Amazon Web Services ブログ

Tag: re:Invent 2019

公共部門向け、AWS re:Invent 2019におけるハイライト

AWSパブリックセクターより、2019年のAWS re:Invent で開催されましたWorldwide Public Sector Breakfast Keynote における、政府機関・教育機関・NPO向けのハイライトをご紹介させていただきます。本年のre:Inventには、Keynoteの模様を伝えるこちらの動画の冒頭でWorldwide Public Sector, VP InternationalのMax Petersonが言及しております通り、6,000名を超える多数の政府・行政機関・教育機関・NPOの皆様より現地ラスベガスでのご参加をいただきました。2019年12月現在、世界中で7,000を超える政府・行政機関のお客様を含め、40,000を超える団体・機関の皆様よりAWSをご利用をいただいております。   政府・行政機関 AWS を活用する FINRAの統合監査: 米国の金融業規制機構 (Financial Industry Regulatory Authority ; FINRA) の子会社である FINRA CAT, LLC は、統合監査証跡 (Consolidated Audit Trail ; CAT) のクラウドプロバイダーとして AWS を選択したことを発表しました。CAT により、規制当局は、すべての米国株式証券および米国市場および取引所における上場オプションの注文情報の広範な監査証跡を作成して、証券市場の監視を改善できます。AWS のストレージ、コンピューティング、データベース、分析、セキュリティの各サービスを活用して、CAT は 1 日に 1,000 億を超える市場で発生するイベントを取り込み、22 カ所の証券取引所や 1,500 社のブローカーディーラー会社からのデータをまとめ、米国証券取引委員会および自主規制機関 (SRO) が CAT のデータを分析できるようにしています。FINRA CAT および AWS の詳細についてお読みいただくには、こちらをご参照ください。 […]

Read More

世界一目指して走れ! ~AWS DeepRacer Championship Cup @AWS re:Invent 2019 – Part 1-

2019年、多くの注目を集めたAWS DeepRacerリーグはre:Invent 2019でいよいよ最終章へ突入しました。 各地のAWS Summitやバーチャル リーグで勝ち抜いたレーサーたちがラスベガスに集結し、さらにre:Inventで開催される3つのレースで構成されたコンペティション[Championship Cup」で厳しい競争を勝ち抜いたのちに世界一が決まります。ファイナリストとしてクオリファイされたのは世界各国から64名。そのうち日本からは8名が参戦しています。 簡単に世界一になるまでの流れを説明します。 まず、世界一になるためにはre:Invent 2019の中で開催される3回のコンペティションで勝たなければなりません。さらに、使用するコースもこれまでと異なる形状のものとなり、難易度が各段に上がっています。 初戦は「The Qualifying 64 Group racing」 MGM Grand Arenaで6面のトラックを使って行われる初戦では、64名を4つのグループに分け最速タイムを競います。 一人4分の持ち時間のレースを4回行い、合計16分走ります。その中で最も速いラップタイムが記録となります。なぜ4回も?これには理由があります。限られた時間内で多数のレースを展開するには複数トラックが必要になりますが、物理的なトラックにはそれぞれ微妙な「くせ」があります。ほんの少し傾斜していたり、Wifiの状態が異なっていたり、条件は全く同一というわけにはいきません。より公平な評価が可能なレース環境とするためこのような形がとられているのです。 そして、各グループの上位4位、16名が次のステージに進みます。 2戦目は「Bracket of 16 racing」 これまでのレースはシンプルに全参加者でタイムを競う形式をとっていましたが、このBracket of 16 racingでは、「対戦相手」のいるトーナメント形式をとります。ぶっちぎりの速さでなくてもよく、ただ対戦相手より0.01秒でも速ければ勝ちです。 トーナメントで3回勝てば決勝戦へと進むことができます。決勝に進むのは3名です。 そして最後の決戦となる「The final 3 showdown」 re:Invent Day4のKeynote直前に開催されるこのレースは、会場をVenetianに移して行われます。 このレースはWerner Vogelsのキーノートの直前に実施され、結果はKeynote内で発表されます。まさにこの1年の戦いの最終決戦にふさわしい大舞台が用意されたと言えるでしょう。これまでのレースと異なり、一人当たりの持ち時間はたったの90秒。この短い時間の中で有効ラップであり、なおかつ速いタイムが求められます。 そして12月3日、初戦の「The Qualifying 64 Group racing」が行われ、 日本から参加された3名の方がみごと「Bracket of 16 racing」に進出されました! ・グループB:Sola@DNP こと 瀧下 初香さん (9.056秒 グループ1位) ・グループC:nero-DNPds こと相場 武友さん(9.955秒 グループ4位) ・グループD:Fumiaki […]

Read More