サーバーレスアプリケーションモデル (SAM) でスキーマを使用できますか?

はい、最新バージョンの SAM CLI にはインタラクティブモードが含まれています。イベントタイプのスキーマ用に EventBridge で新しいサーバーレスアプリケーションを作成することができます。「Eventbridge スターターアプリケーション」のテンプレート、イベントのスキーマを選択するだけで、SAM で自動的に EventBridge に基づく Lambda 関数を使用したアプリケーションが生成され、イベントのコードが処理されます。つまり、イベントトリガーをコード内の通常のオブジェクトのように扱い、IDE で検証やオートコンプリートなどの機能を使用できるということです。

Jetbrains (Intellij、PyCharm、Webstorm、Rider) および VS Code の AWS Toolkit のプラグインには、IDE から直接スキーマをトリガーとして使用するサーバーレスアプリケーションを、このテンプレートから生成する機能もあります。

Q: スキーマからどの言語を生成することができますか?

プレビューでは、Java (8+)、Python (3.6+)、Typescript (3.0+) でコード生成が利用できます。

Q: スキーマレジストリのプレビューはどのリージョンで利用できますか?

スキーマレジストリのプレビューは、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、米国東部 (バージニア北部)、アジアパシフィック (東京)、欧州 (アイルランド) の各リージョンで利用できます。

料金と請求

Q: EventBridge の使用にはどれくらいの費用がかかりますか?

料金についてはこちらを参照してください。

Q: イベントバスがアタッチされていないイベントソースにパートナーから送信されるイベントに料金はかかりますか?

いいえ。

アーキテクチャと設計

Q: 別のアカウントにイベントを送信するターゲットを使用することはできますか?

はい。これはクロスアカウントイベントと呼ばれ、別のアカウントのデフォルトのイベントバス、またはその他のイベントバスであるターゲットを使用することができます。

Q: Amazon EventBridge と AWS CloudFormation は一緒に使用できますか?

AWS CloudFormation では、ルールと EventBusPolicy のリソースがサポートされています。イベントバスとイベントソースのリソースはまだサポートされていませんが、今後サポートされる予定です。

Q: Amazon EventBridge と Amazon SNS はそれぞれどのような場合に使用しますか?

Amazon EventBridge と Amazon SNS は両方ともイベント駆動型アプリケーションの開発に使用できます。どちらを選択するかはお客様の特定のニーズによって決まります。Amazon EventBridge の使用をお勧めするのは、SaaS アプリケーションや AWS のサービスからのイベントに対応するアプリケーションを構築する場合です。Amazon EventBridge は、サードパーティーの SaaS パートナーと直接統合される唯一のイベントベースのサービスです。また、EventBridge では開発者がアカウント内にリソースを作成する必要なく、90 種類を超える AWS のサービスからイベントを自動的に取り込むことができます。さらに、Amazon EventBridge では定義された JSON ベースの構造がイベントに使用されます。また、イベントの本体全体に適用されるルールを作成してイベントを選択し、ターゲットに転送できます。現在 Amazon EventBridge では、AWS Lambda、Amazon SQS、Amazon SNS、Amazon Kinesis Streams と Firehose といったサービスを含む 15 種類を超える AWS のサービスがターゲットとしてサポートされています。リリース時点で、EventBridge にはスループットの制限 (「サービスの制限」を参照) があります。この制限は申請により緩和することができます。レイテンシーは通常約 0.5 秒です。

Amazon SNS の使用をお勧めするのは、他のアプリケーションやマイクロサービスからパブリッシュされた高スループットまたは低レイテンシーのメッセージに対応するアプリケーション (Amazon SNS ではほぼ無制限のスループットが提供されるため)、または非常に高いファンアウト (数十万または数百万のエンドポイント) を必要とするアプリケーションを構築する場合です。メッセージは構造化されておらず、任意の形式にすることができます。Amazon SNS では 6 種類の異なるターゲット (AWS Lambda、Amazon SQS、HTTP/S エンドポイント、SMS、モバイルプッシュ、E メール) へのメッセージ転送がサポートされています。Amazon SNS のレイテンシーは通常 30 ミリ秒未満です。Amazon EC2、Amazon S3、Amazon RDS を含む 30 種類を超える幅広い AWS のサービスで、SNS メッセージを送信するよう設定し、送信できます。

統合

Q: SaaS アプリケーションを Amazon EventBridge と統合するメリットは何ですか?

Amazon EventBridge では、AWS 上に構築された顧客のイベント駆動型アーキテクチャに、SaaS ベンダーがサービスを簡単に統合できるようにします。Amazon EventBridge では、SaaS ベンダーの製品に数百万の AWS 開発者が直接アクセスでき、新しいユースケースを提供できるようします。また、監査に完全に対応した、安全でスケーラブルなイベント送信用の経路が提供されます。SaaS ベンダーがイベントのインフラストラクチャを管理する必要はありません。

Q: 自社 (SaaS 企業) は優れたイベントソースになると考えています。パートナーになるにはどうすればよいですか?

Amazon EventBridge パートナーになることに関心をお持ちの SaaS ベンダーは、Amazon EventBridge integrationsページのセルフサービス型の手順に従って、Amazon EventBridge へのイベントをパブリッシュできます。

Q: Amazon EventBridge と統合するために SaaS ベンダーにはどのくらいの労力が必要ですか?

既に webhook またはプッシュベースの統合モードをサポートしている SaaS ベンダーは、5 日未満の開発日数で Amazon EventBridge と統合できることが想定されます。

Q: どの SaaS 統合がサポートされていますか?

サポートされている統合の一覧については、こちらを参照してください。
 

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
Amazon EventBridge の統合の詳細

Amazon EventBridge の統合のページにアクセスする

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon EventBridge を使った構築を始めましょう。

サインイン 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
ドキュメントを見る

開発者ガイドで EventBridge の理解をさらに深めましょう。

詳細 
50 以上の製品を無料でお試し
AWS 無料利用枠 ››
ご不明な点がおありですか?
日本担当チームへお問い合わせ ››