全般

Q: Amazon RDS for SQL Server とは何ですか?
Amazon RDS for SQL Server は、クラウド内で簡単に SQL Server のデプロイをセットアップ、運用、およびスケールできる Relational Database Service (RDS) です。これは、大規模なエンタープライズワークロード向けに構築されたフルマネージドの耐久性のあるデータベースであり、アプリケーション開発に集中することを可能にします。

Q: Amazon RDS for SQL Server データベースインスタンスに接続するにはどうすればよいですか?
このチュートリアルでは、Microsoft SQL Server データベースインスタンス (インスタンスと呼びます) を作成する方法、データベースに接続する方法、データベースインスタンスを削除する方法について学びます。ここでは、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用します。チュートリアルの全作業を無料利用枠内で実行できます。

[resources] (リソース) タブで他のガイドを参照してください。

Q: Amazon RDS for SQL Server では、どのデータベースバージョンがサポートされていますか?
Amazon RDS for SQL Server では、現在 Microsoft SQL Server 2012、2014、2016、2017、および 2019 がサポートされています。サポート対象のマイナーバージョンについての情報は、Amazon RDS ユーザーガイドに記載されています。

Q: Amazon RDS for SQL Server はどの SQL Server Edition をサポートしていますか?
Amazon RDS for SQL Server は、Enterprise Edition、Standard Edition、Web Edition、および Express Edition をサポートしています。

Q: Amazon RDS for SQL Server はどのインスタンスタイプを提供しますか?
利用できる DB インスタンスとリージョンの詳細情報については、Amazon RDS for SQL Server の料金を参照してください。

Q: Amazon RDS for SQL Server を試用するにはどうすればよいですか?
Amazon RDS for SQL Server の使用を開始しましょう

Q: Amazon RDS for SQL Server には SLA がありますか?
はい。詳細については、Amazon RDS サービスレベル契約を参照してください。

料金

Q: Amazon RDS for SQL Server の費用はいくらですか?
利用できる DB インスタンスとリージョンの詳細情報については、Amazon RDS for SQL Server の料金を参照してください。

Q: Amazon RDS SQL Server の料金はどのように請求されますか?
インスタンスの料金は、インスタンスの作成時から削除時までの時間で計算されます。インスタンスの作成、変更、削除などの請求対象となるステータス変更に続く 10 分を最低料金として、インスタンスには秒単位で料金が発生します。

例えば、r5.large インスタンスを午後 1:00:00 に作成し、午後 1:30:00 にインスタンスを r5.xlarge に変更し、午後 1:50:00 に削除した場合、r5.large の料金が 1,800 秒 (30 分)、r5.xlarge の料金が 1,200 秒 (20 分) 分請求されます。r5.large インスタンスを午後 3:00:00 に作成し、午後 3:06:00 に削除した場合は、最低料金の 10 分が適用され、r5.large の料金が 600 秒 (10 分) 分請求されます。

Q: ライセンスの支払いは別途行う必要がありますか?
いいえ。Amazon RDS for SQL Server の料金には、ソフトウェアライセンス、基盤となるハードウェアリソース、および Amazon RDS 管理機能が含まれています。

ハードウェア、スケーリング、ストレージ

Q: Amazon RDS for SQL Server DBインスタンスの最小および最大ストレージ制限はどのようになっていますか?
データベースインスタンスのストレージサイズは、10GiB から 16TiB の間の任意のサイズに設定できます。Auto-Scale ストレージ機能を利用することで、ダウンタイムなしでデータベースストレージを自動的に拡張できます

Q: Amazon RDS for SQL Server のストレージをどのくらいの頻度でスケールできますか?
ストレージサイズは何度でも増やすことができますが、前回のスケールから 6 時間待つ必要があります。

Q: Amazon RDS for SQL Server DB インスタンスに関連するコンピューティングリソースはどのようにスケールしますか?
インスタンスに割り当てるコンピューティングリソースは、AWS マネジメントコンソールから任意のインスタンスを選択して [modify] (変更) ボタンをクリックすることでスケーリングできます。メモリおよび CPU リソースはインスタンスのクラスを変更することで調整できます。

インスタンスのクラスを変更すると、その変更は指定したメンテナンスウィンドウの間に適用されます。あるいは、"Apply Immediately" フラグを使用して、スケーリングリクエストをすぐに適用することができます。これらのオプションはいずれも、スケーリング操作が実行されている数分間の可用性に影響を与えます。保留中の他のシステム変更も適用されることにご注意ください。

バックアップと復元

Q: RDS for SQL Server インスタンスのバックアップを有効にするにはどうすればよいですか?
デフォルトでは、Amazon RDS により、7 日の保持期間で DB インスタンスの自動化バックアップを行うことができます。無料のバックアップストレージは準備したデータベースのサイズに限定されており、アクティブな DB インスタンスのみに適用されます。例えば、月をまたいで 100 GB のデータベースストレージが準備されていると、当社は追加料金なしで最大 100 GB/月のバックアップストレージを提供します。

バックアップ保持期間を変更したい場合、(新しい DB インスタンスの作成時には) コンソールまたは CreateDBInstance API を使用して、(既存のインスタンスに対しては) ModifyDBInstance API を使用して変更することができます。これらの API を使用して、RetentionPeriod パラメータを 0 (自動バックアップを無効にする) から任意の日数までの数に変更できます。DB インスタンスがリードレプリカのソースである場合は、値を 0 に設定することはできません。自動化バックアップの詳細については、Amazon RDS ユーザーガイドを参照してください。

Q: スナップショットを取得し、そのスナップショットをいつまでも保持できますか?
はい。DB スナップショットを手動で作成することにより、DB インスタンスを手動でバックアップすることもできます。DB スナップショットの作成の詳細については、DB スナップショットの作成を参照してください。

Q: DB インスタンスを削除した場合、自動バックアップはどうなりますか?
DB インスタンスを削除するときに、最終的な DB スナップショットを作成できます。その場合、この DB スナップショットを使用して、削除された DB インスタンスを後日復元できます。Amazon RDS は、DB インスタンスが削除された後に、このユーザーが作成した最終的な DB スナップショットと、手動で作成されたその他の DB スナップショットをすべて保持します。バックアップストレージコストの詳細については、料金ページをご覧ください。

Q: スナップショットを異なるリージョン間で共有できますか?
はい。Amazon RDS を使用すると、自動または手動の DB スナップショットをコピーできます。スナップショットをコピーすると、そのコピーは手動スナップショットになります。

同じ AWS リージョン内または AWSリージョン間でスナップショットをコピーしたり、共有スナップショットをコピーしたりできます。

高可用性とレプリケーション

Q: Amazon RDS for SQL Server のマルチ AZ とは何ですか?
Amazon RDS は、SQL Server Database Mirroring (DBM) または Always On Availability Groups (AGs) のいずれかを使用して、Microsoft SQL Server のマルチ AZ 配置をサポートします。マルチ AZ 配置により、DB インスタンスの可用性、データ耐久性、およびフォールトトレランスが向上します。計画的なデータベースメンテナンスまたは計画外のサービスの中断が発生した場合、Amazon RDS は最新のセカンダリ DB インスタンスに自動的にフェイルオーバーします。

詳細はこちらをご覧ください。

Q: Amazon RDS for SQL Server はレプリカを読み取りますか?
はい。1 つのソース DB インスタンスから最大 5 つのリードレプリカを作成できます。

Q: Amazon RDS for SQL Server で複数のリージョンにわたるレプリカを作成できますか?
いいえ。別の方法として、Change Data Capture と AWS Database Migration Service を使用して、進行中のレプリケーションをレプリケートできます。

Q: フェイルオーバー中に何が起こりますか?
プライマリインスタンスとスタンバイインスタンスは同じエンドポイントを使用し、その物理ネットワークアドレスはフェイルオーバープロセスの一環としてセカンダリレプリカに移行します。フェイルオーバーが発生したときにアプリケーションを再設定する必要はありません。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
料金の詳細

Amazon RDS は無料でお試しいただけます。実際に使用した分のみ、お支払いいただきます。最低料金設定はありません。 

詳細はこちら 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon RDS for SQL Server は AWS コンソールから使用を開始できます。

サインイン