コンピューティングとストレージ

OutPosts では、様々なアプリケーションとデータ常駐の要件に応えられるよう設計された、EC2 や EBS そして S3 の組み合わせが提供されており、検証済みの構成を広い範囲の中から選択することができます。また、AWS に依頼して、独自のアプリケーションのニーズに合わせ、カスタマイズされた構成を設計、作成させることもできます。

コンピューティング

AWS Outposts のカタログには、最新世代の Intel CPU を利用する EC2 インスタンスタイプをサポートするオプションが掲載されています。ローカルのインスタンスストレージが付属するものも付属しないものもあります。

汎用 (M5/M5d) インスタンスは、バランスの取れたコンピューティング、メモリ、ネットワークのリソースを提供し、汎用のワークロード、ウェブおよびアプリケーションサーバー、エンタープライズアプリケーションのバックエンドサーバー、ゲーミングサーバー、およびキャッシングサーバー群に適しています。

コンピューティング最適化 (C5/C5d) インスタンスは、コンピューティング集約型ワークロードのために最適化されており、コンピューティングあたりの価格率が低く、コスト効率性が高い、優れたパフォーマンスを実現します。これらは、バッチ処理、メディアトランスコード、高性能ウェブサーバー、ハイパフォーマンスウェブサーバー、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、科学モデリング、専用ゲームサーバーおよび広告サーバーエンジン、機械学習推論などのコンピューティング負荷の高いアプリケーションに最適です。

メモリ最適化 (R5/R5d) インスタンスは、メモリ内の大きいデータセットを処理するワークロードに対して高速なパフォーマンスを実現するように設計されています。これらは、高パフォーマンスデータベース、分散型ウェブスケールインメモリキャッシュ、中規模のインメモリデータベース、リアルタイムのビッグデータ分析などのメモリ集約型アプリケーションに最適です。

グラフィック最適化 (G4dn) インスタンスは、機械学習推論やグラフィックを大量に使用するワークロードを高速で処理するために設計されています。これらは、画像へのメタデータ追加、オブジェクト検出、レコメンドシステム、自動音声認識、言語翻訳といったアプリケーションのための機械学習推論に適しています。また、リモートグラフィックワークステーション、動画トランスコーディング、フォトリアリスティックの作成、クラウド上のゲームストリーミングなど、グラフィックを大量に使用するアプリケーションの構築および運用を行うための非常にコスト効率が良いプラットフォームを実現できます。

I/O 最適化 (I3en) インスタンスファミリーは、低レイテンシー、高いランダム I/O パフォーマンス、高いシーケンシャルディスクスループットに最適化された高密度の非揮発メモリ Express (NVMe) SSD インスタンスストレージを提供します。Amazon EC2 において GB あたりの料金が最も安価です。これは、NoSQL データベース (Cassandra、MongoDB、Redis)、インメモリデータベース (SAP HANA、Aerospike)、スケールアウトトランザクションデータベース、分散型ファイルシステム、データウェアハウジング、Elasticsearch、および分析ワークロードに最適です。

C6g、M6g、および R6g などの Graviton プロセッサを搭載した EC2 インスタンスのサポートは 2021 年に開始されます。

ストレージ

Amazon EBS: AWS Outposts では、永続的ブロックストレージとして、ローカルのインスタンスストレージと、Elastic Block Store (EBS) gp2 ボリュームが提供されます。EBS gp2 ボリュームは、AWS のリージョンでの場合と同様に、ブート用またはデータボリューム用として使用できます。また EBS ボリュームは、Outpost の EC2 インスタンスへのアタッチやデタッチが可能です。スナップショットと復元の機能があり、パフォーマンスに影響をおよぼさずにボリュームサイズを拡大することができます。Outposts のすべての EBS ボリュームとスナップショットは、デフォルトで暗号化されます。EBS は、11 TB、33 TB、および 55 TB* のティアで提供されます。

*TB=10244

Amazon S3: Amazon S3 on Outposts により、オンプレミスの AWS Outposts 環境でのオブジェクトストレージが提供されます。今回、AWS の各リージョンで提供が開始された S3 の 機能や API により、S3 on Outposts を使用して Outpost でのデータの保存と取得が容易になります。同時に、データの保護、アクセス制御、タグ、レポート作成なども行えます。S3 on Outposts の使用により、Outpost にデータを保存してローカルでのデータ常駐の要件を満たすことや、データをオンプレミスアプリケーションの近くに保持してパフォーマンスからの厳しい要件を満たすことが可能です。S3 on Outposts では、「S3 Outposts」という名前の新しい Amazon S3 ストレージクラスが提供されます。このクラスでは S3 API の使用が可能であり、また、Outpost の複数のデバイスとサーバーにデータを永続的かつ冗長的に保存するように設計されています。Outpost に 26 TB、48 TB、または 96 TB の S3 ストレージ容量を追加できます(26 TB S3 オプションは、11 TB EBS が構成された Outpost でのみサポートされます)。各 Outpost に最大 100 つのバケットを作成できます。S3 on Outposts の使用を開始するには、AWS Outposts マネジメントコンソールにアクセスして、S3 ストレージを含む Outpost 設定を注文するか、AWS アカウントチームと連携して既存の Outpost に S3 ストレージを追加します。

Amazon EBSスナップショット: EBS スナップショットは、EBS ボリュームのポイントインタイムコピーです。デフォルトで、Outpost の EBS ボリュームのスナップショットは Amazon S3 のリージョンに保存されます。また Outpost の Amazon EBS ローカルスナップショットで、Amazon S3 on Outposts を使用し、EBS ボリュームのスナップショットを Outpost のローカルに保存することもできます。Outpost の EBS ローカルスナップショットでは、S3 on Outposts で Outpost をプロビジョニングする必要があります。これらは、Outpost の EBS ボリュームにシンプルで安全なオンプレミスデータ保護ソリューションを提供します。リソースレベルの IAM ポリシーを使用して、EBS ストレージのデータ保管要件を効果的に満たすことができます。災害復旧やバックアップのために、Outpost で EBS ローカルスナップショットを使用することもできます。

CloudEndure Migration: AWS が提供する CloudEndure Migration により、お客様は物理、仮想、またはクラウドベースのソースから AWS Outpost にワークロードを移行できます。オンプレミスの場所、パブリック AWS リージョン、その他のクラウドから Outpost へのワークロードの移行を簡素化および迅速化します。さらに、Outpost で EBS ローカルスナップショットを使用すると、EBS スナップショットデータがリージョンを通さずにどのソースからでも Outpost に直接、または 1 つの Outpost から別の Outpost にワークロードを移行できるため、低レイテンシー、パフォーマンス向上、そしてコストが削減されます。

CloudEndure Disaster Recovery: AWS が提供する CloudEndure Disaster Recovery は、AWS Outpost への物理、仮想、およびクラウドベースのワークロードに対してスケーラブルで費用効果の高いビジネス継続性を提供します。CloudEndure Disaster Recovery を使用すると、オンプレミスからOutpost へ、AWS リージョンから Outpost へ、Outpost から AWS リージョンへ、および 2 つの Outpost 間で複製およびリカバリできます。さらに、Outpost の EBS ローカルスナップショットを使用すると、EBS スナップショットデータがパブリックリージョンを通さずに、どのソースからでも直接 Outpost にワークロードを複製およびリカバリできるため、低レイテンシー、パフォーマンス向上、そしてコスト削減がもたらされます。CloudEndure Disaster Recovery は復元力を向上させ、数秒の目標復旧時点(RPO)と数分の目標復旧時間(RTO)を可能にします。

ネットワーキング

VPC 拡張機能

既存の Amazon VPC は、オンプレミスの場所の Outpost にシームレスに拡張できます。インストール後に、地域 VPC 内でサブネットを作成し、それを Outpost に関連付けます。これはちょうど、サブネットを AWS リージョン内のアベイラビリティーゾーンに関連付けるのと同じです。Outpost サブネット内のインスタンスは、プライベート IP アドレスを使用して、AWS リージョン内の他のインスタンスと通信します。これらはすべて同じ VPC 内にあるものです。

ローカルゲートウェイ

それぞれの Outpost は、新しいローカルゲートウェイ (LGW) を提供します。これを使えば、Outpost リソースをオンプレミスのネットワークと接続できます。LGW は、Outposts と他のローカルデータソース、エンドユーザー、ローカルのマシンや機器、またはローカルのデータベースとの間の低レイテンシーな接続を可能にします。

ロードバランサー

Application Load Balancer (ALB) をプロビジョニングすることで、着信 HTTP トラフィックを Outposts の複数のターゲット (Amazon EC2 インスタンス、コンテナ、IP アドレスなど) に自動的に分散できます。Outposts 上の ALB は完全マネージド型で、単一のサブネットで動作し、Outposts ラックで利用可能なキャパシティまで自動的にスケールしてさまざまなレベルのアプリケーション負荷に対応するため、手動での介入は必要ありません。

プライベート接続

AWS Outposts のプライベート接続を使用することによって、AWS Direct Connect 経由で Outposts から AWS リージョンへのサービスリンク VPN 接続を確立することができます。プライベート接続は、パブリックインターネットへの露出を最小限に抑え、特別なファイアウォール設定の必要性をなくします。

Outposts 上の AWS のサービス

様々な AWS のサービスをローカルに実行して、オンプレミス上でアプリケーションを構築し、実行することができます。

コンテナ

Amazon ECS:Docker コンテナをサポートする拡張性とパフォーマンスに優れたコンテナオーケストレーションサービスです。これにより、コンテナ化されたアプリケーションを Outposts で簡単に実行およびスケールできます。Outposts で ECS を使用すれば、オンプレミスシステムへの低いレイテンシー通信を必要とするコンテナ化したアプリケーションを実行できます。Outposts で動作する Amazon ECS では、独自のコンテナオーケストレーションソフトウェアをインストールおよび操作したり、仮想マシンのクラスターの管理やスケーリングを行ったり、オンプレミス環境の仮想マシン上のコンテナをスケジューリングしたりする必要はありません。シンプルな API コールにより、Docker 対応のアプリケーションを起動し、停止することができます。また、現在クラウド内のコンテナを管理する場合と同じほどの容易さで、アプリケーションの完全な状態を問い合わせることができます。

Amazon EKS:Amazon EKS は、Kubernetes コントロールプレーンのインストールと運用を自分で行うことなく、Kubernetes を AWS で簡単に実行できるようにするマネージドサービスです。Outposts で EKS を使用すれば、オンプレミスシステムへの特別に低いレイテンシーを必要とするコンテナ化したアプリケーションを実行できます。Outposts 上の EKS では、クラウドでコンテナを管理するように簡単にオンプレミスのコンテナを管理できます。

データベース

Amazon RDS on AWS Outposts: Amazon RDS on AWS Outposts は、MySQL とPostgreSQL データベースエンジンをサポートしています。間もなく、他のデータベースエンジンもサポートする予定です。Amazon Relational Database Service (RDS) を使用すると、クラウド上のリレーショナルデータベースのセットアップ、運用、スケールが簡単になります。Amazon RDS は、インフラストラクチャのプロビジョニング、データベースのセットアップ、パッチ適用、およびバックアップなどの時間のかかる管理タスクを自動化しながら、コスト効率とサイズ変更可能な容量を提供し、アプリケーションに集中することを可能にします。Amazon RDS on AWS Outposts は、これらと同じメリットを、オンプレミスの Outposts デプロイで実現します。オンプレミスのデータとアプリケーションを近接に配置して実行することが必要な、低レーテンシーワークロードのために、オンプレミスで完全マネージド型データベースを実行することができます。クラウドとオンプレミス両方の RDS データベースは、同じ AWS マネジメントコンソール、 API、CLI を使用します。これにより、低コストで高可用性を備えたハイブリッドデプロイ、AWS リージョンに戻ることによる災害対策、クラウド内の Amazon RDS へのリードレプリカバースティング、クラウド内の Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) における長期間のアーカイブを実現できます。

Amazon ElastiCache on AWS Outposts: Amazon ElastiCache はフルマネージド型のインメモリデータストアです。Redis および Memcached と互換性があり、ミリ秒未満のレイテンシーのリアルタイムアプリケーションに最適化されています。Amazon ElastiCache on AWS Outposts を使用すると、クラウド上と同じように、AWS Outposts のキャパシティーで、人気のオープンソース互換のインメモリデータストアをシームレスにセットアップ、実行、スケーリングできます。高スループットかつ低レイテンシーなインメモリデータストアからデータを取得することにより、大量のデータを扱うアプリケーションを構築したり、既存のデータベースのパフォーマンスを改善したりできます。Amazon ElastiCache on Outposts をローカルデータ処理や低レイテンシーアプリケーションに対してデプロイすると、キャッシュ、セッションストア、ゲーム、地理空間サービス、リアルタイム分析、キューといったリアルタイムのユースケースが可能になります。

データ分析

Amazon EMR: 自社のデータセンター、共用スペース、またはプレミスの施設の AWS Outposts で動作する Amazon EMR は、真に一貫していてシームレスな、ハイブリッドクラウド分析のjエクスペリエンスを実現します。セキュアなマネージド型の EMR クラスターを、自社のデータセンター内に数分でデプロイすることができます。これにより、ビジネスユーザーは最新版の Apache Spark、Apache Hive、および Presto を使用して、オンプレミスのデータソースの重要な情報や、ビッグデータ分析用のシステムにアクセスできます。Outpost 内に EMR クラスターをローンチする際には、EMR コンソール、SDK、または CLI を使用して、Outpost に関連付けられているサブネットを指定できます。オンプレミスの Outpost インスタンス上で動作している EMR クラスタは、他のクラスターと同様に、EMR コンソールに表示されます。

Outposts で動作しているサービスのアップグレード

クラウドで AWS のサービスの新しいバージョンが利用可能になると、Outposts でローカルに動作している AWS サービスも自動的にアップグレードされて、その時点のクラウドと同じ最新バージョンになります。AWS Outposts 上の Amazon RDS のようなサービスの、OS とデータベースエンジン両方のパッチ適用は、ダウンタイムを最小にするように、メンテナンス期間中にスケジュールされます。

リージョン別サービスへのアクセス

AWS Outposts は、AWS リージョンの拡張機能です。オンプレミス上の Amazon Virtual Private Cloud はシームレスに拡張して、 AWS リージョンで利用可能な幅広いサービスに接続できます。プライベートな VPC 環境、例えばインターフェイスエンドポイント、ゲートウェイエンドポイント、さらにはリージョンのパブリックエンドポイントからでも、リージョンのすべての AWS のサービスにアクセスできます。

AWS のツール

AWS CloudFormation、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、Elastic BeanStalk、Cloud 9 やその他の、リージョンで動作している AWS ツールにアクセスして、現在クラウドで行っているのと同じ方法で、Outposts 上のアプリケーションを実行し、管理することができます。

セキュリティ & コンプライアンス

AWS Nitro を使用したセキュリティ強化

AWS Outposts は、AWS Nitro システムのテクノロジー上に構築されています。これは、使用している Outpost インスタンスのハードウェアとファームウェアを継続的に監視、保護、検証する、強化されたセキュリティを提供します。AWS Nitro により、仮想化リソースの負荷を専用のハードウェアとソフトウェアに分担させて、攻撃可能面を最小化することができます。最後に、Nitro システムのセキュリティモデルはロックダウン型です。管理者アクセスを禁止し、人的エラーや不正の可能性をなくします。

セキュリティモデル

AWS Outposts には、セキュリティの基盤となる、更新された責任共有モデルがあります。AWS は、現在クラウドのインフラストラクチャをセキュアにしているのと同様に、Outposts のインフラストラクチャの保護に責任を負います。顧客は、現在リージョンで行っているのと同じように、Outposts で実行されるアプリケーションのセキュア化に責任を負います。Outposts では、顧客はまた Outpost のラックの物理的なセキュリティにも責任を負い、Outpost へのネットワーク接続が一貫したものとなるようにします。

データの保護

Data-at-rest: EBS ボリューム、および、Outposts にある S3 オブジェクトでは、休止中のデータはデフォルトで暗号化されます。

Data-in-transit: データはサービスリンクを介して、Outpost と AWS リージョン間の転送中に暗号化されます。

Deleting data: AWS リージョンと同じ方法でインスタンスが終了すると、すべてのデータが削除されます。

高可用性

Outposts は、ラック内で冗長化されたネットワーキングスイッチや電源エレメント、さらに(プロビジョニング済みの場合には) 組み込み型で常に稼働状態を保つ追加キャパシティなどにより、高可用性を実現しています。これにより、AWS リージョンと同じ方法での、信頼性の高い自動災害復旧が可能になっています。当社では、現在のクラウドでの AWS Auto Scaling と同様のベストプラクティスとして、高可用性デプロイや、基盤となるホストで発生した問題のフェイルオーバーを容易にする、自動回復ワークフローなどの採用を推奨しています。顧客は、同一サイトに複数の Outposts をデプロイし、それぞれを異なるアベイラビリティーゾーンと接続することによって、さらに高い可用性を実現できます。

リソースの共有

AWS Resource Access Manager

AWS Outposts によって AWS Resource Access Manager (RAM) がサポートされているため、お客様は同じ AWS 組織の複数のアカウント全体で、EC2 インスタンス、EBS ボリューム、サブネット、ローカルゲートウェイ (LGW) といった Outposts リソースへのアクセスを共有できます。この新しい機能により、お客様の組織における分散されたチームやビジネスユニットは、共有された Outpost で VPC の設定、インスタンスの作成と実行、EBS ボリュームの作成を行うことができます。

AWS Outposts のよくある質問を読む
お問い合わせ

AWS Outposts の詳細については、直接お問い合わせください

お問い合わせ 
無料の AWS アカウントに登録
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
AWS Outposts で構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで AWS Outposts を始めましょう。

サインイン