Amazon EFS ファイルシステムは、数の制限を受けない複数のストレージサーバーに分散され、ペタバイト規模にまで柔軟に拡張でき、Amazon EC2 インスタンスからデータに多量の並列アクセスが可能です。Amazon EFS の分散設計により、従来のファイルサーバーに本質的に存在したボトルネックや制約を回避できます。

分散型のデータストレージ設計となっているため、マルチスレッドアプリケーションや、複数の Amazon EC2 インスタンスから同時にデータにアクセスするアプリケーションでは、全体のスループットと IOPS のレベルを大幅に向上できます。アプリケーションの例として、ビッグデータと分析ワークロード、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理およびウェブ配信などがあります。

さらに、Amazon EFS のデータは複数のアベイラビリティーゾーンに分散されるため、高いレベルの耐久性と可用性が実現されています。

Amazon EFS の利用を開始する

無料利用枠で試す

下の表は、Amazon で提供されるファイルおよびブロッククラウドストレージについて、高レベルのパフォーマンスとストレージの特徴を比較したものです。

    Amazon EFS Amazon EBS PIOPS
パフォーマンス オペレーションあたりのレイテンシー 低、一定 最低、一定
スループットスケール
1 秒間あたり数 GB 1 秒間あたり 1 GB
特徴   データ
可用性/耐久性
複数 AZ に冗長的に保存 単一 AZ に冗長的に保存
アクセス 複数 AZ の 1~数千の EC2 インスタンスから同時 単一 AZ の単一 EC2 インスタンスから
ユースケース ビッグデータと分析、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理、ウェブ配信、ホームディレクトリ
ブートボリューム、トランザクションおよび NoSQL データベース、データウェアハウスと ETL

Amazon EFS は分散型であるため、可用性、耐久性、およびスケーラビリティが高いレベルで実現されています。分散型アーキテクチャによって、それぞれのファイルオペレーションのレイテンシーオーバーヘッドも小さくなります。オペレーションあたりのレイテンシーが低いため、通常は平均 I/O サイズの増加に応じて全体のスループットが向上します。大量のデータにオーバーヘッドが分散するためです。Amazon EFS では高度に並列化されたワークロード (複数スレッドや複数の EC2 インスタンスからの並列的なオペレーションなど) がサポートされているため、全体的なスループットと IOPS について高いレベルを実現できます。


Amazon EFS では、完全なファイルシステムアクセスのセマンティクスをサポートする標準的なファイルシステムインターフェイスを利用できます。NFSv4.1 を使用すると、Amazon EFS ファイルシステムを Amazon EC2 Linux ベースインスタンスにマウントできます。マウントが完了すると、ローカルファイルシステムと同じようにファイルやディレクトリを操作できるようになります。 

Amazon EFS では手間のかかる作業がすべて自動的に処理されます。Amazon EFS コンソールでファイルシステムの作成ウィザードを起動して数分以内に、新しいファイルシステムをマウントしてデータを追加する準備が整います。容量を決定したり、複雑な設定について心配したりする必要はありません。

Amazon EFS は、複数の EC2 インスタンス間でストレージを共有する必要がある場合に最適です。Amazon EFS では、共有ファイルシステムへの何千もの接続をサポートすることにより、データを一貫して共有する機能を必要とするワークフローでも、高いパフォーマンスで安全にアクセスできます。

Amazon EFS は高可用性と高耐久性を考慮して設計されています。Amazon EFS ファイルシステムでは、リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンにデータとメタデータを保存することで、単一のコンポーネントの障害によるデータの損失を防ぐことができます。

Amazon EFS は、幅広い作業負荷に対応するために必要なスループット、IOPS、および低レイテンシーを提供できるように設計されています。Amazon EFS を使用すると、ファイルシステムの拡大に合わせて、スループットおよび IOPS がスケールされます。また、一貫した低レイテンシーのファイル操作を実現します。詳細については、Amazon EFS のパフォーマンスをご覧ください。

Amazon EFS は、ストレージ容量とスループット性能の両方において高度にスケーラブルであるように設計されています。ペタバイト規模まで拡張できるため、Amazon EC2 インスタンスからデータへの大規模な並列アクセスを実行できます。 

Amazon EFS のストレージ容量は伸縮自在で、ファイルの追加および削除に合わせて、ストレージ容量の拡張や縮小が自動的に行われるため、必要なときに必要な分のストレージをアプリケーションで使用できます。容量は伸縮自在であるため、プロビジョニングは必要ありません。使用した容量に対してのみ請求が発生します。 

Amazon EFS では、EFS ファイルシステムのシームレスな暗号化を利用できます。データは書き込み中に透過的に暗号化され、読み取り中は透過的に復号されるため、アプリケーションを変更する必要はありません。また、暗号化キーは AWS Key Management Service (KMS) によって管理されるため、安全なキー管理インフラストラクチャを構築および維持する必要はありません。ファイルシステムデータの暗号化の詳細については、ユーザードキュメントをご覧ください。

Amazon EFS は、ファイルへの共有アクセスを提供するフルマネージド型のサービスであり、追加のハードウェアやサードパーティのソフトウェアをセットアップまたは管理する必要はありません。Amazon EFS では、必要なすべてのサービスを利用できるため、複雑な管理や設定、継続的なメンテナンスが不要ありません。 

既存のデータを Amazon EFS にコピーするためのさまざまなオプションから選択できます。AWS Direct Connect では、高帯域幅で低レイテンシーな専用ネットワーク接続が提供されます。これを使用して、EFS ファイルシステムをマウントできます。マウントされると、EFS File Sync または Linux の標準ツールを使用してファイルをコピーできます。

EFS File Sync により、既存のネットワークまたは AWS Direct Connect を使用して、既存のファイルシステムを Amazon EFS に安全に同期するための高速かつ簡単な方法を利用できます。また、EFS File Sync を使用すると、クラウド内の既存のファイルシステムと Amazon EFS 間でデータを同期できます。これにより、データ転送の設定および管理が簡単に行えます。


Amazon EFS では、コンピューティングノードに対する高いスループットと書き込み後の読み取りの整合性と、低レイテンシーのファイル操作の両方を必要とするビッグデータアプリケーションに必要なスケーリングとパフォーマンスを提供します。 

動画編集、スタジオ製作、放送処理、サウンドデザインおよびレンダリングといったメディアワークフローは、多くの場合、大容量ファイルを操作するための共有ストレージに依存します。高スループットと共有ファイルアクセスをそなえた強いデータ整合性モデルであれば、これらの業務にかかる時間を短縮し、複数のローカルファイルリポジトリを全ユーザー共通の単一ロケーションにまとめることができます。

Amazon EFS は、ウェブサイト、オンライン出版、およびアーカイブなどの幅広いアプリケーションのために情報を保存して処理する、高い耐久性とスループットをそなえた、コンテンツ管理システム用ファイルシステムとして使用できます。

Amazon EFS は、共通のデータセットにアクセスし、それらを共有する必要のある多くのユーザーを擁する組織にストレージを提供できます。管理者は、Amazon EFS を使用して組織全体のユーザーがアクセスできるファイルシステムを作成し、ユーザーおよびグループのファイルレベル、またはディレクトリレベルのアクセス許可を作成することができます。