Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Educate

Amazon Chimeで行う遠隔授業・講義

皆さんAmazon Chimeはご存じでしょうか?Amazon Chimeは組織の内外で会議やチャットなどができるサービスです。既に会議などでは多くご利用頂いてはおりますが、遠隔授業・講義でももちろんご利用頂くことが可能です。 Amazon ChimeではクライアントソフトウェアやWebブラウザ、SIPまたはH.323準拠のテレビ会議デバイスから遠隔授業に参加できます。もちろんiOSやAndroidのスマートフォンやタブレットも利用できます。またネットワーク回線が安定しない場所からの参加の場合には、電話を使用して音声での参加も可能です。 Amazon Chimeの特徴は、サービスのページ( https://aws.amazon.com/jp/chime/features/)に詳しくはありますが、同じ遠隔授業の仮想ミーティングルームへ 250 接続まで同時参加が可能です。ビデオはデスクトップは最大16名(モバイルデバイスは最大8名)の表示が可能です。遠隔授業の仮想ミーティングルームに接続すると、同一画面内にチャット領域があり、ファイルの転送も可能です。これを例えば質疑応答に使ったり、授業内で出てきたURLを共有したり、補足資料ファイルの配布などに利用したりすることができます。 また、セキュリティについても関心が高いと思われますが、Amazon Chimeはサービスに直接組み込まれたセキュリティ機能が備わっています。メッセージ、音声、ビデオ、コンテンツは AES 256 ビット暗号化を用いて暗号化されます。また、既存のディレクトリサービスと接続し、認証情報を使用して Amazon Chime にログインさせることもできます。     Amazon Chimeのセットアップ ■ 遠隔授業に参加される方 クライアントソフトウェアまたはWebブラウザでアクセスし、仮想ミーティングルームのID(設定されている場合は仮想ルームのPIN)を入力して参加します。ログインは不要です。 あらかじめ https://app.chime.aws/check から接続環境のチェック、クライアントソフトウェアのダウンロードが可能です。クライアントソフトウェアをご利用いただく方が安定してご利用いただけるかと思います。 ■ 遠隔授業を開催される方 仮想ミーティングルームの作成は、作成権限があるユーザ(Proユーザ)でログインします。必要に応じて新規の仮想ミーティングルームのIDを作成しておきます。遠隔授業に参加される方にはあらかじめ仮想ミーティングルームのID等をお伝えしておきます。授業の時間になりましたら、仮想ミーティングIDへ接続し、遠隔授業を開始します。 遠隔授業では、画面シェアできる人、発言できる人を限定したい場合があるでしょう。その場合には、クライアントソフトウェア内のメニューから開催中の遠隔授業をイベントモードに変更し、プレゼンターの指定や参加者のミュート、参加者がミュートを解除できないようにするなどの設定をします。また会議をロックすることが可能ですので、新たな参加者の参加を防ぐ設定も可能です。これらは自由にon/offできますので、授業の説明のときには、イベントモード、質疑応答の時にはイベントモードの解除といったことができます。 ■ Amazon Chimeの管理者 Amazon Chimeの環境構築は https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/chime/latest/ag/what-is-chime.html にあります開始方法を参照していただき、AWSアカウントにログインし、Amazon Chimeのアカウントの環境構築をしてください。仮想ミーティングルームを作成できるProユーザの作成・管理も手順にしたがって人数分行い、遠隔授業を主催される先生方にProユーザをそれぞれ割り当ててください。   遠隔授業開催のTIPS ここではAmazon Chimeに限りませんが、遠隔授業開催時のちょっとしたコツをお伝えします。 1) 参加者は必要の無いときはミュートします。ノイズが入ってしまって他の方が聞きづらかったり、音が回ってしまうことを防ぎます。 2) お話する方はできるだけヘッドセットを使いましょう。会議用のマイク・スピーカーでも良いのですが、お部屋の状況によっては音が反射してしまい、他の参加者が聞き取りづらくなることがあります。また自宅からほとんどの方は参加されると思いますが、ヘッドセットを利用すると生活音などの雑音を拾いにくくなりますので、相手方も聞き取りやすくなります。ヘッドセットが用意できない場合には、イヤホンマイク、それも難しい場合は、音はイヤホンで聞いてください。音の回り込みを減らすためです。 3) ビデオが本当に必要かは考えましょう。ビデオを利用するとその分ネットワークの帯域を消費しますので、できるだけビデオは切るのが良いでしょう。板書などをしたいという方がおられると思いますが、残念ながら一般的にカメラ映像での板書は見づらくなります。数千円程度でタブレットが購入可能な時代ですので、タブレットとペイントソフト(またはPowerPointの描画機能)などを組み合わせ、その画面をシェア(またはアプリケーションウィンドウのシェア)してあげることで、見やすくしてはどうでしょうか。また妨害やストーカー行為などを懸念される先生方もいらっしゃるでしょう。その観点からも必要無ければ参加のビデオをoffとするのも良いでしょう。 4) セキュリティには気をつけましょう。大学等の講義であれば参加者を厳密に管理する必要性はないかもしれませんが、学校などで参加者を限定したい場合には、仮想ミーティングIDの他にPINを設定しておくなどの必要があるでしょう。またAmazon Chimeの管理者はどの地域で仮想ミーティングをホストするのかの選択も可能です。 5) 可能であれば、事前に資料(や動画・音声)などをLMSなどで配信しておくことでネットワーク負荷を分散させることができるかもしれません。コンテンツはトピックごとに5〜15分程度におさまるようにしておくのが良いでしょう。一部コンテンツが古くなってアップデートする際に、全部変えなくても良くなり、再利用性が高まります。また授業時間を事前学習時間分短くし、双方向のオンライン授業では質疑やディスカッションの場にするのも面白いかもしれません。 […]

Read More

AWS Educateでクラウド学習コンテンツに自宅から今すぐアクセス

今、多くの学生の皆さんが長い時間を家で過ごされていると思います。私達も同じです。そういう時間を利用してクラウドの学習を始めてみませんか?AWSは無料で利用できる学習リソースを数多く提供しています。特に学生の方には手厚いプログラムが用意されています。 ここでは教員・学生(14才以上)の方が自由に参加できる学習プログラムAWS Educateでできること、在宅学習や在宅勤務に活用いただけるAWSのサービスを紹介します。 オンライン学習コースでクラウドを学ぶ AWS Educateに参加し学生のポータルにログインすると、将来就きたい職業に合わせてデザインされたオンライン学習コース(パスウェイ)があります。クラウドの基本をゼロから学ぶCloud Computing101から始め、マシンラーニング、データサイエンティストといったコースを選択して学習することができます。また特定のテクノロジー(IoT、DeepRacer、Alexaなど)に特化した学習(バッジのコース)を行うこともできます。パスウェイは日本語を含む10の言語に対応しています(所要時間は各パスウェイで30〜40時間程度)。バッジはわかりやすい英語の学習コンテンツになっています。(所要時間10時間程度) パスウェイとバッジのご紹介ページ 【パスウェイの例】       【バッジの例】         学生がパスウェイまたはバッジでの学習を終了すると、デジタル資格が学生のポートフォリオに表示されます。 またAWS Educateのメンバーにはクレジットカードの登録をせずに利用できる学習用のAWSアカウント(スターターアカウント)が提供され実際にクラウドを使ってみることも可能です。           AWS Educateのクラスルーム機能 教員用ポータルのクラスルームとクレジット機能を使うと、学生が実践的な環境でクラウドについて学ぶための仮想スペースを作成できます。各教室は、クラウドの基本、ビッグデータ、機械学習など、さまざまなトピックに合わせて用意された環境(特定のサービスを使う環境、クラス専用の追加クレジット)をクラスの参加者に提供できます。クラスルーム機能の他に学生をAWS Educateに招待したり、自身のクラス運営のための追加クレジットをリクエストする機能もご利用いただけます。 その他、在宅学習や在宅勤務に活用いただけるAWSのサービス 在宅勤務や在宅学習をできるサービスとして、以下のようなサービスがあります。 Amazon Chime 組織の内外で会議、チャット、および業務上の音声・ビデオ通話や画面シェアを行うことを可能にする従量課金制のサービスです。一度に100名まで会議に参加することができますので説明会やセミナーなどにもご利用いただけます。 Amazon WorkSpaces 自宅からのリモート業務をサポートするセキュアな仮想デスクトップサービスです。ユーザーは、時間と場所を問わず、ほぼすべてのコンピュータから職場・学校内のコンピューティングのデスクトップにアクセスできます。 Amazon AppStream 2.0 アプリケーションへのリモートアクセスを提供する必要がある場合、Amazon AppStream 2.0 を使用すれば、コンピュータ支援設計 (CAD)、メディア編集、統計処理などをデータを移動させずに自宅のコンピュータにアプリケーションを配信できます。 Amazon Connect 簡単にクラウド上に電話用のコンタクトセンターを構築できるサービスです。 AWSでは学術機関向けの助成や契約方法に関するご相談を承っています。お気軽にお問い合わせください。 在宅勤務全般のご支援についてより詳しく書かれたこちらのポストも是非ご参照ください。 問い合わせ窓口:aws-jpps-qa@amazon.com パブリックセクター エデュケーションプログラム担当 澤

Read More

公共部門向け、AWS re:Invent 2019におけるハイライト

AWSパブリックセクターより、2019年のAWS re:Invent で開催されましたWorldwide Public Sector Breakfast Keynote における、政府機関・教育機関・NPO向けのハイライトをご紹介させていただきます。本年のre:Inventには、Keynoteの模様を伝えるこちらの動画の冒頭でWorldwide Public Sector, VP InternationalのMax Petersonが言及しております通り、6,000名を超える多数の政府・行政機関・教育機関・NPOの皆様より現地ラスベガスでのご参加をいただきました。2019年12月現在、世界中で7,000を超える政府・行政機関のお客様を含め、40,000を超える団体・機関の皆様よりAWSをご利用をいただいております。   政府・行政機関 AWS を活用する FINRAの統合監査: 米国の金融業規制機構 (Financial Industry Regulatory Authority ; FINRA) の子会社である FINRA CAT, LLC は、統合監査証跡 (Consolidated Audit Trail ; CAT) のクラウドプロバイダーとして AWS を選択したことを発表しました。CAT により、規制当局は、すべての米国株式証券および米国市場および取引所における上場オプションの注文情報の広範な監査証跡を作成して、証券市場の監視を改善できます。AWS のストレージ、コンピューティング、データベース、分析、セキュリティの各サービスを活用して、CAT は 1 日に 1,000 億を超える市場で発生するイベントを取り込み、22 カ所の証券取引所や 1,500 社のブローカーディーラー会社からのデータをまとめ、米国証券取引委員会および自主規制機関 (SRO) が CAT のデータを分析できるようにしています。FINRA CAT および AWS の詳細についてお読みいただくには、こちらをご参照ください。 […]

Read More