全般

Q: AWS Snowball とは何ですか?

AWS Snowball は、安全で堅牢なデバイスを提供するサービスです。そのため、AWS のコンピューティング機能とストレージ機能をエッジ環境に導入し、AWS との間でデータを転送できます。これらの頑丈なデバイスは、一般的に AWS Snowball または AWS Snowball Edge デバイスと呼ばれます。以前、AWS Snowball では特にこれらのデバイスの初期ハードウェアバージョンを参照していましたが、そのモデルは更新済みのハードウェアに置き換えられました。現在、AWS Snowball サービスは、オンボードコンピューティング機能とストレージを含む Snowball Edge デバイスで動作します。

Q: Snowball Edge とは何ですか?

Snowball Edge は、AWS Snowball サービスによって提供されるエッジコンピューティングおよびデータ転送デバイスです。オンボードストレージとコンピューティング能力を備えており、エッジロケーションで使用するための厳選された AWS サービスを提供します。Snowball Edge は Storage Optimized および Compute Optimized の二つのオプションにより、船舶、風車小屋、および遠く離れた工場のような切断された環境で、ローカルデータ処理および収集をサポートします。詳しい機能については、こちらをご覧ください。

Q: オリジナルの AWS Snowball 50 TB および 80 TB デバイスで何が起こりましたか?

オリジナル Snowball デバイスは利用不可になったため、Snowball Edge Storage Optimized がデータ転送に使用される主要なデバイスになりました。

Q: オリジナルの Snowball 50 TB および 80 TB デバイスを注文できますか?

いいえ。データ転送が必要な場合は、Snowball Edge Storage Optimized デバイスを選択してください。

Q: Snowball Edge はどのように機能するのですか?

どのくらいのデータを転送、およびローカル処理のためにコンピューティングする必要があるかに基づいて、AWS マネジメントコンソールで一つ以上の Snowball Edge Compute Optimized、または Snowball Edge Storage Optimized デバイスをリクエストすることにより開始します。選択したバケット、データ、Amazon EC2 AMI および Lambda 関数は、配送される前にデバイスで自動的に設定、暗号化、およびプレインストールされます。デバイスが到着したら、これをローカルネットワークに接続し、IP アドレスを手動または DHCP により自動で設定します。次に、Snowball Edge クライアントソフトウェア、ジョブマニフェスト、およびロック解除コードを使用して、Snowball Edge デバイスまたはクラスターの整合性を検証し、ロックを解除して使用できるようにします。マニフェストとロック解除コードは一意に生成され、指定の Snowball Edge に暗号論理的に関連付けられるため、他のデバイスでは使用できなくなります。Snowball Edge にコピーされたデータは自動的に暗号化され、指定するバケットに保存されます。

すべてのロジスティクスと配送は Amazon が実施します。コピーが完了してデバイスが返送可能になると、E Ink の返送ラベルによって返送宛先が自動的に更新され、Snowball Edge デバイスが正しい AWS 施設に送られます。デバイスが配送されると、追跡ステータスが送信されます。これは、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) で生成されたテキストおよび E メールの形式で送信されるか、コンソールで直接取得できます。

Snowball Edge リソースの管理はすべて、AWS マネジメントコンソールで実行可能です。オンサイトのシステムエンジニアがこれらのオペレーションを実施する必要はありません。

Q: Snowball と Snowball Edge の違いは何ですか?

現在、AWS Snowball はサービス全体を指し、Snowball Edge はサービスが現在使用しているタイプのデバイスを指します。一般的に AWS Snowball デバイスと呼ばれることもあります。もともと、Snowball の初期ハードウェアはデータ転送専用に設計されていました。Snowball Edge には、ネットワーク接続が利用できない場合でも、コンピューティングをローカルで実行する追加機能があります。

Q: Snowball Edge Storage Optimized および Snowball Edge Compute Optimized オプションの間の違いは何ですか?

Snowball Edge Storage Optimized は、数十テラバイトから数ペタバイトのデータを安全かつ迅速に AWS に転送する必要がある場合に最適なデータ転送ソリューションです。これは IoT データ集合および変換などの一般目的の分析を実行することにもピッタリです。最大 80 TB の使用可能な HDD ストレージ、40 vCPU、1 TB の SATA SSD ストレージ、および最大 40 Gb のネットワーク接続を提供し、大規模なデータ転送と前処理のユースケースに対応します。弊社は AWS に転送する前のデータ処理のためのパワフルなコンピューティングおよび高速ストレージにアクセスすることが要求されるユースケース向けには、Snowball Edge Compute Optimized の使用をお勧めします。これは高解析度映像処理、先進的な IoT データ分析などのアプリケーションを実行するための、52 vCPU、7.68 TB の NVMe SSD、最大 100 Gb のネットワーキング、および接続性が制限されている環境での機械学習モデルのリアルタイムの最適化を特長とします。詳細については、ドキュメントを参照してください。

Q: Snowball Edge はどのような用途で使用できますか?

頑丈な環境、厳しい環境、モバイル環境、または切断された (または断続的に接続された) 環境でコンピューティングを実行する必要がある場合は、Snowball Edge をご検討ください。AWS DataSync などの高速オンライン転送サービスを使用するための帯域幅が利用できない場合、大規模なデータ転送と移行についてもお考えください。

Snowball Edge Storage Optimized は、数テラバイトから数ペタバイトのデータを安全かつ迅速に AWS に転送する必要がある場合に最適なデータ転送ソリューションです。Snowball Edge Storage Optimized は、大量のデータを転送する場合、AWS への転送が必要なデータを頻繁に収集する場合、広帯域幅のインターネット接続が利用できない、またはこれに莫大なコストがかかるエリアにストレージが存在している場合に使用できます。

Snowball Edge クラスターのローカルデータを分析し、それを S3 互換のエンドポイントに書き込むといったエッジコンピューティングワークロードにも Snowball Edge を使用できます。このワークロードを、NFS ファイルインターフェイスなどの組み込みの機能を利用する既存のワークロードに最適化し、ファイルのメタデータを維持したまま、これらのファイルをデバイスに移行できます。

Snowball Edge は、工場の作業場、石油や天然ガス採掘場、掘削現場、病院、移動車両などの、遠隔地や厳しい運用環境でも動作します。Snowball Edge は、事前設定されており、インターネットへの接続は必要ありません。そのため、隔離された運用環境でも処理とデータ収集を実行できます。Snowball Edge を使用すると、AWS に完全に接続しているかのようにしてエッジでソフトウェアを実行し、特定の AWS 機能を利用できます。

Q:Snowball Edge を使用して AWS リージョン間でデータを移行することはできますか?

いいえ。Snowball Edge は、大容量データを指定された AWS リージョン内外に移行するデータ転送ソリューションとして意図されたものです。AWS リージョン間でのデータ転送が要件となるユースケースでは、代わりに S3 のクロスリージョンレプリケーションを使用することをお勧めします。

Q: Snowball Edge を使用してどれほどのデータの転送が可能ですか?

Snowball Edge では、数テラバイトから数ペタバイトまでの実質的にはどのようなデータ量でも転送できます。単一の Snowball Edge Storage Optimized で最大 80 TB まで転送できます。また、複数のデバイスを使用すると、同時に、または連続的に、さらに大量のデータセットを転送できます。

Q: データの転送にはどのぐらい時間がかかりますか?

データ転送速度は、ローカルネットワーク速度、ファイルサイズ、およびローカルサーバーのデータ読み込み速度を含む、さまざまな要因の影響を受けます。Snowball Edge を使用して AWS に 80 TB のデータを転送するために必要なエンドツーエンド時間は約 1 週間です。これには通常の配送時間と AWS データセンターでの処理時間が含まれます。

Q: 特定のジョブで Snowball Edge を使用できる期間はどれくらいですか?

Snowball Edge デバイスは、Snowball Edge が準備されてから 360 日以内に返送する必要があります。

Q: Snowball Edge デバイスの仕様はどのようなものですか?

機能の詳細については、AWS Snowball の特長ページを参照してください。また、ネットワーク接続、温度および電源の要件、デシベル出力、および寸法などハードウェアスペックの詳細なリストについては、Snowball Edge ドキュメントのページを参照してください。

Q: Snowball Edge はどのようなネットワークインターフェイスをサポートしていますか?

一部の Snowball Edge Storage Optimized デバイス (現在、計算ジョブに使用されている) では、10GBase-T ネットワーク接続、10/25Gb SFP28 と 40Gb QSFP+ の銅線接続、および高速データ転送を実現する光通信をサポートしています。

一部の Snowball Edge Storage Optimized デバイス (現在、データ転送ジョブに使用されている) では、10 GBase-T ネットワーク接続、10/25 Gb SFP28 と 100 Gb QSFP+ の銅線接続をサポートしています。

Snowball Edge Compute Optimized では、遠隔環境で待ち時間の影響が出やすいアプリケーションを実行するための、10 GBase-T ネットワーク接続、10/25 Gb SFP28 と 100 Gb QSFP+ の銅線接続をサポートしています。

Q: Snowball Edge のデフォルトの配送オプションは何ですか? 急送便を選択できますか?

Snowball Edge では、デフォルトで UPS の翌々日配送が使用されます。一刻を争うジョブでは、急送便をお選びいただけます。

エッジコンピューティング機能

Q: Snowball Edge は EC2 インスタンスをサポートしていますか?

はい。Snowball Edge Storage Optimized オプションは、SBE1 インスタンスをサポートしています。

Snowball Edge Compute Optimized オプションは、更に強力で大規模なインスタンス、コンピューティング集約型アプリケーション用の SBE-C を特長とします。

オプションの GPU を備えた Snowball Edge Compute Optimized デバイスは、SBE-G インスタンスを使用してアプリケーションのパフォーマンスを加速できます。

Snowball Edge デバイス上の EC2 と相互換性のあるインスタンス向けのサポートにより、EC2 上で構築およびテストができ、Snowball Edge で AMI を操作して、遠隔地または切断された場所にあるワークロードにアクセスします。

Q: Snowball Edge は Lambda 関数をサポートしていますか?

はい、Lambda関数は、データストレージの事象に応じて、Snowball Edgeでホストされ、実行されます。

Q: Lambda 関数はSnowball Edge上でどのように機能しますか?

Lambda 関数はSnowball Edge上のローカルでホストされます。データがアプライアンスに書き込まれると同時に、Lambda 関数はそのデータに反応を起こさせることができます。AWS での反応と同じ方法で、Lambda 関数は他のサービスの呼び出し、オブジェクトの更新、またはその他の変更を行います。

Q: Amazon EC2 コンピューティングインスタンスと AWS Lambda 関数はコンピューティングニーズに合わせてどのように使い分けることができますか?

AWS Lambda は、AWS のサーバーレスコンピューティングモデルを活用した新しいアプリケーションをデバイス上でも実行したい場合に適しています。Amazon EC2 インスタンスは、データの前処理のためにデバイス上で既存のアプリケーションを実行する必要のある場合、既存のアプリケーションをサーバーレスモデルにリファクタリングすることが望ましくない場合に適しています。

Q: どのようにAWS Snowball EdgeのSBE インスタンスでGPUを使用できますか?

AWS Snowball Edge Compute Optimized での GPU オプションはアプリケーションの性能を加速するオンボード GPU を利用できる SBE-G インスタンスを備えています。このデバイスを受け取った後、アプリケーションでオンボード GPU を使用するために、オプションを選択して SBE-G インスタンスを使用します。

Q: AWS Snowball Edge で EC2 相互換性インスタンスを使用するのはどのような場合ですか?

EC2相互換性 インスタンスは、エッジで実行されているアプリケーションが仮想マシン (Amazon Machine Image、または AMI) として管理され、デプロイされている場合に使用します。

Q: 複数の Snowball Edge デバイスをクラスター化できますか?

はい。優れた耐久性と単一の S3 互換のエンドポイントにより、複数の Snowball Edge Storage Optimized または Snowball Edge Compute Optimized デバイスを大規模なストレージプールにクラスター化できます。例えば、6 つのストレージ最適化デバイスがある場合、400 TB のストレージでの単一 S3 相互換性エンドポイントを公開する単一クラスターに設定できます。代わりに、クラスターせずに個別に使用されることもでき、それぞれが 80 TB の使用可能なストレージで S3 互換性エンドポイントをホスティングします。耐久性のあるクラスターは Storage Optimized および Compute Optimized デバイスの混合で作成されることはできません。

Q: Snowball Edge デバイスのクラスタリングを検討する必要があるのはどのような場合ですか?

Snowball Edge クラスターで、ローカルストレージの耐久性およびスケーラビリティを増加させます。クラスター Snowball は耐久性があり、スケーラブルな S3 互換性のあるローカルストレージを作成できます。データは Snowball をクラスターの外と中を継ぎ目なく交換することにより、AWS に運ばれることができます。Snowball Edge クラスターを使用すると、デバイスを追加または削除することで、要件に応じてローカルストレージのキャパシティを拡張または縮小できます。

Q: Snowball Edge でローカルコンピューティングの使用を開始するにはどうしたらよいですか?

AWS Snowball Edge ジョブを作成するときに Amazon EC2 AMI または Lambda 関数を有効化してプロビジョニングできます。AWS コンソール、AWS Snowball SDK、AWS CLI のいずれも使用できます。

Q: デバイスのインスタンスを開始、停止、管理するために既存の Amazon EC2 API を使用できますか?

はい。AWS Snowball Edge は Amazon EC2 互換のエンドポイントを提供します。インスタンスの開始、停止、管理は AWS Snowball Edge 上で行うことができます。このエンドポイントでは AWS CLI と AWS SDK を使用できます。

Q: AWS Snowball Edge は Amazon EC2 のどの機能をサポートしていますか?

AWS Snowball Edge で稼働する Amazon EC2 エンドポイントでは、エッジコンピューティングシナリオで最も役立つ EC2 機能のセットを利用できます。サブセットには、インスタンスの実行と終了、インストール済みの AMI および実行中のインスタンスの一覧表示に関する API が含まれます。Snowball Edge は EC2 イメージのブロックストレージもサポートしています。これは一連の Amazon EBS API コマンドを使用して管理します。

Q: AWS Snowball Edge で既存の Amazon EBS ボリュームを使用できますか?

いいえ。現時点では、AWS Snowball Edge で既存の EBS ボリュームを使用することはできませんが、Snowball Edge では EBS と互換性のある API で管理されるブロックストレージボリュームを提供しています。

Q: AWS Snowball Edge で Amazon EC2 インスタンスを使用するための手順はどのようなものですか?

インスタンスを使用するには、ジョブ作成時に AMI ID を指定します。イメージが事前インストールされた状態でデバイスが出荷されます。

Q: 他のハイパーバイザーのイメージを AMI に、または AMI を他のハイパーバイザーのイメージに変換できますか?

はい。EC2 の VM Import/Export サービスを使用して、KVM または VMWare のイメージを AMI にインポートまたはエクスポートできます。詳細については、VM Import/Export のドキュメントを参照してください。

これは、AWS Snowball サービスが提供するオペレーティングシステム以外のものを含め、ライセンスソフトウェアを実行するために必要です。

Q: この機能を使用してどのオペレーティングシステムを実行できますか?

Snowball Edge の Amazon EC2 は、Ubuntu や CentOS など、無料で使用できるさまざまなオペレーティングシステム (OS) のデフォルトサポートを提供します。これらは AMI として表示され、変更を加えることなく Snowball Edge にロードできます。Snowball Edge EC2 インスタンスでライセンスを必要とする他の OS を実行するには、独自のライセンスを提供してから、Amazon EC2 VM Import/Export (VMIE) を使用して AMI をエクスポートする必要があります。

Q: SBE1 および SBE-C インスタンスではどのような種類のワークロードを実行できますか?

SBE1 インスタンスは、vCPU を最大 40 個、ルートボリューム用の一時インスタンスストレージを搭載し、メモリを最大 32 GB 使用できます。IoT センサーのデータ収集、画像圧縮、データ収集、および機械学習などのエッジアプリケーションでの用途を想定して設計されています。SBE1 インスタンスでは、永続的ボリューム用に Snowball Edge SATA SSD および HDD ブロックストレージを使用することもできます。

SBE-C インスタンスは、最大 52 個の vCPU、ルートボリューム用の一時インスタンスストレージ、およびさまざまなコンピューティングが集中するアプリケーションを実行するための 208 GB メモリを搭載しています。インターネット接続が僅かまたは全くない環境での高度な機械学習、フルモーションビデオ分析、LAMP スタック、EC2 ホスト型コンテナなどを含みます。SBE-C インスタンスでは、永続的ボリューム用に Snowball Edge NVMe SSD および HDD ブロックストレージを使用することもできます。

Q: AWS Snowball Edge の EC2 と互換性があるインスタンスを実行するための AMI の互換性を保証するにはどうしたらよいですか?

AWS の C5 インスタンスタイプで動作する AMI は、AWS Snowball Edge Storage Optimized で使用できる SBE1 インスタンスと大多数のケースで互換性があります。アプリケーションをまず C5 インスタンスタイプでテストして、Snowball Edge Storage Optimized デバイスで実行できるか確認することをお勧めします。

AWS の M5a インスタンスタイプで動作する AMI は、AWS Snowball Edge Compute Optimized で使用できる SBE-C インスタンスと大多数のケースで互換性があります。AWS Snowball Edge Compute Optimized デバイスで実行されている SBE-C インスタンスの場合は、M5a インスタンスタイプでアプリケーションをテストすることをお勧めします。

GPU オプションを搭載した Snowball Edge Compute Optimized の SBE-G インスタンスタイプの場合、最初に EC2 P3 インスタンスタイプに対してアプリケーションをテストすることをお勧めします。

Q: 複数のインスタンスをデバイスにインストールできますか?

はい。デバイスのすべてのインスタンスで使用するリソースの合計が Snowball Edge デバイスの制限を超えなければ、デバイスで複数のインスタンスを実行できます。

Q: AWS Snowball Edge クラスターで SBE1、SBE-C、および SBE-G インスタンスを使用するにはどうしたらよいですか?

すべての EC2 相互換性のあるインスタンスは、AWS Snowball Edge クラスターの各ノードで実行できます。AWS コンソールを使用して AWS Snowball Edge クラスターをプロビジョニングする場合は、クラスタの各ノードで実行するインスタンスの詳細を指定できます。例えば、実行する AMI、インスタンスタイプおよびサイズなどを指定します。クラスター内の各ノードで同じ AMI を使用することも、異なる AMI を使用することもできます。

Q: インスタンスの作成を手動で行うことはできますか?

各 AMI には AMI ID が関連付けられています。この ID を指定して run-instance コマンドを使用し、インスタンスを作成できます。このコマンドを実行すると instance-id 値が返されます。インスタンスはこの値を使用して管理できます。

Q: AWS Snowball Edge でインスタンスを管理するにはどうしたらよいですか?

describe-images コマンドを使用して、デバイスにインストールされているすべてのイメージのステータスを確認できます。デバイスで実行中のアクティブなインスタンスを表示するには、describe-instance-status コマンドを使用します。

Q: 既存のインスタンスを削除するにはどうしたらよいですか?

terminate-instance コマンドを使用して、実行中のインスタンスを削除できます。

Q: 転送中に AMI はどのように保護されますか?

Snowball Edge では、AMI を含むすべてのデータが 256 ビット暗号化を使用して暗号化されます。暗号化キーは、AWS Key Management Service (KMS) を使用して管理されます。キーがデバイスに保存されることはありません。オンプレミスでデバイスを使用するには、キーとロック解除コードの両方が必要です。不正開封を検知する筐体を使用することに加えて、Snowball Edge ではハードウェア、ファームウェアまたはソフトウェアの不正な改変を検出する業界標準の Trusted Platform Module (TPM) を使用しています。AWS では、不正使用のどのような兆候も見逃さないように視覚的かつ暗号的にすべてのデバイスを調査します。

Q: AWS Snowball Edge のコンピューティングインスタンスでのソフトウェアライセンスの扱いはどのようなものですか?

インスタンス上で実行するソフトウェアのライセンス管理は、お客様が行います。具体的には、Windows オペレーティングシステムの場合、EC2 の AMI にライセンス済み OS をインストールし、次に VM Import/Export を使用して AMI を Snowball Edge デバイスにロードすることで、既存のライセンスをデバイスで実行中のインスタンスに移動できます。

Snowball Edge での Amazon EC2 向けのブロックストレージ

Q: AWS Snowball Edge のブロックストレージとは何ですか?

Snowball Edge Compute Optimized と Snowball Edge Storage Optimized の両方のデバイスでブロックストレージを実行できます。Snowball Edge デバイスで EC2 インスタンスのボリュームを設定し、管理できるようにする Amazon EBS 機能のサブセットを使用して、ブロックストレージボリュームを EC2 インスタンスに接続します。

Q: AWS Snowball Edge ブロックストレージを使用する利点は何ですか?

Snowball Edge ブロックストレージを使用すると、デバイスで Amazon EC2 ベースのアプリケーション向けに、ルートボリュームに加えて、複数の永続的ブロックストレージボリュームを作成できます。これにより、Snowball Edge の EC2 アプリケーションに、ルートボリュームのみで達成できる場合より、高いパフォーマンスとより多くのストレージ容量を提供できます。これで、複数のボリュームを EC2 インスタンスに接続することができます。Snowball Edge の EC2 インスタンスに接続されたボリュームはインスタンスの存続期間とは関係なく保持されます。このため、Snowball Edge に複数のアプリケーションをデプロイしたり、必要に応じたアプリケーションの起動や停止を行うことができます。

Q: 使用できるブロックストレージボリュームの種類は何ですか? また、各ボリュームタイプで使用できる容量はいくらですか?

Snowball Edge ブロックストレージは、パフォーマンスに最適化された SSD ボリューム (sbp1) と容量に最適化された HDD ボリューム (sbp1) を提供して、さまざまなデータ処理およびデータ収集アプリケーションの IOPS とスループットの要件を満たします。ブロックストレージボリュームの最大サイズはボリュームあたり 10 TB です。最大 10 ボリュームを Snowball Edge の EC2 インスタンスにアタッチできます。

Snowball Edge Compute Optimized では、sbp1 ボリュームに最大 7 TB の NVMe SSD を使用できます。これは、機械学習など、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションに適しています。Snowball Edge Storage Optimized では、sbp1 ボリュームに最大 1 TB の SATA SSD を使用できます。これはデータの前処理に適しています。

Snowball Edge Storage Optimized と Compute Optimized の両方のデバイスで、容量に最適化されたボリューム sbg1 を使用して HDD にデータを保存できます。このボリュームタイプは、データ収集や IOPS がさほど高くないアプリケーションに適しています。最大ボリュームサイズは 10 TB で、任意のインスタンスに複数のボリュームをアタッチできます。Snowball Edge Storage Optimized では、sbg1 に最大 86 TB の HDD ストレージを使用できます。Snowball Edge Compute Optimized では、sbg1 に最大 40 TB の HDD ストレージを使用できます。

Q: Snowball Edge でブロックストレージの使用を開始するにはどうしたら良いですか?

デフォルトでは、すべての Snowball Edge デバイスにブロックストレージ機能が搭載された状態で発送されます。デバイスのロックを解除したら、AWS CLI または SDK を使用してボリュームを作成し、それらを Amazon EC2 インスタンスに接続できます。各 EC2 インスタンスに複数のボリュームを接続できますが、単一のボリュームは常に単一のインスタンスにしか接続できません。

Q: Snowball Edge のブロックストレージと Amazon EBS の違いは何ですか?

Snowball Edge ブロックストレージは、Amazon EBS ボリュームとはパフォーマンス、可用性、および耐久性の特性が異なります。また、Amazon EBS 機能のサブセットのみを提供しています。たとえば、スナップショット機能は現在 Snowball Edge ブロックストレージではサポートされていません。サポートされている API の完全なリストについては、Snowball Edge のテクニカルドキュメントを参照してください。

Q: SBE ブロックストレージはどの Amazon EBS API でサポートされていますか?

SBE のブロックストレージと対話するには、作成、削除、接続、接続解除、およびボリューム EBS API の説明を使用できます。サポートされている API の完全なリストについては、Snowball Edge のテクニカルドキュメントを参照してください。

Q: Snowball Edge でブロックストレージを利用するためには、どの Amazon Machine Image を使用できますか?

Snowball Edge で実行されている Amazon Machine Image (AMI) は、一度に最大 10 個のブロックストレージボリュームにアクセスできます。AWS が提供する汎用 AMI およびカスタム AMI は、任意のブロックストレージボリュームにアクセスできます。ブロックストレージボリュームを機能させるための特別な要件はありません。ただし、特定のオペレーティングシステムでは特定のドライバーを使用するとパフォーマンスが向上します。詳細については、Snowball Edge のテクニカルドキュメントを参照してください。

Q: あるデバイスのボリュームは、別のデバイスで実行されている Amazon EC2 インスタンスにアクセスできますか?

単一の Snowball Edge で作成されたボリュームは、そのデバイスで実行されている EC2 インスタンスにのみアクセス可能です。

Q: さまざまなボリュームで使用されているストレージ容量をモニタリングするには、どうすれば良いですか?

Snowball クライアントから describe-device コマンドを使用して、デバイスで使用されているブロックストレージの量をモニタリングできます。ボリュームを作成すると、利用可能な容量に基づいて、要求されたすべてのストレージ容量が割り当てられます。

Q: ブロックストレージに保存されているデータをクラウド内の Amazon EBS ボリュームに転送できますか?

いいえ、直接行うことはできません。Snowball Edge のブロックストレージボリューム上のデータは、デバイスが AWS に返されると削除されます。ブロックストレージボリュームにデータを保存したい場合は、Snowball Edge の Amazon S3 と互換性のあるストレージにデータをコピーする必要があります。このデータは、デバイスが AWS に返されたとき S3 バケットにコピーされます。

Q: オブジェクトストレージとブロックストレージを同じデバイスで操作できますか?

はい、Amazon S3 と互換性のあるオブジェクトストレージと Snowball Edge ブロックストレージを同じデバイスで使用することができます。sbg1 ボリュームに使用されるオブジェクトストレージとブロックストレージは、同じ HDD 容量を共有します。基となるストレージ機能は連携して機能するため、ブロックストレージまたはオブジェクトストレージに対する I/O デマンドの増加が、他のストレージの可用性とパフォーマンスを妨げることはありません。

Q: AWS コンソールから Snowball Edge を順序付けるときに、ボリュームまたはストレージリソースを設定する必要がありますか?

いいえ、デバイスを受け取ってから、Amazon EC2 インスタンスにボリュームを追加します。

Q: ブロックストレージとオブジェクトストレージの間でデバイスのストレージリソースを割り当てる必要がありますか?

いいえ、アプリケーションのニーズに基づいて、ボリュームとオブジェクトを動的に追加するか、削除することができます。

Q: デフォルトではボリュームが暗号化されていますか?

Snowball Edge は、機密データの保護を実現するためにセキュリティを考慮した設計となっています。ブロックボリュームに書き込まれるすべてのデータは AWS Key Management Service (KMS) によって提供されるキーで暗号化できます。Snowball Edge のジョブ作成時に選択したのと同じキーを使用して、すべてのボリュームが暗号化されます。キーはデバイスに永久に保存されるわけではなく、電源が切れた後に削除されます。

Q: Snowball Edge ブロックストレージで最適なパフォーマンスを達成するためのベストプラクティスは何ですか?

ブロックストレージを使用して接続された追加ボリュームは、ルートボリュームと比較して最大 10 倍高いパフォーマンスを提供します。比較的小さいルートボリュームを使用して、Amazon EC2 アプリケーション向けのデータを保存するための追加ブロックストレージボリュームを作成することをお勧めします。パフォーマンスのベストプラクティス、および推奨されるドライバーに関する Snowball Edge のテクニカルドキュメントを参照してください。

利用可能なリージョン

Q: Snowball Edge はどのリージョンで利用できますか?

最新情報については、リージョン別のサービス可用性ページをご覧ください。 

Q: Snowball Edge を別の AWS リージョンに発送できますか?

Snowball Edge デバイスはリクエストに応じて作成され、1 つの AWS リージョン内で使用されます。あるリージョンからリクエストし、別のリージョンに返却することはできません。EU 内の AWS リージョンでのインポートおよびエクスポート用の Snowball Edge デバイスは EU 全 28 か国で使用できます。最新情報については、リージョン別のサービス可用性ページをご覧ください。

セキュリティ

Q: Snowball Edge ではデータが暗号化されますか?

Snowball Edge では、すべてのデータが 256 ビット暗号化を使用して暗号化されます。暗号化キーは、AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用して管理されます。キーがデバイスに保存されることはなく、デバイスが切断されて AWS に返却されるときには、メモリのすべての内容が消去されます。

Q: Snowball Edge ではどのように物理的にデータを保護しますか?

不正開封防止筐体の使用の他に、Snowball Edge ではハードウェア、ファームウェアまたはソフトウェアの不正な改変を検出する業界標準の Trusted Platform Module (TPM) が使用されています。AWS では、不正使用のどのような兆候も見逃さないように視覚的かつ暗号的にすべてのデバイスを調査し、TPM によって変更が検出されていないか確認します。

Q: Snowball Edge ではどのようにデータの保護がデジタル処理されますか?

Snowball Edge は、機密データの保護を実現するためにセキュリティを考慮した設計となっています。すべてのデータは AWS Key Management Service (KMS) によって提供されるキーで暗号化できます。キーはデバイスに永久に保存されるわけではなく、電源が切れた後に削除されます。アプリケーションと Lambda 関数は、物理的に隔離された環境で実行され、ストレージへのアクセス権はありません。最後に、データは AWS に転送された後、米国標準技術局によって定義された標準を使用してデバイスから削除されます。Snowball Edge デバイスは攻撃に対抗できるよう強化されており、すべての設定ファイルは暗号化され、デバイスに存在することのないキーで署名されています。

Q: データ転送ジョブを簡単に追跡する方法はありますか?

Snowball Edge では、デバイスが正しい AWS 施設に自動的に送られるよう設計された、革新的な E Ink 返送ラベルが使用されています。データ転送ジョブの完了後は、Amazon SNS 生成のテキストメッセージや E メール、およびコンソールによってジョブを追跡できるようになります。

Q: セキュリティ分析、および運用上のトラブルシューティングのために、使用しているアカウントで実行された Snowball API 呼び出しの履歴を取得できますか?

はい。お使いのアカウントで実行された Snowball API 呼び出しの履歴は、AWS マネジメントコンソールで AWS CloudTrail を有効にするだけで受け取ることができます。Snowball の次の API コールは記録および配信されません。DescribeAddress (応答中)、CreateAddress (リクエスト中)、DescribeAddresses (応答中)。

Snowball Edge を使用したデータのインポート

Q: データを Snowball Edge に転送するにはどうすればよいですか?

Snowball Edge の接続と有効化が完了すると、デバイスで使用可能な S3 互換のエンドポイントや NFS ファイルインターフェイスを使用して、ローカルソースからデバイスに対してデータを転送できるようになります。データのコピーには Snowball クライアントも使用できます。詳細については、Snowball Edge のドキュメントを参照してください。

Q: Snowball Edge へのデータ転送が完了したらどうすればよいですか?

データ転送ジョブが完了したら、Snowball Edge の E Ink ディスプレイで返送ラベルが自動的に更新され、正しい AWS 施設の宛先が示されます。Snowball Edge をお近くの UPS にお持ち込みいただくだけで、すべてが完了します。Amazon SNS 生成のテキストメッセージや E メール、または AWS マネジメントコンソールを使用して、転送ジョブのステータスを追跡できます。

Snowball Edge を使用したデータのエクスポート

Q: データのエクスポートにかかる費用はどれくらいですか?

料金ページに記載されている Export ジョブの料金に加えて、Amazon S3 からデータを取得するために発生する料金すべてが請求されます。

Q: エクスポートされたデータにアクセスできるようになるまでに、どれほどの時間がかかりますか?

通常、リクエストを受け取った後 24 時間以内にデータのエクスポートが開始され、データのエクスポートには 1 週間ほどかかります。ジョブが完了し、デバイスの準備が整ったら、ジョブの作成時にお客様が選択した発送オプションを使用して発送されます。

AWS OpsHub

Q: Snow ファミリー向け AWS OpsHub とは何ですか?

AWS OpsHub は、Snowball のリソースページからダウンロードできるアプリケーションです。 AWS Snow ファミリーデバイスを管理するためのグラフィカルユーザーインターフェイスを提供します。AWS OpsHub は、AWS Snowball デバイスのセットアップと管理を容易にし、エッジコンピューティングワークロードを迅速にデプロイし、クラウドへのデータ移行を簡素化できます。AWS OpsHub で数回クリックするだけで、デバイスのロック解除と構成、データをデバイスにドラッグアンドドロップ、デバイス上の EC2 インスタンスの起動と管理、またはデバイスメトリックのモニタリングを行うことができます。AWS OpsHub は世界中でご利用いただけます。追加料金は発生しません。

Q: Snow ファミリー向け AWS OpsHub はどのように機能しますか?

AWS OpsHub は、Windows または Mac クライアントマシン (ノート型パソコンなど) にダウンロードしてインストールできるアプリケーションです。AWS OpsHub をインストールし、環境内に AWS Snow ファミリーデバイスの用意ができたら、AWS OpsHub を開きデバイスのロックを解除します。その後、デバイスとシステムメトリクスを示したダッシュボードが表示されます。その後、わずか数回のクリックだけで、エッジアプリケーションのデプロイやデバイスへのデータ移行を開始できます。

Q: AWS OpsHub がリリースされる前に注文した Snow ファミリーデバイスで AWS OpsHub を使用できますか?

はい。ただし、タスク自動化機能は、2020 年 4 月 16 日に AWS OpsHub がリリースされた後に注文された Snow ファミリーデバイスでのみ使用できます。AWS OpsHub のリリース前に注文された機能を含め、他のすべてはすべてのデバイスでご利用いただけます。

Q: AWS マネジメントコンソールと比較して、いつ AWS OpsHub を使用しますか?

AWS OpsHub を使用して、AWS Snow ファミリーデバイスと、そのデバイスで実行される AWS サービスの管理と運用を行います。AWS OpsHub は、ノード型パソコンなどのローカルクライアントマシンで実行されるアプリケーションであり、切断された環境や接続された環境で作動されます。対照的に、AWS マネジメントコンソールを使用して、クラウドで実行されている AWS サービスの管理と運用を行えます。AWS マネジメントコンソールは、インターネットに接続しているときに動作するウェブベースのアプリケーションです。

Q: AWS OpsHub ソフトウェアを最新状態に保つにはどうすればよいですか?

AWS OpsHub が実行されているクライアントマシンがインターネットに接続されている場合、AWS OpsHub は AWS OpsHub ソフトウェアの更新を自動的にチェックします。ソフトウェアの更新がある場合、アプリケーションから通知が届き、最新のソフトウェアをダウンロードして更新するオプションが表示されます。さらに、Snowball のリソースページにアクセスして、AWS OpsHub の最新バージョンを確認できます。

Q: AWS OpsHub は、AWS Snow ファミリーデバイスに転送するデータを検証して暗号化しますか?

はい。AWS OpsHub を使用して AWS Snow ファミリーデバイスにデータをコピーすると、デバイスにコピーしたデータが元のデータと同じであることを確認するためにチェックサムが使用されます。また、AWS Snow ファミリーデバイスに書き込まれるすべてのデータはデフォルトで暗号化されます。

請求

Q: Snowball Edge を使用するのに必要な費用はいくらですか?

料金の詳細については、AWS Snowball Edge の料金ページをご覧ください。

Q: Amazon S3 の使用に対してはどのように課金されますか?

Snowball Edge は、お客様に代わって、Amazon S3 のような AWS のサービスにデータを転送します。AWS の標準サービス料金がかかります。AWS に転送されるデータ (イン) にデータ転送料金は請求されず、S3 に保存されたデータに対して標準の Amazon S3 の料金が適用されます。

Q: Snowball Edge ブロックストレージで追加料金が発生しますか?

いいえ、この機能に追加料金は発生しません。

Q: Snowball Edge デバイスを購入できますか?

デバイスは、ジョブ単位の従量課金制でのみ提供しており、ご購入いただくことはできません。

ワークフロー統合ツール

Q: Snowball Edge では API を利用できますか?

はい。Snowball ジョブ管理 API により、Snowball または Snowball Edge のジョブ作成と管理機能をプログラムから利用できます。これは、すべてのインターネット開発環境で機能するように設計されたシンプルで標準ベースの REST ウェブサービスインターフェイスです。

Q: Snowball ジョブ管理 API ではどのようなことが行えますか?

AWS Snowball ジョブ管理 API により、パートナーとお客様がカスタマイズされた統合を構築し、Snowball のリクエストとジョブの状態を通信するプロセスを管理できます。この API のシンプルなウェブサービスインターフェイスを使用することで、ウェブのどこからでもジョブの作成、一覧、更新、キャンセルが可能になります。このウェブサービスを使用すれば、開発者は Snowball ジョブを管理するアプリケーションを簡単に構築できます。詳細については、AWS Snowball のドキュメントをご覧ください。

Q: S3 Adapter とは何ですか?

Snowball 用 S3 SDK Adapter は、Snowball または Snowball Edge でデータの読み取りおよび書き込みを行うための S3 互換のインターフェイスを提供します。

Q: S3 Adapter を使用して何ができますか?

S3 Adapter を使用すると、Snowball または Snowball Edge デバイスのファイルまたはファイル以外のデータソースから S3 バケットにデータを書き込むアプリケーションを作成できます。これには、Snowball クライアントと同じ暗号化方式を使用してデータをコピーするインターフェイスも含まれます。詳細については、AWS Snowball のドキュメントをご覧ください。

Q: Snowball クライアントではなく S3 Adapter を使用するのにはどのような理由が考えられますか?

Snowball クライアントは、ファイルベースのデータを Snowball に簡単にコピーできるターンキーツールです。緊密な統合を好むお客様の場合は、S3 Adapter を使用することで、既存のアプリケーションとワークフローを簡単に拡張して、シームレスに Snowball と統合できます。

Q: S3 Adapter を使用する際、データはどのように保護されますか?

S3 Adapter では、Snowball クライアントが提供するのと同じ高度な暗号化メカニズムを使用してデータが書き込まれます。

Q: Snowball S3 Adapter では、どのプログラミング言語がサポートされていますか?

S3 Adapter では、言語に依存しない REST 経由で通信が行われます。

構築を始めましょう。
AWS Snowball を始める
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ