AWS SaaS パートナープログラムは、AWS で SaaS ソリューションを構築、起動、および拡張する APN テクノロジーパートナーにサポートを提供します。

SaaS (Software-as-a-Service) 経由でアプリケーションを配布しているパートナーは、ユーザーがインターネット経由でパートナーのソフトウェアソリューションを使用できるようにします。SaaS ソリューションを開発し、SaaS ベースのソフトウェアライセンスおよび配信モデルを使用する APN テクノロジーパートナーは、このプログラムに参加を申し込むことをお勧めします。

以下で、SaaS パートナープログラムおよび開始方法の詳細について説明します。

APN-Logo_Color_190x52
APN ポータルにログイン

AWS SaaS プログラムに参加を申し込む
AWS SaaS パートナーを見つける

Software as a Service (SaaS) 配信は、継続的な革新を実現する仕組みです。AWS プラットフォームは、シングルテナントおよびマルチテナントの SaaS ソリューションを実現するための低コストで、信頼性が高く、安全な方法を提供します。

グローバル AWS SaaS パートナープログラムを起動すると、AWS で SaaS ソリューションを構築/拡張できるように設計された一連のメリットを享受できます。ビジネスの進展に伴い、ビジネスおよび技術面のサポートが必要になったとき、いつでも AWS をご利用いただけます。

AWS のメリットは、成熟度ライフサイクル、すなわち学習、構築、拡張の各ステージに応じて変わります。以下に、学習、構築、拡張の各ライフサイクルステージで当社が提供するメリットを概説します。

学習ステージでは、記事、ホワイトペーパー、ブログの投稿、参照アーキテクチャという形で提供される SaaS のビジネス/技術支援コンテンツを利用できます。AWS SaaS パートナープログラムウェブキャストでは、ビジネス/技術支援コンテンツを要約および補足する短いまとめのビデオを配信します。

構築ステージでは、SaaS オフィスアワーを提供します。SaaS オフィスアワーは、AWS のビジネス/技術リーダーたちとのライブセッションです。イノベーションサンドボックスもご活用いただけます。このメリットにより、開発および(または)テスト環境を提供する新しい SaaS のために使用されるクレジットを申し込むことができます。

拡張ステージでは、SaaS テストドライブなどのメリットを享受できます。SaaS テストドライブでは、AWS でテストドライブ Software as a Service (SaaS) ベースのソリューションを提供することで、顧客と SaaS パートナーを結びつけることができます。テストドライブを使用すると、顧客は、お客様が用意した AWS 上の SaaS ソフトウェアを事前設定環境で使用することによって得られるさまざまな利点を迅速かつ容易に確認できます。SaaS Pilot を利用すると、承認された SaaS パートナーは、顧客が SaaS サービスの品質を簡単に確認する際に使用する AWS サービスクレジットを要求できます。これにより、顧客が、お客様が用意したサービスを初めて利用するときの障壁を下げることができます。AWS Marketplace SaaS Listings を利用すると、AWS Marketplace にお客様の SaaS サービスを掲載できます。これにより、新しい顧客を獲得し、収益を増やし、お客様の SaaS サービスの認知度を高めるチャネルが提供されます。

詳細については、APN ブログの投稿に記載されているLaunch Announcementをご確認ください。

 

 

認定 SaaS パートナーは、APN パートナーとして受けられる特典に加え、SaaS 製品を正常に開発および拡張するさまざまな段階を通して、その努力をサポートする幅広い特典を受けられます。ステージおよび特典には、以下が含まれる場合があります。

  • APN SaaS パートナー限定コミュニティとのコラボレーション
  • ベストプラクティスおよび一般的なガイダンスを支援するテクニカルエキスパートへのアクセス
  • AWS コンサルティングパートナーエコシステムへのアクセス
  • イノベーションサンドボックスクレジットへのアクセス
  • パートナートレーニングプログラムへのアクセス
  • Saas 支援コンテンツへのアクセス
  • APN アドバンストテクノロジーパートナーは、販売促進ファンディングの対象となります。

AWS SaaS パートナープログラムの使用を開始するには、AWS パートナーネットワーク(APN)にテクノロジーパートナーとして登録する必要があります。次の手順に従って APN の登録を完了し、APN ポータルへのアクセスを取得します。

  • APN ポータルへのログイン: 登録が完了すると、APN ポータルのログイン認証情報と一時パスワードが記載された E メールが送信されます。この認証情報を使用して、APN ポータルにログインします。
  • ポータルユーザーの追加: 会社から APN ポータルユーザーに追加するには、APN ポータルの自己登録リンクを送信してログインをアクティブ化します。
  • パートナースコアカードの更新: 会社の AWS の成功(顧客の獲得、トレーニングなど)をAPN ポータルのパートナースコアカードで追跡します

他に質問がありますか?APN ナレッジベースを検索します。

AWS に既存の SaaS 製品がある、または導入する予定である APN テクノロジーパートナーは、AWS SaaS パートナープログラムに参加を申し込むことをお勧めします。以下の手順で会社の申込書を送信します。

  • SaaS パートナープログラム申込書の送信:
    • APN ポータルにログインする
    • [View My APN Account] をクリックする
    • [Program Details] までスクロールする
    • AWS SaaS パートナープログラムによって [Update] をクリックする
    • アプリケーションフォームに入力して [Submit] をクリックする

申込書を送信すると、APN テクノロジーパートナーチームのメンバーから次のステップについて連絡があります。

AWS SaaS パートナープログラムは、AWS で SaaS 製品を構想、構築、および拡張する APN テクノロジーパートナーを支援することを目的としています。プログラムに興味があるパートナーは、以下の AWS ツールを使用して AWS の実績を積み上げることをお勧めします。


  • SaaS パートナー向け APN ウェブキャスト: SaaS 製品の構築に関する技術、マーケティング、ビジネスのトピックを学び、身に付けることに特化した SaaS パートナー向け APN ウェブキャストをご活用ください。詳細とお申し込みはこちら。
  • SaaS パートナーオフィスアワー: 月に 2 回開催される SaaS パートナーオフィスアワー中に SaaS パートナーチームと直接話すことができる機会をご活用ください。SaaS パートナーには、オフィスアワーの登録リンクが送信されます。コンテンツは、SaaS パートナー向け APN ウェブキャストのフォローアップ資料になります。モデレートされた Q&A では、SaaS プログラムに関する技術面とビジネス面の質問にも回答します。
  • SaaS パートナーコンテンツのダウンロード: SaaS 製品の構築時に、会社をサポートする目的で作成されたパートナー向けの技術およびビジネスコンテンツのリポジトリから検索します。コンテンツには、技術に関するホワイトペーパー、リファレンスアーキテクチャ、および最新のプレゼンテーションが含まれます。APN ポータルにログインして、いつでもコンテンツをダウンロードできます。

  • APN パートナー認証を獲得する: APN では、技術/ビジネススタッフが AWS サービスの知識を深めるのに役立つ e ラーニングコースをパートナーの皆様に提供しています。認定コースは、APN ポータルから無料でオンライン受講できます。
  • AWS 認定の取得: AWS での実務経験についての検証を受けます。AWS 認定は、AWS で稼働するアプリケーションの設計、デプロイ、管理に必要なスキルと技術知識をデモンストレーションする IT プロフェッショナルであることを証明します。技術的な役割および習熟のレベルにわたって認定を提供しています。詳細は AWS 認定のページをご覧ください。
  • AWS サポートへのサインアップ: AWS でエンドカスタマーにサービスを提供するために、すべてのパートナーは AWS から最低限の基本的な技術サポートを受けることをお勧めします。会社のニーズに最適な AWS サポートプランを選択するには、サポートプランと料金表をこちらで確認してください。


  • APN メンバーシップのアップグレード: 会社が APN のスタンダード利用枠の要件を満たしている場合、アップグレードを申し込んで追加の APN の特典を受けます。APN メンバーシップのアップグレードに興味をお持ちのパートナーの方は、以下の手順で申込書を送信できます。
  • AWS との提携: ご使用の SaaS ウェブサイトと関連する Powered by AWS の使用(ガイドラインを見る)。