AWS Snowball の開始方法は簡単です。新規のジョブを作成し、AWS マネジメントコンソールの Snowball Edge Storage Optimized および Snowball Edge Compute Optimized デバイスの間から選びます。

弊社はお客様がジョブを作成された際にご入力いただいた住所宛に、選択された場合、Amazon S3 バケット、AWS Lambda 関数または Amazon EC2 AMI により事前設定された、1 つ以上の Snowball Edge デバイスを発送します。

デバイスが到着したら、Snowball のリソースページから AWS OpsHub をダウンロードして、Windows または Mac ホストコンピュータにインストールします。OpsHub では、デバイスをローカルネットワークに接続する、IP アドレスを手動または DHCP で設定する、デバイスのロックを解除するなど、デバイスをセットアップする手順を案内します。次に、OpsHub を使用して、データの転送や EC2 インスタンスの起動など、デバイスを使用、操作、および管理することができます。転送が完了して、デバイスを返送する準備が整ったら、E Ink 発送ラベルが自動的に更新され、正しい AWS 施設宛に設定されます。ジョブステータスは、Amazon SNS やテキストメッセージ、またはコンソールにより直接追跡できます。

段階的ガイド


この概要には、AWS Snowball マネジメントコンソールを使って最初のデータ転送ジョブを作成し、実行するときの一般的な手順が示されています。


AWS Snowball を最大限に活用し、満足のいく結果を得るために、セキュリティ設定、ネットワーク設定、リソース使用に関するベストプラクティスについての情報が記載されています。


この概要には、Snowball の画像、デバイスのデータ転送の準備手順、データ転送を最適化するためのネットワークのベストプラクティスが含まれています。

AWS Snowball のリソースをさらに調べる

Snowball のリソースページを見る
構築を始めましょう。
AWS Snowball を始める
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ