AWS Startup ブログ

【アーカイブ】Segment Inc.の創業ストーリー (AWS Startup Day 2018 Tokyo基調講演)

「フィードバックループこそ何より重要」Segment共同創業者が教える成功の秘訣 このBlogは、2018年3月12日に行われたAWS Startup Day 2018 Tokyoの基調講演を、ログミー株式会社により書き起こしたものを転載したものです。   Segmentの創業ストーリー カルヴィン・フレンチ・オーウェン氏(以下、オーウェン):みなさんこんにちは。Segmentの共同創業者でCTO(最高技術責任者)です。 今日は私たちが学んだレッスンについて話をしていきたいと思います。プロダクトもない、1つの部屋から4人で立ち上げた会社が、200人の従業員を抱え、世界で千以上ものビジネスを展開するようになるまでの話です。 今回は、Segment社の歴史を3つに分けてお話していきましょう。

Read More

ビズリーチ様、ECS活用アーキテクチャー大刷新についてお伺いしました

こんにちは、Startup担当事業開発の畑 浩史です。 株式会社ビズリーチでキャリトレの開発をされている外山さん、中村さん、龐さんにAWS久下とシステム刷新についてお話をお伺いしました。

Read More

Illumio 社が実施するファイアウォールを超えたネットワークセキュリティ

  PJ Kirner 日々の生活や商取引において、オンライン化がますます進む中、企業は、携わる産業や目指す目標が何であるかに関係なく、どの企業にとっても同じように価値のある資産、つまりデータを守る必要性を理解するようになってきました。最近までは、主にファイアウォールや IPS/IDS などの仕組みを使って、エンタープライズネットワークのセキュリティを構築し、境界を確立することで、攻撃者を遮断していました。しかし、テクノロジーがさらに複雑に、そして相互に連関し合うようになり、PJ Kirner 氏と Andrew Rubin 氏は、従来の安全対策ではより高度なデータ侵害を防ぐには十分ではないと考えるようになりました。そこで両者は、2013 年に Illumio 社を設立し、より迅速で革新的なアプローチを使って、セキュリティを構築することを目指しました。

Read More

なぜ次々と新しいサービスを出せるのか?「ミンカブ」の開発はスピード&保守性が肝!

こんにちは、Startup担当事業開発の浜宮 真輔です。 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下:ミンカブ)で部長を担当されている川端さんにお話しを伺いました。普段、投資をされない方でも「みんかぶ」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?ミンカブはAIを活用したコンテンツ自動生成の仕組みを導入した投資家向け情報メディアの「みんなの株式」を運営されています。そちらの愛称が「みんかぶ」です。さらに、「株探」や「みんなの仮想通貨」、「みんかぶFX」等、多くの金融商品を対象としたサービスを提供し、投資を行う方々のインフラのようになっています。今回は、多くのサービスを世に生み出し、発展を続ける開発の裏側を聞いてきました。

Read More

新しいマッチングを世の中に届けたい。「くらしのマーケット」開発の歴史とは?

こんにちは、Startup担当事業開発の浜宮 真輔です。 みんなのマーケット株式会社でテクノロジー本部 本部長を担当されている戸澤さんにお話しを伺いました。みんなのマーケット株式会社はハウスクリーニングや引っ越し、家の修理やリフォームを始めとする生活関連の出張・訪問サービスに特化したインターネット商店街である「くらしのマーケット」を運営されています。口コミや料金の比較も可能なうえ、オンラインで予約できます。まさに痒い所に手が届くサービスです。マッチングサービスとして拡大が続くなか、起業当初からシステムを管轄してきた戸澤さんはどのように開発と運用をされてきたのでしょうか?

Read More

re:Invent 2018 から、Startup Central プレゼンテーションをピックアップ (11月29日)

11 月下旬に、ラスベガスで開催された AWS re:Invent には、5 万人以上が集いました。製品リリースの発表から巨大なエキスポホールまで、見るもの、会う人、知っておくべき会社など満載のイベントでした。 今年、AWS のスタートアップチームは、スタートアップのためのすべてを re:Invent に集めました。会場は Aria エキスポホールで、Startup Central と呼んだ会場では、さまざまなイベントが開催され、オープニングからクロージングまで大変賑やかでした。 Startup Central のハイライトは Startup Stage でした。この企画では、スタートアップ企業のリーダーたちによる講演が数十回開催されました。Buzzfeed、Reddit、Affirm などの企業からは、ブロックチェーンインフラストラクチャの構築、AWS ECS のマイクロサービスの保護、サーバーレスでの計算インフラストラクチャの大規模な構築といった、さまざまなトピックに関するプレゼンテーションが行われました。 Talks を見る : Coinbase がブロックチェーンのインフラストラクチャを構築した方法 | Coinbase AWS クラウドで、毎日何百万人ものお客様をサポートする方法 | Nubank Buzzfeed での AWS ECS 上のマイクロサービスの保護 | Buzzfeed Affirm による貸付 : Machine Learning 氏と EMR | Affirm 1 ヶ月に 10 億回の動画視聴 : […]

Read More

re:Invent 2018 から、Startup Central プレゼンテーションをピックアップ (11 月 28 日)

11 月下旬に、ラスベガスで開催された AWS re:Invent には、5 万人以上が集いました。製品リリースの発表から巨大なエキスポホールまで、見るもの、会う人、知っておくべき会社など満載のイベントでした。 今年、AWS のスタートアップチームは、スタートアップのためのすべてを re:Invent に集めました。会場は Aria エキスポホールで、Startup Central と呼んだ会場では、さまざまなイベントが開催され、オープニングからクロージングまで大変賑やかでした。 Startup Central のハイライトは Startup Stage でした。この企画では、スタートアップ企業のリーダーたちによる講演が数十回開催されました。Bebo、Robinhood、Bill.com、Coinbase などの企業からは、Amazon SageMaker と AWS Elemental の利用方法、セルフサービスデータプラットフォームの作成、Crytocurrency 入門といった、さまざまなトピックに関するプレゼンテーションが行われました。 以下の動画をご覧ください : 免許証なしで 1,000 台のサーバーを管理する | Bebo Robinhood が AWS で、セルフサービスデータプラットフォームを構築した方法 | Robinhood Iflixが AWS Elemental で、テレビの未来を再定義した方法 | iflix Bill.com が Amazon SageMaker と AWS Glue で、Machine Learning […]

Read More

re:Invent 2018 から、Startup Central プレゼンテーションをピックアップ (11月27日)

11 月下旬に、ラスベガスで開催された AWS re:Invent には、5 万人以上が集いました。製品リリースの発表から巨大なエキスポホールまで、見るもの、会う人、知っておくべき会社など満載のイベントでした。 今年、AWS のスタートアップチームは、スタートアップのためのすべてを re:Invent に集めました。会場は Aria エキスポホールで、Startup Central と呼んだ会場では、さまざまなイベントが開催され、オープニングからクロージングまで大変賑やかでした。 Startup Central のハイライトは Startup Stage でした。この企画では、スタートアップ企業のリーダーたちによる講演が数十回開催されました。Consensys、Periscope Data、Convoy などの企業からは、Amazon SageMaker と機械学習で飛躍的革新を生み出す方法、仮想通貨初級編および中級編、Amazon ECS 上のマイクロサービスの保護といった、さまざまなトピックに関するプレゼンテーションが行われました。 以下は、11 月 27 日火曜日の講演です。   AI の倫理基準 | Periscope Data Deliveroo でのアプリケーションのリリース管理 | Deliveroo Amazon SageMaker を活用して、飛躍的革新を生み出す | Convoy Aetion における AWS CodePipeline、CloudFormation および ECS への移行 | Aetion イーサリアムで分散した未来を築く […]

Read More

【CTO of the year 2018】ビデオで振り返るハイレベルな7人のピッチバトル

皆さんこんにちは、AWSでスタートアップマーケティングを担当している石渡です。 2018年11月21日にAWS Loft Tokyoで開催されたCTO of the year 2018。栄えある第五代目のCTO of the yearには、atama plusの川原CTOが、そして今回新設されたオーディエンス賞には、Voicyの窪田CTOがその栄冠を勝ち取りました。 本日の投稿では、当日の様子を収録したビデオができあましたので、皆さんにも、登壇者の洞察と熱量、そして会場の熱気をお伝えしたいと思います。 第1部;今までのCTO of the yearの歩み まず始めに、CTO of the year 実行委員会として、本イベントの企画面をサポートした、AWSの畑から、今までのCTO of the year誕生の背景、そして今までの歩みをご紹介しました。 世の中にCEOやCOOなど、ビジネス系の人材向けの賞はあっても技術系の賞がない。CTOの働きを皆で讃えるイベントを作ろう!というのが、CTO of the yearが産声を上げるキッカケだったことなどが紹介されました。 第2部:歴代CTO of the yearによるパネルディスカッション 続いて、歴代4名のCTO of the yearをお招きしたパネルディスカッション企画を行いました。 パネリストの方々                           写真左から 【モデレーター】塚田 朗弘 アマゾン […]

Read More

【速報】CTO of the year 2018 は、atama plus 株式会社 CTOの川原さんに決定

みなさん、こんにちは。AWSでスタートアップ向けのマーケティングプログラムを担当している石渡です。本日開催されたCTO of the year 2018の速報をお届けします。 CTO of the yearというイベントそのものは、以前のブログ投稿をご覧下さい。 ハイレベルなピッチバトルを制し、第5代目のCTO of the yearに輝いたのは、atama plus 株式会社 CTO の川原 尊徳さんでした。 川原さんのプロフィール: 2006年に東京大学大学院情報理工学系研究科を卒業し、マイクロソフトに入社。Hotmail開発、日本語IME開発、データサイエンティスト等を経て、2017年に大学時代の仲間とともにatama plusを設立し、CTOになる。現在は主に組織づくりとレコメンドエンジンのコアロジックを担当。 川原さんのピッチタイトルは「Lean AI開発により、3ヶ月でプロダクトマーケットフィット、1年で大手塾の2割に導入するまで至った話」というもの。自社プロダクトを迅速にリリースしていくために重ねた試行錯誤やその裏側にあるストーリーが披露されました。 3ヶ月でプロダクトマーケットフィットを目指すという目標のなかで、AIアルゴリズムをいかにして超高速開発するか、そしてその改善サイクルを回すかという点がamata plusにとって極めて重要だったと川原さんは語ります。 Lean AI開発というコンセプトで話す中で、以下の2つのポイントが極めて大事だということに気がついたということです。 審査員を含めて、多くの聴衆の興味を引いたのがこの2つの秘訣。川原さんは同社での具体的な取り組みを、実際の体験を交えて詳細にピッチしました。このピッチの内容は、ぜひ、明日公開予定のビデオでご確認ください! ◆今年新設された「オーディエンス賞」には、株式会社Voicyの窪田さんが輝く 今年のCTO of the yearでは、会場にお越し頂いた方の投票によって決まる「オーディエンス賞」を設けました。会場にお越し頂いた方がリアルタイムの投票システムによって、皆さんの視点で最も優れたCTOを選出してもらおうというものです。 初代のオーディエンス賞に輝いたのは、株式会社 Voicy の CTO 窪田 雄司さんでした。 窪田さんのプロフィール 2016年2月にVoicyを共同創業しCTOに就任。 当初はすべて一人で開発を行い、現在はチームビルディングやサービスの企画・品質管理のほか、プロダクトの開発も引き続き手がける。 創業以前は金融、流通、EC、広告などさまざまな業種においてシステムの開発・マネジメントやPMO業務にもに携わってきた。 窪田さんのピッチタイトルは、「サービスを最速で伸ばす先回りの技術」。 中長期の事業計画も含めて見ているCEOに対して、CTOは、CEOのちょっと先に視点を置いて、様々な準備を進めておくことが肝要だと窪田さんは語ります。 例えば、人気のインフルエンサーがVoicyのサービスを使い始めたことで、アクセスが急増した際の話など、実経験を交えたリアリティのある教訓をプレゼンテーションしました。窪田さんが何を語ったのかは、明日公開予定のビデオでぜひご確認ください。 表彰式の様子をクイック編集したビデオは以下からご覧頂けます。 ◆他にも必聴のハイレベルなピッチが多数。明日のビデオをお見逃し無く 今年登壇頂いた7名のピッチは、いずれもハイレベルなもので、審査の際も、かなり票が割れたそうです。そのピッチバトルの様子は、明日、このブログ内でご紹介しますので、改めてご覧頂ければ幸いです。  

Read More