接続

ローカル接続

AWS IoT Greengrass を実行するエッジデバイスへのローカル接続は、FreeRTOS デバイスがクラウド接続なしで通信、データの収集、およびアクションの実行を継続することを可能にします。FreeRTOS デバイスは、Wi-Fi 管理などのローカル接続ライブラリを使用して、Wi-Fi およびイーサネット経由でローカルネットワークに接続できます。Wi-Fi 管理ライブラリは、セットアップ、設定、プロビジョニング、セキュリティ、および電源管理などの Wi-Fi 機能のために抽象化レイヤーを実装します。

FreeRTOS デバイスはさらに、Cellular LTE-M 接続を介して、または Bluetooth Low Energy 接続を使用して、モバイルデバイス経由で AWS IoT Core に接続できます。FreeRTOS での Bluetooth Low Energy サポートは、Bluetooth Low Energy アプリケーションの作成と、AWS IoT 機能性との統合のための Android と iOS のコンパニオン SDK の使用に、標準化された API レイヤー経由で標準の Generic Access Profile (GAP) と汎用属性 (GATT) プロファイルを使用することを可能にします。

FreeRTOS デバイスがローカルネットワークに接続されると、これらのデバイスは AWS IoT Greengrass Discovery API を使って、同じローカルネットワーク上のローカルエッジデバイス (AWS IoT Greengrass Core デバイスなど) に簡単に接続できるようになります。FreeRTOS は、デバイスが検出プロセスを開始し、目的の AWS IoT Greengrass Core に接続することを容易にします。ローカル接続は、ID カードを通すとドアのロックが解除されるオフィスビルのセキュリティシステムなど、デバイスがエッジで相互に通信することを可能にします。

クラウド接続

クラウド接続では、IoT アプリケーションやその他の AWS クラウドサービスで使用できるように、マイクロコントローラベースのデバイスで簡単にデータを収集し、アクションを実行できます。MQTT ベースのメッセージングまたは HTTP を使用して FreeRTOS デバイスを AWS IoT Core に接続できます。 MQTT は、メモリ使用量の少ない軽量プロトコルであり、制限のあるマイクロコントローラベースのデバイスに対して効率的な通信を可能にします。FreeRTOS では、ベンダーに依存しない標準的なライブラリインターフェイスを使用してデバイスのオンボードを容易にします。MQTT は、メモリ使用量の少ない軽量プロトコルであり、制限のあるマイクロコントローラベースのデバイスに対して効率的な通信を可能にします。クラウド接続により、スマート電力メーターのようなデバイスが、消費に関する情報を送り返し、そのデータを AWS IoT Analytics のような他の AWS のサービスで分析することが可能になります。

AWS IoT の機能とサービスのサポート

AWS IoT Core Device Shadow のサポート

FreeRTOS では、Device Shadow ライブラリを備えた AWS IoT Core の Device Shadow API もサポートしています。Device Shadow は、各デバイスの永続的な仮想バージョン、つまり「シャドウ」を作成します。これにはデバイスの最新状態が含まれており、アプリケーションまたはその他のデバイスがメッセージを読み取って、そのデバイスとやり取りできるようになります。温度制御されたファンのようなマイクロコントローラベースのデバイスは、「回転中」などの最新状態をクラウドに保存することによってデバイスシャドウを活用できます。状態はその後「停止」に更新され、デバイスがオンラインに戻ったときに停止するアクションを実行します。

AWS IoT Device Defender のサポート

FreeRTOS は AWS IoT Device Defender ライブラリを提供します。AWS IoT Device Defender との統合により、デバイス側のメトリクスについて簡単にレポートでき、それらのメトリクスが予想動作から逸脱すると異常を検出します。AWS IoT Device Defender は、お使いの FreeRTOS デバイスに関連付けられた IoT 設定の継続的な監査も行い、デバイスがセキュリティのベストプラクティスに準拠していることを確実にします。

セキュアなデバイス、接続、および更新

FreeRTOS には、セキュアなクラウド接続、証明書認証、キー管理、およびコード署名機能を含む、セキュリティのためのライブラリが備わっています。

FreeRTOS は、Transport Layer Security (TLS v1.2) を使用してクラウドへの安全な接続を管理します。TLS ライブラリは、通信する 2 つのアプリケーション間でプライバシーとデータ整合性を提供する TLS プロトコル用の抽象化レイヤーを実装します。AWS IoT Core の MQTT ブローカーに接続するには、TLS クライアント証明書認証が必要です。FreeRTOS には、キー管理機能として、暗号化オブジェクトの管理とプライベートキーへの署名操作のための抽象化レイヤーが備わっています。暗号化オブジェクトは、専用のストレージに保管するか、専用のストレージが利用できない場合は、メインのマイクロコントローラのフラッシュメモリに保管します。FreeRTOS デバイスで AWS IoT Device Management コンソールを使用し、コード署名を行えます。コード署名機能は、デバイスで署名付きイメージを検証することで、デプロイ中や更新中のデバイスコード漏洩を防ぎます。

OTA (Over-the-Air) アップデート

統合された OTA アップデートソリューションのために、FreeRTOS デバイスで AWS IoT Device Management を使用することができます。FreeRTOS は、他の AWS IoT Core 通信と共有される単一の TLS 接続経由で OTA アップデートを伝達することにより、マイクロコントローラベースのデバイスの OTA アップデートのデプロイメントのために使用されるメモリの量を少なくします。ファームウェアイメージの提供、更新するデバイスの選択、コード署名方法の選択、および更新のスケジュールは、すべて AWS IoT Device Management コンソール内で実行します。OTA アップデートを使用して、セキュリティ更新、バグ修正、および新しいファームウェア更新を現場のデバイスにデプロイできます。

サポートされているマイクロコントローラ

AWS Partner Device Catalog には、FreeRTOS とその機能を完全にサポートするデバイスがリストされています。サポートされている開発キットに加えて、迅速なプロジェクト統合のためのゲートウェイ、エッジサーバー、センサー、およびカメラなどの市販のデバイスを簡単に素早く見つけることができます。このカタログは、新しいデバイスを構築するための開発キットと埋め込みシステム、そして迅速な IoT プロジェクト統合のためのゲートウェイ、エッジサーバー、センサー、およびカメラなどの市販のデバイスを提供します。

FreeRTOS 長期サポート

FreeRTOS 長期サポート (LTS) リリースでは、機能の安定性、セキュリティ更新、重大なバグ修正を 2 年間提供する FreeRTOS バージョンを信頼できます。この態勢により、既存アプリケーションを壊す可能性のある更新の導入に関するリスクを増加させることなく、推奨を受けた変更のみを特定し、FreeRTOS のカーネルやライブラリにインクルードすることが容易になります。FreeRTOS LTS には、FreeRTOS のカーネルと、IoT ライブラリ (FreeRTOS+TCP、coreMQTT、coreHTTP、corePKCS11、coreJSON、AWS IoT OTA、AWS IoT Jobs、AWS IoT Device Defender、AWS IoT Device Shadow) が含まれます。FreeRTOS LTS ライブラリの詳細については、こちらをクリックしてください。

FreeRTOS 拡張メンテナンスプラン

FreeRTOS 拡張メンテンナンス (EMP) を使用すると、選択した FreeRTOS 長期サポート (LTS) バージョンのセキュリティパッチと重大なバグ修正を、最初の長期サポート期間の満了後最大 10 年間* 受け取ることができます。FreeRTOS EMP は、お客様がマイクロコントローラーベースのデバイスを何年にもわたって保護し、オペレーティングシステムのアップグレードコストを節約し、フィールドでのデバイスのパッチ適用に関連するリスクを軽減します。

利点

生産物賠償責任リスクを軽減する

製品のライフサイクル全体を通じて、機能が安定したコードベースでセキュリティパッチを受信するファームウェアを実行します。機能が安定しているコードベースにより、同一の長期サポートバージョンではセキュリティパッチを受け取ることができるため、重大な変更が加えられるかも知れない最新の FreeRTOS バージョンにアップグレードする必要はありません。

オペレーティングシステムのアップグレードコストを節約する

サブスクリプション期間中、機能と API の安定性を提供する FreeRTOS ライブラリを引き続き使用することにより、最新の FreeRTOS リリースに移行するために開発、テスト、および QA のコストを負担する必要がなくなります。

長期的にデバイスのセキュリティを向上させる

選択した FreeRTOS 長期サポートライブラリのセキュリティパッチと重大なバグ修正を受け取り、IoT デバイスのライフサイクル全体のセキュリティを向上させます。

更新が遅れるリスクを減らす

重要な修正を加えたデバイスの更新には、プロジェクト計画、リリース準備テスト、および無線通信経由 (OTA) 更新スケジュールが含まれます。今後のパッチのタイムリーな通知と統合の問題に関してサポートを提供することにより、デプロイに遅れが生じるリスクを軽減します。

仕組み

FreeRTOS 拡張メンテナンスプランの仕組み
 拡大イメージを見る

現在の長期サポート期間が終了する前に、AWS アカウントを使用して FreeRTOS コンソールで FreeRTOS EMP 登録を完了します。さらに、関連する利用規約を確認して同意し、長期サポートバージョンを選択して、年間サブスクリプションを購入することができます。次に、プライベートリポジトリにアクセスして、選択したライブラリ、パッチ、および関連する通知などの git リポジトリを含む .zip ファイルを受け取ります。

詳細については、FreeRTOS の料金ページよくある質問を参照してください。

FreeRTOS EMP をいつ、どのようにサブスクライブできるかについて定期的に情報を受け取るには、サインアップしてください。

* AWS は、12 か月以上前に通知した場合を含め、AWS サービスの使用を管理する契約で許可されているように、あらゆるバージョンの長期サポートに対してサブスクリプション期間が有効期限切れになる前に拡張メンテナンスを終了する場合があります。

FreeRTOS コンソール

コンソールを使用して、認定されたマイクロコントローラ、およびユースケースに固有のソースコードを設定してダウンロードすることによって、素早く開始することができます。これには、お使いのチップセット、統合開発環境 (IDE)、およびコンパイラに合わせて調整されたプロジェクトファイルダウンロードが含まれています。必要なライブラリのみを選択することで、デバイスの空き領域を節約できます。開始方法の詳細については、開始方法のページを参照してください。

マイクロコントローラ、IDE、およびコンパイラ用にソフトウェアダウンロードを設定してください。次に、ユースケースに必要なライブラリを選択します。お客様がセットアップした、または事前定義されたソフトウェア設定を備えたオペレーティングシステムのソースコードをダウンロードします。

FreeRTOS の OTA アップデートジョブは、AWS IoT Device Management コンソール内で選択できます。

AWS IoT Device Tester for FreeRTOS

FreeRTOS 用 AWS IoT デバイステスターは開発ボード用のテストオートメーションツールです。AWS クラウド接続、OTA 更新、およびセキュリティライブラリが開発ボードで正常に機能するかどうかを検証するテストを提供します。FreeRTOS 用 Device Tester を使用すると、デバイスが FreeRTOS を実行し、AWS IoT サービスと相互運用するかどうかを判定するためのテストを簡単に行えます。 また、Device Tester から署名入りの認定レポートをダウンロードし、レポートを AWS Partner Central に送信することで、AWS Partner Device Catalog にデバイスを認定して掲載することができます。

詳細および開始方法については、Device Tester 技術ドキュメントをご覧ください。

Amazon FreeRTOS 料金の詳細

料金表のページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ