Amazon Web Services ブログ

Tag: opentelemetry collector

AWS Container Insights Receiver architecture diagram

Amazon EKS の Container Insights は AWS Distro for OpenTelemetry Collector をサポートします

この記事は Container Insights for Amazon EKS Support AWS Distro for OpenTelemetry Collector (記事公開日: 2021 年 9 月 17 日) を翻訳したものです。 CloudWatch Container Insights は、コンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスからメトリクスを収集、集約、要約します。メトリクスは、埋め込みメトリクスフォーマット (EMF) を使用してログイベントとして収集されます。これにより、大規模に、高カーディナリティのデータを取り込み、指定された CloudWatch ロググループに保存することが可能です。Amazon CloudWatch は、それらの埋め込まれたメトリクスを使用して、受信した EMF データから CloudWatch の集約されたメトリクスを作成し、CloudWatch の自動ダッシュボードに表示します。 AWS Distro for OpenTelemetry (ADOT) Collector v0.11.0 が、Amazon EKS の Container Insights で利用できるようになりました。今回のサポートでは、EKS のさまざまなコンポーネントの CPU、メモリ、ディスク、ネットワークなど多くのリソースのインフラストラクチャメトリクスを収集する AWS Container Insights Receiver という […]

Read More
Pre-built dashboard in console

Amazon ECS と Amazon EKS での AWS Distro for Open Telemetry と CloudWatch Container Insights の Prometheus サポートのご紹介

この記事は Introducing CloudWatch Container Insights Prometheus Support with AWS Distro for OpenTelemetry on Amazon ECS and Amazon EKS (記事公開日: 2021 年 8 月 24 日) を翻訳したものです。 CloudWatch Container Insights を使用して、コンテナ化されたアプリケーションやマイクロサービスを監視、トラブルシューティング、アラームすることができます。Amazon CloudWatch は、CPU、メモリ、ディスク、ネットワークデータなどのコンピュート使用率情報を収集、集約、要約します。また、コンテナの再起動失敗などの診断情報を提供することで、問題を切り分け、迅速に解決するのにも役立ちます。Container Insights は、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) 、AWS Fargate、スタンドアロンの Kubernetes などの、コンテナ管理サービスからのインサイトを提供します。 AWS は、Cloud Native Computing Foundation (CNCF) […]

Read More

AWS X-Ray を使った Istio 仮想サービスのトレースの可視化

この記事は Sourav Paul による“Ship and visualize your Istio virtual service traces with AWS X-Ray”(2020/12/07投稿)を翻訳したものです。 分散トレースは、リクエストがシステムコンポーネントの中をどのように通過するのかを追跡したり、呼び出したサイトで主要なパフォーマンス指標をキャプチャすることで、分散システムの実行時のパフォーマンスインサイトを導き出すメカニズムです。このメカニズムはトラフィックの健全性とともに動的なサービスの依存関係を表し、サービスのオーナーやクラスター管理者が、アプリケーションの状況を迅速に可視化、パフォーマンスのボトルネックの特定、サービスの課題をプロアクティブに対処することに役立ちます。 しかしながら、トレーシングプラットフォームがもたらすメリットにもかかわらず、分散トレースの技術スタックをプロダクションレディにセルフマネージドできるようなるまでには、かなりのエンジニアリング作業が必要です。分散トレースのセットアップには少なくとも共通して次の手順が必要です。

Read More