世界中の開発者と企業が、アマゾン ウェブ サービス(AWS)をブロックストレージ、ファイルストレージ、バックアップ、アーカイブ、災害復旧に利用しています。


オブジェクトストレージ – Amazon S3 は、無限に拡張可能な、高耐久性のストレージです。
ブロックストレージ – Amazon EBS は、Amazon EC2 のためのブロックレベルストレージボリュームです。
アーカイブストレージ – Amazon Glacier は、きわめて低コストのストレージサービスです。ストレージのセキュリティと耐久性を特徴としており、データのアーカイブやバックアップに適しています。
クラウドゲートウェイストレージ – AWS Storage Gateway はオンプレミスの IT 環境を AWS クラウドに接続します。

詳細情報をご覧ください。
オブジェクトストレージ »  |  ブロックストレージ »  |  アーカイブストレージ »   |  Storage Gateway »

物理的ストレージの場合は、キャパシティ計画が必要であり、そのキャパシティを前もって購入する必要があり、高額の事前支払いが必要ですが、AWS のストレージサービスは従量課金制です。したがって、お支払いいただくのは、選択したストレージ層で実際に保管した分だけです。拡張性は無制限。余分なキャパシティの確保は不要。費用の前払いも必要ありません。オンプレミスシステムの運用に比べて、全体的なコストを削減できます。

料金情報をご覧ください。
オブジェクトストレージ »  |  ブロックストレージ »  |  コールドアーカイブストレージ »   |  Storage Gateway »

pay-only-v4
premium-security-v2
20:26
AWS クラウドセキュリティ基調講演(Interop NY 2012)

AWS のセキュリティ対策、認定、認証、および機能は、大企業や政府機関などの、高いセキュリティを必要とするお客様の要望にも応えるものとなっています。AWS のセキュリティ機能は、お客様の組織の規模や AWS のご利用金額にかかわらず、追加料金は不要です。

AWS セキュリティ & コンプライアンスセンターにアクセスする »

AWS は、データの読み込みと取り出しに関してさまざまな方法をサポートしています。例えば、パブリックのインターネット、直接ネットワーク接続(AWS Direct Connect を使用)、AWS Import/Export サービス(物理メディアとの間でデータをロード)があります。アプリケーションデータのバックアップに関しては、AWS Storage Gateway を利用するとデータを自動的に AWS にバックアップできます。

S3 API ドキュメント » | AWS Storage Gateway » | AWS Import/Export »

Manyways

データがいつの間にか、知らない場所に移動していたという事態は避けたいものです。AWS ならば、レイテンシーの最適化、コストの最小化、または法規制要件への対処を目的として、データをどの AWS リージョンに保管するかを選択できます。あるリージョンで保管されているオブジェクトは、お客様が移動させない限り、そのリージョンから移動しません。

AWS のセキュリティとコンプライアンスの詳細情報を読む »

Amazon S3 と Amazon Glacier では、データが自動的に複数データセンター間でレプリケートされるので、高い耐久性を実現でき、設計上の耐久性は 99.999999999% となっています。このデータ耐久性ならば、安心してご利用いただけます。

Amazon S3 がどのようにデータを保護しているかを読む »
Amazon Glacier がどのようにデータを保護しているかを読む »

effortless-data-v3
a-storage-service-for-every-tier
21:36
AWS クラウドストレージ NY 2012: クラウドストレージの変革、Tavis 氏

AWS のストレージサービスには、保管方法に関してさまざまな選択肢があり、保有するデータを階層化できます。Amazon S3 は、プライマリオブジェクトストレージとして、「イレブンナイン」の耐久性を誇ります。Amazon S3 RRS はセカンダリストレージに、Amazon Glacier はコールドアーカイブに適しています。ブロックストレージについては、パフォーマンスレベルを選べるプロビジョンド IOPS ストレージが Amazon RDS と Amazon EBS 向けに用意されており、Amazon EC2 で利用できます。

ストレージ変革戦略のプレゼンテーションを見る »

企業がデータアーカイブにかける費用は、過剰になりがちです。きわめて低コストのストレージサービスである Amazon Glacier は、ストレージのセキュリティと耐久性を特徴としており、データのアーカイブやバックアップに適しています。Amazon Glacier ならば、データ量にかかわらず、1 か月あたり 0.01 USD/GB という低料金で安心して保管できます。

Amazon Glacier の詳細情報を読む »

archive-cold-data
3:18
Amazon Glacier の使用開始
easily-back-up
2:54
AWS Storage Gateway の紹介

リモートオフィスや小規模オフィスのアプリケーションデータの場合、AWS Storage Gateway を使用して安全な方法で AWS クラウドにアップロードすることで、費用効率のよいバックアップ、ファイル共有および迅速な災害復旧が可能になります。AWS ストレージへのシームレスでセキュアなバックアップによって、アプリケーションデータを簡単に保護できます。

AWS Storage Gateway の詳細情報を読む »


Amazon S3 は、拡張性、耐久性、可用性に優れた分散型オブジェクトストアです。ミッションクリティカルなプライマリデータストレージ向けに設計されており、使いやすいウェブインターフェイスを備えています。俊敏性、柔軟性、地理的冗長性の点で、Amazon S3 はオンプレミスの SAN や NAS よりも優れています。

詳細 »

大容量のデータセットが、ビジネスにとって重石となることもあります。高コストのストレージの使用量は増える一方であり、バックアップメディアも追加しなければならず、移動や共有も簡単ではありません。Amazon S3 や Amazon Glacier ならば、コスト効果と耐久性に優れたストレージをオンデマンドで利用できます。

詳細情報を見る »

AWS は、大企業のバックアップ&復旧環境の単純化に役立ちます。オンデマンドというクラウドの特性を活用し、バックアップと復旧のプロセスを自動化するので、複雑さが軽減されるだけでなく、管理と保守がしやすくなります。

詳細 »


Panzura のクラウドストレージは、シームレスなグローバルファイルストレージを実現し、アクセスのシンプルさとセキュリティも特徴です。

詳細 »

Riverbed とアマゾン ウェブ サービスは共同で、エンタープライズのお客様向けにクラウドソリューションを提供します。

詳細 »

Simpana© ソフトウェアは、拡張性と制御を備えたデータ管理ソリューションを提供します。

詳細 »