AWS 認定

技術スキルとクラウドの専門知識を検証して、キャリアとビジネスを成長させます。

開始方法

認定試験ガイドと詳細

特定の技術分野における役割ベースの認定と専門知識認定をご覧ください。試験を選択して詳細を確認する。

選択
  • 選択
  • AWS Certified Cloud Practitioner
  • AWS Certified Solutions Architect - Associate
  • AWS Certified SysOps Administrator - Associate
  • AWS Certified Developer - Associate
  • AWS Certified Solutions Architect - Professional
  • AWS Certified DevOps Engineer - Professional
  • AWS Certified Advanced Networking - Specialty
  • AWS Certified Data Analytics - Specialty
  • AWS Certified Database - Specialty
  • AWS Certified Machine Learning - Specialty
  • AWS Certified Security - Specialty
  • AWS Certified: SAP on AWS - Specialty
試験のオプション

AWS 認定試験の受験方法について知りたいですか。 受験方法には、柔軟性と利便性のあるオプションをご用意しておりますので、ご自身に最適なスタイルを選んでいただけます。

詳細はこちら »

AWS 認定アカウントにアクセス

AWS 認定アカウントから試験をスケジュールし、受験します。また、デジタルバッジや将来の試験の 50% 割引券など、AWS 認定者の特典にもアクセスできます。

お客様のアカウントの作成またはアクセス »

AWS 認定について

AWS 認定の取得を目指して学習するほど、専門家の幅広いインサイト、リソース、プログラムの特典を受け取ることができます。AWS は、初心者の場合でも、新たに認定を受ける場合でも、クラウドに関する専門知識を効果的に証明するのに役立ちます。

利用可能な AWS 認定

詳細については、以下の認定バッジを選択してください。
Foundational

AWS クラウドの基礎的な理解を目的とした知識ベースの認定です。
事前の経験は必要ありません。

Associate

AWS の知識とスキルを証明し、AWS クラウドのプロフェッショナルとしての信頼性を構築するロールベースの認定です。クラウドおよび/または豊富なオンプレミスでの IT 経験があることが望ましいです。

プロフェッショナル

AWS 上で安全かつ最適化された最新のアプリケーションを設計し、プロセスを自動化するために必要な高度なスキルと知識を証明するロールベースの認定です。2 年以上の AWS クラウドの経験があることが望ましいです。

Specialty

より深く掘り下げ、これらの戦略的領域において、ステークホルダーおよび/または顧客に信頼されるアドバイザーとしての地位を確立してください。 5 年以上の AWS クラウドの経験があることが望ましいです。

Foundational

AWS クラウドの基礎的な理解を目的とした知識ベースの認定です。
事前の経験は必要ありません。

Associate

AWS の知識とスキルを証明し、AWS クラウドのプロフェッショナルとしての信頼性を構築するロールベースの認定です。クラウドおよび/または豊富なオンプレミスでの IT 経験があることが望ましいです。

プロフェッショナル

AWS 上で安全かつ最適化された最新のアプリケーションを設計し、プロセスを自動化するために必要な高度なスキルと知識を証明するロールベースの認定です。2 年以上の AWS クラウドの経験があることが望ましいです。

Specialty

より深く掘り下げ、これらの戦略的領域において、ステークホルダーおよび/または顧客に信頼されるアドバイザーとしての地位を確立してください。 5 年以上の AWS クラウドの経験があることが望ましいです。

業界で認められている認定を取得する

何十万人もの個人がアクティブな AWS クラウドプラクティショナー認定を保持しています。

AWS 認定はクラウドの専門知識を検証することで、専門家は需要の高いスキルを示し、組織は AWS を使ったクラウドイニシアチブにおいて効率的かつ革新的なチームを構築するのに役立ちます。個人やチームが独自の目標を達成できるように、役割と専門分野ごとに設計したさまざまな認定試験から選択します。

クラウドプラクティショナー、アーキテクト、デベロッパー、および運用担当者の役割におけるロールベースの認定と、特定の技術分野の専門知識認定についてご確認ください。

ある学習者が AWS 認定でキャリアチェンジをした方法 (2:27)

AWS 認定の最新情報

試験の準備

試験準備のためのリソース

AWS の実務経験を補うトレーニングおよび資料を使用して認定試験に備えます。
 

詳細はこちら »
認定試験対策オンラインセミナーを受ける

無料の AWS 認定試験対策オンラインセミナーにご参加ください。認定された AWS インストラクターによるこれらのオンラインセミナーは、AWS 認定試験の準備に役立ちます。

詳細はこちら »

リソース

情報とポリシー

受験のスケジューリング、身分証明の要件、試験の機能性、関連するポリシーなどで何が実現できるかを学びます。

詳細はこちら »
再認定

AWS 認定を維持しましょう。再認定によって、お持ちの AWS 認定の全体的な価値が高まります。

詳細はこちら »
近日開催

今後予定されている試験の更新、ベータ試験、新しい認定については利用可能になり次第、ご確認ください。情報を常に入手するには、AWS 認定の更新にサインアップしてください。

詳細はこちら »
試験バウチャー

AWS 認定試験を受けるチームをサポートしていますか? バウチャーにより簡単に認定が受けられます。標準の試験バウチャーは、いつでもオンラインから購入でき、セルフサービスのポータルを使用して、効率的に配布、追跡、管理できます。

詳細はこちら »

利点

すべての AWS 認定の利点

実績を示し、AWS の専門知識をさらに進歩させるための特典を獲得できます。

特典を確認 »
内容領域専門家プログラム

AWS では、特定分野の専門家 (SME) の資格保持者を募集しています。試験内容の作成と確認に焦点を当てた、リモートや直接参加型のイベントに参加してください。

今すぐお申込みください »
AWS 認定デジタルバッジ

AWS では、AWS 認定を取得する利点として、認定ステータスを披露するためのデジタルバッジを提供しています。

詳細 »
AWS Certified Global Community

AWS Certified Global Community に参加しましょう。ネットワーク、チャレンジへの参加、同業者や業界のエキスパートからのアドバイスなど、様々なことができます。

今すぐ参加 »

AWS 認定について質問がありますか?