AWS クラウドがビジネスに利用されるのは、災害時にも企業の重要な IT システムを短時間で復旧でき、インフラストラクチャを物理的に別の場所に用意する必要がないからです。AWS クラウドでは、一般的な災害対策 (DR) アーキテクチャの多くがサポートされています。例えば、「パイロットライト」環境は小規模ユーザーのワークロードデータセンターの障害に適しており、「ホットスタンバイ」環境では大規模での高速フェイルオーバーが可能です。世界各地のリージョンにデータセンターを持つ AWS の一連のクラウドベース災害対策サービスは、お客様の IT インフラストラクチャとデータの迅速な復旧を可能にします。

まずは無料で始める »
日本担当チームへお問い合わせ

AWS クラウドにおける DR の設計方法をご紹介します。

ホワイトペーパーを読む »

「コスト効率に優れた災害復旧を可能にする」

– Enterprise Strategy Group。

ホワイトペーパーを読む »

「ファイルストレージは社内で行うよりもクラウドのほうが低コスト」

– Forrester。

レポートを読む »


災害復旧のコストを最大 50% 削減します。

わずかなコストで災害復旧を迅速に実装します。

AWS クラウドにおける災害復旧機能は、Haven Power のビジネスに勢いを与えています。


ディスクベースの高速ストレージおよびファイル取り出しが可能です。

テープメディアの輸送、保管、取り出しおよび関連するテープバックアップソフトウェアに伴うコストは不要になります。

ファイルの高速取り出しにより、コンプライアンス期限超過による罰金を回避できます。

どんな量のデータでも迅速に追加できます。メディア処理なしで、容易に終了および削除できます。

業界が認める資格を持ち、監査に合格している、セキュアで耐久性あるクラウド災害対策プラットフォームです。

AWS ソリューションプロバイダーおよびシステム統合パートナーが導入をサポートします。