Amazon Web Services ブログ

新機能 – AWS OpsWorks for Chef Automate

AWS OpsWorks は、Chef を使用したアプリケーションの設定と実行に役立ちます。ドメイン固有言語 (DSL) を使って、アプリケーションのアーキテクチャと各コンポーネントの設定を定義するクックブックを記述します。Chef サーバーは、設定プロセスで不可欠な要素です。このサーバーはすべてのクックブックを保存し、各インスタンス (Chef の用語ではノード) の状態情報を追跡します。Chef サーバーは新しく起動されたインスタンスが設定されるときは重要なパスにあるため、信頼性が高い必要があります。多くの OpsWorks および Chef ユーザーは、この重要なアーキテクチャコンポーネントを自分でインストールして維持しています。本稼働スケールの環境では、これによりバックアップ、復元、バージョンのアップグレードなどをユーザーが処理する必要があります。

新しい AWS OpsWorks for Chef Automate
今月初めに、AWS OpsWorks for Chef AutomateAWS re:Invent ステージから開始されました。Chef Automate サーバーは、わずか 3 回のクリックで起動し、数分以内に使用を開始することができます。Chef Supermarket をはじめ、Test KitchenKnife などのコミュニティツールからのコミュニティクックブックを使用できます。Chef Automate を使用すると、アプリケーションのインフラストラクチャのライフサイクルを通じてインフラストラクチャを管理できます。たとえば、新しく起動した EC2 インスタンスは自動的に Chef サーバーに接続し、自動関連付けスクリプトを使用して、指定されたレシピを実行できます (詳細については、「AWS OpsWorks for Chef Automate でのノードの自動的な追加」を参照)。登録スクリプトを使用して、Auto Scaling グループを通じて動的に作成された EC2 インスタンスを登録し、オンプレミスサーバーを登録できます。

詳しく見る
OpsWorks コンソールから Chef Automate サーバーを起動してみましょう。開始するには、[Go to OpsWorks for Chef Automate] をクリックします。

[Create Chef Automate server] をクリックし、サーバーに名前を付けます。次にリージョンを選択し、適切な EC2 インスタンスタイプを選択します。

SSH キーペアの 1 つを選択するか、SSH からオプトアウトします。

最後に、ネットワーク (VPC)、IAM、メンテナンスウィンドウ、およびバックアップの設定を指定します。

[Next] をクリックし、設定を確認して、[Launch] をクリックします。起動プロセスにかかる時間は 20 分未満です。その時間中に、スターターキットとともに Chef Automate ダッシュボードのサインイン認証情報をダウンロードできます。

すべての Chef Automate サーバーを一目で表示できます。

サーバー名 (ここでは BorkBorkBork) をクリックし、[Open Chef Automate dashboard] をクリックします。次に、認証情報を入力してログインします。

ダッシュボードを次に示します。

ノードを表示して管理できます。

ワークフローを管理する

ほかにもさまざまな機能があります。バックグラウンドでは、起動プロセスによって AWS CloudFormation テンプレートが呼び出されます。このテンプレートにより、EC2 インスタンス、Elastic IP アドレス、およびセキュリティグループが作成されます。

今すぐご利用可能
AWS OpsWorks for Chef Automate は、US East (Northern Virginia)US West (Oregon)、および Europe (Ireland) リージョンで今すぐご利用できます。料金はサーバーに接続されたノードの数と時間数に基づきます。詳細については、Chef Automate の料金表ページを参照してください。AWS Free Tier の一部として、12 か月当たり最大 10 ノードまでは無料で使用できます。

Jeff;