AWS を使って、スケーラビリティ、耐久性、安全性に優れたデータ保護ソリューションを構築

今すぐ無料アカウント作成
セールスにお問い合わせ

データの容量や種類が増えるにつれ、データの保存、保護、復元はますます難しい課題となってきています。AWS のツールやリソースを利用すると、スケーラビリティ、耐久性、安全性に優れたバックアップと復元のソリューションを構築して、現在、使用している機能を強化または置換することができます。お客様の復旧時間目標 (RTO)、復旧ポイント目標 (RPO)、データ維持要件、各種コンプライアンス要件を満たすために、AWS と AWS のストレージパートナーのエコシステムをご活用ください。従量課金制のため、先行投資は必要ありません。オンプレミス型、ハイブリッド型、クラウドネイティブ型など、IT 環境のタイプにかかわらず、お客様のニーズを満たすデータ保護ソリューションを設計およびデプロイできます。

効果的なクラウドバックアップソリューションの設計とデプロイの詳細については、Gartner 社のレポート Gartner: Elastic Cloud Backup Engines Dictate the Success of Backup to the Cloud をご覧ください。

 

 


耐久性と可用性

AWS のオブジェクト、ブロック、ファイルストレージの各サービスは、耐久性と可用性を最適化するように構築されているため、お客様は、いつでも、どこでもデータにアクセスできます。データは、AWS リージョン内の複数の物理的な施設に分散されます。データを別の AWS リージョンに自動的にレプリケートすることもできます。システムはグローバルに展開されているため、お客様のビジネスやコンプライアンスの目的に合わせてご希望の場所でバックアップと復元を実行できます。

柔軟性とスケーラビリティ

AWS では柔軟性に優れたストレージ管理機能を利用できるため、ストレージ管理者はデータの使用傾向の分類、レポート作成、可視化を行い、コストの削減とサービスレベルの向上につなげることができます。また、容量を実質無制限に利用できるため、データボリュームの増加にも安心して対応できます。ニーズが変化した場合は、管理オーバーヘッドやハードウェア調達サイクルを発生させることなく、使用量を調整できます。

コスト効率性

AWS は、サービスおよび料金オプションの幅広さにより、お客様がビジネスに必要なパフォーマンスとキャパシティーを維持しながら、効果的にコストを管理できる柔軟性を実現しています。AWS では、すばやく簡単にサービスの規模に調整できるほか、リザーブドインスタンスとスポットインスタンスを活用できます。また、料金管理ツールでコストをモニタリングできるため、費用を常に俯瞰的に把握できます。

セキュリティ

AWS のデータセンターとネットワークアーキテクチャは、非常に厳しいセキュリティ要件とコンプライアンス要件を満たす必要がある企業のために設計されています。データ保護を最大限に強化するため、AWS のオブジェクトストレージサービスでは、サービス側の暗号化、AWS KMS (お客様が準備した暗号化キーの管理)、AWS CloudHSM (暗号化キーの生成、保存、管理) といった暗号化機能を利用できます。

コンプライアンス

AWS では、セキュリティ保証プログラムが数多く管理されています。つまり、コンプライアンスが隅々まで既に準拠されています。また、幅広いプライバシー要件や監査要件に対応できるよう、ガバナンスに重点を置いた機能も提供されます。このように高い保護レベルが確保されているため、規制の厳しい企業にとっても、オンプレミスより AWS の方が安全な環境であると言えます。

コンプライアンス

AWS では、クラウドとの間でデータを移動するため、幅広い方法をサポートしています。ネットワークや物理的な運搬によるデータの移行はもちろん、お客様の要件に最適な転送サービスや、移行の進捗状況を確認できる追跡サービスの採用にも対応しています。また、お客様は、AWS の非常に大規模なパートナーエコシステムから、希望するサービスプロバイダーを選択することもできます。詳細 »

最大のパートナーエコシステム

人気のあるソリューションプロバイダーのストレージ技術やコンサルティングサービスで、AWS が既に採用されています。AWS パートナーネットワーク (APN) では、グローバルなテクノロジーパートナーとコンサルティングパートナーが、幅広いワークロードおよびユースケース向けに、ストレージを重視したソリューションやサービスを展開しています。AWS Marketplace を利用すれば、クラウド対応のリソースをわずかな時間で簡単に検索、購入、デプロイ、管理できます。詳細 »

バックアップと復元のその他のリソース

AWS では、非常に幅広いクラウドストレージサービスにより、バックアップと復元に関するほぼすべてのワークロードやアプリケーションに対応しています。AWS のすべてのストレージサービスと資料の詳細については、バックアップと復元に関する AWS リソースをご覧ください。お客様の IT 環境と企業ニーズに最適なソリューションを設計するためにぜひ活用してください。

AWS では、クラウドにデータを移行し、IT 環境に対応する総合的なバックアップと復元のソリューションを構築するために必要なツールや機能をすべて取りそろえています。オンプレミス型とハイブリッド型のデータ環境のお客様は、Amazon パートナーネットワークで、AWS のツールとシームレスに統合するパートナーを見つけることができます。バックアップと復元のアーキテクチャを AWS のサービスを使って構築する例については、以下をご覧ください。

オンプレミス

オンプレミス

AWS では、クラウドにデータをバックアップすることにより、お客様の社内データセンターで管理されているデータを保護できます。さまざまなお客様がクラウドを使用し、テープの置換、メディア管理の合理化、アーカイブプロセスの簡略化を実現しています。主要なバックアップソフトウェアベンダーのほとんどは、メディアカタログや既存のバックアップジョブを維持できるよう、AWS との直接統合をサポートしています。また、テープ、ボリューム、ファイルなど、お客様の要件に最適な AWS Storage Gateway 設定を選択し、Amazon S3、Amazon Glacier、Amazon EBS で既存のバックアッププロセスを強化することもできます。   

ハイブリッド

ハイブリッド

アプリケーションによっては、ローカルとクラウドの両方で同時にデータが必要となることもあります。ローカルとクラウドの両方でデータを使用する場合は、AWS Storage Gateway が最適です。バックアップの場合は、標準のストレージプロトコルを使用して既存のシステムやアプリケーションと統合できるだけでなく、ビッグデータの分析、アーカイブ、災害、復旧に対応できるほぼ無制限のクラウドバックエンドを利用できます。

クラウドネイティブ

クラウドネイティブ

クラウドネイティブ環境では、すべてのワークロードが AWS に保存されます。お客様は仮想のサーバー、データベース、アプリケーション、モニタリングサービス、Active Directory にアクセスすることになります。この環境でバックアップするには、移行サービスを使ってデータをクラウドに移行してから、オブジェクトブロックファイルシステムのバックアップ (バージョニング、スナップショップ、クロスリージョンレプリケーションなど) のための統合型 AWS クラウドネイティブ機能を活用することが必要になる場合があります。もちろん、従来のバックアップソフトウェアを使用してデータやジョブを管理することもできます。

これらのアーキテクチャの詳細については、AWS を使用したバックアップと復元のアプローチをご覧ください。

AWS のストレージサービスの詳細については、バックアップと復元に関するリソースをご覧ください。

King 郡

キング郡では、テープによるバックアップシステムを置換するため、AWS を利用して長期的なアーカイブおよびストレージのためのソリューションを構築しました。詳細 »

Thomson Reuters

Thomson Reuters では、Amazon Kinesis でデータを Amazon S3 にストリーミングして永続的なバックアップを作成しています。また、バックアップを複数の AWS リージョンにレプリケートして、冗長性を確保しています。詳細 »

Hess Corporation

Hess では、AWS を使用してデータボリュームのスナップショットを作成し、S3 に保存することにより、夜間にデータをバックアップできるようにしています。また、アーカイブに Glacier を利用しています。詳細 »


Unilever

Unilever では、Amazon S3 にデータのバックアップを保存しています。また、Amazon EBS のスナップショットを複数リージョンの Amazon S3 に保存し、データの冗長性を確保しています。詳細 »

The Weather Company

The Weather Company では、すべてのデータを Amazon S3 に保存し、効率性に優れたクラウドストレージ、ならびにバックアップとレプリケーションの機能を活用しています。詳細 »

Kempinski Hotels

Kempinski では APN プレミアコンサルティングパートナーの Cloudreach のサポートを受けて AWS への移行を実施し、クラウドでのデータ管理、モニタリング、バックアップを実現しました。詳細 »

テープ装置のリプレイス

多くの企業にとって、テープによるバックアップはデータやアプリケーションの保護に不可欠ですが、障害が発生しやすく、リソースを大量に消費し、コストがかかるプロセスでもあります。障害耐性に優れた高性能なバックアップ機能を構築できるよう、AWS では、テープによるバックアップ、オンプレミスのテープライブラリ、オフサイトの物理的アーカイブサービスの改善や置換に役立つデータ移行サービス、ストレージサービス、パートナーソリューションが提供されます。AWS や AWS のパートナーを利用することで、AWS の耐久性、スケーラビリティ、コスト効率、柔軟性、オートメーション機能を活用してデータを保護できるだけでなく、変化し続ける市場に俊敏に対応できます。

サービス
説明
ハイライト
AWS Storage Gateway

AWS Storage Gateway には、テープや VTL によるバックアップとリプレイス可能な互換性があります。オンプレミス環境と AWS クラウドを対象とする仮想テープライブラリ (VTL) として設定します。「テープゲートウェイ」をバックアップアプリケーションに接続することで、既存のワークフローをそのまま利用できるだけでなく、Amazon S3 に保存されている仮想テープや Amazon Glacier にアーカイブされている仮想テープに書き込むこともできます。

  • 最先端のさまざまなバックアップアプリケーションに対応
  • テープのシステムコスト、保守サービス料金、アーカイブサービス料金、継続的に発生するテープメディアコストが不要
  • 取得回数を予測できる長期的な保持に適している低コストのデータアーカイブ
Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) Amazon S3 は、任意の量のデータの保存と取得をどこからでも行えるように設計されたオブジェクトストレージです。S3 は、メディアの保存や配信、ならびに分析用データレイクの構築に使用できます。また、バックアップ先として使用することや、サーバーレスアプリケーションのストレージとして使用することもできます。また、S3 には各種ユースケースに対応する 3 つのストレージクラスがあります。
  • 99.999999999% の耐久性
  • 容量や種類を問わず、どのようなデータにも対応するストレージ
  • 3 つのストレージクラス: 標準、標準 – 低頻度アクセス、Amazon Glacier (下記参照)
Amazon Glacier

Amazon Glacier は、データのアーカイブおよび長期的なバックアップを行うためのサービスです。費用対効果の高い方法で、数か月、数年、数十年データを保持できるよう設計されています。お客様は、コンプライアンスのアーカイブ要件を満たすため、ボールトロックを使用してコンプライアンス管理をデプロイできます。Glacier には、数分以内から数時間まで、データにアクセスするための 3 つの取り出しオプションが設定されています。

  • 99.999999999% の耐久性
  • 1 か月あたり 0.004 USD/GB
  • 容量や種類を問わず、どのようなデータにも対応するストレージ
  • 3 つの取り出しオプション: Expedited、Standard、Bulk
  • ストレージに関するコンプライアンス管理
詳細については、Amazon Storage Gateway: 仮想テープバックアップをクラウドにをご覧ください。

ブロックストレージバックアップ

Amazon EBS には、Amazon EC2 で使用する永続的なブロックストレージボリュームのみでなく、バックアップ機能もあります。Amazon EBS では、EBS ボリュームのスナップショット (バックアップ) を作成できます。その後、このスナップショットは Amazon S3 に保存されます。また、安全性と冗長性を確保するために、複数のアベイラビリティーゾーンに保存されます。スナップショットは増分バックアップです。つまり、最後にスナップショットを作成した時点から、ボリューム上で変更のあるブロックだけが保存されます。これにより、スナップショットの保存にかかる時間とコストを最小限に抑えることができます。また、EBS スナップショットを使用して大規模なデータベースもバックアップできます (特に、24 時間年中無休で実行する必要があるデータベースに使用できます)。

サービス
説明
ハイライト
Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)
Amazon EBS は、Amazon EC2 インスタンスで使用するための永続的なブロックストレージボリュームです。Amazon (EBS) ボリュームはすべて、アベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされるデータのバックアップを保持するには、EBS ボリュームのスナップショットを作成して Amazon S3 に保存します。スナップショットから EBS ボリュームを作成して、別のインスタンスにアタッチすることもできます。
  • アプリケーションワークロード向け
  • 一貫した低レイテンシーのパフォーマンス
  • SSD-Backed ボリュームと HDD-Backed ボリュームのいずれかを選択
  • データボリューム、ブートボリューム、スナップショットの暗号化
Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)
Amazon S3 は、任意の量のデータの保存と取得をどこからでも行えるように設計されたオブジェクトストレージです。S3 は、メディアの保存や配信、ならびに分析用データレイクの構築に使用できます。また、バックアップ先として使用することや、サーバーレスアプリケーションのストレージとして使用することもできます。また、S3 には各種ユースケースに対応する 3 つのストレージクラスがあります。
  • 99.999999999% の耐久性
  • 容量や種類を問わず、どのようなデータにも対応するストレージ
  • 3 つのストレージクラス: 標準、標準 – 低頻度アクセス、Amazon Glacier (下記参照)
AWS Storage Gateway
AWS Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションによる AWS クラウドストレージのシームレスな使用を可能にするハイブリッドストレージサービスです。ボリュームゲートウェイサービスを使用して、ローカルボリュームにデータを保存できるだけでなく、そのボリュームのスナップショットを作成し、クラウドにそのスナップショットを移動することもできます。クラウドに移動したスナップショットは、Amazon EC2 インスタンスのブロックストレージボリュームとして使用できます。
  • iSCSI プロトコルを使用するローカルのホストオペレーティングシステムに対応
  • 複雑なレプリケーションや同期の問題を解決
  • 長期的な保持に使用できる低コストなスナップショットデータストレージ。復元はクラウド内で簡単に実行
詳細については、Amazon EBS スナップショットの作成をご覧ください。

DR と BC

バックアップ戦略を策定する際には、発生する可能性がある災害状況を見きわめ、考えられる影響を予想し、総合的な災害対策ソリューションを構築する必要があります。これは、企業の運用、財務業績、ブランドに悪影響を及ぼす可能性がある事象が発生した際、そしてその後も、ビジネスを中断させないようにするための最も重要なステップの 1 つです。AWS を使用することで、物理的な予備サイトのインフラストラクチャ費用をかけずに、重要な IT システムの迅速な災害対策を導入し、災害に備えることができます。AWS は、パイロットライト、ウォームスタンバイ環境、ホットスタンバイ環境など、多くのアーキテクチャに対応しています。

特徴
説明
リージョン
AWS リージョンはお互いに完全に独立していますが、リージョンへのアクセス方法や使用方法に違いはありません。このため、予備のロケーションにありがちな課題を生じることなく、災害対策ソリューションを作成できます。
ストレージサービス
AWS では、さまざまなアクセスクラスに対応する幅広いストレージサービスを利用できます。オブジェクト、ファイル、ブロックのストレージサービスから最適なものを選択し、必要な災害対策機能の設計を始めることができます。
クラウドデータ移行サービス
AWS では、ネットワーク、物理的な運搬、テクノロジーパートナーを使用し、データをインポート/エクスポートするツールを利用できます。また、移行をモニタリングするための AWS Migration Hub や、AWS Database Migration Service も利用できます。
Amazon Storage Gateway
AWS Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションによる AWS クラウドストレージのシームレスな使用を可能にするハイブリッドストレージサービスです。このサービスでは、一般的なストレージインターフェイスを使ってデータをクラウドに移行できます。ファイルをオブジェクトとして S3 に移動できるだけでなく、ブロックストレージボリュームを EBS に移動することや、テープバックアップを S3 や Glacier に移動することもできます。
AWS を利用して災害対策機能を構築する方法の詳細については、災害対策をご覧ください。

データベースのバックアップ

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用すると、クラウド内でリレーショナルデータベースを簡単に設定、運用、スケールできます。Amazon RDS はコスト効率、柔軟性、スケーラビリティに優れており、データベースインスタンスのストレージボリュームスナップショットの自動作成に使用できます。ストレージボリューム全体にすべてのファイルが含まれるため、これらのスナップショットにより (個々のデータベースのみでなく) データベースインスタンス全体がバックアップされます。つまり、データベースをバックアップ保持期間中の任意の時点に、すばやく簡単に復元できます。

サービス
説明
ハイライト
Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) Amazon RDS は、クラウド内でリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ、運用、スケールするためのマネージド型サービスです。Amazon RDS では、MySQL、MariaDB、Oracle、SQL Server、PostgreSQL など、使い慣れたデータベースの機能を引き続き利用できます。Amazon RDS では、お客様が指定したバックアップ保持期間に従って、データベースインスタンスの自動バックアップが作成および保存されます。必要に応じて、バックアップ保持期間内の任意の時点でデータベースを復旧できます。
  • 指定した保持期間に基づく自動バックアップポリシー
  • データベースソフトウェアを常に最新バージョンに更新
  • AWS マネジメントコンソールでの簡単な管理
Amazon DynamoDB DynamoDB は完全マネージド型のクラウドデータベースで、ドキュメントとキー値のストアモデルの両方をサポートしています。また、DynamoDB では、完全に自動化されたオンデマンドバックアップ機能とポイントインタイムの復元サービスも利用できます。これにより、数 MB~数百 TB のデータを含む DynamoDB テーブルの完全バックアップを、本番アプリケーションのパフォーマンスや可用性に影響を与えずに作成できます。
  • 暗号化、カタログ、検出、保持の機能を備えた完全マネージド型サービス
  • バックアップを簡単に作成、復元、削除
  • テーブルのサイズに関係なく、高速かつスケーラブルにバックアップ
Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) Amazon EBS は、Amazon EC2 インスタンスで使用するための永続的なブロックストレージボリュームです。Amazon (EBS) ボリュームはすべて、アベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされるデータのバックアップを保持するには、EBS ボリュームのスナップショットを作成して Amazon S3 に保存します。スナップショットから EBS ボリュームを作成して、別のインスタンスにアタッチすることもできます。
  • アプリケーションワークロード向け
  • 一貫した低レイテンシーのパフォーマンス
  • SSD-Backed ボリュームと HDD-Backed ボリュームのいずれかを選択
  • データボリューム、ブートボリューム、スナップショットの暗号化
AWS Storage Gateway
AWS Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションによる AWS クラウドストレージのシームレスな使用を可能にするハイブリッドストレージサービスです。ボリュームゲートウェイサービスを使用して、ローカルボリュームにデータを保存できるだけでなく、そのボリュームのスナップショットを作成し、クラウドにそのスナップショットを移動することもできます。クラウドに移動したスナップショットは、Amazon EC2 インスタンスのブロックストレージボリュームとして使用できます。
  • iSCSI プロトコルを使用するローカルのホストオペレーティングシステムに対応
  • 複雑なレプリケーションや同期の問題を解決
  • 長期的な保持に使用できる低コストなスナップショットデータストレージ。復元はクラウド内で簡単に実行
AWS Migration Hub AWS Database Migration Service は、広く普及しているほとんどの商用データベースとオープンソースデータベース間のデータ移行にご利用いただけます。ソースデータベースは移行中でも引き続き使用できるため、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えられます。このサービスは、Oracle から Oracle のような同機種間の移行にも、異なるデータベースプラットフォーム間の移行にも対応しています。また、サポートされたすべてのソースから Amazon Redshift、DynamoDB、S3 にデータをストリーミングすることもできます。
  • 継続的なデータレプリケーション機能
  • 同機種間と異機種間のデータベースレプリケーションに対応
  • データの統合と分析が可能
  • AWS マネジメントコンソールの操作
詳細については、Amazon RDS DB インスタンスのバックアップと復元およびAmazon Dynamo DB のバックアップと復元をご覧ください。
オブジェクトストレージ

AWS のオブジェクトストレージサービスの Amazon S3 と Amazon Glacier では、他に類を見ない耐久性、可用性、スケーラビリティ、セキュリティが実現します。あらゆる業界のトップ企業が、自社で使用する多数のアプリケーションのデータの保存に AWS を使用しているのはこのためです。同じ理由により、AWS はバックアップ先としても理想的です。Amazon S3 では、非常に柔軟なストレージ管理機能を使用して、データのライフサイクルルールを定義できます。たとえば、頻繁にアクセスしないデータを S3 標準 – 低頻度アクセスクラスや S3 1 ゾーン - 低頻度アクセスクラスに自動的に移行することや、データセットを Amazon Glacier にアーカイブすることができます。また、AWS オブジェクトストレージはバージョニングにも対応しているため、Amazon S3 バケットに保存したことがあるすべてのオブジェクトのすべてのバージョンについて、保存、取り出し、復元を行うことができます。このバージョニングによって、意図的なユーザーアクションやアプリケーション障害から簡単に復旧できます。 

サービス
説明
ハイライト
Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) Amazon S3 は、任意の量のデータの保存と取得をどこからでも行えるように設計されたオブジェクトストレージです。S3 は、メディアの保存や配信、ならびに分析用データレイクの構築に使用できます。また、バックアップ先として使用することや、サーバーレスアプリケーションのストレージとして使用することもできます。また、S3 には各種ユースケースに対応する 4 つのストレージクラスがあります。
  • 99.999999999% の耐久性
  • 容量や種類を問わず、どのようなデータにも対応するストレージ
  • 4 つのストレージクラス: 標準、標準 – 低頻度アクセス、One Zone-Infrequent Access、Amazon Glacier (下記参照)
Amazon Glacier

Amazon Glacier は、データのアーカイブおよび長期的なバックアップを行うためのサービスです。費用対効果の高い方法で、数か月、数年、数十年データを保持できるよう設計されています。お客様は、コンプライアンスのアーカイブ要件を満たすため、ボールトロックを使用してコンプライアンス管理をデプロイできます。Glacier には、数分以内から数時間まで、データにアクセスするための 3 つの取り出しオプションが設定されています。

  • 99.999999999% の耐久性
  • 1 か月あたり 0.004 USD/GB
  • 容量や種類を問わず、どのようなデータにも対応するストレージ
  • 3 つの取り出しオプション: Expedited、Standard、Bulk
  • ストレージに関するコンプライアンス管理
詳細については、AWS のオブジェクトストレージをご覧ください。  

アーカイブストレージとコールドストレージ

Amazon EFS は高い可用性と耐久性を備えたファイルストレージサービスで、簡単にデプロイできるファイルシステムバックアップ機能もあります。Amazon EFS を使用すると、Amazon EFS のあるファイルシステム (ソースファイルシステム) から別のファイルシステム (バックアップファイルシステム) にデータを自動的にコピーできます。また、オンプレミスのファイルシステムを AWS クラウドに直接バックアップすることもできます。バックアップのスケジュールを定義して、Amazon CloudWatch や AWS Lambda といったサービスに自動的にデプロイすることもできます。 

サービス
説明
ハイライト
Amazon Elastic File System (Amazon EFS) Amazon EFS では、Amazon EC2 インスタンスで使用するためのシンプルでスケーラブルなファイルストレージを提供します。Amazon EFS は、ビッグデータと分析、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理、ウェブ配信、ホームディレクトリなど、幅広いワークロードやアプリケーションに最適なパフォーマンスを実現できるように設計されています。
  • 複数のインスタンス間でファイルストレージにアクセス
  • AWS マネジメントコンソールを使ったシンプルなウェブインターフェイス
  • スループットや IOPS に優れ、レイテンシーが低い設計
  • 高可用性および高耐久性
Amazon CloudWatch

Amazon CloudWatch は、AWS で実行しているリソースとアプリケーションのモニタリングを行うサービスです。CloudWatch を使用すると、メトリクスの収集と追跡、ログファイルの収集とモニタリング、アラームの設定を行うことができます。また、Amazon EC2 インスタンス、Amazon DynamoDB インスタンス、Amazon RDS DB インスタンスといった AWS リソースの変更にも自動的に対応できるようになります。

  • API、コマンドラインインターフェイス、AWS SDK、AWS マネジメントコンソールを使ってアクセス
  • Amazon EC2 でサポートされているすべてのオペレーティングシステムで動作
  • AWS Identity and Access Management との統合により、AWS リソースにアクセスするユーザーをモニタリング
AWS Lambda AWS Lambda はイベント発生時にお客様のコードを実行し、基盤となるコンピューティングリソースをお客様に代わって管理する、サーバーが不要なコンピューティングサービスです。AWS Lambda を使用すると、カスタムロジックを使って AWS の他のサービスを拡張することや、AWS の規模、パフォーマンス、セキュリティを活用して運用する自社のバックエンドサービスを作成することができます。
  • 完全に自動化された管理
  • 組み込みの耐障害性
  • 自動スケーリング
  • Amazon CloudFront イベントに応答してコードを実行可能
  • 統合型セキュリティモデル
  • 独自コードの採用
  • 使用した分の料金を支払います。
詳細については、ファイルシステムを AWS クラウドにバックアップすることについての説明をご覧ください。  

データの移行と転送

AWS との間でのデータ移動は、特に中断を最小限に抑えようとする場合、コストと時間のかかる複雑な課題となる可能性があります。このため、AWS では、ネットワーク、物理的な運搬、テクノロジーパートナーを使用し、お客様のアプリケーションやエンタープライズの要件に最適な方法でデータをインポート/エクスポートするため、さまざまなツールやパートナーソリューションを用意しています。AWS の追跡サービスを使用すれば、これまで以上に簡単にデータをクラウドに移行してバックアップできるようになり、AWS Migration Hub や AWS Database Migration Service などによるデータ移行の進行状況を完全に把握することができます。

サービス
説明
ハイライト
AWS Migration Hub AWS Database Migration Service は、広く普及しているほとんどの商用データベースとオープンソースデータベース間のデータ移行にご利用いただけます。ソースデータベースは移行中でも引き続き使用できるため、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えられます。このサービスでは、同機種間の移行も、異なるデータベースプラットフォームの異機種間の移行もサポートしています。また、サポートされたソースから Amazon Redshift、DynamoDB、S3 にデータをストリーミングすることもできます。
  • 継続的なデータレプリケーション機能
  • 同機種間と異機種間のデータベースレプリケーションに対応
  • データの統合と分析が可能
AWS Direct Connect

AWS とお客様のデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境の間にプライベート接続を確立します。AWS Direct Connect を使用すると、同じ接続を使用して、パブリックリソース (パブリック IP アドレス空間を使用した Amazon S3 オブジェクトなど) とプライベートリソース (プライベート IP 空間を使用した Amazon VPC 内で実行されている Amazon EC2 インスタンスなど) にアクセスできます。

  • 帯域幅にかかるコストを削減
  • スループットの増加
  • 一貫性のあるネットワークパフォーマンス
  • すべての AWS サービスと互換
  • Amazon VPC へのプライベート接続
Amazon Kinesis Firehose
Amazon Kinesis Firehose は、ストリーミングデータをキャプチャして変換し、Amazon S3、Redshift、Kinesis Analytics、Elasticsearch Service にロードして使用できるようにするためのフルマネージド型サービスです。現在使用しているビジネスインテリジェンスツールやダッシュボードを使ってロード先のサービスを設定することで、データをほぼリアルタイムで分析できます。
  • 必要なスループットに合わせて自動的にスケール
  • バッチ処理と圧縮の機能
  • データの暗号化
  • データ形式の変換機能
  • AWS データストアとの統合
AWS Migration Hub AWS Migration Hub では、AWS およびパートナーの複数のソリューション間におけるアプリケーション移行の進行状況を 1 つの場所で追跡できます。AWS やパートナーが提供する移行ツールの中からお客様のニーズに最適なものを選択してください。また、アプリケーションごとに主要なメトリクスと進捗状況に関するレポートを取得することもできます。
  • 移行を一元的にモニタリング
  • さまざまな移行ツールを柔軟に使用
  • 利用した移行ツールと AWS リソースのみに料金が発生
Amazon S3 Transfer Acceleration Amazon S3 Transfer Acceleration を使用すると、Amazon S3 へのパブリックインターネット経由の転送がより迅速になります。これは、メディアのアップロード、バックアップ、ローカルデータの処理タスクなど、世界各地で繰り返し実行されるジョブに最適です。容量の大きなオブジェクトを国外に転送する場合は、通常、転送速度が 50%~500% 向上します。
  • データ転送速度を最大限に高速化
  • サーバー管理が不要
  • ファイアウォールの開放は不要
  • 統合に特別なプロトコルやクライアントは不要
  • GB あたりのデータ転送料金が低い
AWS Snowball AWS Snowball とは、安全な物理的な移動を目的として設計されたストレージアプライアンスを使用して、テラバイトからペタバイト規模のデータを AWS から、または AWS への移動をスピードアップさせるためのデータ転送ソリューションです。Snowball を使用すると、ネットワークのコストが高い、転送時間が長い、セキュリティに懸念があるといった、大規模なデータ転送で直面する可能性のある課題を解決できます。
  • データの暗号化
  • 不正開封防止筐体
  • エンドツーエンドのトラッキング
  • 複数のアプライアンスを同時に輸送可能
  • 42 TB と 72 TB の 2 種類のデータ容量オプション
  • AWS マネジメントコンソールの操作
AWS Snowball Edge AWS Snowball Edge は、オンボードのストレージとコンピューティング機能を備えた 100 TB のデータ転送デバイスです。一時的なストレージ層として使用することも、リモートロケーションにある独立したローカルワークロードの実行に使用することもできます。また、S3 互換のエンドポイント、NFS をサポートするファイルインターフェイス、複数のデバイスを単一のストレージプールとして機能させるクラスターモード、AWS Lambda 関数に対応しています。
  • S3 互換のエンドポイント
  • NFS をサポートするファイルインターフェイス
  • AWS Lambda 関数
  • データの暗号化
  • 不正開封防止筐体
  • エンドツーエンドのトラッキング
  • AWS マネジメントコンソールの操作
AWS Snowmobile
AWS Snowmobile は、大規模なデータセットを AWS に移動するために使用できるエクサバイト規模のデータ転送サービスです。Snowmobile は最大 100 PB のストレージ容量を備えたデータ輸送用の安全なトラックで、現場に派遣されて、お客様のネットワークに直接接続されます。10 台の Snowmobile を使うと、1 つのロケーションまたは複数のデータセンターから同時にエクサバイトのデータを移行できます。
  • Snowmobile 1 台あたり 100 PB のストレージ
  • 複数のアプライアンスを同時に輸送可能
  • データの暗号化
  • 不正開封防止筐体
  • エンドツーエンドのトラッキング
  • 24 時間年中無休の監視カメラ、アラームモニタリング、GPS 追跡
  • 輸送中のセキュリティ用伴走 (オプション)
AWS Storage Gateway AWS Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションによる AWS クラウドストレージのシームレスな使用を可能にするハイブリッドストレージサービスです。このサービスでは、一般的なストレージインターフェイスを使ってデータをクラウドに移行できます。ファイルをオブジェクトとして S3 に移動できるだけでなく、ブロックストレージボリュームを EBS に移動することや、テープバックアップを S3 や Glacier に移動することもできます。
  • ファイル (NFS)、ボリューム (iSCSI)、テープ (iSCSI-VTL) の 3 種類のインターフェイスから選択
  • 高度に最適化された帯域幅の管理、自動化されたネットワーク耐障害性、効率的なデータ転送
  • ローカルアプライアンスでオンプレミスデータがキャッシュおよびバッファされ、AWS ストレージサービスにデータを効率的に移動
クラウドデータ移行に関する詳細。 

アーカイブストレージとコールドストレージ

企業では、内部統制または企業コンプライアンスの要件を満たすためにデータを長期間保持することが要求されています。従来、これには高額の専用ハードウェアが必要で、データボリュームが増えるにつれてストレージコストも急増するおそれがあります。AWS では、長期的なアーカイブ機能を構築するために必要なストレージサービスを利用できます。このサービスによって、費用対効果の高い方法で、数年または数十年データを保存およびバックアップできます。また、AWS のライフサイクルポリシーは自動化できるため、データを Amazon S3 から Amazon Glacier に簡単に移行できます。Amazon Glacier Vault Lock は、Write Once Read Many (WORM) ストレージを提供し、記録保持期間のコンプライアンス要件に対応するものです。

サービス
説明
ハイライト
Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) Amazon S3 は、任意の量のデータの保存と取得をどこからでも行えるように設計されたオブジェクトストレージです。S3 は、メディアの保存や配信、ならびに分析用データレイクの構築に使用できます。また、バックアップ先として使用することや、サーバーレスアプリケーションのストレージとして使用することもできます。また、S3 には各種ユースケースに対応する 4 つのストレージクラスがあります。
  • 99.999999999% の耐久性
  • 容量や種類を問わず、どのようなデータにも対応するストレージ
  • 4 つのストレージクラス: 標準、標準 – 低頻度アクセス、One Zone-Infrequent Access、Amazon Glacier (下記参照)
Amazon Glacier

Amazon Glacier は、データのアーカイブおよび長期的なバックアップを行うためのサービスです。費用対効果の高い方法で、数か月、数年、数十年データを保持できるよう設計されています。お客様は、コンプライアンスのアーカイブ要件を満たすため、ボールトロックを使用してコンプライアンス管理をデプロイできます。Glacier には、数分以内から数時間まで、データにアクセスするための 3 つの取り出しオプションが設定されています。

  • 99.999999999% の耐久性
  • 1 か月あたり 0.004 USD/GB
  • 容量や種類を問わず、どのようなデータにも対応するストレージ
  • 3 つの取り出しオプション: Expedited、Standard、Bulk
  • ストレージに関するコンプライアンス管理
AWS アーカイブの詳細 »  

AWS ストレージコンピテンシーは業界トップクラスのコンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーによって構成されており、AWS 環境でのバックアップ、復元、復旧といったオペレーションなど、さまざまなユースケースにおいて実績のあるテクノロジーと実装機能を提供しています。詳細は、APN ストレージコンピテンシーパートナーAPN バックアップと復旧ソリューションのページをご覧ください。

Cloudberry-600X400-New
600x400_N2W_Logo
600x400_Cohesity_Logo
600x400_commvault_Logo
CTERA-Logo-600x400
600x400_Druva_Logo
600x400_NetApp_Logo
Rubrik

アカウントにサインアップし、バックアップと復元のワークロードのサンプルを今すぐ起動してみてください。

Homepage_v6-01

アカウントには AWS 無料利用枠が適用されるため、AWS のプラットフォーム、製品、サービスを無料で実際に試してみることができます。

Homepage_v6-02

詳しいチュートリアル、動画、ホワイトペーパーなどで、AWS でのバックアップと復元について調べて、試してみることができます。

Homepage_v6-03

準備ができたら、バックアップと復元のソリューションを短時間で簡単に構築できます。

無料でお試しください