AWS Snowball を始める

まずは無料で始める

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

Q: AWS Snowball とは何ですか?

AWS Snowball とは、安全な物理的な移動を目的として設計されたストレージアプライアンスを使用して、テラバイトからペタバイト規模のデータを AWS から、または AWS への移動をスピードアップさせるためのデータ転送ソリューションです。Snowball を使用すると、ネットワークのコストが高い、転送時間が長い、セキュリティに懸念があるといった、大規模なデータ転送で直面する可能性のある課題を解決できます。

Q: CloudHSM Snowball はどのように機能するのですか?

AWS Snowball では、セキュリティアプライアンスと Snowball クライアントを利用し、AWS との間でのペタバイト規模のデータ入出力を高速化します。AWS マネジメントコンソールによって 1 つ以上のジョブを作成し、1 つ以上の Snowball アプライアンスをリクエストし (数量は転送データ量に依存)、Snowball クライアントをダウンロードしてインストールします。アプライアンスの受信後、ローカルのネットワークに接続し、DHCP によって、または手動で IP アドレスを設定し、クライアントを使用してコピーするディレクトリを指定します。データはクライアント側で自動的に暗号化された後、アプライアンスにコピーされます。転送ジョブ完了後には通知が送られます。転送が完了して、アプライアンスを返送する準備が整ったら、E Ink 発送ラベルが自動的に更新され、正しい AWS 施設の宛先が示されます。ジョブステータスの追跡は、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) やテキストメッセージ、またはコンソールで直接行えます。

Q: 誰が Snowball を使用するべきですか?

Snowball は、数テラバイトから数ペタバイトのデータを安全かつ迅速に AWS に転送する必要がある場合に適したデータ転送ソリューションです。また、高いコストをかけてネットワークインフラストラクチャをアップグレードしたくない場合、容量の大きなデータバックログが頻繁に発生する場合、物理的に隔離されている環境である場合、高帯域インターネット接続が利用できない、またはそのコストが非常に高い地域である場合にも適しています。

Q: Snowball を使用してどれほどのデータの転送が可能ですか?

Snowball では、数テラバイトから数ペタバイトまでの実質的にはどのようなデータ量でも転送できます。通常、それぞれの Snowball アプライアンスで数テラバイトのデータを転送できます。複数の Snowball を並列処理または逐次処理して、より大きなデータセットを転送できます。例えば、2 つの Snowball を並列で使用して 100 のデータを転送することも、2 つの TB Snowball を順番に使用してデータを転送することもできます。

Q: Snowball クライアントとは何ですか?

Snowball クライアントは、ローカルホストコンピュータにインストールするソフトウェアで、データを効率良く識別、圧縮、暗号化し、Snowball に指定されたディレクトリからデータを転送するために使用されます。

Q: データの転送にはどのぐらい時間がかかりますか?

Snowball クライアントを使用すると、データ転送の所要時間を予測できます (詳細はユーザーガイドを参照してください)。データ転送速度は、ローカルネットワーク速度、ファイルサイズ、およびローカルサーバーのデータ読み込み速度を含む、さまざまな要因の影響を受けます。

Snowball のクライアントは、Snowball に可能な限り速くデータをコピーします (お客様のローカル環境に応じて、わずか 1 日で 48 TB のデータをコピー)。AWS へのデータ転送のためのエンドツーエンド時間は約 1 週間です。これには通常の発送時間と AWS データセンターでの処理の時間が含まれます。2 つの 48 TB の Snowball を並列で使用して、同じ時間内に 2 倍のデータをコピーできます。または、1 つの 80 TB の Snowball では、2 日半で 80 TB のデータをコピーできます。これにより、エンドツーエンド時間は約 1 週間半に長くなります。

Q: Snowball アプライアンスの仕様はどのようなものですか?

インターフェイス、温度および電源の要件、デシベル出力、および寸法などハードウェアスペックの詳細なリストについては、Snowball ドキュメントのページをご覧ください。

Q. 特定のジョブで Snowball を使用できる期間はどれくらいですか?

セキュリティ上の理由により、データ転送は Snowball を準備してから 90 日以内に完了する必要があります。

Q: Snowball はどのようなネットワークインターフェイスをサポートしていますか?

Snowball は、RJ45、SFP+ 銅、および SFP+ 光のネットワークポートとともに、10 Gbps のネットワークインターフェイスを備えています。

Q: Snowball のデフォルトの発送オプションは何ですか? 急送便を選択できますか?

Snowball では、デフォルトで UPS の翌々日配送が使用されます。一刻を争うジョブでは、急送便をお選びいただけます。

Q: どのリージョンで Snowball を利用できますか?

最新情報については、製品およびサービス一覧 (リージョン別) ページをご覧ください。

Snowball は米国のすべての州で利用できます。

50 TB のモデルは米国内でのみ利用できます。

Q: Snowball を別の AWS リージョンに発送できますか?

いいえ、できません。Snowball はリクエストに応じて作成され、1 つの AWS リージョン内でのみ使用することになっています。あるリージョンからリクエストし、別のリージョンに返却することはできません。EU 内の AWS リージョンのインポートおよびエクスポート用の Snowball デバイスは EU 全 28 か国で使用できます。


Q: インターネット経由でのデータ転送ではなく、Snowball の使用を検討するのはどのような場合ですか?

Snowball は、数テラバイト~数ペタバイトのデータを安全かつ迅速に AWS に転送する必要がある場合に適した、強力なデータ転送ソリューションです。また、高いコストをかけてネットワークインフラストラクチャをアップグレードしたくない場合、容量の大きなデータバックログが頻繁に発生する場合、物理的に隔離されている環境である場合、高速インターネット接続が利用できない、またはそのコストが非常に高い地域である場合にも適しています。

目安として、現在使用中のインターネットの予備容量を使用して AWS へデータをアップロードするのに 1 週間以上かかる場合、Snowball の使用をご検討ください。例えば、以下の表にあるガイドラインによれば、データ転送のために専用で使用できる 100 Mb の接続がある場合、その接続で 100 TB のデータを転送するために要する時間は 100 日を超えます。同じ転送作業は、複数の Snowball を使用すると、約 1 週間で完了できます。

利用可能なインターネット接続 理論的最小時間80% のネットワーク利用率で 100 TB を転送するための日数 どのような場合に AWS Snowball の使用を検討しますか?
T3 (44.736 Mbps) 269 日間 2 TB 以上
100 Mbps 120 日間
5 TB 以上
1000 Mbps 12 日間
60 TB 以上

Q: AWS Direct Connect でのデータ転送ではなく、Snowball の使用を検討する必要があるのはどのような場合ですか?

AWS Direct Connect では、お客様の設備から AWS ネットワークへ、専用の高速接続が提供されます。大容量データを継続的に AWS に転送する必要がある場合、AWS Direct Connect が最適な選択肢です。

しかし、複数のロケーションから 1 回限りで大容量のバッチデータを転送する必要がある場合など、Snowball は Direct Connect の強力な代替手段となります。これらの作業を行う場合、新規で Direct Connect 接続を確立し、データの転送後に接続を解除するのに比べ、Snowball はより簡単で費用対効果に優れたオプションとなります。

Q: AWS Import/Export Disk でのデータ転送ではなく、Snowball の使用を検討する必要があるのはどのような場合ですか?

Snowball は AWS Import/Export Disk と比べると多くの場合、より高速、シンプルで、費用対効果に優れたサービスとなります。

Snowball でデータを転送するのに、コードの記述やハードウェアの購入は必要ありません。それぞれの Snowball アプライアンスで 80 TB ものデータを転送でき、複数のアプライアンスを並列に使用することで、より大きなデータの転送を行えます。Snowball では、不正開封防止筐体、256 ビットの暗号化、およびデータのセキュリティと完全な保管継続性を確保するための業界標準である Trusted Platform Module (TPM) を使用し、AWS とのデータ転送にかかる管理諸経費を削減できます。

AWS マネジメントコンソールから転送ジョブを直接作成できます。転送が完了して、アプライアンスを返送する準備が整ったら、E Ink 発送ラベルが自動的に更新され、正しい AWS 施設の宛先が示されます。ジョブステータスの追跡は、Amazon SNS やテキストメッセージ、またはコンソールで直接行えます。

Q: Snowball を使用して AWS リージョン間でデータを移行することはできますか?

いいえ。Snowball は、大容量データを指定された AWS リージョン内外に移行するデータ転送ソリューションとして意図されたものです。AWS リージョン間のデータ転送を必要とするユースケースについては、代わりにS3 のクロスリージョンレプリケーションを使用することをお勧めします。


Q: Snowball ではデータが暗号化されますか?

Snowball では、すべてのデータが 256 ビット暗号化を使用して暗号化されます。暗号化キーは、AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用して管理されます。キーがアプライアンスに送信されたり、アプライアンスに保存されたりすることはありません。

Q: デバイスが輸送中に不正に開封されていないかどうかを AWS で確認できますか?

不正開封防止筐体の使用の他に、Snowball では専用プロセッサを使用したハードウェア、ファームウェアまたはソフトウェアの不正な改変を検出する業界標準の Trusted Platform Module (TPM) が使用されています。AWS では、不正使用のどのような兆候も見逃さずに調査し、TPM に変更が検出されていないか確認します。

Q: AWS への転送が完了した後、アプライアンス内のデータはどうなりますか?

データ転送ジョブの処理と検証が完了すると、AWS では National Institute of Standards and Technology (NIST) の「メディア衛生のためのガイドライン」に従った方法で Snowball アプライアンスのソフトウェア消去を実施します。

Q: データ転送ジョブを簡単に追跡する方法はありますか?

Snowball では、アプライアンスが自動的に正しい AWS 施設に送られるように、また転送を追跡できるように、革新的な E Ink 発送ラベルを使用しています。データ転送ジョブの完了後は、Amazon SNS、テキストメッセージ、およびコンソールによってジョブを追跡できるようになります。

Q: 保護された医療情報 (PHI) を含むデータに AWS Snowball を使用できますか。

はい。AWS Snowball は HIPAA 対応サービスです。現在、AWS と事業提携契約 (BAA) を締結している場合は、HIPAA アカウントにデータ転送するために Snowball をすぐに使い始めることができます。


Q: どうすれば Snowball の利用を開始できますか?

Snowball の使用を開始するには、ご利用開始にあたってをご覧ください。

Q: データを Snowball アプライアンスにどのように転送しますか?

Snowball アプライアンスをお使いのネットワークに接続し、E Ink ディスプレイを使って IP アドレスを設定します。その後 AWS マネジメントコンソールから以下の 3 つのファイルをダウンロードする必要があります。

1. Snowball クライアント: お使いのオンプレミスのストレージから Snowball アプライアンスへデータを転送するために使用するソフトウェアツールです。Snowball クライアントの詳細については、ツールページをご覧ください。

2. ジョブマニフェストファイル: お客様のデータ転送ジョブを一意に識別するために使用する、暗号化されたメタデータファイルです。

3. ジョブマニフェストロック解除コード: ジョブマニフェストファイルのロックを解除するための 25 文字のコードです。

これらのファイルをダウンロードした後、Snowball クライアントを起動し、Snowball アプライアンスの IP アドレス、マニフェストファイルのパス、ロック解除コードを入力します。サンプルの開始コマンドを次に示します。

snowball start -i {Snowball IP} -m path/to/the/job/manifest} -u {unlock code}

クライアントを起動し、この情報を提供すると、クライアントが Snowball アプライアンスに接続され、使用できるようになります。次に、アプライアンスに転送するファイルのディレクトリを指定し、転送の完了を待ちます。サンプルのコピーコマンドを次に示します。

snowball cp /path/to/data/on/source/storage/device/directories Snowball/bucketname

Q: Snowball アプライアンスへのデータ転送が完了したらどうしたらいいですか?

データ転送ジョブが完了したら、Snowball アプライアンスの E Ink ディスプレイで返送ラベルが自動的に更新され、正しい AWS 施設の宛先が示されます。Snowball アプライアンスをお近くの UPS 発送センターにお持ち込みいただくだけで、すべてが完了します。Amazon SNS、テキストメッセージ、および AWS マネジメントコンソールを使用して、転送ジョブのステータスを追跡できます。

Q: Hadoop Distributed File System から Snowball にデータをインポートできますか?

はい。Snowball CLI を使用して HDFS クラスターから Snowball にデータをコピーできます。 詳細については、Snowball のドキュメントを参照してください。


Q: Snowball Export 機能とは何ですか?

Export は、お客様がテラバイト単位からペタバイト単位のデータを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) からオンプレミスのストレージにエクスポートできるようにするための Snowball の機能です。 

Q: Export を使用して AWS からデータをどのようにして取得しますか?

Snowball Export を使用するには、単に AWS マネジメントコンソールにサインインし、Snowball を選択して、エクスポートジョブを作成します。インポートジョブと同様に、使用するリージョンとバケットを指定します。特定のバケットからすべてのデータをエクスポートするわけではない場合は、UTF-8 バイナリの順番でソートされた S3 キー範囲の初めと終わりを指定して、エクスポートするデータを指定します。選択するキー範囲と、その間のすべてのキーがエクスポートされます。コンソールの使用に関する詳細については、こちらをご覧ください。

Q: エクスポートされたデータにアクセスできるようになるまでに、どれほどの時間がかかりますか?

通常、リクエストを受け取った後 24 時間以内にデータのエクスポートが開始され、データのエクスポートには 1 週間ほどかかります。ジョブが完了し、デバイスの準備が整ったら、ジョブの作成時に選択された発送オプションを使用して発送されます。

Q: 発送を待たないで済むよう、Snowball をデータセンターで受け取ることはできますか?

いいえ。翌日発送を選択できますが、お客様指定の住所に Snowball を発送しなければなりません。データセンターで Snowball を受け取る方法は用意されていません。

Q: Snowball の準備中にエクスポートデータの書き込みの進行状況を追跡できますか?

はい。Snowball のプロビジョニングが開始したときを確認し、データがデバイスに書き込まれる更新状況をリアルタイムで確認できます。インポートジョブと同様に、プロビジョニングが完了したときと、デバイスが発送されたときに通知を受け取ることができます。

Q: AWS では、Snowball にコピーする前にデータを暗号化しますか?

はい。書き込まれたすべてのデータは暗号化され、Snowball にデータの暗号化キーはありません。

Q: デバイスを受け取ったらどのようにデータを Snowball から読み取りますか?

Snowball クライアントを使用すると、データを Snowball からローカルのストレージにコピーできます。クライアントは、Snowball からデータを読み込み、Amazon S3 に保存されたときと同じ形式でローカルのストレージに書き込む際、データを復号します。

Q: どれほどの量のデータをエクスポートできますか?

エクスポートできるデータの量はほぼ無制限です。1 つのアプライアンスの上限を超える量のデータをエクスポートする場合は、選択するすべてのデータをエクスポートできるように、追加のエクスポートジョブが自動的に作成されます。

Q: 複数のバケットからデータを取り出すことはできますか?

はい。エクスポート用に選択できるバケット数に制限はありません。

Q: Amazon S3 オブジェクトをローカルのストレージにコピーするときに、それらのオブジェクトはどのようにファイルにマッピングされますか?

各キーは、バケット名で始まるディレクトリツリー内のお客様のデバイスへコピーされます。例えば、キーが "images/orange.jpg" で、バケットが "fruit" の場合、オブジェクトは /fruit/images/orange.jpg に保存されます。各オブジェクトに関連するメタデータは、ストレージデバイスへコピーされません。

Q: Amazon Glacier ストレージクラスに格納されているデータをエクスポートできますか?

いいえ。Amazon Glacier データをエクスポートするには、S3 Lifecycle Restore 機能を使用して Amazon S3 に復元する必要があります。

Q: エクスポート結果のログを取得することはできますか?

はい。各ジョブ (インポートまたはエクスポート) では、コピーされたファイルおよびコピーできなかったファイルのログが生成され、Snowball コンソールから利用できます。

Q: データのエクスポートにかかる費用はどれくらいですか?

料金表ページに記載されている Snowball Export の料金に加えて、Amazon S3 と Amazon Glacier のサービスからデータを取得するために発生した料金すべてが課金されます。


Q: Snowball を使用したデータの転送料金はいくらですか?

それぞれの Snowball のデータ転送ジョブの料金は定額料金です。これにはデバイスの処理や、AWS データセンターで発生するインポートおよびエクスポート処理の料金が含まれています。お客様は Snowball の使用のために 10 日間無料で保持できます。デバイスの到着日と、返送日は、この 10 日間には含まれません。お客様の Snowball デバイス保持期間が 10 日間を超えた場合、1 日あたり 15 USD かかります。AWS へのデータ転送に料金は発生しません。AWS からのデータ転送の料金はリージョンによって異なります。料金詳細については、料金表ページをご覧ください。

次の例に、80 TB モデル Snowball の料金を示します。

例:

1 つの Snowball を使って 60 TB のデータを AWS へ転送するとします。お客様の Snowball の保持期間は 14 日間でした (Snowball の到着日を 1 日目、Snowball の返送日を 14 日目として計算します)。

このジョブのサービス料金:

このジョブのサービス料金は 250 USD です。

追加日料金

お客様は Snowball の使用のために 10 日間無料で保持できます。デバイスの到着日と返送日は、この 10 日間には含まれません。つまり、この例では 1 日目と 14 日目は計算に含まれません。1 日目と 14 日目の間には 12 日間あり、12 日間中 10 日間は無料です。残りの 2 日間は、データを転送するために使用される余分の日数です。追加日料金の合計は次のようになります。

2 日間 x 15 USD/日 = 30 USD

データ転送:

この例では、AWS へデータを転送したので、データ転送料はかかりません。

配送:

配送料は、配送先と選択する配送オプション (夜間、翌々日など) によって異なります。

Q: Amazon S3 の使用に対してどのように課金されますか?

Snowball では、Snowball アプライアンスから Amazon S3 のような AWS の提供するサービスにデータが転送されます。標準の AWS のサービス料金がかかります。AWS に転送されるデータ (イン) にはデータ転送料金は課金されず、保存されたデータに対して標準の Amazon S3 の料金が適用されます。

Q: Snowball アプライアンスを購入できますか?

Snowball は、ジョブ単位の従量課金制でのみ提供しており、ご購入いただくことはできません。


Q: Snowball サービスでは、API へのアクセスがサポートされていますか?

はい。Snowball ジョブ管理 API により、Snowball のジョブ作成と管理機能にプログラム的にアクセスが提供されます。これは、すべてのインターネット開発環境で機能するように設計されたシンプルで標準ベースの REST ウェブサービスインターフェイスです。

Q: Snowball ジョブ管理 API では何をすることができますか?

この API により、パートナーとお客様はカスタム統合を構築して、Snowball のリクエストとジョブの状態を通信するプロセスを管理できます。この API が提供するシンプルなウェブサービスインターフェイスを使用することで、ウェブのどこからでもジョブを作成、一覧、更新、およびキャンセルできます。このウェブサービスを使用すれば、開発者は簡単に Snowball ジョブワークフローを管理するアプリケーションを構築できます。詳細については、Snowball のドキュメントを参照してください。

Q: S3 Adapter とは何ですか?

S3 Adapter は、Snowball クライアントが Snowball でデータを読み書きするための S3 対応インターフェイスを提供します。

Q: S3 Adapter でできることは何ですか?

S3 Adapter により Snowball と通信できる機能が提供されるため、お客様はファイルおよびファイル以外のソースからデータをコピーするツールを構築できます。これには、Snowball コマンドラインツールを介して利用可能であるものと同じ暗号化を使用して Snowball にデータをコピーするインターフェイスが含まれます。詳細については、Snowball のドキュメントを参照してください。

Q: Snowball クライアントではなく、S3 Adapter を使用したほうがよい理由は何ですか?

Snowball クライアントは、ファイルベースのデータを Snowball に簡単にコピーできるターンキーツールです。緊密な統合を好むお客様の場合は、S3 Adapter を使用することで、既存のアプリケーションとワークフローを簡単に拡張して、シームレスに Snowball と統合できます。

Q: S3 Adapter を使用する際、データは安全ですか?

S3 Adapter では、Snowball クライアントが提供するのと同じ高度な暗号化メカニズムを使用してデータが書き込まれます。

Q: Snowball S3 Adapter では、どのプログラミング言語がサポートされていますか?

S3 Adapter では、言語に依存しない REST 経由で通信が行われます。