優れた設計のフレームワークは、クラウドアーキテクトがアプリケーション向けに実装可能な、最も安全かつ高パフォーマンス、障害耐性を備え、効率的なインフラストラクチャを構築するのをサポートする目的で開発されました。このフレームワークでは、お客様とパートナーがアーキテクチャを評価するために一貫したアプローチを行い、アプリケーションのニーズに応じて時間の経過とともにスケールする設計を実装するのに役立つガイダンスを提供します。
 

100x100_benefit_lightning-fast

クラウドネイティブのアーキテクチャを構築することで、キャパシティーのニーズの推測をやめ、システムを大規模にテストし、オートメーションを使用して実験を容易にします。

100x100_benefit_customize

設計したアーキテクチャのリスクがある箇所を把握し、アプリケーションを本番環境に導入する前にそれらのリスクに対応します。

100x100_benefit_information1

アーキテクチャの決定やトレードオフが、アプリケーションのパフォーマンスや可用性、またビジネスの成果に与える影響について判断します。

100x100_benefit_thumbs-up

AWS の何千件ものお客様のアーキテクチャを見て学んできたことを基盤としたガイダンスを含むトレーニングやホワイトペーパーが利用可能です。

   

AWS Well-Architected Framework には、お客様のワークロードと AWS のベストプラクティスを比較し、安定した効率的なシステムを作成するためのガイダンスを得るのに役立つ戦略が含まれているため、お客様は機能的要件に焦点を当てることができます。
 

AWS Well-Architected Framework のホワイトペーパーをダウンロードして開始できます。


次に、優れた設計のフレームワークの 5 つの柱にそれぞれ関連するホワイトペーパーをダウンロードして、優れた設計のアプリケーションを開発する方法について詳しく学びます。

100x100_benefit_secure

セキュリティの柱では、情報とシステムを保護することに焦点を当てます。主要なトピックには、データの機密性と整合性、権限管理における権限の特定と管理、システムの保護、セキュリティイベントを検出する制御の確立が含まれています。

セキュリティの柱についてのホワイトペーパーをダウンロード (PDF) (Kindle)

100x100_benefit_reliable

信頼性の柱では、ビジネスや顧客の要求に応えるための障害の防止や、障害からの迅速な復旧を行う能力について焦点を当てます。主要なトピックには、設定、プロジェクト間の要件、復旧計画、および変更に対処する方法についての基礎的な要素が含まれます。

信頼性の柱についてのホワイトペーパーをダウンロード (PDF) (Kindle)

100x100_benefit_performance

パフォーマンス効率の柱では、IT およびコンピューティングリソースの効率的な使用に焦点を当てます。主要なトピックには、ワークロードの要件に応じた適切なリソースタイプやサイズの選択、パフォーマンスのモニタリング、ビジネスニーズの進展に応じて効率を維持するための情報に基づく決定を行うことが含まれます。

パフォーマンス効率についてのホワイトペーパーをダウンロード (PDF) (Kindle)

100x100_benefit_lowcost-affordable

コストの最適化では、不要なコストの回避に焦点を当てます。主要なトピックには、費用が発生する箇所の把握と管理、最適で正しい数のリソースタイプの選択、時間経過に伴う分析、不要な支出がないビジネスニーズに対応したスケーリングが含まれます。

コストの最適化についてのホワイトペーパーをダウンロード (PDF) (Kindle)

100x100_benefit_gears

運用上の優秀性の柱では、ビジネス価値を提供するためのシステムの実行とモニタリング、および継続的にプロセスと手順を改善することに焦点を当てます。主要なトピックには、変更の管理と自動化、イベントへの対応、日常業務をうまく管理するための標準の定義が含まれます。

運用上の優秀性についてのホワイトペーパー (近日公開)


AWS による優れた設計のベストプラクティスの各柱に特化した設計原則や事例を紹介するセルフペース型のトレーニングを受講して、AWS Well-Architected Framework について詳しく学びます。トレーニングは無料で、所要時間は約 1 時間です。

トレーニングの登録および開始

100x100_benefit_learn