Q: Amazon RDS for SQL Server では、どのデータベースバージョンがサポートされていますか?
Amazon RDS for SQL Server では、現在 Microsoft SQL Server 2008 R2、2012、2014、2016、2017 がサポートされています。サポート対象のマイナーバージョンについての情報は、 Amazon RDS ユーザーガイドに記載されています。
 
Q: RDS for SQL Server では、どのような機能がサポートされていますか?
サポートされている機能の一覧については、 Amazon RDS ユーザーガイドで確認できます。
 
Q: Amazon RDS では、SQL Server の "メジャー" バージョンと "マイナー" バージョンをどのように区別しますか?
RDS for SQL Server のコンテキストにおいて、通常、バージョン番号は以下のように構成されています。
SQL Server のバージョン = X.Y.Z.A.B
X = メジャーデータベースバージョン、Z/A/B = マイナーバージョン
例えば、13.00.2164.0.v1 から 13.00.4001.v1 への変更は マイナーバージョンアップグレードとなりますが、12.00.5000.0.v1 から 13.00.2164.0.v1 への変更は メジャーバージョンアップグレードとなります。
バージョン名は Microsoft SQL Server の表記規則に準じています。
 
Q: Amazon RDS には、エンジンバージョンのアップグレードや現在サポートされているエンジンバージョンの廃止についてのガイドラインがありますか?
はい。 Amazon RDS のよくある質問をご覧ください。
 
Q: ストレージをスケールできません。なぜですか?
お使いの RDS for SQL Server インスタンスが、拡張ストレージに対応していない可能性があります。これには、主に 2 つの原因が考えられます。
1.磁気ストレージに対応していない
2.2017 年 1 月 1 日より前に作成されたデータベースインスタンスの場合、対応していない古いストレージ設定が使用されている可能性がある
 
Q: SQL Server インスタンスが拡張ストレージに対応していない場合、どうすればよいですか?
ネイティブバックアップを行うかデータ移行ツールを使用して、既存のインスタンスを新しい RDS for SQL Server インスタンスに移行できます。新しいインスタンスのストレージタイプが、プロビジョンド IOPS または汎用 (SSD) であることを確認してください。詳細については、 SQL Server のデータインポートガイドを参照してください。
 
Q: 先ほどストレージサイズのスケーリングを実行しました。再度実行できますか?
はい。ただし、前回のスケーリングから 6 時間待つ必要があります。
 
Q: Amazon RDS for SQL Server に Windows 統合認証を使用できますか?
はい。これには、 AWS Directory Service for Microsoft Active Directory をインストールし、Amazon RDS for SQL Server をそのディレクトリに参加させることが必要です。AWS Directory Service for Microsoft Active Directory から既存の Active Directory (AD) への片方向の信頼関係を使用することで、Amazon RDS for SQL Server により既存の AD ユーザーを認証できます。現在のところ、ディレクトリと Amazon RDS for SQL Server が同じ Virtual Private Cloud (VPC) にインストールされていることが必要です。 詳細はこちら。
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
料金の詳細

Amazon RDS は無料でお試しいただけます。実際に使用した分のみ、お支払いいただきます。最低料金設定はありません。 

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon RDS for SQL Server は AWS コンソールから使用を開始できます。

サインイン