Amazon EventBridge では、サポートされている SaaS プラットフォームからデータが取り込まれ、AWS のサービスターゲットにルーティングされます。EventBridge を使用することで、SaaS アプリケーションに簡単に接続し、データをストリーミングさせることができます。コードの記述は一切必要ありません。このサービスにより、豊富な統合が素早く行え、利益につながるまでの時間を短縮できます。サポートされている SaaS プラットフォームで有効なユースケースの詳細については、以下をご覧ください。

  • Zendesk
  • Auth0
  • Segment

AWS のお客様向け

SaaS のイベントソース

Amazon EventBridge により、多数の SaaS プラットフォームとのネイティブな統合が提供されます。イベントドリブンの豊富なアプリケーションが、カスタムのコードを記述する必要はなく構築できるようになります。

SaaS のイベントソースをすべて確認する »


クイックスタート

クイックスタートにより、Amazon EventBridge と SaaS との統合が、わずか数クリックで使用開始できます。各クイックスタートには、デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレート、および、アーキテクチャとステップバイステップのデプロイ手順が記載されたガイドが含まれています。

Shopify » 

BuildKite »

Zendesk »

EventBridge のすべての統合に関するクイックスタートを確認する »


その他の統合

ご自身の AWS アカウントやオンプレミスアプリケーション、または EventBridge のイベントバスから、独自の統合を構成したいお客様は、次に示す統合により使用を開始していただけます。

Dell Boomi
Amazon EventBridge 用の Boomi Connector を使用すると、新規もしくは既存の Boomi 統合と、Amazon EventBridge を使用している AWS のサービスを簡単に接続し追加できます。対応するユースケースには、アプリケーションの監視、ディレクトリ登録、顧客データの更新、その他が含まれます。

Magento
Bitbull srl 経由)Magento の e コマースイベントを Amazon EventBridge サービスに送信することで、多数の異なる AWS のサーバーレスサービスと、Magento を統合できるようにします。

Atlassian
Utoolity 経由)Amazon EventBridge を使用し、Bamboo のタスクや通知、Jira のワークフロー遷移、および、Jira Service Desk の自動ルール実行などを処理します。

AWS のパートナー向け

EventBridge との統合

Amazon EventBridge では、SaaS アプリケーションデータを AWS に拡張し、お客様が新しいユースケースを実行できるようにしながら、ユーザーによる統合を容易にします。EventBridge と統合するプロセスでは、最小限の開発時間しかかかりません。使用を開始するには、AWS パートナーネットワーク(APN)に登録してから、EventBridge 統合チームに連絡してパートナー API にアクセスします。

統合を開始する »

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
ご質問がありますか?

Amazon EventBridge のよくある質問のページを参照してください。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon EventBridge を使った構築を始めましょう。

サインイン 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
ドキュメントを見る

デベロッパーガイドで EventBridge の理解をさらに深めましょう。

詳細