Amazon FreeRTOS は無償で使用できます。Amazon FreeRTOS オペレーティングシステムとソフトウェアライブラリは、MIT オープンソースライセンスの下でリリースされています。これは、再利用に関する制限が少ない許容的ライセンスです。MIT オープンソースライセンスの詳細については、ここをクリックしてください。AWS オープンソースコミュニティの詳細については、ここをクリックしてください。

アプリケーションで AWS の他のサービスを利用した場合やデータを転送した場合は、Amazon FreeRTOS に追加料金が発生する可能性があります。例えば、Amazon FreeRTOS で実行されているデバイスが AWS IoT Core に接続されている場合は、このサービスの使用に対して請求されます。

AWS のサービスの料金詳細については、該当する AWS のサービスの詳細ページにある料金セクションをご覧ください。よく使用されるサービスの料金表へのリンクを以下に示します。

追加料金

AWS IoT Core (Amazon FreeRTOS デバイスが AWS IoT Core に接続されている場合)

AWS IoT Device Management (コード署名された更新を Amazon FreeRTOS デバイスで受信する場合)

AWS Greengrass (Amazon FreeRTOS デバイスが AWS Greengrass Core に接続されている場合)

データ転送 (AWS に対する外部データ転送が Amazon FreeRTOS デバイスで実行されている場合、EC2 のデータ転送料金に基づいて請求されます)

Amazon S3 (Amazon FreeRTOS デバイスでストレージ、リクエスト、データ転送に S3 が使用されている場合)

Amazon DynamoDB (Amazon FreeRTOS デバイスでデータストレージ、スループットキャパシティー、データ転送に DynamoDB が使用されている場合)

その他の料金リソース

TCO 計算ツール

総所有コスト (TCO) を計算

簡易見積りツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるための追加のリソース

Amazon FreeRTOS の開始方法の詳細

開始方法のページにアクセスする
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ