AWS Snowball

オンボードのストレージとコンピューティング機能を備えたペタバイト規模のデータ転送

AWS Snowball は AWS Snow ファミリーの一部で、エッジコンピューティング、データ移行、エッジストレージデバイスであり、2 つのオプションがあります。Snowball Edge Storage Optimized は、ブロックストレージと Amazon S3 と互換性のあるオブジェクトストレージの両方、および 40 個の vCPU を提供します。ローカルストレージや大規模データ転送に最適です。Snowball Edge Compute Optimized は、切断された環境における高度な機械学習およびフルモーションビデオ分析などのユースケースのために、52 個の vCPU、ブロックストレージとオブジェクトストレージ、オプションの GPU を提供します。これらのデバイスを使用して、断続的な接続となる環境 (製造、工業、輸送など) にあるデータや極度な遠隔地 (軍事、海軍など) にあるデータの収集、機械学習、処理、保存を、AWS に返送する前に実行できます。また、これらのデバイスをラックマウント型でクラスター化し、大型の一時的な設備を構築することもできます。

Snowball Edge は、特定の種類の Amazon EC2 インスタンスおよび AWS Lambda 関数に対応しているため、お客様は AWS でアプリケーションを開発、テストし、その後遠隔地のデバイスにデプロイすることで、データを収集、事前処理し、そのデータを返送できます。一般的ユースケースには、データ移行、データ転送、画像照合、IoT センサーストリームのキャプチャ、機械学習などがあります。

Snowball の紹介 (1:44)

利点

データ移動が簡単

Snowball Edge を使用すると、テラバイト規模のデータを 1 週間程度で移動できます。このサービスを使用することにより、データベース、バックアップ、アーカイブ、健康管理レコード、分析データセット、IoT センサーデータ、メディアコンテンツなどを移動できます。このサービスは、特に、AWS の内外に大容量のデータを輸送することがネットワーク条件により現実的なスケジュールでは困難な場合に有用です。

使用が簡単

ジョブは AWS マネジメントコンソールで作成します。ジョブが作成されると、事前にプロビジョニングされた Snowball Edge デバイスが AWS から自動的に発送されます。デバイスが届いた後、そのデバイスをローカルネットワークとアプリケーションに接続するだけです。デバイスを返送する準備が整うと E Ink 発送ラベルが自動的に更新され、その後、アップロードが行われる AWS の施設に配送業者がデバイスを配送します。ジョブのステータスは Amazon SNS で生成されたテキストメッセージや E メールで確認するか、AWS マネジメントコンソールを使用することで直接追跡できます。

ローカルでデータを処理および分析する

Snowball Edge で EC2 AMI の実行や AWS Lambda コードのデプロイを行うことにより、機械学習や他のアプリケーションでローカルに処理および分析を行うことができます。開発者や管理者は、ネットワークに接続されていない一貫した AWS 環境として、このデバイスでアプリケーションを直接実行することも可能です。この機能は、AWS にデータを返送する前にお客様がクラウド上で機械学習や分析ツールの開発やテストを行い、ネットワーク接続が限られている場所や、ネットワークにまったく接続できない場所で動作させるために役立ちます。 

独立型のストレージ

Snowball Edge デバイスでは、ファイル共有のプロトコル (NFS) やオブジェクトストレージのインターフェイス (S3 API) を使用して、既存のオンプレミスアプリケーションでローカルストレージを利用できます。さらに、Snowball Edge の Amazon EC2 インスタンスで実行されているアプリケーションにはオンボードブロックストレージボリュームを使用できます。Snowball Edge の複数のデバイスを単一の大きなストレージ層としてクラスター化し、耐久性を向上させることもできます。Snowball Edge の交換が必要な場合、クラスターから削除され、新しい Snowball Edge に置き換えられます。

セキュア

Snowball Edge デバイスでは、不正開封の跡が明示される筐体、256 ビットの暗号化、およびデータのセキュリティと完全な保管継続性を確保するための業界標準である Trusted Platform Module (TPM) を使用しています。暗号化キーは AWS Key Management Service (KMS) を使って管理されており、デバイスに保存されることはありません。

スケーラブル

Snowball Edge デバイスでは、数テラバイトのデータを転送できます。また、複数のデバイスを並列またはクラスター化して使用すると、AWS との間で数ペタバイトのデータを転送できます。現在、Snowball を利用できるのは一部のリージョンのみです。AWS マネジメントコンソールでジョブを作成すると、お客様の所在場所での利用可否が検証されます。

仕組み図 – AWS Snowball の特徴

Elastic Load Balancing (ELB) は、アプリケーションへのトラフィックを、1 つまたは複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) 内の複数のターゲットおよび仮想アプライアンスに自動的に分散します。

AWS Snow ファミリーコンソールで、Snowball Edge Compute Optimized または Snowball Edge Storage Optimized のいずれかを優先デバイスに選択します。Amazon S3 バケットを使用してジョブを作成し、追跡用に Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を選択して、Amazon EC2 AMI や GPU などのオプションを構成します。AWS がデバイスを用意して発送してから、約 4〜6 日で届きます。デバイスが到着したら、電源を入れ、AWS OpsHub を使用してロックを解除してください。LAN に接続します。AWS OpsHub を使用して、デバイスの管理、データの転送、または EC2 インスタンスの起動を行います。完了したら、シャットダウンしてデバイスを AWS に返送します。配送ラベルが E Ink 画面に自動的に表示されます。デバイスが AWS リージョンに到着すると、オンボードバケットに保存されているすべてのデータが S3 バケットに移動され、デバイスの読み込みとほぼ同じ時間に検証が完了します。その後、すべてのデータがデバイスから安全に消去され、顧客情報がすべてサニタイズされます。

  • AWS Snowball
  • AWS Snowball と Tape Gateway
  • AWS Snowball
  • Snowball を使用してペタバイト規模のデータを AWS に移行する
    AWS Snowball の仕組み

    Snowball Edge Storage Optimized デバイスは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) の 80 テラバイトのブロックストレージまたはオブジェクトストレージと組み合わせて、40 基の vCPU のコンピューティング性能を提供します。ローカルストレージや大規模データ転送に最適です。AWS に返送する前に、断続的な接続が発生する環境 (製造、工業、輸送など) にあるデータや極度な遠隔地 (軍事、海軍など) にあるデータの収集および保存のためにこれらを使用できます。これらのデバイスは、ラックに取り付けてクラスター化することで、より規模の大きい一時的な設備を構築できます。

    Snowball の使用を今すぐ開始する »

  • AWS Snowball と Tape Gateway
  • AWS Snowball を使用して、物理テープに保存されているペタバイト規模のデータを AWS に移行する
    AWS Snowball と Tape Gateway の仕組み

    Snowball Edge Storage Optimized デバイスを Tape Gateway と併用すると、ペタバイト規模の物理テープデータを S3 Glacier Flexible Retrieval または S3 Glacier Deep Archive に迅速かつ安全に移行でき、テープベースのバックアップワークフローを変更することなくデータストレージコストを削減できます。AWS に保存されている仮想テープは AWS Storage Gateway コンソールを介して表示し、仮想マシンもしくはハードウェアアプライアンスとしてオンプレミスで実行される Tape Gateway を介して、または AWS の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスで、仮想テープのデータにアクセスできます。

    Snowball の使用を今すぐ開始する »

ワークフロー

Snowball エッジコンピューティング

Novetta

使用シナリオ
エッジコンピューティングアプリケーション。データを収集し、データを処理して即座に洞察を得てから、データを AWS に転送します。センサーまたはマシンによってオンラインで継続的に生成されたデータを、病院、工場、または他のエッジロケーションから AWS に転送します。

お客様の事例
医療機関のお客様は、Snowball を使用してオフラインでデータを AWS クラウドに転送しています。Snowball は、お客様が HIPAA 準拠のデータをクラウドに移行するための安全なパスを提供し、世界中のお客様や組織にデプロイされている Snowball デバイスの構成と運用を集中管理できます。

Snowball データ転送

Snowball データ転送

使用シナリオ
Amazon S3 との間でデータをすばやく一括転送します。Snowball は、接続制限、帯域幅の制約、高額なネットワーク接続コスト、レガシー環境に起因する課題などが存在する場合や、データの収集が遠隔地で行われる場合に、データを転送するのに役立ちます。Snowball では、数テラバイトのデータを転送できます。また、複数のデバイスを並列またはクラスター化して使用すると、AWS との間で数ペタバイトのデータを転送できます。

お客様の事例
公共部門、防衛、インテリジェンス、法執行機関のお客様は、データを AWS に移行するために陸、空、海での戦術的なエッジシナリオに Snowball を使用しています。 

Snowball エッジストレージ

Snowball エッジストレージ

使用シナリオ
エッジロケーションでデータを集約および処理してから AWS に転送します。

お客様の事例
メディアとエンターテインメント、ドローンオペレーター、その他のコンテンツ制作者は、Snowball を使用して、映画セットや写真撮影を行ったカメラからコンテンツを集約し、そのコンテンツをエンコードして、Amazon S3 にデータを移行します。

ユースケース

クラウドへのデータの移行

アプリケーションをクラウドに移行しますか? ストレージアレイが停止したり、データセンターが閉鎖されましたか? ストレージアレイが停止したり、データセンターが閉鎖されましたか? AWS に移行する必要のある大量のデータがある場合、AWS Snowball を使用したオフラインのデータ転送により、帯域幅の制限という課題を克服し、追加の帯域幅をリースする必要性を取り除くことができます。また、自動 E Ink 返送ラベルにより、ロジスティクスがより簡単になります。

コンテンツ配信

多くの業界では、コンテンツを安全に配信する必要があります。航空会社、VFX ハウス、スタジオ、銀行、病院、さらにスポーツチームでさえ、表示、レンダリング、処理、分析のためにメディアファイルを移動する必要があります。クライアント、顧客、パートナーから大容量データを定期的に受け取る場合、またはそのようなデータを共有する場合、AWS Snowball デバイスを使用できます。Snowball デバイスは AWS からクライアントや顧客の場所に直接送付できます。

戦術的エッジコンピューティング

防衛、公共安全、災害対応、およびその他の使命を担う公共部門組織では、カメラ、センサー、またはドローンからのデータ収集がますます必要になっています。これらの重要なチームが運営される現場で、さまざまな条件下で、収集や一部の処理を行う必要があります。AWS Snowball Edge の強力なコンピューティング、柔軟なストレージ、セキュリティ、高耐久性は、戦術チームがストレージラックのセットアップや移動ではなく使命に集中できるよう支援します。

機械学習

AWS Snowball を使用すると、ドキュメントの分類やイメージのラベル付けなどの機械学習モデルをデバイスに直接デプロイして実行し、プロセスを調整し、効率性、生産性を改善し、さらにモデルの障害を予測することさえできます。さらに、Snowball Edge デバイススキャンは、クラウド内での機械学習のために、リモートまたはモバイルの場所から AWS にデータを転送するために使用できます。

製造

AWS Snowball を工場の現場で使用して、製造データの収集と分析を行うことで、製造プロセスの調整、安全性、効率、および生産性を向上させるだけでなく、障害を予想することもできます。このデータは AWS に返送され、その後、考慮すべき傾向やパターンに注目できるように大規模な分析が行われます。

シンプルなデータを遠隔地で処理

AWS Snowball は、画像のタグ付け、検証、圧縮、整理などの事前処理のメリットがある、リモートアプリケーションに最適です。データの収集、結果の迅速な取得、クラウド分析アプリケーションの事前準備を行います。その後、AWS に返送します。

導入事例

NGA - インテリジェンスコミュニティがデータを移動する方法を変更する (59:18)
アメリカ国家地球空間情報局

この動画では、NGA が使命の一部として AWS Snowball を使用する方法について説明しています。

Netflix - AWS による大規模なポストプロダクションメディア配信 (38:02)
Netflix

この動画では、Netflix が AWS Snowball を使用してコンテンツ配信ワークフローを構築した方法を説明しています。

Novetta - AWS Snow ファミリーを使用したデータ移行とエッジコンピューティング (12:52)
Novetta

この動画では、AWS APN パートナーの Novetta が、AWS 災害対応チームと協力して、AWS Snowball、IoT、および機械学習を災害対応の演習に使用する方法を説明しています。

INVISTA - AWS Snowball でクラウドでの製造を革新 (1:45)
Invista

この動画では、INVISTA が AWS Snowball デバイスを使用して、数十テラバイトのデータを異種の工場からデータレイクに移行することについて説明しています。

Joyn

ドイツ初の無料ストリーミングビデオサービスである Joyn GmbH は、ProSiebenSat.1 と Discovery のジョイントベンチャーで、ライブ TV にオンデマンドコンテンツや独占番組を組み合わせたサービスを提供しています。Joyn は、メディアアーカイブを高価なオンプレミスのデータセンターから Amazon S3 に移行するために、AWS Snowball Edge を選択しました。 

「Joyn は、AWS 上で構築されたクラウドファーストのメディアサービスです。そのため、AWS Snowball Edge を使ったアーカイブの移行は、迅速かつシンプルで安全であることはわかっていましたが、それに加えて、費用対効果の高さにも感銘を受けました。すべてのコンテンツがクラウドで簡単にアクセスできるようになった今、他のストリーミングサービスでは見つけられないコンテンツを素早くトランスコードして視聴者に届けることができます」。 Stefan Haufe 氏、メディアエンジニア

導入事例: Joyn、AWS Snowball Edge で 3.4 PB を Amazon S3に移行 »

ブログ: Amazon S3 Intelligent-Tiering と Glacier を使用して、対象者向けの独占コンテンツを用意しています »

ロックンロールの殿堂

Amazon S3 および S3 Glacier Deep Archive を使用することで、Rock Hall は、デジタルメディアが保存され、手頃な価格で簡単にアクセスできるという確信を得ることができました。ただし、ロックホールは LTO テープのデータを回復する必要がありました。プロジェクトチームは AWS と協力して、6 つの AWS Snowball Edge Storage Optimized デバイスを介してファイルを S3 Glacier Deep Archive に取り込みました。AWS Snowball Edge を使用すると、高いネットワークコスト、長時間かかる転送、セキュリティ面の懸念といった、大規模なデータ転送に関する一般的な課題の解決に役立ちます。

詳細はこちら »

LotteON

Lotte は、オンラインショッピングプラットフォーム「LotteON」のため、AWS Snowball を使用して 2 週間で 1 億 4,000万個ものファイルを統合しました。Lotte は AWS Snowball を使用することにより、コスト効率的で、安全で、迅速なオフラインデータ転送を実現できました。その際、追加のネットワーク容量をプロビジョニングする必要はありませんでした。

詳細はこちら »

Photobox

Photobox は、人工知能やその他の分野のイノベーションに向けてリソースを再デプロイして、より良い顧客体験を生み出すために、独自の IT インフラストラクチャを所有して維持するビジネスから撤退したいと考えていました。Photobox は、AWS Snowball Edge を使用して、Dell EMC Isilon および IBM Cleversafe オンプレミスストレージアレイから Amazon S3 に移行することにより、10 PB の写真ストレージに対するストレージコストを大幅に節約しました。

詳細 »

Snowball ブログ

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログをご参照ください。 

AWS Snowball ブログについて詳しくは AWS ストレージブログチャネルをご覧ください。

Snowball の最新情報

日付
  • 日付
1
AWS Snowball の特徴
Snowball の機能を確認

AWS Snowball は、ストレージとコンピューティング機能を備えたペタバイト規模のデータ転送デバイスです。主な機能はこちらの通りです。

詳細 
AWS アカウントにサインアップする
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。  

サインアップ 
AWS Snowball で構築を開始する
コンソールで構築を開始

AWS マネジメントコンソールで、AWS Snowball を使った構築を開始しましょう。

サインイン 

AWS Snowball に関する詳細

Snowball の特徴ページを見る
構築を始めましょう。
AWS Snowball を始める
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ