Kia は AI を使って運転体験をパーソナライズし安全性を向上させています

運転中の顧客の安全を守る

人工知能は、組立ラインと運転の両方の面で、自動車業界を変化させています。完全な自律走行車の登場が現実に近づいてきており、ドライバーの代わりまではしない強化された半自律走行技術がすでにたくさんの自動車に導入されています。


これらの機能に対する消費者の関心は高まっています。Grand View Research によると、先進運転支援システム (ADAS) 市場は、2016 年の 141 億 5,000 万ドルから、2025 年までには世界規模で 674 億 3,000 万ドルに成長すると予測されています。AI 対応の運転支援 1 つには、死角の検出から自律的な緊急ブレーキまで、あらゆるものが含まれています。

韓国で最も古い自動車メーカーの Kia Motors は、180 か国の顧客向けに年間 300 万台以上の自動車を製造しています。自動ブレーキと車線逸脱警告用の外向きセンサーに加えて、Kia ではドライバーをよりよく理解しサポートするために、車内にコンピュータービジョンを採用しています。高度な画像解析とビデオ分析に Amazon Rekognition のような AI 技術を使用することで、Kia は車を運転するさまざまな人々向けにパーソナライズされたミラーや座席の位置決めなどの運転サポート機能を提供しています。

Kia では、アマゾン ウェブ サービス (AWS) のコンピュータビジョン用の AI サービスを、車載システムに直接組み込んでいます。Amazon Rekognition を使用すると、ドライバーの笑顔や疲労といった感情の変化などのドライバーに関する画像および動画データ、さらに環境データがリアルタイムで分析されます。

Hyundai Motors R&D の研究者 Hyungjoon Oh 氏は「運転者および乗客が誰であるかを認識し、自動的に車を好みの設定にすることは、KIA の人工知能のシンプルで新しい使用方法のひとつです。Amazon Rekognition のような AI 技術により、お客様の運転体験をシームレスにパーソナライズすることができます。 どのくらい簡単かというと、購入時にドライバーは自分の写真をアップロードするだけで、その後、車載カメラがドライバーを認識して自動的に設定を行います」と話しています。

パーソナライズ以外にも、Kia は AI を適用してドライバーと交通の安全性を向上させています。米国疾病予防管理センター (CDC) の報告によると、米国では、居眠り運転により毎年約 6,000 人が死亡しており、飲酒運転 (DUI) では年間 1 万人が死亡しています。 

「私たちは可能なあらゆる状況でお客様にサービスを提供したいと考えています。このソリューションは、運転中のお客様の安全を守る方法をよりたくさん提供しています」

Hyungjoon Oh 氏
研究者
Hyundai Motors R&D

「私たちは可能なあらゆる状況でお客様にサービスを提供したいと考えています。このソリューションは、運転中のお客様の安全を守る方法をよりたくさん提供しています」

Hyungjoon Oh 氏
研究者
Hyundai Motors R&D

AI を使用してドライバーの安全性を向上させることは、難しい課題です。歩行者、建物、その他の動く物体といった運転者の環境に関する情報を収集するためのセンサーがあります。入力と制御を管理するには、ハイパフォーマンスプロセッサが必要です。そして、自動車がドライバーに提案したり自律的に行​​動したりするのをサポートするインテリジェンス構築の中核が、機械学習アルゴリズムです。

Kia の目標は、AI 技術を使用して車内での飲酒運転の検知を可能にし、ドライバーの疲労を監視して、死亡率を下げることです。たとえば、酒気が検出された場合には車を始動しない、運転者の疲労が検出された場合には自動運転モードに切り替えて車を安全に道路の脇に寄せるなどといったことが車載システムにより提案されます。あるいは、異常気象の場合や車線が見当たらない場合は、車載システムが手動運転モードに切り替えることを提案します。

Oh 氏は、以下のように話しています。「私たちは、不注意運転が原因の死亡者数は、人工知能、特にコンピュータビジョンによって減らすことができると考えています。自動車会社としての私たちのカスタマーサービスは、車が購入されたときに完了するものではありません。私たちは可能なあらゆる状況でお客様にサービスを提供したいと考えています。このソリューションは、運転中のお客様の安全を守る方法をよりたくさん提供しています」

NFL は、ML を使用してファンのテレビ視聴エクスペリエンスを向上しています

詳細 »

Capital One は、ML を使用してお客様を詐欺から守る機能を強化しています

詳細 »

Zendesk は、企業が ML を使用してより迅速なカスタマーサービスを提供するようサポートします

詳細 »

T-Mobile は、ML を活用してより親しみやすい顧客サービスを実現しています

詳細 »