AWS では、AWS クラウドでインフラストラクチャとアプリケーションを設計、デプロイ、運用するためのスキルを高めるトレーニングと認定のプログラムを提供しています。

2017 年 5 月 16 日 をもちまして AWS Training and Certification Portal が新しくなりました。

これにより、全コースがドルではなく日本円で提供されます。

また AWS 認定試験へのお申込みが AWS Training and Certification Portal に統一されました。
(Kryterion 社の認定試験システム Webassessor からの直接申し込みができなくなりました)

今までに AWS トレーニング、AWS 認定をご受講された方には 2017 年 5 月 15 日、16 日にご案内メールが送付されておりますが、
以下に詳細手順もまとめましたので、こちらをダウンロードしてご利用ください。
(新規ユーザの方も、下記の資料をご参照ください)

お客様向け
新しい AWS Training and Certification Portal の使用方法
 

ダウンロードはこちら ≫

お客様向け
AWS 認定試験の申込方法

ダウンロードはこちら ≫

APN パートナー向け
新しい AWS Training and Certification Portal の使用方法と認定試験の申込方法

ダウンロードはこちら ≫

training_feature_blue

技術的なスキルを身に着け、認定されたインストラクターからベストプラクティスを学ぶ

AWS トレーニングを調べる »

training_cert_feature_blue

知識を検証し、業界が認める認定によって専門知識があることを提示する

AWS 認定を調べる »

新しい AWS トレーニングおよび認定ポータルは、AWS トレーニングクラスと認定試験を検索して登録し、学習活動、進捗状況、および利点をすべて管理するための一元的な場所です。 開始方法 ≫

新しいポータルを開始する手助けが必要ですか? FAQ を更新しましたので、セットアップを完了して、受講済みのトレーニングと認定の履歴を移行するのに役立ててください。 FAQ を読む »

トレーニングまたは試験に登録する準備ができましたか? 開始方法

AWS トレーニングおよび認定ポータル

TC homepage_benefit_knowledge

AWS トレーニングを利用すれば、あなたとあなたのチームの知識を向上させ、クラウドをより効果的に活用できるようになります。

training_icon_updated_regularly

トレーニングコンテンツは AWS の進化し続けるサービスと歩調を合わせて更新されるため、最新の情報を確実に学ぶことができます。

TC homepage_benefit_skills

AWS の機能とサービスを使用して練習を行い、ユースケースに適用する方法を学びます。

TC homepage_benefit_certification

学習フローに従って概念と戦略を学び、AWS 認定試験の準備をします。

アプリケーションおよびシステムの設計について学びます。
詳細 »  

クラウドアプリケーションの開発について学びます。
詳細 »

アプリケーション、ネットワーク、およびシステムに関して、自動化や繰り返しが可能なデプロイの作成について学びます。
詳細 » 

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

Siemens TC thumbnail 2
2:04
うまくいきますか? A うまくいきますか? B うまくいきますか? C

Siemens では、トレーニングにより、クラウドに関する知識を増し加え、意思統一を図り、AWS クラウドへの期待を高めることができました。

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

Autodesk TC thumbnail
1:57

Autodesk では、トレーニングに投資したおかげで、サービス停止を回避し、コストを抑え、AWS を最大限に活用できています。

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

hitachi_thumb
4:28

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

BAH TC thumbnail
2:06

Booz Allen Hamilton では、トレーニングと認定のおかげで、クライアントプロジェクトの価値創造までの時間を短縮でき、従業員の引き止めにもつながっています。