以下の翻訳は、便宜上提供されているにすぎず、翻訳版および英語版の間で齟齬または矛盾がある場合(翻訳版の提供の遅滞による場合を含みますが、これに限られません)、英語版が優先します。

このAmazon EC2サービスレベルアグリーメント(「本SLA」)は、Amazon Web Services, Inc.(「AWS」または「アマゾン」)と、AWSのサービス利用者(「サービス利用者」)との間の、Amazon Web Servicesカスタマーアグリーメント(「AWS契約」)の条件に基づく、Amazon Elastic Compute Cloud(「Amazon EC2」)および Amazon Elastic Block Store (「Amazon EBS」) の使用に適用される規約である。本 SLA は Amazon EC2 または Amazon EBS を使用する各アカウントに個別に適用される。本 SLA に別段の規定がない限り、本 SLA はAWS契約の条件に従うものであり、本SLAにおいて別段の定めがない限りAWS契約において定義された用語は、AWS契約と同一の意味を有するものと する。アマゾンは本SLAの条件をAWS契約に従い変更する権利を留保する。

AWSは、Amazon EC2およびAmazon EBSを各々、毎月の請求期間における月間使用可能時間割合(以下に定義する)がそれぞれの場合において99.95%以上で使用できるようにするため商業 的に合理的な努力をする(「サービスコミットメント」)。Amazon EC2またはAmazon EBSがサービスコミットメントを満たさない場合には、サービス利用者は以下に定めるサービスクレジットを受領することができる。

  • 月間使用可能時間の割合」は、一月の間に、Amazon EC2またはAmazon EBS(適用される場合)が「地域(Region)使用不能」の状態になった時間(単位は分)の割合を100%から減じて計算される。月間使用可能時間割合の測定から、 Amazon EC2 SLA例外事由(以下に定義する)によって直接または間接に生じたダウンタイムは除外される。
  • 地域(Region)使用不能」とは、同一地域(Region)内で、サービス利用者がインスタンスを実行している複数のAvailability Zoneが、サービス利用者にとって「使用不能」となることをいう。
  • 使用不能」とは、Amazon EC2については、サービス利用者の実行する全てのインスタンスの外部との接続性がない状態をいう。Amazon EBSについては、サービス利用者のアタッチした全てのボリュームの読み取り/書き込みIOの実行がゼロで、終了していないIOがキューに入っている状態 をいう。
  • サービスクレジット」とは、ドル建てのクレジットであって、以下の定めに従って計算され、資格を有するアカウントに対してアマゾンが払い戻す金額をいう。

サービスクレジットは、Amazon EC2 または Amazon EBS のいずれか(どちらか使用不能だった方、または両方が使用不能だった場合は両方)に対して、地域(Region)使用不能が発生した毎月の請求期間について、影響を受けた地域(Region)において、以下の表に従ってサービス利用者が料金として支払った合計請求額に対する割合として計算される(リザーブドインスタンスのための前金支払などの一括支払を除く)。

月間使用可能時間割合 サービスクレジット率
99.0%以上99.95%未満 10%
99.0%未満 30%

サービスクレジットは、サービス利用者が支払うこととされている将来のAmazon EC2またはAmazon EBSの支払に対してのみ充当される。アマゾンの裁量により、アマゾンは、使用不能が生じた請求期間の支払のためにサービス利用者が使用したクレジット カードに対して、サービスクレジットを発行することができるものとする。サービス利用者は、サービスクレジットによって、AWSからの払戻しその他の支払 を受ける権利を取得するものではない。サービスクレジットは、該当する月間請求期間の請求金額が1ドルを超える場合に限って適用され、発行されるものとす る。サービスクレジットを譲渡したり、他のアカウントに充当することはできない。AWS契約に別段の規定がない限り、使用不能もしくは実行不能、またはそ の他の理由によりアマゾンがAmazon EC2またはAmazon EBSを提供しなかったことに関するサービス利用者の唯一かつ排他的な救済は、本SLAの条件に従ってサービスクレジットを受領すること(ただし、受領資 格を有する場合に限る)である。

サービスクレジットを受領するには、サービス利用者は、AWS サポートセンターにケースを申請することで請求するものとする。また、受領資格を有するとされるためには、クレジットの請求は、事象が発生した翌々請求期間の末日までにアマゾンによって受領されなければならず、以下を含むものとする。

  1. 件名欄に「SLAクレジットの請求」という言葉、
  2. サービス使用者が請求する使用不能の各事象の日時、
  3. 影響を受けたEC2のインスタンスID、または影響を受けたEBSボリュームのID、および
  4. エラーを記録しサービス利用者が請求する停止時間を裏づける、サービス利用者のリクエストログ(該当するログにおける機密情報は、削除するか、「*」印に置き換えるものとする)。

当該請求にかかる月間使用可能時間割合がサービスコミットメントより少ないことをアマゾンが確認した場合は、アマゾンは、サービス利用者に対して、アマゾンがサービス利用者の請求を確認した日が属する月の次の請求期間中に、サービスクレジットを発行する。サービス利用者が上記要件を満たす請求その他の情報の提出をしない場合には、サービスクレジットを受領する資格を失うものとする。

Amazon EC2またはAmazon EBSの使用不能、停止もしくは終了、またはその他のAmazon EC2またはAmazon EBSの性能の問題が、以下によるものである場合には、サービスコミットメントは適用されない。(i)AWS契約第6.1項に定めるサービス停止の結果で ある場合、(ii)不可抗力、Amazon EC2またはAmazon EBSの責任分界点の範囲外のインターネットアクセスまたは関連する問題を含む、アマゾンの合理的な支配の及ばない要因により生じたものである場合、 (iii)回復ボリュームを認識することを怠った場合を含む、サービス利用者または第三者の作為もしくは不作為の結果である場合、(iv)サービス利用者 の機器、ソフトウェアもしくはその他の技術、および/または第三者の機器、ソフトウェアもしくはその他の技術(アマゾンの直接支配の範囲にある第三者の機 器を除く)により生じたものである場合、(v)地域(Region)使用不能に帰因するものでない、個別のインスタンスまたはボリュームの障害の結果生じ たものである場合、(vi)AWS契約に従って規定されるメンテナンスの結果生じたものである場合、または(vii)AWS契約に従ってAmazon EC2またはAmazon EBSを利用するサービス利用者の権利をアマゾンが停止もしくは終了させた結果である場合(総称して、「Amazon EC2 SLA例外事由」という)。可用性が、アマゾンの月間使用可能時間割合の計算に使用される要因以外の要因の影響を受けた場合には、アマゾンは、かかる要因を、アマゾンの裁量で考慮し、サービスクレジットを発行する場合がある。