Amazon Elastic Container Service (ECS) には 2 つの料金モデルがあります。AWS Outposts の Amazon ECS は、EC2 Launch Type と同じモデルです。

Fargate 起動タイプモデル


Fargate では、コンテナ化されたアプリケーションに必要な vCPU とメモリリソースに対する料金が発生します。vCPU とメモリリソースは、コンテナイメージを取得した時点から Amazon ECS タスク* が終了するまでを対象として計算され、最も近い秒に切り上げられます。1 分の最低料金が適用されます。

詳細な料金情報については、AWS Fargate の料金ページをご覧ください。

* タスクは、アプリケーションとして一緒に実行されるコンテナのコレクションです。

EC2 起動タイプモデル


EC2 起動タイプの場合、追加料金は発生しません。アプリケーションの保存や実行のために作成した AWS リソース (EC2 インスタンス、EBS ボリュームなど) に対してのみ、料金が発生します。お支払いはお客様が実際に使用した分だけです。最低料金や初期費用は不要です。

詳細な料金情報については、Amazon EC2 の料金ページをご覧ください。

Amazon ECS on AWS Outposts


AWS Outposts での Amazon EKS の料金はシンプルで、クラウドと同じように適用されます。Amazon ECS コントロールプレーンはクラウド (Outposts ではなく) に存在し、コンテナインスタンスでは追加料金なしで Outposts EC2 容量がで実行されます。

Outposts 容量の料金については、AWS Outposts の料金ページをご覧ください。

Amazon ECS の使用を開始する

開始方法のページにアクセスする
構築を始めましょう。
Amazon ECS の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ