Amazon Web Services ブログ

AWS IoT TwinMaker workshop for beginners を公開 – AWS IoT Core からAmazon Timestream へ保存した時系列データを用い、AWS IoT TwinMaker でデジタルツインを構築する方法を学べます。

こんにちは!ソリューションアーキテクトの戸塚です。この記事では、 AWS IoT TwinMaker workshop for beginners についてご紹介します。 AWS IoT TwinMaker が 2022 年 4 月 22 日に一般利用開始となりました。本ワークショップでは、既存の 3D モデルを AWS IoT TwinMaker でインポートして、物理空間とその状態を 3D シーン上で表現します。AWS IoT TwinMaker では他の時系列などのデータストアサービスに接続して、デジタルツイン上で表現するコンポーネント(データコネクタ)を作成します。仲介するサービス数を抑えたシンプルなアーキテクチャで構成され、AWS IoT TwinMaker 学習の最初の一歩としておすすめです。

ハンズオンの構成

このハンズオンでは 仮想の IoT device として、AWS Cloud9 上で動かすダミープログラムが生成する擬似的なセンサー値を AWS IoT Coreを介して、Amazon IoT SiteWise に保存します。その際に Timestream にデータを保存するための IoT ルールを設定します。その後、AWS IoT TwinMaker では、Timestream で保存したデータとあらかじめ用意した 3D データ(工場で稼働する機器)のマッピングを行います。AWS IoT TwinMaker にて、コンポーネント、エンティティ、シーン等の作成を行い、デジタルツインが作成されます。最後に、可視化として本ワークショップでは、Grafana を用いてデジタルツインダッシュボードを作成します。これにより、データ収集→時系列データの保存→デジタルツインの作成→ダッシュボードの作成の一通りの流れを体験いただけるものとなっています。

AWS IoT TwinMaker Workshop for beginners

ハンズオンで構築する アーキテクチャを下図に示します。

さいごに

この記事では AWS IoT TwinMaker Workshop for beginners の内容についてご紹介しました。このハンズオンは公開されているため、AWSアカウントさえあればご自身のタイミングやペースでいつでも実施いただけます。

AWS IoT TwinMaker Workshop for beginners

また今回紹介したハンズオン以外にも IoT 関連のハンズオンを日本語で公開しています。こちらにアクセスして確認いただき、気になるハンズオンを是非実施してみてください。

著者
ソリューションアーキテクト 戸塚 智哉