AWS Elastic Disaster Recovery を利用すべき場合

AWS Elastic Disaster Recovery (AWS DRS) は、AWS の災害対策のために推奨されるサービスです。このサービスは、CloudEndure Disaster Recovery と同様の機能を提供し、AWS マネジメントコンソールから操作できます。これにより、AWS DRS と、AWS CloudTrailAWS Identity and Access Management (IAM)Amazon CloudWatch などの他の AWS のサービスとのシームレスな統合が容易になります

AWS Elastic Disaster Recovery を使用すると、物理インフラストラクチャ、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、およびクラウドインフラストラクチャから AWS 上のアプリケーションを復旧できます。また、AWS Elastic Disaster Recovery を使用して、別の AWS リージョンの Amazon EC2 インスタンスを復旧することもできます。

AWS Elastic Disaster Recovery を使用して、サポートされている Windows および Linux のオペレーティングシステムバージョンで実行されているすべてのアプリケーションとデータベースを復旧できます。

AWS Elastic Disaster Recovery は現在、次の各 AWS リージョンをサポートしています: 米国東部 (オハイオ)、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (北カルフォルニア)、米国西部 (オレゴン)、アフリカ (ケープタウン)、アジアパシフィック (香港)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、アジアパシフィック (ムンバイ)、アジアパシフィック (大阪)、アジアパシフィック (ソウル)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (東京)、カナダ (中部)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (アイルランド)、欧州 (ロンドン)、欧州 (ミラノ)、欧州 (パリ)、欧州 (ストックホルム)、中東 (バーレーン)、南米 (サンパウロ)。

リージョンサポートの最新情報についてはAWS リージョン別サービスリストを参照してください。

CloudEndure Disaster Recovery は、以下の 1 つ以上の機能が必要な場合のみ使用することをお勧めします。

  • AWS GovCloud (米国) または中国リージョンへのレプリケーション
  • AWS Elastic Disaster Recovery がまだサポートしていないオペレーティングシステムのレプリケーション
  • AWS Outposts へのレプリケーションとリカバリ

AWS Elastic Disaster Recovery の使用を開始 »

CloudEndure Disaster Recovery から AWS Elastic Disaster Recovery へのアップグレード方法についてはこちら »

CloudEndure Disaster Recovery と AWS Elastic Disaster Recovery の詳細比較

機能 CloudEndure Disaster Recovery AWS Elastic Disaster Recovery (AWS DRS)
コンソールと API
  • AWS マネジメントコンソールの一部ではありません
  • 標準の AWS API、SDK、および CLI ではありません
AWS リソース管理
  • レガシープロジェクト
  • Amazon EC2 に必ずしも対応していないレガシーブループリント
  • 標準の AWS メカニズム (タグやアカウント)
  • 起動設定と標準の Amazon EC2 起動テンプレート (ブループリントではなく)
ユーザー管理とモニタリング
  • スタンドアロンでのユーザー管理
  • 事前設定された 3 つの利用可能な設定不可能なユーザープロファイル
  • レガシー形式で選択された 52 のイベント
  • メトリクスにアクセスできません
  • 標準の AWS ユーザー管理メカニズム (IAM)。IAM は、特定の API および AWS DRS リソースに対してきめ細かい設定可能な認証を提供
  • フルカバレッジの標準 AWS 監査メカニズム (AWS CloudTrail)
  • 標準的な AWS のメトリクスとイベントの仕組み (Amazon CloudWatch と Amazon EventBridge)
再起動時に再スキャンなし

Windows のみサポート

Windows、Linux をサポート

消費モデル

追加の EULA が必要な AWS Marketplace サブスクリプションによる時間単位での測定

標準的な AWS の課金と EULA による時間単位の課金

料金
  • ソースサーバーあたりのレプリケーションの時間料金は 0.028 USD 
  • 詳しくは料金情報をご覧ください  
  • ソースサーバーあたりのレプリケーションの時間料金は 0.028 USD
  • 詳しくは料金情報をご覧ください
コントロールプレーン
  • サポートされるすべての商用リージョンと GovCloud のコントロールプレーンは、米国東部 (バージニア北部) でホストされています
  • 中国リージョンのコントロールプレーンは中国 (北京) でホストされています 
  • コントロールプレーンはリカバリリージョンでホストされます
  • リージョン間の依存関係がないため、可用性が高くなります
パブリックインターネットアクセス
  • エージェント、レプリケーションサーバーとコンソール間の接続に必要
  • データはパブリックインターネットを経由する必要がある
  • 不要
  • レプリケーションとフェイルバックに AWS PrivateLink と AWS Direct Connect をサポート
  • パブリックインターネットを経由しないレプリケーションのオプションが用意されていて、セキュリティ上大きなメリットがあります
エージェントのインストール用の一時的な IAM 認証情報

無 

はい

無停止フェイルバックテスト
  • いいえ
  • フェイルバックをテストするには、ソースサーバーのレプリケーションを停止する必要がある
  • はい
  • (元のソースサーバーではなく) テストマシンにフェイルバックしている間も、ソースサーバーのレプリケーションは継続されます。これにより、目標復旧時点 (RPO) に影響を与えることなく、フェイルバック訓練が可能になります。
AWS リージョン間レプリケーションとリカバリ

はい

はい

AWS リージョン間フェイルバック

はい

はい、しかし現状ではマニュアルステップが必要です

大規模なフェイルバックのオートメーション

はい

はい

ステージングと起動用の個別のアカウント
(AWS アカウントあたり、対象リージョンあたり、300 以上のサーバーをデプロイする場合に必要)

はい

はい

オペレーティングシステム (OS) のサポート

  • 一般的なオペレーティングシステムがサポートされています
  • 詳細なリストは、ドキュメントでご覧いただけます。
  • 一般的なオペレーティングシステムがサポートされています
  • 詳細なリストは、ドキュメントでご覧いただけます。
  • AWS DRS は現在、CloudEndure Disaster Recovery がサポートするすべてのオペレーティングシステムをサポートしているわけではありません
リカバリリージョンサポート
  • アジアパシフィック (ジャカルタ) と中東 (UAE) を除くすべての AWS 商用リージョン
  • AWS GovCloud (米国) と中国リージョン
  • サポートが可能なリージョンの詳細は、AWS リージョン別サービスリストをご覧ください
  • 中東 (UAE) を除くすべての AWS 商用リージョン
  • GovCloud および中国リージョンは現在サポートしていません
  • サポートが可能なリージョンの詳細は、AWS リージョン別サービスリストをご覧ください
次のコンプライアンスプログラムの範囲内
レプリケーションの一時停止/再開

はい

いいえ

レプリケーションの停止

はい

AWS DRS エージェントのアンインストールが必要

レプリケーションの開始

はい

AWS DRS エージェントの再インストールが必要

AWS リージョン間 VPC スタックの作成

はい

いいえ

追加されたディスクの自動検出

はい

いいえ

AWS Outposts のサポート

はい

いいえ

リカバリプラン

はい

手順はこちらのブログ記事をご覧ください。

その他のリソース


日付
  • 日付
1

詳細については、AWS ブログをご覧ください。

Elastic Disaster Recovery の使用を開始

サーバーの AWS へのレプリケーションを開始します。

アカウントにサインイン 
災害対策に関する詳細はこちら

オンプレミスアプリケーションの AWS への災害対策に関する規範的なガイダンスを入手してください。

ホワイトペーパーを読む 
開始方法のガイドにアクセス

AWS DRS のセットアップ、テスト、および運用のステップに従う。

技術ドキュメントを詳しく見る