Amazon Glacier の利用を開始する方法は、お客様固有のユースケースによって異なります。AWS SDK や REST API を使って Glacier に直接データをアーカイブすることができます。または、Amazon S3 にデータを保存している場合、S3 ライフサイクルルールを使用して、コールドデータを Glacier に自動的にアーカイブすることができます。さらに、事前に Glacier を統合しており、幅広いユースケースや予算に対応できる AWS パートナーネットワーク (APN) ソリューションも数多くあります。

以下のセクションでは、ユースケースに合わせて利用を開始するために役立つリンクを記載します。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

Amazon Glacier は現在 AWS 無料利用枠でご利用できないことにご注意ください。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

AWS マネジメントコンソールは使いやすいウェブインターフェイスで、ボールトの作成、ボールトレベルのアクセス許可の設定、データ取り出しのための SNS 通知の設定を実行できます。また、このコンソールでは、ボールトごとのストレージ使用量の概要およびボールトインベントリの最終更新時間も表示します。

AWS マネジメントコンソールの利用を開始するには、入門ガイドをお読みください。

Thumbnail for Henry Glacier reInvent session_2016

データのアップロードと取り出しは、AWS SDK または基盤となる Amazon Glacier API を使用して実行されます。Amazon Glacier は、AWS SDK for Java、AWS SDKs for .NET、AWS SDKs for PHP、および AWS SDKs for Python (Boto) でサポートされています。SDK ライブラリは基盤となる Amazon Glacier API をラップし、プログラミング作業を簡素化します。これらの SDK では、基盤となる REST API に対応するライブラリが提供され、簡単にリクエストを作成したり応答を処理したりできます。

これらの詳細については、Amazon Glacier で AWS SDK for Java を使用するおよび Amazon Glacier での AWS SDK for .NET の使用を参照してください。


Amazon S3 を使用している場合、ライフサイクルルールを使用して Amazon S3 から Glacier にコールドデータをアーカイブすることができます。 

Amazon S3 ライフサイクルルールを使用してアーカイブを行うには、次の 3 通りの方法があります。オブジェクトの経過期間(90 日以上など)に基づいてアクセス頻度の低い S3 オブジェクトを常にアーカイブするルールや、より低いストレージコストで事前に定義されている日にオブジェクトをアーカイブするルールを設定できます。または、バージョニング対応のバケットでのアーカイブルールを設定して、低コストでロールバックを行うことができるように、前のオブジェクトのバージョンを保持することができます。あるいは、データを Amazon S3 に転送した後、0 日移行ルールを使ってそのデータを直ちに Glacier にアーカイブし、リアルタイムリスト用に Amazon S3 のオブジェクトキーを活用することができます。

Amazon S3 ライフサイクルルールの設定方法の詳細については、Amazon S3 開発者ガイドの詳細な手順とサンプルスクリプトを参照してください。


Amazon Glacier に統合されているアーカイブツールやストレージゲートウェイを持つ APN パートナーが数多く存在します。

コンシューマーは、Amazon Glacier や Amazon S3 を統合している一般に広く使用されているオペレーティングシステムで低コストのクラウドバックアップソフトウェアソリューションを利用できます。

包括的なクラウドバックアップやアーカイブソリューションを必要としている中小企業は、エントリレベルのネットワーク接続ストレージ (NAS) ソリューションを使って、Amazon Glacier 統合をすぐに使用できます。

オンプレミスのストレージシステムにペタバイト単位のデータが保存されている企業では、重複排除、圧縮、および暗号化をサポートするエンタープライズクラスのストレージアプライアンスを使用すること可能で、すばやく Glacier に接続してデータ移行を開始することができます。これらのアプライアンスでは、既存のインフラストラクチャへの変更が最小限で済み、既存のデータ管理ソフトウェアとの互換性があるため、ハイブリッドモデルで運用し、オンプレミスとクラウドの両方のメリットを活用することができます。

APN コンピテンシープログラムは、AWS のお客様に質の高い APN パートナーをご紹介するためのプログラムです。APN パートナーは、専門的なソリューションの分野で熟練した技術を持ち、高い実績を持つ人たちです。APN コンピテンシーを取得したパートナーは、AWS クラウドでさまざまなサービス、ソフトウェア、およびソリューションを提供できます。

ストレージコンピテンシー取得パートナーは、AWS クラウドにデータを効率的に保存する技法や技術をお客様が評価し使用するのを支援します。

ストレージコンピテンシー取得パートナーの詳細

 

ha_ed_storage_competency_partners_yellow

APN ストレージコンピテンシー取得パートナーを見つける