AWS のエキスパートから学び、スキルと知識を向上させ、AWS クラウドをキャリアに活用してください。

AWS では、AWS クラウドでインフラストラクチャとアプリケーションを設計、デプロイ、運用するためのスキルを高めるトレーニングと認定のプログラムを提供しています。

2017 年 5 月 16 日 をもちまして AWS Training and Certification Portal が新しくなりました。

これにより、全コースがドルではなく日本円で提供されます。

また AWS 認定試験へのお申込みが AWS Training and Certification Portal に統一されました。
(Kryterion 社の認定試験システム Webassessor からの直接申し込みができなくなりました)

今までに AWS トレーニング、AWS 認定をご受講された方には 2017 年 5 月 15 日、16 日にご案内メールが送付されておりますが、
以下に詳細手順もまとめましたので、こちらをダウンロードしてご利用ください。
(新規ユーザの方も、下記の資料をご参照ください)

お客様向け
新しい AWS Training and Certification Portal の使用方法
 

ダウンロードはこちら ≫

お客様向け
AWS 認定試験の申込方法

ダウンロードはこちら ≫

APN パートナー向け
新しい AWS Training and Certification Portal の使用方法と認定試験の申込方法

ダウンロードはこちら ≫

デジタルトレーニング

自分のペースで AWS エキスパートが作成したコースを学習する

クラスルームトレーニング

お近くで開催されるクラスを検索し、認定された AWS インストラクターから学ぶ

AWS 認定

業界が認める認定によって専門知識があることを提示する

aws.training で学習を開始する

無料の AWS デジタルトレーニング

AWS の基礎を学習します。新しい AWS Cloud Practitioner Essentials コースを受講することによって、AWS 認定クラウドプラクティショナー試験の準備ができます。

aws.training で学習を開始する »

AWS 認定クラウドプラクティショナー試験

この新しい AWS 認定クラウドプラクティショナー試験により、AWS クラウドについての全体的な理解を持つ人が、業界で広く認知された認定によって、その知識を証明することが可能です。

試験の詳細スケジュールについては、こちらをご覧ください »

新しい AWS ストレージのコースフロー

基礎から深い技術的知識まで、このフローに従って進めれば AWS ストレージに関する知識を向上させることができます。

ストレージトレーニングを閲覧する »


editorial_individual_green

役割別のトレーニングによってクラウドスキルの向上と認定試験の準備ができます。ライブと仮想クラスが選択でき、AWS クラウドでのインフラストラクチャおよびアプリケーションの設計、デプロイ、運用について、ご都合に合わせて学習できます。

コースフローを閲覧する »

aws.training で学習を開始する »  

 

「AWS 認定によって、信頼を高め、そのプラットフォームでの私のコンピテンシーを実証し、私の意見をいっそう重みのあるものにすることができています」

Barnaby Ling 氏 開発者、Griffith Hack

「プロフェッショナルレベルの AWS 認定によって、同僚と顧客に対して、求められている結果を出すためのソリューションを提案する知識と経験を持っていることを示せます」

Sathish Mohanram アーキテクト、Altimetrik
editorial_team_green

総合的なトレーニングによって組織のイノベーションの加速、より良いソリューションの開発、目標達成の効率化を支援します。学習フロー、オンサイトトレーニング、仮想トレーニングを提供することによって、それぞれの組織に応じた学習戦略の開発を支援します。

提供しているトレーニングの詳細 »

プライベートオンサイトトレーニングに関するお問い合わせ »

 

Autodesk TC thumbnail
AWS トレーニングと認定によって Autodesk が得られたメリット
aws.training を参照