デジタル社会実現ツアー 2022

地域が創る「デジタル田園都市」のベストプラクティス

関西開催 | 2022 年 9 月 28 日 | オンライン

Better Together With Intel

塩手 能景 氏

内閣官房
デジタル田園都市国家構想実現会議事務局
内閣府地方創生推進室
参事官

田中 淳一 氏

三重県 最高デジタル責任者 (CDO)
内閣府 地域活性化伝道師
総務省 地域力創造アドバイザー

福嶋 萌 氏

神戸市
企画調整局デジタル戦略部
デジタル企画担当 係長

丸本 徳之 氏

ライフイズテック株式会社
執行役員 事業開発事業部長

光永 文彦 氏

西大和学園中学校・高等学校
数学科・情報 / 技術科 教諭 
大和大学
教育学部 教育学科 数学教育専攻 准教授

地方における人口減少や産業空洞化などの多くの社会課題。その解決の鍵であり、新しい価値を生み出す源泉となるのが、先端のデジタルテクノロジーであり、日本全国のあらゆる地域に均しくその力を提供できることがクラウドの価値です。

地域の社会課題を解決し、それぞれの魅力を向上させながら、日本政府が構想する「デジタル田園都市」の実現へとつなげる──。その実践事例を日本全国のベストプラクティスを通じてお届けするのが「デジタル社会実現ツアー 2022」です。

本イベントでは、全国各地でデジタル変革に先駆的に取り組む組織のリーダーやキーパーソンをお招きし、行政、教育、医療、スマートシティ、スマート農業、観光 6つの領域における地域課題をデジタルを用いてどのように解決し、新たな変革につなげているかご紹介致します。「全国どこでも誰もが便利で快適に暮らせる社会」に向けて、クラウドが地域にもたらす価値についてご紹介致します。

※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください

 参加する理由
  • 政府が推進する「デジタル田園都市国家構想」のテーマに沿い、各地域における先進的な公共団体・企業の取り組みと背景をご紹介します
  • 都市と地方の格差を縮め地方創生に貢献するクラウドで実現する具体的な事例について学ぶことができます
  • 取り組みの中で生まれたクラウド導入へのプログラムや、活用手法について学ぶことができます・クラウド活用における次のステップを学ぶことができます
 対象者
下記の組織・団体・企業に所属する DX 推進に関する意思決定者のみなさま
  • 地方自治体と関連団体
  • 教育委員会/地方大学などの教育機関
  • 研究機関、塾/予備校などの教育事業企業
  • 病院/医療機関・ヘルスケア関連企業と関連団体
  • 地域の新興企業・スタートアップ企業
  • 上記を支援する各地域のAWSパートナー企業、およびパートナー企業候補

キーノート セッション : 13:00 - 15:30

デジタル化でつながる未来と地方創生への取り組み

テクノロジーとデータを民主化し、一人ひとりがデジタルの恩恵を享受できる社会の実現に貢献する。AWSでは地域における各種の社会課題に対して、デジタル実装を通じて、地方活性化を支援してまいりました。

本講演では「行政」「教育」「医療」「スマートシティ」「スマート農業」「観光」といった地域の社会課題に触れながら、デジタル人材育成、スタートアップ協業や、クラウドテクノロジーを通じて、各種課題を解決した実践事例を共有致します。新しい価値を提供しているリーダーのみなさまより、地域が創るデジタル田園都市のベストプラクティスをご紹介頂きます。

内閣官房
デジタル田園都市国家構想実現会議事務局
内閣府地方創生推進室 参事官

塩手 能景 氏

三重県 最高デジタル責任者 (CDO)
内閣府 地域活性化伝道師
総務省 地域力創造アドバイザー

田中 淳一 氏

インテル株式会社
執行役員
新規事業推進本部長 兼 経営戦略室長

大野 誠 氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
執行役員 パブリックセクター
統括本部長

宇佐見 潮

ブレイクアウトセッション : オンデマンド

  • デジタル化の基本について知りたい
  • AWSの紹介、自治体での取組み、事例紹介

    AWSのご紹介、クラウドを活用頂く際のメリット、自治体のクラウド活用について事例を交えてご紹介いたします。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター営業本部 アカウント エグゼクティブ
    八手又 かおる

    AWS Summit re:Cap速報 公共分野編

    2022年5月に行われた AWS Summit 2022 から公共部門に関するセッションについて、AWS のソリューションアーキテクトが振り返りながらポイントを解説しています。デジタル庁の梅谷様、慶應義塾大学の中室様、慶應義塾大学の矢作様のご講演から、行政のデジタル化、教育のデジタル化、医療のデジタル化についての議論を取り上げています。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター技術本部 パブリックセクター技術本部
    山本 真人

    災害対応に貢献する AWSのエッジコンピューティング AWS Snowファミリー

    災害の発生後、ネットワークが断絶したり不安定になりクラウドサービスが使えないといった場合でも、被災地に持ち込んでリアルタイムの情報収集・分析などに活用できるAWSのエッジコンピューティングサービスを、海外での活用事例とともにご紹介いたします。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター 事業開発マネージャー
    吉田 尚子

    教育情報セキュリティポリシーガイドライン改訂から読み解くクラウド化

    本セッションでは、教育情報セキュリティポリシーガイドライン改訂の背景やポイントを踏まえ、今後とる べき方針についてご紹介すると共に、クラウドの特性である「従量課金」「回線」についてもポイントを絞って解説いたします。
    また、Amazon Web Services (AWS) 環境で教育用ソフトウェア「スタディシリーズ」を提供しているシャープマーケティングジャパン株式会社様から、どのようなセキュリティ対策を実践しているのか、具体的な事例を元にご紹介いただきます。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター アカウントエグゼクティブ
    三好 智之

  • AWSについて知りたい
  • AWSの基本サービスの紹介

    自治体でよく活用されるAWSの基本サービス(仮想サーバー:Amazon EC2、データベース:Amazon RDS、ストレージ:Amazon S3、ネットワーク:Amazon VPC、 サブネット、セキュリティサービス等)や、すぐに活用できるマネージドサービスを中心にご紹介します。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター 技術統括本部 ソリューション アーキテクト
    椨木 正博

    TCOのモデルとベストプラクティス

    クラウドを利用する際のTCO(Total Cost of Ownership)の考え方や、どのようにしてTCOを削減していくか、TCO削減のベストプラクティスについてご紹介いたします。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター 技術統括本部 ソリューションアーキテクト
    小林 竜也

    AWSにおけるセキュリティーとコンプライアンス、運用管理

    セキュリティはAWSの最優先事項です。このセッションでは、クラウドご活用時のセキュリティの検討ポイントについてご紹介いたします。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター 技術統括本部 ソリューションアーキテクト
    小林 竜也

    誤解の多いCLOUD法の実態

    アメリカのCLOUD法については、「米国籍のクラウド事業者が提供するクラウドサービスを利用すると、データがアメリカ政府に筒抜けになってしまう」といった誤解が根強くあるため、本セッションではこういった誤解を解いていきます。

    具体的には、CLOUD法が日本のクラウド事業者にも適用する法律であることや、クラウドに保存されているデータへのアクセスには裁判所の令状が必要であること、そして日本の公共機関であれば主権免除の法的概念が適用されることを解説します。さらには、CLOUD法に対するAWSの対応もご案内します。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    法務部 公共法務 統括
    笹沼 穣

    クラウド調達のための10の考慮要素 Part1:従来の調達との違い

    クラウドの調達は従来のテクノロジーの調達とは異なるため、AWSではクラウド調達のための考慮要素を整理し、ホワイトペーパーなどの形でガイドをご用意しています。Part1では、クラウド調達に関係する国や地方自治体の最近の取組をご紹介しつつ、どのような点で従来の調達と異なる考慮要素があるのかを中心にご説明します。地域の現場にあった調達業務をイメージしていくための第一歩としてご活用ください。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター シニア・プロポーザル・マネージャー
    市ノ渡 佳明

    クラウド調達のための10の考慮要素 Part2:クラウドの買い方

    クラウドの調達は従来のテクノロジーの調達とは異なるため、AWSではクラウド調達のための考慮要素を整理し、ホワイトペーパーなどの形でガイドをご用意しています。Part2では、従量課金への対応など、クラウドの買い方に関わる国や地方自治体の実際の取組などをご紹介します。地域におけるクラウド調達の実践をサポートします。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター 統括本部長 補佐(公共調達渉外)
    小木 郁夫

    医療機関向けクラウド活用ウェビナー ~活用事例とAWSの買い方・支払い方法~

    医療機関でのクラウド利用が本格化し始めています。本ウェビナーでは医療機関でのAWSの最新情報とご利用事例を紹介し、その中でもご利用が年々増加しているバックアップでのご利用事例について説明させていただきます。またこれから導入を検討しているお客様、ご利用中だが支払いに疑問や課題をお持ちのお客様へ医療機関におけるクラウドの買い方、支払い方法についてもわかりやすく説明させていただきます。

     現在ご利用いただいているお客様は勿論のこと、これからクラウド活用を検討しているがAWSでの利用事例や買い方、支払い方法でお悩みの皆様は是非ご参加ください!

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター   シニア事業開発マネージャー
    遠山 仁啓

    大学・研究機関向け AWSの買いかた、支払いかた ~少額編~

    大学・研究機関におけるクラウドの買いかた、支払いかたについてわかりやすくご説明いたします。 「クレジットカードでの支払いが難しい」「従量課金だと月々の支払い金額が変わってしまう」「あらかじめ決まっている予算枠を超えないようにしたい」などクラウドのお金にまつわるご相談を数多く頂きます。

    実はAWSとAPNパートナーはこれらのお金にまつわる課題を解決する様々な選択肢をすでにご用意しております。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター営業本部 アカウントエグゼクティブ
    田代 皓嗣

    大学・研究機関におけるAWS活用の具体的構成と金額感

    本セッションでは大学・研究機関でよく使われる構成例と金額感について、具体的にご紹介します。お客様からよく頂く「Amazon Web Services (AWS) を使ってみたいけれど、どのサービスを使えばいいかわからない」や「この用途の場合、おいくらですか?」というご質問に対して、研究、教育、経営/事務の3つの分野ごとに構成例と金額例をお話します。

    また、ウェビナ―の最後には実際にAWSを使い始めるための方法や、お客様の検討を強力にサポートする各種支援プログラムについてもご説明します。大学・研究機関に所属し、ITリソースの導入に関与しており、AWSの利活用に関心のある皆様は是非ご参加ください。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター営業本部 アカウントエグゼクティブ
    田代 皓嗣

    大学・研究機関向けAWSの買いかた、支払いかた ~高額編・入札編~

    大学・研究機関におけるクラウドの買いかた、支払いかたについて、特に入札を行う場合にフォーカスしてご説明いたします。
     金額規模が大きくなってくると、組織のルールに従った形で入札・調達の手続きを行う機関がほとんどかと思います。 このような場合に「仕様書にクラウドの要件をどのように書けばいいのか?」「クラウドのメリットを生かすためにどのような契約方式にすればいいのか?」等のご相談を数多く頂きます。
     AWSがこれまで様々な公共機関のお客様の入札・調達をご支援してきた経験に基づき、これらの疑問・質問にお答えします。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター営業本部 アカウントエグゼクティブ
    田代 皓嗣

  • デジタル人材育成したい
  • クラウドを理解している人材不足していませんか? クラウドスキル獲得に向けた学習方法のご紹介

    クラウドに関する人材育成とスキル獲得に関して 2 つのパートに分けてお話します。前半は各国共通課題である人材育成の先行事例や日本でデジタル人材育成に着手しているお客様の例をお話します。後半はクラウドトレーニングの実績やクラウド学習の背景、そして AWS で提供している公式のクラウド学習コンテンツをお話します。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    ガバメントクラウド技術本部 本部長
    豊原 啓治

    トレーニングサービス本部 トレーニングデリバリーマネージャー
    西村 航

  • AWSから支援を受けたい
  • 公共DXを加速させるAWSのスタートアップ支援~AWS Startup Ramp と AWS EdStartのご紹介~

    AWSは公共分野へのイノベーションを加速させるために、様々なスタートアップ支援を提供しています。本セッションでは、行政、スマートシティ、医療、農業、宇宙、サステナビリティなど公共分野に取り組むスタートアップを支援する AWS Startup Ramp プログラムと、教育分野のスタートアップを対象にした AWS EdStart プログラムの概要と、活用方法についてご説明します。また、自治体や大学、地域の関係者、スタートアップ支援団体などが、AWSとスタートアップ支援においてどのように連携できるのかについても解説します。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター事業開発本部 事業開発マネージャー(Startup)
    岩瀬 霞

    行政のDXに資する業務・インフラのモダン化を支援するAWSの支援サービス(Amazonのデザイン思考ワークショップ、Infrastructure as Code(IaC)を活用したインフラのモダン化支援サービスなど)

    行政サービスの刷新について、新規の行政サービスを企画するもの、手始めにITインフラをモダン化するというアプローチなど様々なものが存在します。これらの業務・インフラの両面でAWSがどのように支援できるかを紹介します。業務視点でのDXに資する支援サービスとして、Amazonのイノベーション文化を実際に体験頂き、システム・サービス企画の考え方を学べるイノベーションワークショップを紹介します。また、インフラモダン化という視点では、よりモダンなインフラを構築するため方策の一つとしてクラウドを活用したIaCの取り組みを支援するコンサルティングサービスを紹介します。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクターコンサルティング本部 アドバイザリーコンサルタント
    上土井 裕人

    パートナー トランスフォーメーション支援策のご紹介 公共分野でのクラウド導入を急加速させたい新規パートナーへの重点支援

    今後公共部門において、AWSを本格活用する段階のパートナー様が、クラウド導入・活用を推進するトランスフォーメーションを実行支援するためのプログラム(Acceralate & Development)についてご紹介します。また直近での地域パートナー様の成功事例などもご紹介予定です。

    アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
    パブリックセクター パートナーアライアンス本部 パートナー事業開発マネージャー
    松下 紘之 

  • パートナー実践事例を確認したい
  • コンパクトスマートシティプラットフォーム協議会が大阪府豊能町で実現したクラウドセキュリティの最適解

    大阪府豊能町のスマートシティサービス整備を担う「一般社団法人コンパクトスマートシティプラットフォーム協議会(CSPFC)」は、AWSで構築されるスマートシティのデータ連携基盤の多層防御実現のため、Trend Micro Cloud Oneを採用しました。本セッションでは、CSPFC代表理事の江川 将偉氏をお招きし、スマートシティに求められるセキュリティ、Cloud Oneの選定理由、実装評価の効果について伺います。自治体が取り組むべきスマートシティセキュリティの先進事例を紹介します。

    トレンドマイクロ株式会社
    ビジネスマーケティング本部
    ビジネスソリューション部
    クラウドビジネス&アライアンスグループマネージャー
    小島 華佳 氏

    医療向けデータバックアップシステム AOSBOX Business Plusのご紹介

    AOSデータが提供する AOSBOX Business Plus は3省3ガイドラインに準拠した、よりセキュアなクラウドバックアップソリューションです。自然災害、コンピュータウイルス被害などから医療機関でご利用の電子カルテの院内データ・患者データを守ります。

    AOSデータ株式会社
    システムデータ事業部 事業部長
    清本 光彦 氏

    Case Study - 陸前高田市、埼玉県上里町 : 使い慣れた「電話」と最新の「クラウド」の組み合わせによる防災・防犯・みまもり ~シン・オートコール~

    災害時に防災無線が聞こえづらい等の状況、人と人との連絡手段に「電話」が根強く残っている現状をふまえ、使い慣れた電話とAWSの諸機能(Amazon Connect等)を組み合わせた情報伝達ソリューションをご提案いたします。地域住民の方にご体感いただき、共につくりあげ自助・共助・公助のDXをめざします。有事の補完的連絡手段はもとより平時のみまもりや防犯、未だ人手の多い「声を使う業務分野のDX」を実現して参ります。

    東日本電信電話株式会社
    ビジネス開発本部 特殊局 担当課長
    鈴木 巧 氏

    千葉県松戸市様向けごみ受付システム事例紹介 ~ガバメントクラウドを見据えて~

    松戸市様では、年末年始、引っ越しシーズンが繁忙期となる粗大ごみ受付処理は、自動車渋滞による地域住民からの苦情や職員負荷など各種課題を抱えていました。シーデーシー情報システム株式会社様とクラスメソッド株式会社は協業してこの課題解決を行いました。このセッションでは顧客の課題解決に留まらず、経験を活かしカバメントクラウドへの対応準備からビジネス拡大に向けた活動にも着手している様子をご紹介いたします。

    クラスメソッド株式会社
    営業統括本部
    ビジネスコンサルティンググループ
    朝日 清 氏

    文献レビューアプリBOOK MARRYのご紹介 〜京都産業大学文化学部様にて利用開始〜

    日本事務器(株)では、従来より図書館情報システム「ネオシリウス・クラウド」など、AWSを活用したクラウドサービスを展開しております。2022年6月にローンチした「BOOK MARRY」は、学習支援/読書推進に活用ができる文献レビュープラットフォームとなります。本セミナーではそのコンセプトや機能とともに、京都産業大学文化学部様はじめ、実際の教育機関での活用事例についてご紹介いたします。

    日本事務器株式会社
    事業戦略本部
    バーチカルソリューション企画部

    Case Study - 東北学院大学 様 「学内ID基盤をIDaaSに全面移行」

    多段構成で複雑化した「運用者を選ぶ」ID基盤構成を、IDaaSによって「シンプルで誰でも簡単に扱える」ID基盤へと移行した事例となります。導入当初と、運用後の2度にわたり取材をさせていただき、IDaaS導入時の成果と、コロナ禍を経てどのように運用効果を実感していただいているのか、また今後へ期待値などお伺いさせていただきましたので、ご紹介させていただきます。

    エクスジェン・ネットワークス株式会社
    専務取締役
    引間 賢太 氏

    Case Study - 富山県 : 地域の暮らしに寄り添う「データ連携基盤」を目指して 〜インテックの自治体向けIoTプラットフォームのご紹介〜

    インテックの自治体向けIoTプラットフォームは、暮らしの身近な課題を解決するスマートシティをスモールスタートで始められ、さまざまなセンサやサービスと協業し地域で暮らす方が利便性を実感できるまちづくりを支援します。この講演では富山県様での実証取り組みを取り上げながら、弊社の自治体向けIoTプラットフォームをご紹介いたします。

    株式会社インテック
    行政システム事業本部
    當流谷 牧子 氏

    中小企業/地方企業でこそAWSの活用を 〜東北地方でのDX事例を一挙公開〜

    私たち ヘプタゴンが東北地方で手がけた AWSを用いた DX 事例をご紹介します。

    株式会社ヘプタゴン
    代表取締役
    立花 拓也 氏

    Case Study - 宮崎県都城市 : 学校保護者への連絡がラクになる連絡サービス Sigfy のご紹介

    近年の学校現場の課題を取り上げ、最適な解決策の一つである連絡サービスsigfy(シグフィー)について紹介いたします。

    株式会社 Fusic 
    プロダクト部門  部門長
    プロダクトマネージャー 
    船越 将一 氏

    AWS×R-cloudで実現する自治体のデータ連携基盤整備

    自治体DX推進に向け、弊社データセンターのプライベートクラウドである「R-Cloudサービス」を基盤とした各種クラウドサービスを安心・安全にご利用できる環境をご提供しております。AWS様サービスとの組み合わせによる自治体様向けサービス提供事例とデジタル田園都市国家構想で必要となるデータ連携基盤構築に対する弊社ご支援サービスをご紹介します。

    株式会社 両備システムズ
    クラウドビジネスカンパニー 
    セールスエンジニア
    川崎 大輔 氏

    Case Study - 大島紬織物共同組合 : 自治体DX・クラウド化を推進するVirtual Government Cloud構想と地域ブランドプラットフォームのご紹介

    少子高齢化社会・労働人口減少社会に備え、全国でこれまで以上の効率化が求められています。それは自治体も同様です。本セミナーでは、デジタル庁・総務省の進める自治体業務標準化対応の範囲外である標準化非対象業務のクラウド化を見据えたVirtual Goverment Cloud構想と真贋判定による地域資産保護の地域ブランドプラットフォームの2テーマをご紹介します。デジタルを用いた業務改革や行政改革、自治体DX事例をお探しの方は是非ご視聴ください。

    PwCコンサルティング合同会社

    デジタル社会実現を加速させるインテルの取組み

    政府が提唱している Society 5.0 やデジタル田園都市国家構想の実現には「すべての市民の生活の質の向上」「労働者不足、高齢化社会、デジタルデバイド、データデバイドなどの社会課題の解決」が必要不可欠です。 インテルでは社会課題解決のキーテクノロジーを AI、クラウド、ネットワーク、インテリジェント・エッジととらえ、加えてセキュリティー対策やデジタル人材育成にも注力しています。当講演では、事例を交えインテルの取組みをご紹介いたします。

    インテル株式会社
    公共・スマートシティ事業推進部 
    事業開発担当
    新堀 公章 氏

    ゆびナビぷらす先進事例:天理市様 「デジタル市役所化への取り組みについて」

    2022年3月よりデジタル窓口をスタートし、デジタル市役所化を積極的に推進されている天理市様。その将来構想と取り組みについてインタビュー形式でお話をお聞きしました。
    ご協力: 奈良県天理市 デジタル市役所推進室 市民課

    株式会社BSNアイネット
    公共ビジネス事業部 システム部
    下越 淳平 氏


開催スケジュール

開催日時

2022 年 9 月 14 日(水) 13:00 開始

2022 年 9 月 15 日(木) 13:00 開始

2022 年 9 月 16 日(金) 13:00 開始

2022 年 9 月 27 日(火) 13:00 開始

2022 年 9 月 28 日(水) 13:00 開始

2022 年 9 月 29 日(木) 13:00 開始

2022 年 9 月 30 日(金) 13:00 開始

開催地域

北海道開催 (ライブ配信)

東北開催 (ライブ配信)

関東開催 (ライブ配信)

東海・中部・北陸開催 (ライブ配信)

関西開催 (ライブ配信)

中国・四国開催  (ライブ配信)

九州・沖縄開催  (ライブ配信)


FAQs