シンプルで直感的に操作できるウェブベースのユーザーインターフェイスから、アマゾン ウェブ サービスにアクセスして管理します。AWS コンソールモバイルアプリを使用して、外出先ですばやくリソースを確認することもできます。

AWS を無料で試す

今すぐ無料でお試し
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

日本語版も順次提供中!
AWS マネジメントコンソールは、順次日本語版の拡大を行っています。現在以下の製品で日本語版コンソールをご提供しております。(2017 年 7 月現在)


コンソールによって、お客様の AWS アカウントのあらゆる面で、容易にクラウド管理が行えます。月間ご利用額をサービス別に見る、セキュリティ認証情報を管理する、新しい IAM ユーザーをセットアップするといったことが可能です。

AWS コンソール内にある AWS IaaS の運営機能、管理機能、アクセス機能はすべて、AWS API および CLI で利用可能です。AWS IaaS の新機能および新サービスは、ローンチと同時またはローンチから 180 日以内に、API および CLI を介し AWS コンソールのすべての機能を提供します。

必要なサービスを見つけてそこへ移動する方法が、いくつか用意されています。コンソールのホームで検索機能を利用し、[Recently visited services] セクションからサービスを選択したり、[All services] セクションを展開して AWS で提供されているすべてのサービスのリスト全体を参照したりできます。

最上位のナビゲーションバーでも、[Services] メニューをいつでも選択できます。このバーには、検索機能とすべてのサービスのリストが含まれています。サービスのリストは、グループ化されているかアルファベット順に並べられています。

AWS コンソールのホームページには、AWS で提供されているサービスや機能について調べたり、ソリューションの構築をすばやく開始するうえで役立つさまざまな種類のリソースが用意されています。

[Build a solution] セクションには、多種多様な、シンプルで自動化されたウィザードや、構築しようとしているソリューションに必要なリソースを作成できるワークフローが用意されています。

[Learn to build] セクションからは、ソリューションの種類やユースケースごとに分類された、さまざまな学習やトレーニング用の総合リソースにアクセスできます。これらのリソースには、チュートリアル、ビデオ、セルフペースラボ、プロジェクトガイド、ドキュメントが含まれます。

特によく使用するサービスへのショートカットを作成して、AWS コンソールの操作性をカスタマイズできます。グローバルナビゲーションバー (最上位のツールバー) でピンのアイコンをクリックすると、サービスへのリンクをツールバーにドラッグアンドドロップしてショートカットを作成できるようになります。

リソースグループを使うと、共通のタグを共有するリソースのコレクションを表示できます。アプリケーション、サービス、またはよく作業する関連リソースのコレクションごとにリソースグループを作成することで、コンソールの使用を合理化できます。

[AWS] メニューを使って、保存した各リソースグループにすばやく移動できます。リソースグループは、各アイデンティティに固有のものです。そのため、アカウントの各ユーザーは、よくアクセスするリソースや共通のタスクに対して一意のリソースグループを作成できます。URL を使って、同じアカウントの他のユーザーとリソースグループの定義を共有することもできます。

一部のオペレーションでは、リソースグループタグ付け API を使うこともできます。詳細については、API リファレンスを参照してください。 

タグエディタを使うと、あらゆるリージョンのタグをサポートする、すべてのリソースタイプのタグを簡単に管理できます。複数のリソースに、タグキーと値を一度に適用します。タグエディターはグローバルのタグ検索や一括編集をサポートするため、特定のタグを持つリソースの検索や、複数のリソースにわたるタグの変更も、わずか数回のクリックで簡単に行えます。

AWS コンソールモバイルアプリを利用すると、既存のリソース (例えば CloudWatch アラーム) の確認や運用タスクの実行を、モバイルデバイスからすばやく簡単に行えます。AWS のモバイルアプリは、Amazon アプリストアGoogle PlayiTunes からダウンロードできます。


  • 既存の AWS アカウントが必要です。
  • AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーアカウントでサインインする場合は、管理者から届いたメールに記載されているアカウントエイリアスを使用します。
  • よくある質問のページに、サポートされるブラウザとプラットフォームの一覧を掲載しています。

AWS マネジメントコンソールをお使いになった感想をぜひお寄せください。感想をお送りいただくには、ログイン後にコンソールの一番下に表示される [フィードバック] ボタンをクリックしてください。